2016/3/11 12:00

映画『プリパラ』に繋がる想い――i☆Risとして過ごしてきた3年間の思い出

 2016年3月12日(土)より、映画『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』が全国ロードショー! そこで今回、らぁら役・茜屋日海夏さん、みれい役・芹澤優さん、シオン役・山北早紀さんインタビューを実施! 映画の見どころやアフレコ・レコーディングについて、i☆Risとして過ごしてきた3年間の思い出など『プリパラ』への熱い想いを語っていただきました!

 本作は、ファルルからSOSが届いたらぁら達がプリパラとファルルを助けるため、世界中のステージで“いいね”を集めてキラキラを取り戻しに行くストーリーです。また劇場版シリーズ3作目となる今回はオリジナルストーリーとして、らぁら達の友情や成長の物語が繰り広げられます。


■ らぁらがスクリーンで“かしこまやで!?”

――劇場版が決まったときの感想を教えてください。

らぁら役・茜屋日海夏さん(以下、茜屋):私はまず素直にうれしくて。それと同時に、今まで『プリティーリズム』シリーズの先輩方の思いを受け止めて、それに助けられている部分もあったのが、今回は完全新作で、『プリパラ』として初めてのオリジナルストーリーの映画作品で、もちろん周りの仲間はいるんですが、ここからは私がプリパラをちゃんと背負っていかなきゃなという気合も改めて入りました。

みれい役・芹澤優さん(以下、芹澤):私は子どものときからいろいろなアニメを見て育ち、この仕事を目指し始めました。子ども向けアニメのひとつの完成形がオリジナル劇場版という印象があります。劇場版化したアニメって、「みんなが大好きなアニメ」というイメージが強くて、いつか自分もやりたいなと思っていました。まさかプリパラに自分の夢のひとつを叶えてもらえるとは思っていなかったので、改めて「プリパラ、ありがとう!」という思いがしました。また、最初は6人で試行錯誤しながら始めたプリパラだったんですけど、「ああ、大きくなったな!」とも思いました。

シオン役・山北早紀さん(以下、山北):「完全新作」ということで、四字熟語が口癖のシオンも喜んでいると思います(笑)。それだけじゃないですよ! 『プリパラ』は、ギャグ要素が強かったり、ライブ演出のクオリティが高かったり、キャラが個性的で魅力的だったりなど、見どころがたくさんあります。今回新作映画になったことによって、いつも放送しているアニメの面白い部分が1つの映画の中にすべて盛り込まれているのが魅力だなと思いました。これを見てもらえれば、『プリパラ』のアニメをあまり知らない人でも、『プリパラ』の世界をわかってもらえるんじゃないかなと思います。


――劇場版は、世界各国をめぐる内容となるとのこと。劇場版の見どころや、キャラクターの新たな魅力を感じた点はありますか?

茜屋:キャラクターたちが各世界や日本各地に行ったりするんですが、そこで土地の名産も出てきますし、キャラクターたちがその土地独特の喋り方をしています。それがまた面白いですね。いまはまだ収録途中なのですが、アドリブもすごく楽しいことになりそうだなと思っています。「かしこまやで!」など、言い方もちょっと工夫しながら、頑張りたいです!

――メンバーに関西の方はいますか?

芹澤:メンバーに関西人はいないんです。唯一、みかんちゃん役の渡部優衣さんが関西出身なので、現場で教えてもらいました。私が演じるみれぃちゃんは「~ぷり」が口癖のポップなキャラで、そのキャラを前面に出していけたらなと思い、「どこにアドリブを入れられるかな」と毎回考えています(笑)。

本編のアニメの方では、みれぃちゃんは進行役になったり、説明セリフが多いこともあり、アドリブを入れてしまうと筋がズレてしまうときが多いのであまり入れていないんです。今回はせっかくの映画だし、なるべく入れられないかなと思って、いつもより過敏に“入れられポイント”を探しています。

山北:私が演じるシオンちゃんは、最近本編では天才チームに入って、チームメイトのドロシーとレオナとの絡みが少なかったんですが、今回は久しぶりに「「DressingPafe」として出る場面がたくさんあるので、久しぶりにそろった三人の仲の良さを見せられたらいいなと思っています。「ドレシ」が出てくるシーンは、「プリパラ」のギャグの要素がたくさん詰まっているので、楽しんで見ていただきたいですね。いつもよりお茶目なシオンちゃんが出てくるかもしれないです。


――幅広い人気を獲得している本シリーズ。大人の方に向けたアピールポイントを教えてください。

茜屋:『プリパラ』といったらライブというくらい、本当に「ライブシーンがすごいな」という印象があります。アニメでも毎回、CG班のスタッフさん方がすごくこだわっていて、ちょっとしたところにも工夫を凝らして作られているので、ライブシーンはぜひ注目していただきたいなと思います。同じ歌でも、ライブごとに光の具合が違ったりします。細部まで見ていただけたらうれしいです。私自身も、見るたびにいつも驚いています。何度見ても、驚かされますね。


――歌のシーンのレコーディングは大変ですか?

茜屋:レコーディングは、最初の頃は「キャラクターの気持ちを作らなきゃ」と思っていたんですが、こうしてずっと続けさせてもらって、自然とキャラクターの気持ちで歌えるようになったので、最近は本当に楽しんで、毎回レコーディングに臨ませてもらっています。

芹澤:私は、「お父さん、お母さん世代と同じくらいの世代のスタッフさんが作っているんだよ」というところをアピールしたいです。子ども向けといえど、実は、笑いのツボは大人に刺さるようなところもかなり多いんじゃないかなと思っています。『ヤッターマン』のネタが出てきたりなど、私たちも本家がわからないものだったりとか、そういうネタがすごく多いんです(笑)。もはや私たちも気づかないような、スタッフさんの入れ込んだ"親父ギャグ"ってやつに、皆さんなら気付いてくれるんじゃないかなと思っています。


――映画版でも、親父ギャグを楽しみにしていいですか?

芹澤:その場の収録で「これ入れちゃおう」ということも結構あるので、公開をとにかく待っていただければなと思います。

山北:『プリパラ』を見ているお子さんのお母さんたちの方が年齢が近いと思うので、同世代の人が、中の人のアフレコをやっています!ということもチェックしてもらえたら嬉しいです(笑)。あとは、「プリパラ」の中で踊っている振り付けを、私たちも声優アイドルユニット「i☆Ris」としてライブで披露したりしているので、小さい子どもたちと一緒に映画を見に来て、「この曲いいな」と思ったら、私たちi☆Risのライブも見に来ていただけたら良いなと思います。お子さんは「プリパラ」のアニメを楽しんで、お父さん、お母さんはライブを見に来るという形でも楽しめると思います。

芹澤:『プリパラ』は声も歌もダンスも全部一緒。私たちがすべてやっていますから!


■ メンバーが語る『プリパラ』とi☆Ris、その成長

――『プリパラ』自体が、i☆Risの成長と重なる部分もあるかと思います。キャラクターの苦悩や成長と、自身を重ねることはありますか?

茜屋:私は、自分のキャラではないんですが、TVシリーズのみれぃちゃんの状況と、ちょっと前の自分がすごく重なって。「努力しても、叶わないこともあるんだ」とちょっとがっかりしているみれぃちゃんに、ちょっと前の自分がすごく重なって、すごく心に刺さったんです。逆にいうと、そういうときにらぁらちゃんの前向きな姿勢を見ていると、自分も「元気付けられるな」と思うときがあります。

芹澤:『プリパラ』があって、i☆Risがあってと、私たちも『プリパラ』のおかげですごく変われたと思います。私は最初の頃から、みれぃちゃんというキャラクターの不器用なところが、自分に似ているなと思っていました。「計算どおり」というのがみれぃちゃんの口癖ではあるんですが、みれいちゃんって結構、不器用で。ひびきと戦って負けてしまったり、初期の頃はあろまに言い負かされたりもしていて。みれぃちゃんって、おいしい思いをあまりしていないんですよね。みれぃちゃんの不器用なところを応援したくなるし、そういうみれぃちゃんだからこそ、私がよく演じてもっと魅力的なキャラにしたいって、素直に思えるんです。すごく「二人で一人」という感じがしています。


――みれぃの変化を演じる上で、意識してきたことはありますか?

芹澤:最初の方は、普段は真面目な委員長、でもプリパラアイドルになると語尾に「ぷり」と付けて話したりと、ギャップのあるプリパラのみれぃの方を“作っている”というイメージが強かったです。でも第1シーズンの後半で「ぷりのままで」という話があったり、また最近では「努力が報われない」というエピソードが描かれたりなど、キャラ作りとかは関係なく、「本当に自分の心で頑張ってきたものが叶わない」という経験をし、仲間に助けてもらいながら乗り越え成長した一人の女の子、というすごくリアルな南みれぃという一人の人物が出来上がってきたんじゃないかなと思います。

ある意味、もう何も作っていない。「ぷりのまま」からの「ありのまま」じゃないですが、最近のアニメ本編では、素の姿がすごく描けているんじゃないかなと。だから私も、みれぃのキャラを「声を作ろう」とはまったく考えず、できるだけ「心を寄せていこう」という気持ちになっています。

山北:シオンちゃんは一見、自分とは似ていないかなと思うんです。シオンちゃんは天才だけど、私は天才じゃないしって。違うなとは思うんですが、私もi☆Risに入って一つずつ夢が叶って、なんとか人生を楽しめているという意味では通じるところもあって。今のアニメ本編では、シオンちゃんも天才チームに入って、一人ではなかなか出せないエアリーという羽を楽々と出してしまってと、いい状態にいる。でもこのあと、努力で頑張るみれぃを見て、シオンは何を思うんだろうと。

そういう点が、自分にも通じるところがあると思うんです。私もi☆Risのメンバーや、「プリパラ」のキャスト&スタッフさんに助けてもらってうまい感じに来ているけれど、果たしてその中で自分は「ちゃんと努力をしたのだろうか」、「努力しなければ」と思うんです。似ていないようで、最近のシオンの行動は私と近いんじゃないかという、深さを感じています。


――囲碁をやってみることはありますか?

山北:囲碁のアプリを落としたんですが、説明書とかを読まないでやる性格なので、やってみても全然、勝てないんです。ルールを読んで、なんとなくやるんですけどうまくいかないですね。あと、白と黒のものには反応するようになりましたね。今日の私服も白と黒です。意識しちゃうようになりました(笑)。


――アイドルへの憧れと友情が本シリーズのテーマとなります。ご自身も「仲間と一緒でよかった」と思う瞬間はありますか?また「仲間の存在が刺激になるな」と思うことがあれば教えてください。

茜屋:私は、仕事以外に学校も行っているので、例えばミュージカルの稽古の時期など、みんなよりちょっと時間がとれないときがあるんです。でもそういうときも、あとから行っても、みんなが色々と教えてくれたりと、すごく支えられているなと感じます。そして個々の仕事も増えてきているので、みんなが頑張っている姿勢を見ると、すごくいい意味で刺激を受けますね。


――特に支えられたなと思うエピソードはありますか?

茜屋:私は今、大学生なんですが、大学は(推薦などではなく)入学試験を受けて入ったんです。そのときに、勉強のために、少し休む期間をいただいていて。そのときにも、私の分まで5人がステージに立ち続けてくれていて、i☆Risをずっと維持させてくれていた。そのことは、今でも「本当にすごく助かったな、支えられたな」と思っています。

芹澤:最近、ひみちゃん(茜屋)とずっちゃん(澁谷梓希)が出ている舞台を観に行かせていただいたんです。i☆Risでいるときは、結局メンバーも一緒にステージに立っているので、客観的にメンバーを見ることができないんですよね。でも客観的にメンバーを見たときに、「すごいな」と素直に思ったんです。そしてやっぱり、すごくいい意味で「負けていられないな」とも思いました。

i☆Risって、比べられるものが意外と、i☆Risしかなくて。アイドルも声優もやっている方もいらっしゃるけれど、私たちとはちょっとイメージが違うなとも思うので、そう考えると、いつもすごくメンバーを意識しているんだなと思います。客観的に見て「すごくいいな」と思った分、「じゃあ、自分はそんなに素敵なのかな」と思って、「いや、まだ足りない」と思いました。

山北:私はi☆Risといると、いつでもキラキラでいられるなというのがあって。i☆Risは、みんな年齢は近いんですが、私が一番年上で友達も就職してる年齢なんですよね。お正月とかに、北海道に帰って同級生とかとご飯を食べていると、学生時代からたった3、4年くらいしか経っていなくても「会話がちょっと疲れているかな?」と感じたり(笑)。「仕事が……」とか「毎日、同じ作業をしてて……」という話も出てきたり。

ここに来ると、みんな一人一人に目標があって、夢があって、キラキラしている。そのぶん大変なことも多いですが、こういうキラキラしている人たちと一緒にいることによって、自分も無意識にキラキラをもらっているんだなとうれしく思います。そして、色々な声優さんやアイドルの中で、一緒にいて一番安心するのがこのメンバー。もともとあまり、初対面で仲良くなれるタイプではないのですが、i☆Risはもう3年以上ずっといるメンバーだから、心を開いていられます。色々な外仕事に行って、「難しいな」と思うことがあっても、ここにくるとホッとできるみたいなところはありますね。


■ 3年間の成長と変化、そして今後のi☆Risは……?

――3年でのお互いの変化、成長は感じますか?

茜屋:みんな、プロ意識がすごく高くなったなと思います。だからこそ、今まで以上に「自分は努力が足りていないんじゃないか」とかすごく焦るけれど、でもそんな頑張っているみんなを見ると、素直に「尊敬する」という気持ちが生まれますね。私はすごく負けず嫌いなので、結成当初は、「負けない」という思いが強かったんですが、最近は本当に一人一人に、すごいなと尊敬できるところがあります。

芹澤:私もお互いの変化を感じますね。私ももともと、「自分ひとりがいい」みたいな感じのタイプで。グループと知ったときに、「なんでグループを組むんだろう」とかそういうことを考えちゃうような子だったんです。でも今は本当にメンバーがいてよかったなと思うし、そのよかったなと思うのが、一人がさみしいからとかではなく、本当に個々が素敵だから、絶対にみんなが集まったときに、「もっといいことができる」というのを最近、確信的に思うからなんです。今年は、この6人で「すごいことをしたいな」という思いがすごく強いです。

山北:デビュー当時を見ればわかるんですが、まずみんなすごく大人っぽくなったなと思います。最初の頃の写真を見ると、みんな素朴な可愛さだなという感じだけど、最近はもう、きれいになっちゃって、すごいなと(笑)。i☆Risは、もともとプロ意識が高い人たちが集まっていたんだなというのをすごく感じています。最近のみんなを見ていると、「原石だったんだな」というのをすごく思っていて。せっかくi☆Risの6分の1としているのだから、「みんなに負けないぞ!」「自分も頑張るぞ!」といい気持ちにさせてもらっています。


――誰が一番変わりましたか?

茜屋:私、自分が一番変わったと思う。

芹澤:私も、ひみが一番、見た目的にめちゃめちゃ変わったと思う。

茜屋:中身はね、たぶんそんなに変化はないんだと思うけど、見た目は私が一番変わったかも。

芹澤:最初がね、本当にかわいかったので。

茜屋:イモだった!(笑)

芹澤:中身でいうと誰ですかね。でもずっちゃんとか、すごい変わった。

山北:『プリパラ』でドロシーをやり始めてから変わりましたね。

芹澤:自分の意見を言うタイプの子では、全然なかったというイメージが強かったんですが、なんかすごく変わったよね。どんどん前に出るようになって、ドロシーと一体化しているなと本当に思う。

茜屋:ずっちゃんはかなりあると思う。一番役に近くなったね。

芹澤:日常からあんな感じ。


――年齢を重ねると共に、演技で大人の魅力を出していきたいと思うことはありますか?

茜屋:『プリパラ』をやらせてもらって、最初の頃私は、絶対にらぁらちゃんというタイプじゃないなと思っていたんです。やりたかったんですが、自分の声や喋り方からしたら、「こんなにかわいいキャラは難しいだろう」と思っていたんです。でも実際にやらせてもらって、周りの人からも「やっぱり、らぁらちゃんはひみだよね」など言ってもらえるようになって、すごく自信がつきました。今年は、そのらぁらちゃんでついた自信を活かしていくためにも、役の幅をもうちょっと広げていきたいなと思っています。お芝居の幅も、どんどん広げていきたいなと思います。

芹澤:あまり、自分を「大人」と感じる瞬間がなくて(苦笑)。役どころでもあんま大人っぽい役はやらないですし、大人を自分から感じられないので。まず根本として、日常で大人っぽい瞬間でも作れるようになりたいなと思います。頑張ります!

山北:私はシオンちゃんをやるまでは、「天然リーダーかわいい、てへ」みたいな感じでやっていたんですけど(笑)、もともとはかっこいいアイドルや男性アイドルが好きだったんです。男性アイドルを見て、男性アイドルのようになりたいと思っていた時期もあって。シオンちゃんをやらせてもらうことによって、低音の歌やロック調の歌い方など、自分の扉が開かれたなと思ったんです。実は、シオンちゃんのキャラソンを歌っていくたびに、シオンちゃんの声が若干、色っぽくなってきたと言われたんですよ。

私も年々、年を取っていますので、ちょっとそこの色気を混ぜ込んだりして、シオンちゃんもそこで成長して、それをまた私に還元してと、色々と成長し合えるんじゃないかと思っています。i☆Risはキラキラした曲が多いんですが、個人的には、大人っぽい、哀愁漂うかっこいい曲も大好きなので、そういう面の担当でいきたいなという思いがあります。

――『プリパラ』を軸に、今後やってみたいことはありますか?

茜屋:私、「踊ってみた」とかを見るのがすごく大好きで。自分自身もダンスがすごく好きなので、『プリパラ』の「踊ってみた大会」みたいなものを開催してもらいたいなと思います。私は審査員をやりたいです。みんなかわいいなと思って、たぶん決められないと思うんですけど(笑)。6人グループなどでどんどんエントリーしてもらって、自分たちの曲をみんなが踊ってくれているのを見てみたいです。

芹澤:ミュージカルまでやり尽くしたら、次は何があるかなと思ったんですけど。しいていうなら、私たちではなくて、本当にキュートな方たち、本当にかわいいアイドルちゃんたちに、「実写版プリパラ」をやってもらいたいです。私よりずっとみれぃに似ている子がいるはずなので、その子にみれぃをやってもらって、その子の演じるみれぃを見てみたいなって。ミュージカルはミュージカルでもちろん自信を持ってやったんですが、もし、さらに上があるとしたら、誰かが演じたみれぃを見てみたいです。

山北:私はもともと『プリパラ』がはじまったときから、「ミュージカルにしてほしい」と願い続けてきたので、ある意味、夢は叶っているんです。この映画の中でも世界各地に行っているので、『プリパラ』としても色々な国に行って、ミュージカルを演じてみたいなと思います。日本のアニメが好きで日本語を勉強してくださっている方もいるので、色々な地域に行って、キャラクターを演じたいなという思いがあります。


――4月からはいよいよ3期が始まります。3rdシーズン(3期)への意気込みやメッセージをお願いします。

茜屋:2ndシーズンではあじみちゃんなど、本当に色々ぶっ飛んだキャラが出てきて、ただでさえ「プリパラ」に新しい色が付いてきたのに、3rdシーズンではついに赤ちゃんまで出てきちゃうんです。どうなるんだろうと私自身も楽しみです。みんなかわいくてキラキラしたキャラクターばかりですが、らぁらちゃんも主人公としてここは負けていられないので、3rdシーズンを盛り上げる一人の主人公として頑張っていきたいと思います! よろしくお願いします。

芹澤:この『プリパラ』という作品が3rdシーズンを迎えられたことは、本当にみんなの応援のおかげだとつくづく思います。このまま『プリパラ』が好きな人は『プリパラ』を信じてついてきてくれればいいなと思います。どうなるか、私もわかりません! 楽しみにしていてください。

山北:キャラクターもどんどん増えて、パワーアップしていく中、「ソラミドレッシング」は初期からやっているメンバーですので、どんなアイドルがきても負けません! 囲碁以外のセリフも楽しみにしていてください。

■映画『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』
 2016年3月12日(土)より全国ロードショー

【キャスト】
らぁら:茜屋日海夏
みれい:芹澤優
そふぃ:久保田未夢
シオン:山北早紀
ドロシー:澁谷梓希
レオナ:若井友希
あろま:牧野由依
みかん:渡部優衣
ふわり:佐藤あずさ
あじみ:上田麗奈
ひびき:斎賀みつき
ファルル:赤﨑千夏

大神田プロリア:デヴィ・スカルノ
ミニファルル:川栄李奈

【スタッフ】
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア
監督:森脇真琴
副監督:佐藤まさふみ
脚本:ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン:原 将治
メカデザイン:大河原邦男
CGディレクター:乙部善弘
プリパラライブ演出:菱田正和
音響監督:長崎行男
制作:タツノコプロ
配給・宣伝:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
製作:映画プリパラ製作委員会

【ストーリー】
えぇーっ!ファルルがいなくなっちゃうの!?

はるか遠くプリパリにいるらぁらの大切なともだちのファルルから届いたメッセージ。

アイドルの聖地「プリパリ」からキラキラがなくなり、

このままだとプリパラの世界がなくなっちゃう!とSOSが届いたのだ!!

プリパラアイドルたちは、チームにわかれて世界中のプリパラのステージで

「いいね(ハート記号)」を集めながらプリパリめがけて全力ダーッシュ!!

らぁらたちはファルルを助けて、プリパラの世界を救うことが出来るのか?!



>>公式サイト
>>公式Twitter(@pripara_PR)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!



■この記事を読んだ人は次にこの記事を読んでいます!

i☆Risのメンバーたちが舞台でも熱演!

『プリパラ』新キャラクター発表

芹澤優の声のキセキ…自分を意識し続けることで自分の声が好きになる

1分間に3人の“『プリパラ』アイドル”が誕生!?

茜屋さん、澁谷さん、渡部さんが子供たちに交通安全を呼びかける

(C) T-ARTS / syn Sophia / 映画プリパラ製作委員会

関連コンテンツ

TVアニメ『プリパラ』第115話「ひびけ!神アイドルグランプリ!」より先行場面カット到着
TVアニメ『プリパラ』第115話「ひびけ!神アイドルグランプリ!」より先行場面カット到着2016/09/26 16:00
TVアニメ『プリパラ』第115話「ひびけ!神アイドルグランプリ!」より先行場面カット到着
アプリゲー『プリパラ プリパズ』配信10日で、30万ダウンロード達成!? 「PRファルル」のプレゼントも決定
アプリゲー『プリパラ プリパズ』配信10日で、30万ダウンロード達成!? 「PRファルル」のプレゼントも決定2016/09/20 18:45
アプリゲー『プリパラ プリパズ』配信10日で、30万ダウンロード達成!? 「PRファルル」のプレゼントも決定
TVアニメ『プリパラ』第114話「急げ!神アイドルグランプリ!」より先行場面カット到着
TVアニメ『プリパラ』第114話「急げ!神アイドルグランプリ!」より先行場面カット到着2016/09/19 16:00
TVアニメ『プリパラ』第114話「急げ!神アイドルグランプリ!」より先行場面カット到着
TVアニメ『プリパラ』第113話「ちりちりちりちゃん!」より先行場面カット到着
TVアニメ『プリパラ』第113話「ちりちりちりちゃん!」より先行場面カット到着2016/09/12 16:00
TVアニメ『プリパラ』第113話「ちりちりちりちゃん!」より先行場面カット到着
TVアニメ『プリパラ』第112話「恋恋ジュルル」より先行場面カット到着
TVアニメ『プリパラ』第112話「恋恋ジュルル」より先行場面カット到着2016/09/05 16:00
TVアニメ『プリパラ』第112話「恋恋ジュルル」より先行場面カット到着

注目の商品

【Blu-ray】※送料無料※TV プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-2aos2016/12/23 発売【Blu-ray】※送料無料※TV プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-2¥32,400【Blu-ray】※送料無料※TV プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-2
【Blu-ray】※送料無料※TV プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-1aos2016/08/05 発売【Blu-ray】※送料無料※TV プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-1¥32,400【Blu-ray】※送料無料※TV プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-1
【Blu-ray】プリティーリズム プリズムショー☆FAN DISCaos2016/03/04 発売【Blu-ray】プリティーリズム プリズムショー☆FAN DISC¥7,344【Blu-ray】プリティーリズム プリズムショー☆FAN DISC

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 放送間近! 2016秋アニメ、みんなが何を観るかが分かった! 秋アニメ何観るアンケート結果発表
放送間近! 2016秋アニメ、みんなが何を観るかが分かった! 秋アニメ何観るアンケート結果発表 放送間近! 2016秋アニメ、みんなが何を観るかが分かった! 秋アニメ何観るアンケート結果発表
2 最終回を迎えた『ツキアニ。』より、声優14名のコメント到着! シリーズ初の12人合同楽曲は、BD&DVD特典に!?
最終回を迎えた『ツキアニ。』より、声優14名のコメント到着! シリーズ初の12人合同楽曲は、BD&DVD特典に!? 最終回を迎えた『ツキアニ。』より、声優14名のコメント到着! シリーズ初の12人合同楽曲は、BD&DVD特典に!?
3 神谷浩史さん、二度目の幕張メッセワンマンで「みなさんに贅沢な時間を届けられることを、本当に嬉しく感じています」
神谷浩史さん、二度目の幕張メッセワンマンで「みなさんに贅沢な時間を届けられることを、本当に嬉しく感じています」 神谷浩史さん、二度目の幕張メッセワンマンで「みなさんに贅沢な時間を届けられることを、本当に嬉しく感じています」
4
【写真&コメント追加】東宝×ワーナーがタッグを組み『ジョジョの奇妙な冒険』第4部が実写映画化決定! 主演の山﨑賢人さんほか神木隆之介さんなどの出演キャスト&公開時期が発表! 【写真&コメント追加】東宝×ワーナーがタッグを組み『ジョジョの奇妙な冒険』第4部が実写映画化決定! 主演の山﨑賢人さんほか神木隆之介さんなどの出演キャスト&公開時期が発表!
5
『リゼロ』レムの押し倒されポスターが、本日発売「月刊コミックアライブ11月号」の付録に!? 『リゼロ』レムの押し倒されポスターが、本日発売「月刊コミックアライブ11月号」の付録に!?
6
90年代にタイムスリップ!?「洲崎西サマーパーリー2016~バボでバブリー泡祭り」パーフェクトレポート 90年代にタイムスリップ!?「洲崎西サマーパーリー2016~バボでバブリー泡祭り」パーフェクトレポート
7
TVアニメ『ViVid Strike!』水瀬いのりさん・小倉唯さんなど、声優・スタッフあわせて17名のコメントが公開 TVアニメ『ViVid Strike!』水瀬いのりさん・小倉唯さんなど、声優・スタッフあわせて17名のコメントが公開
8
いよいよ始まる『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』! 放送前に11の見どころをピックアップ! いよいよ始まる『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』! 放送前に11の見どころをピックアップ!
9
TVアニメ『SHOW BY ROCK!!#』第1話先行カット公開! 黒田崇矢さん・沢城みゆきさんら追加声優も解禁 TVアニメ『SHOW BY ROCK!!#』第1話先行カット公開! 黒田崇矢さん・沢城みゆきさんら追加声優も解禁
10
2015年夏アニメをコスプレで振り返る第3弾は、『GATE』や『オーバーロード』、『六花の勇者』といったファンタジーな世界観のキャラクターたちをお届け! 2015年夏アニメをコスプレで振り返る第3弾は、『GATE』や『オーバーロード』、『六花の勇者』といったファンタジーな世界観のキャラクターたちをお届け!
1 秋もアニメは声優で観る! 2016秋アニメ 声優別出演一覧
秋もアニメは声優で観る! 2016秋アニメ 声優別出演一覧 秋もアニメは声優で観る! 2016秋アニメ 声優別出演一覧
2 TVアニメ『リゼロ』最終回を観てスバル役・小林裕介さん、エミリア役・高橋李依さんが思ったコトとは
TVアニメ『リゼロ』最終回を観てスバル役・小林裕介さん、エミリア役・高橋李依さんが思ったコトとは TVアニメ『リゼロ』最終回を観てスバル役・小林裕介さん、エミリア役・高橋李依さんが思ったコトとは
3 放送間近! 2016秋アニメ、みんなが何を観るかが分かった! 秋アニメ何観るアンケート結果発表
放送間近! 2016秋アニメ、みんなが何を観るかが分かった! 秋アニメ何観るアンケート結果発表 放送間近! 2016秋アニメ、みんなが何を観るかが分かった! 秋アニメ何観るアンケート結果発表
4
ついに完結!『ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園- 希望編』制作&放送決定! ついに完結!『ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園- 希望編』制作&放送決定!
5
『リゼロ』レムの押し倒されポスターが、本日発売「月刊コミックアライブ11月号」の付録に!? 『リゼロ』レムの押し倒されポスターが、本日発売「月刊コミックアライブ11月号」の付録に!?
6
9月28日放送『ツキウタ。 THE ANIMATION』より、第13話先行カット到着!最終話を迎えるキャスト陣からのコメントも! 9月28日放送『ツキウタ。 THE ANIMATION』より、第13話先行カット到着!最終話を迎えるキャスト陣からのコメントも!
7
最終回を迎えた『ツキアニ。』より、声優14名のコメント到着! シリーズ初の12人合同楽曲は、BD&DVD特典に!? 最終回を迎えた『ツキアニ。』より、声優14名のコメント到着! シリーズ初の12人合同楽曲は、BD&DVD特典に!?
8
『マクロスΔ』ワルキューレ1stライブツアーファイナルより、公式レポート到着! 全17曲を熱唱した当日の模様を大紹介 『マクロスΔ』ワルキューレ1stライブツアーファイナルより、公式レポート到着! 全17曲を熱唱した当日の模様を大紹介
9
速報!小野坂さん、神谷さん、豊永さんの撮り下ろしパンフ画像あり!イベント「バトルですよ、アザゼルさん。G」グッズ情報到着! 速報!小野坂さん、神谷さん、豊永さんの撮り下ろしパンフ画像あり!イベント「バトルですよ、アザゼルさん。G」グッズ情報到着!
10
2015年夏アニメをコスプレで振り返る第3弾は、『GATE』や『オーバーロード』、『六花の勇者』といったファンタジーな世界観のキャラクターたちをお届け! 2015年夏アニメをコスプレで振り返る第3弾は、『GATE』や『オーバーロード』、『六花の勇者』といったファンタジーな世界観のキャラクターたちをお届け!
Twitter
Facebook
animate Times Channel
animate Times
アニメイトタイムズ ラジオ
アニメイトタイムズ チケット