2013/9/3 17:00

ドラマCD「囀る鳥は羽ばたかない」の収録現場より、新垣樽助さん、羽多野渉さんら豪華出演キャストからのコメントが到着!!

初めて見たとき、綺麗な男(ひと)だと思った――

 ヨネダコウ先生原作のドラマCD「囀る鳥は羽ばたかない」の収録現場より、キャストの皆さんのコメントが届きました!
 ドラマCDは、2013年10月23日発売予定で、原作コミックス1巻の内容が収録されるボリュームたっぷりの2枚組予定! ブックレットにはヨネダ先生の描き下ろしイラストも掲載される予定なので、お楽しみに!

(後列左より)三宅健太さん・高瀬右光さん・興津和幸さん(前列左より)大川透さん・新垣樽助さん・羽多野渉さん
(後列左より)三宅健太さん・高瀬右光さん・興津和幸さん(前列左より)大川透さん・新垣樽助さん・羽多野渉さん

――本日は収録ありがとうございました。収録を終えてのご感想をお願い致します。
新垣樽助さん(矢代役):結構長い時間、2回にわけて収録やってきましたけども、お話自体がまだまだ途中でもあるということもあって、やりきったという感じはまだ無いです。やっと矢代という役に寄り添ってここまで来ましたけども、彼が持つ色んな欠落した部分を、非常に魅力的に感じていて、それを知ることができて嬉しいな、というのが今の感想です。だから、もしかしたら聴いてくれた人と同じような感想になっちゃってるのかもしれないですけども(笑)、彼を見られてよかったなと今思っています。

羽多野渉さん(百目鬼役):非常にボリュームもありましたね。キャストの発表がネット上であったとのことで、自分のブログなどでもびっくりするほどの反響がありました。こういったドラマCDや原作のファンの方から「ぜひとも頑張って頂きたい!」という非常に力強いエールを頂きました(笑)

一同:(笑)

羽多野さん:緊張しながらの収録でした。自分が百目鬼だったら矢代さんのカリスマに惹かれてしまうだろうなと、マイク前にいながら感じました。ぐいぐい惹きつけられていくといいますか。非常に淡々とした役だとは思うんですが、そういう部分も聴いてる方に伝わったら嬉しいなと思います。

――キャストの告知をさせて頂いた時の反響は本当にすごかったです。アニメイトTVのニュースランキングでは、アニメ作品をおさえて、週間1位のアクセス数でした!
一同:おぉー!!

――ここまで反響を頂けるとは思っておらず、びっくりしました!
一同:(笑)

羽多野さん:作ってる側もびっくりしたんですね(笑)

大川透さん(三角役):ものすごいボリュームの作品で、2枚組でも本当に2枚に収まるんだろうかっていうくらいのページ数の原稿を頂きましたけど、新垣くんが一番大変だったと思います。新垣くんと羽多野くんが中心になって、皆さんで作ってこられたところに、もう後半ちょこっとだけのっかってやらせてもらいました(笑) しっかり世界ができあがっていたのですごくやりやすかったです。一緒にやった人達も本当に面白くてね(笑)

一同:(笑)

大川さん:面白くて、じゃないか(笑) とても素敵で、聴いていてもすごく楽しかったです。こういう世界の話も久しぶりにやったので、たまにはいいなぁと思いました。

三宅健太さん(竜崎役):とにかく出来あがった空気に飛び込ませて頂いたという感じです。新垣さんの、矢代の何とも言えない甘美なお芝居がすごくて。僕は竜崎として絡むシーンがあるんですが、頂いた台本を最初読んだ印象としては突っかかる感じの強面な男、というイメージでした。でも、実際マイク前で一緒に収録させてもらって、こいつ触れちゃいけないんだけど、つい寄ってしまうな……、何かドキドキしてしまうな、ということも感じました。原作の漫画でいうと1コマだけ、一瞬だけ竜崎の目が映るシーンがあるんですけど、(矢代役の新垣さんと)そのシーンを一緒に収録させてもらった時に、ふと「こういう意味合いがあるのかな」、と心が揺るがされました。役者として嬉しかったですね。生の掛け合いの面白さってこんなのがあるんだな、って。矢代役の新垣さんが醸し出した空気がこうさせてくれたんだな、って感謝してます。

新垣さん:ありがとうございます。

 

(後列左より)三宅健太さん・高瀬右光さん・興津和幸さん(前列左より)大川透さん・新垣樽助さん・羽多野渉さん
(後列左より)三宅健太さん・高瀬右光さん・興津和幸さん(前列左より)大川透さん・新垣樽助さん・羽多野渉さん

――2巻では竜崎が活躍するらしいですよ!
ヨネダコウ先生:(竜崎は)矢代のこと結構好きなんですよ。

一同:やっぱり!

ヨネダコウ先生:17年くらい前から結構好きなんです。だけどそれを出せない、みたいな。

三宅さん:やっぱりそうなんですね。じゃあ間違ってはいなかったということで(笑) あとは、大川様と高瀬様という兄貴2人と、もう好き勝手にやらせて頂きある種申し訳ない気持ちもしますが、本当に楽しかったです!

高瀬右光さん(平田役):自分の役がどういう位置にいて、今後どうなっていくのか正直言うとまだわからないので、これからどう絡んでいくのかな、という期待感がありますね。

――確かに平田は今後どういう立ち位置にいるのか、気になりますよね。ちょうどドラマCD発売の1週間後に、コミックスの2巻が発売になるので、ドラマCDを聴いて下さった方も、その期待感を持ってコミックス2巻を読んで頂けるのかな、と思います。
高瀬さん:そうなんですね。じゃあ(僕は)お客様と同じ目線なのかもしれません。

興津和幸さん(七原役):初めて特殊な会社員の役をやったので、緊張しちゃって(笑) 会社員らしくもあり、でも会社員じゃない部分も出しつつ、というところなんですけど、一番印象に残っているのは三宅さんが怖かった!(笑)

一同:(笑)

興津さん:百目鬼さんのことは「今日来たばっかりだから新人だ」って虚勢張ってるんですけど、完全に七原が負けてましたからね(笑) その中でどう存在感を出そうかな、と考えてやってました。

――続いて、ご自身が演じられたキャラクターの最初の印象を、教えて下さい。
新垣さん:矢代は初め台本を頂いた時の感想は、今回特殊な職業の世界が舞台ではありますけども、そこに居るべき人ではない人だな、という感じがしました。暴力とかの世界の中で、どちらかというと被害者として生きてきた人なのかな、っていう印象です。それに対して抗ってる部分と、抗えなくて諦めてる部分が、いつも揺れてるような人なのかなっていうのが初めの印象です。自分で足りないところもわかってて、それであるがゆえに、揺れ動く自分の今の状況もわかってて、頭がいいからそういうこと全部わかったうえで、でも身をまかせているみたいなところが、周りのキャラクターだったり原作を読んだりドラマCDを聴いて下さる人には魅力的に映るのかな、と。そして僕自身もそれを魅力的に感じていて、それに寄り添って演じていこうと思いました。

羽多野さん:台本を最初読ませて頂いた時に、百目鬼に対して抱いた印象としては、非常に不器用であり、身体も大きいし淡々と喋るから周りからは何考えてるかわからないと思われてしまう、というところです。今回は矢代の学生時代の話も厚めに描かれていて、それぞれのキャラクターの人生があって、やりとりがあって、そして今この特殊な社会で矢代と百目鬼が出会うっていうことの意味を、読んでいて非常に運命的に感じました。百目鬼が矢代に惹かれるのも、矢代の過去に理由があるのかな、と思いました。不器用で淡々としているんだけども、矢代に何かしらのシンパシーというか、矢代が百目鬼に対して思っていることをゆっくり感じとっていけたらいいなと思いました。

大川さん:三角という役はあまり難しく捉えないようにしたんですよ。矢代とか百目鬼って、それこそ新垣くんが言ったけれども、この世界に居ちゃいけない、似つかわしくない人達なのかもしれない。そういう意味で言うと、三角はこの世界でずっと生きてきて、ある程度の年齢まできたってことは、もうこの世界の中心にいる人物の1人なんだろうと思います。この先具体的にお話がどうなっていくのかはわからないし、静かになのかアクティブになのかもわからないけども、平田とかと抗争していくのだろう。そして、この対立関係は変わらないんだろうな。こういう常に緊張した世界に生きている人間が、ある程度心のどこかを許してる相手と話すときと、そうじゃない相手と話すときの喋り方がちゃんと変われば、それで十分成立するんだろうなと思いながら演じておりました。

三宅さん:原作のコミックスを見て思ったのが、割とお洒落なスーツ着てたり、髪型もいわゆるこの世界の人っぽくなくて、意外とお洒落さんなんだなと思いました。大川さんが仰った通り、異質な矢代とこの世界で長く生きてる三角と比べると、竜崎って典型的な部分があるのかな。自分で組を持っているにしては子供っぽい絡み方をするし、僕が思ってる以上に竜崎って可愛い側面を持ち合わせてるんじゃないか、って今収録が終わってピースが埋まってきた部分があります。矢代を気にしているのであれば、その矢代にリアクションをいっぱい取れる素直な部分を残してまた次回に繋げてほしいな、と勝手に思っています(笑)

高瀬さん:平田っていうのは、この世界でもっとのし上がってやるとか野心を持ってる部分があるんですよね。今回収録したお話の中だけだと、どうにもまだ人間像がつかみ切れていない部分もあるので、今後どうなっていくのかが楽しみな部分ですね。

興津さん:七原さんはチンピラだと思います(笑)

一同:(笑)

興津さん:内面的なところはまだよくわからないですが、この環境の中でとにかく前向きに、前のめりにやってこうっていう熱い男だと思います。あと矢代さんのことがどうやら気になっていて、一発お願いしてもいいかなっていうことを言っていたので「そんなに!?」と思っていたんです。でも、実際新垣さんの矢代を聴いてたら「あぁ、なるほどなぁ」と納得してしまいました(笑) 今後どうなっていくのか気になります。

羽多野さん:確かに、百目鬼にいつも突っかかってますもんね。

興津さん:3Pやったのか、って聞いてきますからね。まずは先輩の俺が先だろ、っていう感じを出してて面白いキャラだなと思いました。

――2巻は七原がちょっとかっこいいんですよ!
興津さん:ちょっとだけ?(笑) ドラマCD1巻ではちょっとかっこつけたら、かっこいいからやめてくれ、って怒られました(笑) ドラマCDも2巻が出ることを祈っております!

 

(後列左より)三宅健太さん・高瀬右光さん・興津和幸さん(前列左より)大川透さん・新垣樽助さん・羽多野渉さん
(後列左より)三宅健太さん・高瀬右光さん・興津和幸さん(前列左より)大川透さん・新垣樽助さん・羽多野渉さん

――印象に残ったシーンやセリフがあれば、教えて下さい。
新垣さん:日本の任侠モノというかマフィアモノというか、こういうものをがっつりここまで演じさせて頂く機会ってなかなかないので、その中でおしっこちびっちゃう人いましたよね? あそこで君らが取り立てられないから僕がこうして来てんだよ、って言って笑顔で威圧するっていうシーンが、これいかにもだなぁと思って大好きで(笑)

一同:(笑)

三宅さん:内心楽しかったんですね(笑)

新垣さん:すごく楽しかった、あのシーン!(笑) 収録の関係上、セリフを被せちゃいけないから、ちょっと間をあけてやったんですけど、被りたかった(笑) 聞いてるとこそこじゃないからね、ってあのやりとりは被せていきたかった! 非常に、非常に楽しかったです。

――新垣さんのエス心が浮き彫りになってきましたね!
新垣さん:いやいや、これは役者としての探究心ですからね(笑) やれてよかったな、と思います。

一同:(笑)

羽多野さん:ちなみに今のシーンでおもらしするのは、安元くんの兼ね役なんですけどね、ぜひ皆さん必聴ということで。見事です。本番の時も3パターンくらいやってましたからね。色んな洩らし方があるんだな、って(笑)

一同:(笑)

新垣さん:洩らしながら、行くんですよね(笑)

羽多野さん:洩らしながら連れてかれちゃうっていう。まぁ、連れていったのは僕の兼ね役なんですけどね。そこらへんもぜひ楽しんで聴いて頂きたいな、と思います。

新垣さん:拭いたのも百目鬼だったから、お世話周り全部羽多野くんがやってるね(笑)

羽多野さん:非常に印象深いシーンではあるんですが(笑)、作品本筋のシーンで言いますと、やっぱり矢代さんの、普段ものすごく飄々としているんですけど、シリアスへの切り替えの瞬間であるとか、距離がぐっと近づいてくる時の、聴いている側にまで香りがくるんじゃないかっていう色気っていうのは、聴きどころというか非常に印象に残っています。これは周りの人、惹かれてしまうよな、って思いました。

興津さん:惚れた?

羽多野さん:惚れますね(笑)

大川さん:短い時間の中で一番思ったのは、三宅くん演じるところの竜崎が怖かった!

一同:(笑)

大川さん:本当にそこにつきますね。本当に怖かったです。

羽多野さん:怯えてる(笑)

大川さん:お尻と背中は見せないようにしないと(笑)

三宅さん:竜崎が出てるシーンが印象深くはあるんですけど、意外にひっかかったのは、矢代と七原の車で送ってるシーンで、矢代が「俺の面子がいつ潰れたって?」って言うところですね。単純に、こういう世界の怖さを一瞬目の当たりにしてしまったというか、そういう価値観なんだな、って。彼らのその時のやりとりって、自分の上の面子が潰されたら、それは自分の面子が潰されたもんだし、この命に代えてでもっていう感じで。

興津さん:俺(七原)良いこと言ったつもりだったんですけどね(笑)

三宅さん:でも確かに、そうだよね、いつ潰されたんだろうっていう。

新垣さん:いつ俺が恥かいたんだよオイ、っていうことだよね。

興津さん:怖かった(笑)

一同:(笑)

三宅さん:そう本当怖いと思って。良かれと思っても余計なひと言になっちゃう瞬間ってあるんだな、これは僕も気を付けていかなきゃいけないなって(笑)

一同:(笑)

大川さん:この業界でも?(笑)

三宅さん:ある意味自分が生きていくうえでも教訓になりますね。僕ごときが先輩の面子を潰されたとか言っちゃいけないな、っていう勉強になりました(笑) そういう意味ですごく印象に残ってますね。

高瀬さん:皆さんと一緒にやったシーンは少ないんですけど(笑)、僕が出たシーンで言えば、矢代とどういう関係を作ってたのか、っていうのが描かれてなくて気になりました。そこまでは特に何かがあったわけじゃないんですかね?

ヨネダコウ先生:2巻に出てきます。これからです。

高瀬さん:全ては2巻にあるんですね。

ヨネダコウ先生:(矢代がこの世界に入って)最初に平田のところに預けられたんです。矢代のことを一番嫌ってるのが平田なので。放っておくと矢代は誰とでもヤっちゃうので、平田に預けられたんです。

高瀬さん:今のでなんとなくわかりました。(矢代のことを)気に入ってない感はあったから、何なんだろうって思ってました。

新垣さん:こっち(矢代)もあんまり好いてないのかな、っていうのはありました。

高瀬さん:そのあたりは2巻で埋めたいな、と思います。

興津さん:もう竜崎さんが怖くて仕方ないです(笑) それまでは静かに静かに、張りつめたような戦いがあったのに、竜崎さんが入った瞬間バーンと爆発しました!

一同:(笑)

羽多野さん:シーン的にもそうなんですよね。

興津さん:針に糸を通すようなシーンだったんですよね。テンションを上げて上げて出して出して、というよりは、緊張感を積み上げていくようなシーンの連続だったんですけど、それをぶち破って登場して頂いて。

三宅さん:僕が台無しにしちゃったってことですか?(笑)

一同:(笑)

興津さん:いやいや! それが本当に若い時のシーンだから、さらに力強さが増してて、僕たちが思う単純な、動物的な恐怖を目の当たりにしました(笑)

三宅さん:何だろう、褒められてる気がしない……。

新垣さん:スタジオが震えてましたからね。

大川さん:びりびりきたよね。

新垣さん:スタジオの温度がぐんとあがってね。

羽多野さん:皆汗ばんでエアコン付けましたよね。

興津さん:これはもう三宅さんじゃなきゃ出来ないお芝居ですよ! そしてそのあとのキャストトークの可愛い三宅さんも、聴きどころです。ギャップ萌え。

 

(後列左より)三宅健太さん・高瀬右光さん・興津和幸さん(前列左より)大川透さん・新垣樽助さん・羽多野渉さん
(後列左より)三宅健太さん・高瀬右光さん・興津和幸さん(前列左より)大川透さん・新垣樽助さん・羽多野渉さん

――最後に、発売をお待ちになっているファンの皆さんへ、メッセージをお願い致します。
新垣さん:この物語に出てくる人物それぞれの人生をしっかりと描き切った人間ドラマだな、っていう印象を持っております。原作をお読みになった方も、そうでない方にも、絶対それが伝わると思いますし、伝わるようにと思って演じさせて頂きました。楽しみにしていて下さい。

羽多野さん:本当にボリュームたっぷりのシナリオと、こういった特殊な社会の話というのもあって、重厚な声の諸先輩方が勢ぞろいしている、大人のドラマCDだと思いますので、ぜひ楽しみ尽くして頂きたいと思います。個人的には非常に緊張しながらの収録ではありましたが、百目鬼を一人の人間として演じさせて頂きましたので、そちらを受け止めて何かを感じとって頂けたら非常に嬉しいです。百目鬼と矢代のストーリーに関しては、僕自身の勝手な感想ですけど、今回のこのドラマCDはスタートラインにようやく立つことができたというところで終わっているので、ここがゴールだとは思っておりません。ぜひ皆さん、応援宜しくお願いします。

大川さん:CD2枚組という圧倒的なボリュームでお送りするこの作品ですが、本当に聴きごたえたっぷりでして、お腹いっぱいになるんじゃないかってくらいに詰め込まれています。しかし聴き終わるとまだまだ聴き足りない部分が絶対出てくると思います。そういう方々は、編集部の方に「早く次を出せ!」とガンガン言って下さると、第2巻が作れる運びとなる予定ですので、そのへんも留意して(笑)、まずはCDをご購入頂いてじっくり楽しんで頂ければと思います。

三宅さん:コミックスのファンの皆さんはストーリーの面白さっていうのは、我々よりも重々ご存知だと思いますが、今回のCDドラマに関して言えば、本当に僕自身楽しんでやらせて頂きました。逆に言えば楽しんでやらせて頂いたからこそ、皆様が仰る通り、ちょっと怖くなっちゃった、みたいな?

興津さん:言い方がもうちょっと怖いですもん(笑)

新垣さん:本当に怖い人の言い方だ(笑)

三宅さん:矢代をはじめ出演者皆さん楽しんでやられてるからこそ、矢代の何とも甘美なものが音声化されて、お客さんの耳には立体的に印象深く伝わると思います。今回は、音響チームといいますか我々の本気の楽しみ度をぜひぜひ夜のお供にご堪能下さい(笑)

一同:夜のお供(笑)

三宅さん:だってどっちかって言ったら夜でしょ?

大川さん:わかんないよ、通勤中に聴いてるかも。

三宅さん:では、通勤中に目を瞑って頂いて(笑) ちょっとボリューミーではありますが、ボリューミーな本気をぜひぜひ、通勤中でも夜のお供にでもお楽しみ頂けたらと思います!

高瀬さん:新垣くんをはじめ、皆さんで大事に大事に作り上げて、さっき興津くんが言ってたように、一生懸命針に糸を通すような芝居をやってきました。時間をかけてゆっくり作り上げているので、大事に大事に聴いて下さい。

興津さん:このCDを聴いて、間違いなくお楽しみ頂けると思うんですが、その分気になることもたくさん出てくると思います。僕が一番気になっているのは、百目鬼さんのイ○ポは治るのか、ということです。皆忘れてるかもしれませんが。羽多野さんも「何だろう、BLなのに消化不良だ……」って仰ってました。

一同:(笑)

羽多野さん:何で最後にばらすんですか! 僕のコメントをばらすのやめて下さいよ!(笑)

興津さん:百目鬼さんはすっきりできるのか!?

羽多野さん:確かに難しかった。こんなキツいことないですよ(笑)

興津さん:応援のメッセージを頂ければ、次回解決するかも? というわけで次回も応援していて下さい。お楽しみに!(笑)

――ありがとうございました。


<ドラマCD「囀る鳥は羽ばたかない」>
発売日:2013年10月23日予定
定価:4,725円(2枚組)
品番:FCCL-0008
発売元・販売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

【キャスト(敬省略)】
矢代 :新垣樽助
百目鬼:羽多野 渉
影山 :安元洋貴
久我 :小野友樹
三角 :大川 透
竜崎 :三宅健太
平田 :高瀬右光    ほか

【あらすじ】
ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興行の社長だ。
金儲けが上手で、本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。
部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。
矢代に誘われる百目鬼だが、ある理由によりその誘いに応えることができない。
自己矛盾を抱えて生きる矢代と、愚直なまでに矢代に従う百目鬼。
傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる――!

【店舗別特典】
・アニメイト:イラストカード
・ステラワース:ブロマイド
・コミコミスタジオ:B5サイズクリアファイル


>>ドラマCD「囀る鳥は羽ばたかない」公式サイト
>>ドラマCD「囀る鳥は羽ばたかない」公式Twitter
>>「囀る鳥は羽ばたかない」原作特設ページ
>>ヨネダコウ先生商業情報サイト「トバクチ」



(C)ヨネダコウ 大洋図書 2013 Printed in Japan

関連コンテンツ

大人気コミック「囀る鳥は羽ばたかない」のドラマCD第4巻の試聴第2弾が到着!
大人気コミック「囀る鳥は羽ばたかない」のドラマCD第4巻の試聴第2弾が到着!2017/01/26 12:30
大人気コミック「囀る鳥は羽ばたかない」のドラマCD第4巻の試聴第2弾が到着!
大人気コミック「囀る鳥は羽ばたかない」のドラマCD第4巻の試聴第1弾が到着!
大人気コミック「囀る鳥は羽ばたかない」のドラマCD第4巻の試聴第1弾が到着!2017/01/19 12:30
大人気コミック「囀る鳥は羽ばたかない」のドラマCD第4巻の試聴第1弾が到着!
羽多野渉さん・新垣樽助さんら豪華声優が出演! 人気コミック『囀る鳥は羽ばたかない』のドラマCD第4巻が2017年2月8日発売決定
羽多野渉さん・新垣樽助さんら豪華声優が出演! 人気コミック『囀る鳥は羽ばたかない』のドラマCD第4巻が2017年2月8日発売決定2016/12/01 19:25
羽多野渉さん・新垣樽助さんら豪華声優が出演! 人気コミック『囀る鳥は羽ばたかない』のドラマCD第4巻が2017年2月8日発売決定
中澤まさともさん、新垣樽助さんらが出演するドラマCD『あのこはソレを我慢できない』より試聴PVが到着!
中澤まさともさん、新垣樽助さんらが出演するドラマCD『あのこはソレを我慢できない』より試聴PVが到着!2017/11/10 18:00
中澤まさともさん、新垣樽助さんらが出演するドラマCD『あのこはソレを我慢できない』より試聴PVが到着!
BLCD『未知との遭遇』(出演声優:新垣樽助さん、斉藤壮馬さん)がポケット★ドラマCDにて配信開始!
BLCD『未知との遭遇』(出演声優:新垣樽助さん、斉藤壮馬さん)がポケット★ドラマCDにて配信開始!2017/11/06 18:15
BLCD『未知との遭遇』(出演声優:新垣樽助さん、斉藤壮馬さん)がポケット★ドラマCDにて配信開始!

注目の商品

【コミック】囀る鳥は羽ばたかない(5)aos2017/11/30 発売【コミック】囀る鳥は羽ばたかない(5)¥720【コミック】囀る鳥は羽ばたかない(5)
【ドラマCD】ドラマCD 囀る鳥は羽ばたかない 第4巻aos2017/02/08 発売【ドラマCD】ドラマCD 囀る鳥は羽ばたかない 第4巻¥4,860【ドラマCD】ドラマCD 囀る鳥は羽ばたかない 第4巻
【コミック】囀る鳥は羽ばたかない(4) 小冊子付きaos2016/09/30 発売【コミック】囀る鳥は羽ばたかない(4) 小冊子付き¥990【コミック】囀る鳥は羽ばたかない(4) 小冊子付き

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去
【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去 【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去
2 『Caligula -カリギュラ-』2018年4月TVアニメ化決定! 沢城千春さん、小澤亜李さんらゲームに引き続き豪華声優陣が出演!
『Caligula -カリギュラ-』2018年4月TVアニメ化決定! 沢城千春さん、小澤亜李さんらゲームに引き続き豪華声優陣が出演! 『Caligula -カリギュラ-』2018年4月TVアニメ化決定! 沢城千春さん、小澤亜李さんらゲームに引き続き豪華声優陣が出演!
3 『キラキラ☆プリキュアアラモード』第40話よりあらすじ・先行場面カット公開! 眠りから覚めたリオが登場しホイップたちと協力する
『キラキラ☆プリキュアアラモード』第40話よりあらすじ・先行場面カット公開! 眠りから覚めたリオが登場しホイップたちと協力する 『キラキラ☆プリキュアアラモード』第40話よりあらすじ・先行場面カット公開! 眠りから覚めたリオが登場しホイップたちと協力する
4
ヴィクトルの愛犬「マッカチン」が等身大のぬいぐるみとなって登場! さらに、勝生勇利の愛犬「ヴィっちゃん」も同時発売! ヴィクトルの愛犬「マッカチン」が等身大のぬいぐるみとなって登場! さらに、勝生勇利の愛犬「ヴィっちゃん」も同時発売!
5
『あんステ』『STAGE FES 2017』など6公演のチケット先行受付スタート! 日本初のアニソンライブ・アニメイベント専用チケットアプリが登場 『あんステ』『STAGE FES 2017』など6公演のチケット先行受付スタート! 日本初のアニソンライブ・アニメイベント専用チケットアプリが登場
6
宮野真守さんによる最新公演「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2017 ~LOVING!~」をWOWOWにて初放送! 宮野真守さんによる最新公演「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2017 ~LOVING!~」をWOWOWにて初放送!
7
TVアニメ『Butlers~千年百年物語~』が放送延期に! 新しい放送時期は2018年4月を予定 TVアニメ『Butlers~千年百年物語~』が放送延期に! 新しい放送時期は2018年4月を予定
8
『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』フルCGによるVRアニメ化プロジェクトを始動! 実現に向けたクラウドファンディングを実施 『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』フルCGによるVRアニメ化プロジェクトを始動! 実現に向けたクラウドファンディングを実施
9
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第四章「天命篇」より最新情報が到着! 山寺宏一さん&内山昂輝さんが追加声優に決定! 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第四章「天命篇」より最新情報が到着! 山寺宏一さん&内山昂輝さんが追加声優に決定!
10
『宝石の国』第7話「冬眠」より先行場面カット&あらすじ到着! 冬眠に備える宝石たちを尻目に、フォスは冬担当の宝石と行動をすることに 『宝石の国』第7話「冬眠」より先行場面カット&あらすじ到着! 冬眠に備える宝石たちを尻目に、フォスは冬担当の宝石と行動をすることに
1 【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去
【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去 【訃報】『ドラゴンボール』ブルマ役や『アンパンマン』ドキンちゃん役で有名な声優・鶴ひろみさんが急性大動脈解離により死去
2 『NARUTO』TVアニメシリーズ最後の主題歌コンピ発売! 新規描き下ろしジャケイラスト&ファン投票で決定した収録曲5曲を大公開
『NARUTO』TVアニメシリーズ最後の主題歌コンピ発売! 新規描き下ろしジャケイラスト&ファン投票で決定した収録曲5曲を大公開 『NARUTO』TVアニメシリーズ最後の主題歌コンピ発売! 新規描き下ろしジャケイラスト&ファン投票で決定した収録曲5曲を大公開
3 梅原裕一郎さんのナレーションで素敵な夜を……「星の王子さまミュージアム ロマンティック・スターリー・ナイト」インタビュー
梅原裕一郎さんのナレーションで素敵な夜を……「星の王子さまミュージアム ロマンティック・スターリー・ナイト」インタビュー 梅原裕一郎さんのナレーションで素敵な夜を……「星の王子さまミュージアム ロマンティック・スターリー・ナイト」インタビュー
4
『オーバーロードII』新キャラ盛りだくさんのティザーPV公開! 第1期に引き続き、OPテーマはOxT、EDテーマはMYTH & ROIDが担当 『オーバーロードII』新キャラ盛りだくさんのティザーPV公開! 第1期に引き続き、OPテーマはOxT、EDテーマはMYTH & ROIDが担当
5
TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第33話より先行場面カット到着! にのがチームに加入出来ない理由とは…… TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第33話より先行場面カット到着! にのがチームに加入出来ない理由とは……
6
『ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~』(ごちうさ)舞台挨拶で佐倉綾音さん、水瀬いのりさんら声優陣が語った感謝の気持ち 『ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~』(ごちうさ)舞台挨拶で佐倉綾音さん、水瀬いのりさんら声優陣が語った感謝の気持ち
7
劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-、2018年春公開決定! 寺島拓篤さん・梶裕貴さんらも続投 劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-、2018年春公開決定! 寺島拓篤さん・梶裕貴さんらも続投
8
劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』第1章、6・7週目来場者特典一挙公開! さらに8週目の配布も決定 劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』第1章、6・7週目来場者特典一挙公開! さらに8週目の配布も決定
9
安野希世乃さん1stライブ「ねぇ、一緒に歌おう。そして、“泣け”!」、夢の生バンドで『マクロスΔ』『冴えカノ』の楽曲も大熱唱 安野希世乃さん1stライブ「ねぇ、一緒に歌おう。そして、“泣け”!」、夢の生バンドで『マクロスΔ』『冴えカノ』の楽曲も大熱唱
10
WEB漫画『ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order』第16話更新! 攻略を放置している主人公、実は意外な真意が!? WEB漫画『ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order』第16話更新! 攻略を放置している主人公、実は意外な真意が!?
Twitter
Facebook
animate Times Channel
アニメイトタイムズ ラジオ
アニメイトタイムズ チケット