2017/3/15 12:00

速水奨スペシャルインタビュー〜最前線で走り続ける声優人生と、声優養成所設立に込めた“速水奨ism伝承”への想い〜

1980年にデビューし、今年で声優生活37年目となるベテラン、速水奨さん。

二枚目や美形悪役に始まり、闇の住人、正義のロボット、神様、さらには三枚目、変態、声だけはかっこいいイロモノキャラなど、長いキャリアの中で膨大にして多彩なキャラクターを演じ続け、代表作も挙げ始めたらきりがないほど。
また、アニメイベント、キャラクターソング、声優ユニット、ドラマCD、乙女ゲームのすべてに黎明期から参加され、現在の声優ブームにつながる様々なものを最前線で切り拓いてきた人物のおひとりでもあります。

そんな速水さんが2013年10月に声優&アーティスト事務所「Rush Style」を立ち上げ、さらに2017年4月から事務所付属の養成所となるRSアカデミーを開所。現在、第1期生の募集も行っています。
そこで今回は30年以上もトップで活躍し続ける声優・速水奨さんと、後進の指導に意欲を燃やす速水奨先生に、現在の想いをマニアックな視点も交えつつ、たっぷりと伺いました!

●速水 奨(はやみ しょう)
8月2日生まれ。兵庫県出身。血液型A型。主な出演作『超時空要塞マクロス』マクシミリアン・ジーナス役、『超時空世紀オーガス』桂木桂役、『ドラゴンボールZ』ザーボン役、『勇者エクスカイザー』エクスカイザー役、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』ナイト・シューマッハ役、『無責任艦長タイラー』マコト・ヤマモト大尉役、『トライガン』ニコラス・D・ウルフウッド役、『超重神グラヴィオン』クライン・サンドマン役、『炎の蜃気楼』直江信綱役、『銀魂』星海坊主役、『アンジェリーク』光の守護聖ジュリアス役、『戦国BASARA』明智光秀役、『Fate/Zero』遠坂時臣役ほか。Rush Style代表・所属。

■主役なのにお茶汲み!? 新人時代の天国と地獄

——『超時空要塞マクロス』のマクシミリアン・ジーナス役で注目された後、一大ブームとなる80年代ロボットアニメ作品に二枚目や美形ライバル役で次々と登場し、瞬く間に人気声優になられた印象があります。昨今の声優業界の状況と鑑みると、かなり好調な滑り出しだったのではないかと思うのですが、当時の状況を教えてください。

速水奨さん(以下、速水):時代が違いますからね。今だとインターネットや様々な媒体で日常的に取り上げていただけますけれど、当時は月刊のアニメ誌しかないじゃないですか。取り上げられる機会自体が月に1回しかないわけです。自分が収録したものの反響も、オンエアされた後になるので、人気といわれても実感としてはだいぶ時差がありました。

 当時は声優の数も少ないですし、同じ年にデビューした人間だって、男女合わせて10人もいなかったと思うんですよ。だから誰かと比べて自分がすごく順調だとかいうこともなく、みんな同じように苦労していましたね。

 なにしろ偉大な先輩方が上にいらしたので、僕たちはただ新人として足掻いていたという印象しかないですね。

——でも速水さんの場合は、すごくいい役が多かったと思うんです。『聖戦士ダンバイン』のバーン・バニングス、『装甲騎兵ボトムズ』のポタリア、『機甲界ガリアン』のハイ・シャルタット、『重戦機エルガイム』のギャブレット・ギャブレーって、ものすごい顔ぶれですよ。

速水:確かにいい役はいただいているんですけれど、1週間で見ると、水曜日の10時から15時に『マクロス』でいい役をやっていても、ほかの日には洋画の吹き替えで「兵士1」をやった時に「お前、なに二枚目の声出してんだ!」って怒られたりしているわけです。業界的にはまだペーペーなので、「このキャラは俺がやってんだぜ!」なんて鼻高々になるようなことはまったくなかったです。『オーガス』の時なんて僕、お茶汲みしてましたし。

——『超時空世紀オーガス』の桂木桂って、主役ですよね!? そんな状況から、声優として自信がついてきた頃の作品というと何になりますか?

速水:やはり「勇者シリーズ」辺りからだと思います。

——そこまで行きますか!?

速水:それまでは「いい役をいただいたな」と思うことがあっても、先程も言いましたけれど“月曜日は天国、火曜日は地獄”みたいな毎日で、「この現場行きたくないぃ〜!」って精神的につらくなって、朝お腹が痛くなったりもしていたんですよ。それだけ厳しい世界だったので、どの現場でも通用する実力をつけないといけないんだなと骨身に沁みていた時期ですね。

——その頃はベテランの方たちからも、相当こてんぱんに言われたのでしょうか?

速水:いや、まったく言われなかったんです。だいぶ経ってから小林清志さんに「速水はどこかの芸能事務所にいて、声優を齧りに来たのかと俺は思っていた。お前には養成所を出たような雰囲気はなかったぞ」みたいなことを言われて、僕は打ち解けていたつもりだったのに、人とコミュニケーションが取れていなかったみたいなんです(笑)。

 だから先輩とサシで呑んだり、お説教をされるようなこともなく、ポツンとしていた感じでしたね。

——そうなると、ひたすら先輩の背中を見て業界の作法を憶えたような感じですか?

速水:そうですね。この仕事を始める前は、劇団でミュージカルをやっていたので、マイクの前だとどうやればいいかもわからないし、アニメもまったく観ていなかったんです。『ガンダム』も知らなかったんですよ。

——そこから『ガンダム』シリーズはもちろん、数多の歴代人気ロボットアニメ作品に軒並み出演されるわけですからね。ここまで出られた方は、ほかにはちょっと見当たらないレベルですよ。

速水:ちょうどうまい具合に、隙間産業みたいに入れたのかもね(笑)。

■正統派から三枚目、さらには同人界発のBLブームの先駆者に!

——「勇者シリーズ」の『勇者エクスカイザー』では正義のロボット、その後『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』で実力者のナイト・シューマッハを演じたかと思えば、『南国少年パプワくん』のマジック総帥役で息子を溺愛する父親を怪演するというように、イメージをどんどん変えるような役を立て続けにやられているのも面白いです。

速水:『ダンバイン』の後に『エルガイム』があって、そこのギャップをどうすればいいのか苦悩しながらやっていましたし、『オーガス』でももっと軽妙にするにはどうしたらいいんだろうと考えていました。そして30代になってから『エクスカイザー』と同時に『デビルマン』(OVA『デビルマン 妖鳥死麗濡編』不動明役)もやったりして、正統派でやる作品と『無責任艦長タイラー』みたいな作品とのギャップにもようやく対応できるようになってきたのかなと思いますね。

——それだけ余裕が出来てきたのでしょうか?

速水:正統派を突き詰めることで、そこはちゃんと出来るようになったと思うんですよ。そして自分の中に正統派が出来たことで、それをほんの少しチェンジしていけば三枚目も出来るという自信が持てたということですね。

——最初に変化球を意識したのは『エルガイム』のギャブレーなんですか?

速水:ギャブレーですね。ただ、カーブがまだ曲がらないんですよね。フォークが落ちないんですよ(笑)。今聴いても、浮いている部分をすごく感じます。ただ、富野(由悠季)さんがキャスティングしてくださった中に、若さゆえの、今ならもっと計算してやるところが計算できていない拙さを買っていただいた部分もあったのかなと思うんですね。

——ギャブレー自身が青二才のキャラクターですから、そこがリアルだったのかもしれませんね。ちなみに二枚目役と三枚目役をそれぞれ確立できたと思えたキャラクターは何になりますか?

速水:二枚目はやはりエクスカイザーだと思うんです。三枚目は『無責任艦長タイラー』のマコト・ヤマモト辺りだと思うんですよ。

——確かに、なさけないキャラのヤマモトの声が速水さんだったのは、放送当時も衝撃的でした。

速水:振り切れたと思うんですよ(笑)。「こう演じなければいけない」という計算と、「それ以上やったら恥ずかしい」というリミッターが人にはかかっているんですね。それが外れたのが『タイラー』や『パプワくん』辺りだと思うんです。

——『パプワくん』でのマジック総帥のシンタローへの溺愛ぶりは、子供向けのアニメで初めてBL成分を匂わせた気がします。

速水:もう完全に同人の世界ですよね。

——そこに女性ファンが飛びつき、イベントで声優の方たちがファンの熱烈な声に応えていったことで、アニメイベントの在り方自体が変わっていったような感じがありました。

速水:その頃、ものすごい葛藤がありまして。当時のアニメイベントは、OVAの予約をした人だけが参加できるもので、さらに1000円払うと握手権が付くようなシステムだったんですよ。入場チケット制ではないので、会場も舞台用の照明すらないようなところでやるものだったんです。そこにCLAMPさんなどが出てきて、有料イベントが始まるようになって、会場などは少しずつ改善されていったんですね。

 でもお客様は有料になったのに、僕らが何もサービスできていないじゃないかと制作側と喧々諤々しながら作っていったのが、今のアニメイベントの最初だったんです。

——金丸淳一さんもバスツアーを企画されていたじゃないですか。声優のみなさんが手探りしながら、アニメファンを引っ張ってくださっていたわけですね。

速水:コミケもそうですよ。僕が知った頃は川崎の小さな会場でやっていたのが、晴海に行って、今やビッグサイトですよね。「えっ、コミケってこんなことになっていくんだ!」と年を追うごとに驚きましたし、同人の人たちもものすごいパワーを持ってメジャーにどんどん来たわけですよ。尾崎南さんもそうですけど。

 そこに僕らが使われ始めて(尾崎南『絶愛-1989-』のOVAで南条晃司役)、同人を愛していた人たちが僕たちのことも支持してくれて、一気にパイが広がったんですよ。

——やはり速水さんといえば二枚目役のイメージがあるのですが、業界的にも早い段階から二枚目役を期待されていたのでしょうか?

速水:期待というか、「あいつ、それしか出来ないから」ということじゃないですかね(笑)。

——それは『エクスカイザー』辺りまで?

速水:僕の中では、演じることとナレーションをすることが同列なんですよ。ナレーションも、今は番組ナレーションなどもありますが、当時はテレビコマーシャルのナレーションとか企業のナレーションですよね。そういうものも僕は巧くなりたいし、そちらでも勝負したいと思って一所懸命練習していた時期なんです。

 テレビCMのナレーションは、特に車などの場合はどうしても正統派の「かっこいい声」みたいな要求をされますから、そういうものと連動したのか、演じるほうもそういう路線になっていったんですね。そこには事務所の意向もあったと思うんですよ。だからそれ以外の仕事はあまり来なかったんです。

——そこにいきなり『タイラー』が来た感じだったんですか?

速水:いきなり、ではないですね。『タイラー』の前に、『ジリオン』でおふざけ系があったり——。

——ドラマCDの『赤い光弾ジリオン お洒落倶楽部』ですね。脚本があかほりさとるさんで、それまでは真面目な音声ドラマだったカセットブックやドラマCDに、アニメ本編のパロディドラマを持ち込んだんですよね。あの中で速水さんのバロン・リックスが「JJ、愛してるぞ」と言ったのは、当時衝撃的でした。

速水:あの辺は多分、アドリブだったと思うんですけどね(笑)。本編と別でやるものなので、振り幅を大きくするために面白いエピソードをどんどん入れていったんです。『サイバー』もそうですよね。そういうものを要求されるようになって、意外と自分はそっちも嫌いじゃないんだなということに気付いたんですよ。

——つまり、アニメでは正統派や美形悪役をされていて、ドラマCDという「遊んでいい」場所で崩していたら、今度はそちらも評判になって、ついにアニメでも声がかかるようになったわけですね。

速水:そうです。ドラマCDも、当時は相当売れていますからね。

——実際、聴いていて面白かったですから。

速水:『サイバー』なんてドラマCDをものすごくたくさん出したし、歌もかなり出しましたね。

——『サイバー』で速水さんが歌われた「都会の影」なんて、作品を知らないで聴いても通じる名曲ですよね。

速水:僕もずっとライブで歌っていましたから。

——まだ明るいうちにライブ会場に入り、アンコールの定番曲となっていた「都会の影」を聴いて会場を出ると、まさに都会の影を感じるような夜の東京になっているんですよ。いつもライブの後は余韻に浸りながら、夜の表参道を歩いていました。

速水:ラフォーレ原宿でやっていましたからね。

■今や、かっこいい声が笑いの要素になるまでに浸透!

——二枚目や三枚目に留まらず、近年は『日常』の学者のような、謎のカテゴリーの役もされています。変わり者の役をやるようになった流れも教えてください。

速水:変わり者ですか。これを言うと「そうかな?」と思われる方がいらっしゃると思うんですけど、『横山光輝 三国志』の諸葛亮孔明などは変わり者だと思うんですよ。かなり変わっている気がします。諸葛亮孔明はいろんな方が演じていますけれど、自分が演じる時には、何か人を超越している部分とか、知識の外にある裏付けされたものが垣間見えるようなものを演じたいという想いがあったんです。

 あとは最近増えているんですけど、たとえば『銀魂』で星海坊主というつるつる頭の役をやった時に、スタッフから「でも声はかっこいいんです!」って言われるんですよ。『FAIRY TAIL』の一夜(一夜=ヴァンダレイ=寿)というのも、「声がかっこいいキャラなのでお願いします!」って。とあるゲームをやった時も、魚の醤油さしのキャラクターなんだけれど「声がかっこいいんです!」って、よくわからないことになっていますね(笑)。

 そこまで言われる「かっこよさ」ってなんだろうと考えたら、日常じゃないんですよ。冷血どころか、血液が流れていないような、身体がベルベットで出来ているみたいな。歯が痛いとか、風邪をひくような肉体の差し障りも一切感じさせない超生命体みたいな存在なんだけれど、僕が喋ることによって「そのキャラクターがキャラクターとして生まれる」ということを考えて、演じるようにしてきたんですね。

 『日常』の学者もそうですし、マッドな医者とかだと『闇の末裔』(邑輝一貴役。医者で事件の黒幕)もそう。『炎の蜃気楼』(直江信綱役。怨霊)もそうかなと思うんです。「昨日は何を食べた」というようなキャラクターの日常を感じさせないものを演じることが、自分の命題でもあるし、求められている一番のところかなと思います。

——確かに「芸風・かっこいい」みたいなものを速水さんに求めたキャスティングが多くなった印象はあります。

速水:先程の醤油さしのように、今や「かっこいい声を笑われるところまで来たのか」というのが、僕としては面白いですね。

——『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』もそうでしたね。

速水:ナレーションだったんですけど、結局最後は全身パンツの変態(底辺の黒)の役でしたからね(笑)。

——それまでは作品があってのキャスティングだったのが、作品と並んで声優をファンが求めるようになり、声優の影響力がアニメ業界を変えていったような印象があります。声優を取り巻く状況が変わってきたなと感じたのは、いつ頃からでしたか?

速水:『はなきんデータランド』(テレビ朝日系列の情報バラエティ番組。1990年から1994年まで「アニメ大賞」ランキングを発表)の頃ですよ。声優部門で草尾毅君が1位、佐々木望君が2位。翌年は望のファンが盛り返して、ひとりで100枚とか200枚とかハガキを書いてランキングで競っていたじゃないですか。あの辺からテレビ朝日がアニメのことをピックアップするようになって、それと連動していろんなジャンルが広がっていって、ネット社会になって確立されたと思うんですよね。

 僕はそれよりも、ちょっと先に生まれた人間なんですよ。まだ何もない、すべてがアナログの時代じゃないですか。お客さんが喜ぶことを、自分の肌で感じて、次はこうしようというやり取りしかないんです。ファンレターを読んで「あっ、こういうことがウケるんだ。じゃあ次はこれを活かそう」みたいな、渡して受けての時代だったんですよ。今はファンレターを出す人自体、相当少ないんじゃないですかね。

——圧倒的にツイッターとかですよね。先程お話に出た諸葛亮孔明もそうですが、歴史上の人物のキャラクターもたくさん演じられています。その中で、明智光秀を『戦国BASARA』と『ドリフターズ』で演じられたことで、明智光秀役といえば速水さんというイメージが出来つつあります。明智光秀はどのように作っていったのでしょうか?

速水:『戦国BASARA』は時代考証もキャラ設定も、非常にユニークじゃないですか。最初は僕も「こんなの有り得ないよな!」と思っていたんですけど、それをみんなが大真面目に作っていくわけです。あの足軽ダンス(TVアニメ『戦国BASARA』OPにて、CGの足軽ダンサーズがストリートダンスを披露し、戦国時代とのギャップで話題となった)だけだって凄いと思うんですね。そうすることで、完全に“『戦国BASARA』のリアリティ”が生まれたと思うんですよ。僕らが学んだ歴史とは違うけれど、物語世界の中の歴史としてしっかり構築されてきて、ならばそこに委ねてみようと思ったんです。

 そもそもはゲームから始まっていますが、最初の『戦国BASARA』では小林(裕幸)プロデューサーが「明智光秀は狂気の笑いをしてくれ」ということで、低い声を一切封印されたんですよ。全部高いところだけで喋るんですけど、それが非常につらかったので、『2』の時はさすがに低い声も使わせてもらって、その後にアニメの第1期だったんです。だから演じ方を試行錯誤する中で、光秀像も徐々に変わっているんですよ。ただ、共通するのは狂気なんです。

 一方、『ドリフターズ』は光秀を演じたといっても、1期の最終回で一言だけしか出ていないので、僕の中では透明な感じですね。どちらに転んでいくか、まだわからないので。『戦国BASARA』の光秀とは、まったく違う演じ方をしようとは思っていました。

——観ている側の印象だと、速水さんが演じられたことで、どちらの作品の光秀も信長のストーカーに見えるんですよ。速水さんの艶のある声と存在感によって、まるで信長を愛するがゆえに光秀がストーカーと化したように思えるんです。もちろん恋愛感情なんてあるわけがないのに、視聴者側にそういう妄想を抱かせるのは「速水奨の功績」ではないかと。

速水:そうか、僕はストーキングキャラなんだ(笑)。でも追いかけるキャラって、『炎の蜃気楼』もそうでしたね。『闇の末裔』もそうだな。

■ゲームが変えた声優の芝居、時代で変わっていく声優の音楽活動

——ゲームで音声が使えるようになったことで、声優にとっても新たな活躍の場が生まれたと思います。その中で『アンジェリーク』という女性向けの恋愛シミュレーションゲームが発売され、現在の乙女ゲームの隆盛につながりました。こちらでも光の守護聖ジュリアス様として、作品人気を牽引するキャラクターになりましたが、『アンジェリーク』の頃はどんな感じだったのでしょうか?

速水:9人の守護聖のキャスティングを見たら、当時一番売れている人たちじゃないですか。そこで「えっ、僕がトップですか!?」という申し訳なさもあったんですけど、そういうコンテンツが始まって、自分たちがこれから新しい流れを作っていくんだなという手応えはすごく感じました。

 最初にスーパーファミコンで発売された時は、まだ音声が出せなかったので、ドラマCDを作ったんですよ。画面に合わせてCDを流すと、絵と音声が同期するというものだったんです。そのうちにゲーム本体から音声が出るようになったんですけど、プレイするためにはゲーム機としてPC-FXを買ってもらう必要があったんですね。PC-FXは当時で3万とかしましたから(メーカー希望小売価格 49,800円)、初期のアンジェリークファンの女性たちは、ものすごくがんばって投資してくださったんですよね。そこから広がった世界なんです。

 ファンレターをいただいても、「『アンジェリーク』をプレイしています。こんなに新しい世界が広がってドキドキしています」と興奮気味に書かれていて、「あっ、ここで本当に恋愛ができるんだ」というのを知ったし、僕たちはそれを裏切らない守護聖を作っていかなきゃなっていうことで、1人1人の意識が変わっていった時代だったんですね。

——それまではアニメで観るだけだったのが、ゲームでは世界の中に入れましたからね。あんな経験は初めてでしたから、熱中度も今よりずっと高かったと思います。

速水:昔はビデオがあるお家も少なくて、アニメも録画はあまりできなかったじゃないですか。だから自分が出演した作品を、録画して観るということもほとんどなかったし、一過性のものだったんですよ。それがゲームになったら何度でも聴けるので、今までよりももっとニュアンスを大事にしないと「ここの言い方がおかしい」と指摘されるわけです。演じる責任感は増しましたね。

 あとは距離感が変わりました。ゲームになってようやく、普通に人と喋る距離になったんです。TVアニメの場合は、相手が近くにいても、もっと声を張っていたんですよ。マイクの性能も良くないので、雑音を拾わないようにリミッターをかけるんですね。だからみんな、バーンと声を出さないと画に乗らないからと、怒鳴り合うまでは行かないにしても、すごい距離感で喋っていましたね。

——だからこそ、ヘッドフォンで聴くとたまらない距離感になっていたんですね。

速水:その後にダミーヘッドマイクとかも出てきて、愛のささやきとかが始まったんですよ。

——その辺りから声優ファンがさらに過熱していった感じがあります。耳元で自分に向けて愛をささやかれたら、そりゃ惚れるよなと。声優雑誌でのグラビアなども始まっていましたから、声優自身に入れ込むファンが増えたのも当然でしょうね。

 またキャラクターソングという形で声優が歌う機会も増えていき、速水さんもその最初期から携わっておられますが、中でも南條晃司役として歌った「BRONZE 殉教」などは、声優が歌う意義のひとつの答えだと思うんです。あの曲は速水さんの声と存在感がないと、成り立たないと思うんですよ。ひたすら低音でささやくように歌うというのは、歌唱力がどうこうの話ではないですから。それを、「ただもうこの声に埋もれていたい」と思わせる。それは劇中の南條晃司の歌そのものである。これこそが声優が歌う意義なのではないか、と。


速水:そうかもしれませんね。『絶愛』のレコーディングは、ものすごい時間をかけて、贅沢に録らせていただいたんですよ。僕はロックは歌えない。だけど、南條晃司を演じる限りにおいては、自分の演技のテイストが歌に投影されないと嫌だということもあって、キーも相当細かく打ち合わせをさせていただいて。詞も全部、尾崎先生が書かれましたから、それだけ強い言葉が出てきていると思うんですよね。

——声優の音楽活動に対しては、どのように考えておいでですか?

速水:僕らの時代と違って、今の人たちはまず必須なんですよ。絶対に歌えないといけないし、必要によっては踊りも出来ないといけない。僕らは「えっ、歌うんですか!? じゃあ、がんばりますから何とかしてください」というような状態だったわけです。すべてが初めてのことばかりだから、誰も完成形を想像できないまま、みんなで汗をかいて、泥臭いくらいの試行錯誤をしながら作っていったんですよ。そういう意味では、つらいけど楽しい時期にいたんだなとは思います。

 今は本当にいろんなジャンルの歌を歌う機会がありますよね。僕も歌っていますけれど、「アクターズ」というボーカロイドの曲を声優が歌うCDがあって、大変だけど楽しんでいます。

——速水さんはオリジナルのアルバムもかなり出されています。こちらは最初はどのような経緯だったのでしょうか?

速水:アニメ関係のプロデューサーから、歌と語りを融合させて、ポエムを僕が読むような形のアルバムを出しませんかと提案されたんです。語りがあるならということで引き受けたんですけど。

——それで歌にも目覚めたような感じに?

速水:いや、目覚めたとまでは行かなくてですね。自分の中でうまく消化できていないところがあって、その後に原田真二さんと組んで、歌だけのアルバムを作ったんです。その頃に初めてライブにも挑戦して、もう冷や汗しかなかったんですけど、リベンジしたいなと思いまして。次のライブを大阪でやった時に、意外と楽しいなと思ったんです。そこから始まった感じですね。

——ライブ活動を続ける中で、やがて自ら原作・脚本を手掛ける『S.S.D.S.シリーズ(Dr.HAYAMI)』が生まれ、オリジナルドラマCDにもなりました。それだけ発信したいという気持ちが高まっていったのでしょうか?

速水:Dr.HAYAMIというのはそもそも、先程も言いました大阪でのライブの時に、マネージャーが白衣と聴診器を持ってきたんですよ。「ライブだけだと胃がもたれるかもしれないから、お客さんに息抜きの時間をあげてください」って。白衣と聴診器を着けて、何かフリートークでやってという、実にざっくりとした指示で(笑)。せっかくだから、お客さんからお悩み相談の手紙をもらって、Dr.HAYAMIが答えるみたいにすればいいじゃないと思ってやったら、ことのほかウケたんです。そのうちにDr.HAYAMIのお悩み相談だけのイベントもやったりして、それはそれで楽しんで終わったんですよ。

 そうしたら今度は僕のライブにもよく来ていた森川(智之)君が「Dr.HAYAMIの大ファンなので、ぜひお願いします!」というので、「おまえらのためだろ!」(ファンクラブ主催イベント)に1回だけの復活として出たんです。それがまたウケたので、もうちょっとやってみるかということでランティスと話をして、ドラマCDを出すことになったんですよ。ところがその世界観を描くシナリオライターがいない。それで仕方ないから僕が書き始めたんです。最初から自分で書きたかったわけじゃなく、僕がやらざるを得ないからやっただけで、それがどんどん続く流れに……。

——そのように、徐々に作る側に回っていったことが延長して、事務所の設立につながる流れになっていったのでしょうか?

速水:そうですね。色々作ることは10年以上前からやっていますけれど、逆に「演じる」ことにも、もっと貪欲になってきたんです。ただ、個人で考えるレベルと事務所で考えるレベルは違うじゃないですか。僕個人だったら「この仕事は受けたい。でも前にやった仕事との兼ね合いがあるから、そこは事前に話をして許可をいただく」ということも出来ますが、事務所の所属タレントだとなかなか窮屈なところもあるんです。

 それで個人になって事務所を作ったら、いろんな仕事があることに気付いたんですよ。やってみると面白いことがたくさんあったんです。


■養成所の設立と、声優への想い

——そうなると、声優という枠を超えて色々出来るわけですが、これからやっていきたいこととは?

速水:やはり後進の指導はやっていきたいんですよ。僕らの仕事って、名前は残る、音声は残る、記憶は残るとしても、どんどん過去になっていく気がするんです。30年後には僕のことも「あー、そんな人もいたねぇ」みたいな。でも僕が演じることとか、表現する「ism」というのは伝承できると思うんですよ。だからその部分を受け継いで、次の世代に行ける人たちを育てていきたいというのがあるんです。

——いつ頃から「教える」ことを意識されたのでしょうか?

速水:実は、かなり前から気持ちはあったんです。ただ、自分が現役である限り、人に教えてはいけないと頑なに思い込んでいたんですよ。ところが7、8年前に、ちょっと断りづらいルートから「教えてくれませんか」という話があって、今はないドワンゴクリエイティブスクールというところで教え始めたんです。

 そうなると今度は人に教えることの難しさがわかってきて、「あれ、自分はどうやって演じているんだろう?」と思って、頭の中、心の中で演じているものを分解してみたんですよ。そこで「あ、こうやって演じているんだ。じゃあこれを教えてあげればいいんだ!」とわかって、呼吸から発声からひとつひとつ、自分なりに蓄積してきたものを子供たちに教え出したんです。

 そうしたら今度は教えることがすごく面白くなったんですね。「人ってこんなに変わるんだ!」って。それに子供たちと接することで、自分自身も常に新鮮でいられるんですよ。これをずっと続けていくのは僕にとっても魂の健康法なんじゃないかなと思うんです。

——教え子に神田沙也加さんがいることも話題になりました。指導に際しては、何を一番大事にされているのでしょうか? もしかしたら、生徒ごとに教え方が違うのかもしれませんが。

速水:違いますね。それぞれにカスタマイズして、全員に違う教え方をします。ダメ出しの仕方も全員違うんですよ。僕はあまりきつく言わないんですけれど、何も言わないで本人が気付くのを待つ場合もあるし、失敗したことを笑って和ませて、次のステップに行かせる子もいるんです。

——今の声優には求められているものがどんどん多くなって、それこそ踊りまでという話もされましたが、現状についてはどのように感じておられますか?

速水:やはり時代は変わったなと思いながらも、じゃあ踊れればいいのか、歌えればいいのかというと、ちょっと違う気がするんですよ。
 やっぱり「がんばれ!」「よし、うまくなってきた!」という感情移入ができないとダメなんですよね。だから、がんばれることが大事なんです。二十歳そこそこの男の子が、何千人もの前でトークなんて、できるわけないじゃないですか。でも彼らはすごくがんばる。そのアプローチの様を見て、お客様は母のような、姉のような気持ちで応援してくださるんだろうなと思うんです。

——養成所では、何よりもまず芝居を教えるわけですね?

速水:芝居も教えますけれども、基本として僕はコミュニケーション能力を求めますね。僕は生徒全員の名前を憶えていますけれど、毎回必ずひとりひとりと会話して、その人の人間ドラマの中に僕も入っていきながら導き出すみたいなことが多いかな。

——RSアカデミーでは第1期生の2次募集を受け付けるとのことで、声優志望の人がスタートラインに立つ前に必要なことがありましたら、アドバイスをお願いします。

速水:うちの新人で、3年目になる子がいるんですけど、漢字が読めないんですよ。それで猛勉強して、先日漢字検定3級に受かったんです。漢字や言葉に触れることは、すごく大事だと思うんですよ。台本を渡されて、読めない漢字や意味のわからない言葉がたくさんあるようだと、声優としてはダメなんです。台本の文字を追って読むのではなく、文字をインプットした瞬間に、頭の中で自分の声として再現できなければいけない。その能力を養うために、活字に慣れてほしいですね。

——速水さんが考える声優とは?

速水:もちろんエンターテイナーなんですけど、良識のある社会人だと思うんですよ。バランスの取れた人間というのかな。もちろん個性があるので、変わっているところがあってもいいんですけど、僕らの仕事というのは共同作業なので。全員でスタジオに入って、同じ意識を持って、アンサンブルになって作品を作っていくには、良識ある社会人であることが必須なんじゃないかな。

——役者の中には性格破綻者的なところを芸風にする人もいますが、アニメはチームワークで作りますからね。

速水:昔は若い女の子とか、恥ずかしくて話しかけられなかったんですけど、『ごちうさ』(『ご注文はうさぎですか?』チノの父役)とかをやってから、若い女の子とも普通に喋れるようになっちゃって。なんなら輪に入っても平気みたいな(笑)。

——速水さんのイメージといえば美形悪役だと思っていたら、若い世代には「いいお父さん」というイメージで見られているらしいですからね。

速水:それはありがたいですよ! 僕の延命のためにもね(笑)。そのうち「いいお爺さん」になったりして(笑)。

——艶のある役もまだまだ期待しております!

>>声優&アーティスト事務所「Rush Style」





関連コンテンツ

速水奨さんのライフワーク朗読会「The Reading Show」に内田夕夜さんと金月真美さんがゲスト参加!『陰陽師』安倍清明が、源博雅が、物の怪共が語りの妙で躍動する…!
速水奨さんのライフワーク朗読会「The Reading Show」に内田夕夜さんと金月真美さんがゲスト参加!『陰陽師』安倍清明が、源博雅が、物の怪共が語りの妙で躍動する…!2017/04/06 18:30
速水奨さんのライフワーク朗読会「The Reading Show」に内田夕夜さんと金月真美さんがゲスト参加!『陰陽師』安倍清明が、源博雅が、物の怪共が語りの妙で躍動する…!
『まほいく』ライブで結婚式を挙げた東山奈央さんと佐倉綾音さんのツーショットが超イケメン!【今週の声優さんツイートまとめ】
『まほいく』ライブで結婚式を挙げた東山奈央さんと佐倉綾音さんのツーショットが超イケメン!【今週の声優さんツイートまとめ】2017/03/07 18:15
『まほいく』ライブで結婚式を挙げた東山奈央さんと佐倉綾音さんのツーショットが超イケメン!【今週の声優さんツイートまとめ】
速水奨さんによる朗読会「The Reading Show」が、約3年ぶりに開催決定 ゲストは金月真美さん&内田夕夜さん!
速水奨さんによる朗読会「The Reading Show」が、約3年ぶりに開催決定 ゲストは金月真美さん&内田夕夜さん!2017/02/21 16:30
速水奨さんによる朗読会「The Reading Show」が、約3年ぶりに開催決定 ゲストは金月真美さん&内田夕夜さん!
速水奨さん、堀内賢雄さん、関俊彦さん、高橋直純さん、増田俊樹さんらカリスマドクターズと過ごすクリスマス! 『S.S.D.S. 第1回 ファンミーティング』夜の部レポ
速水奨さん、堀内賢雄さん、関俊彦さん、高橋直純さん、増田俊樹さんらカリスマドクターズと過ごすクリスマス! 『S.S.D.S. 第1回 ファンミーティング』夜の部レポ2017/02/04 18:30
速水奨さん、堀内賢雄さん、関俊彦さん、高橋直純さん、増田俊樹さんらカリスマドクターズと過ごすクリスマス! 『S.S.D.S. 第1回 ファンミーティング』夜の部レポ
【今週の声優さんツイートまとめ】イケメン声優のリバから日本代表参戦まで! 新春イベントは話題満載!
【今週の声優さんツイートまとめ】イケメン声優のリバから日本代表参戦まで! 新春イベントは話題満載!2017/01/20 19:30
【今週の声優さんツイートまとめ】イケメン声優のリバから日本代表参戦まで! 新春イベントは話題満載!

注目の商品

【ドラマCD】憧れの職業シリーズ 憧れの職業CD  VOL.6 Policeman<刑事>編 (CV.増田俊樹&速水奨)aos2014/02/26 発売【ドラマCD】憧れの職業シリーズ 憧れの職業CD VOL.6 Policeman<刑事>編 (CV.増田俊樹&速水奨)¥3,240【ドラマCD】憧れの職業シリーズ 憧れの職業CD VOL.6 Policeman<刑事>編 (CV.増田俊樹&速水奨)
【ドラマCD】速水奨プロデュースCD 男子高校生タイムトラベラーシリーズ Shuffle 時を紡ぐ勇者たち vol.6 -陰陽師編-aos2014/01/29 発売【ドラマCD】速水奨プロデュースCD 男子高校生タイムトラベラーシリーズ Shuffle 時を紡ぐ勇者たち vol.6 -陰陽師編-¥3,240【ドラマCD】速水奨プロデュースCD 男子高校生タイムトラベラーシリーズ Shuffle 時を紡ぐ勇者たち vol.6 -陰陽師編-
【ドラマCD】速水奨プロデュースCD 男子高校生タイムトラベラーシリーズ Shuffle 時を紡ぐ勇者たち vol.5 -戦国智略絵巻編-aos2013/11/27 発売【ドラマCD】速水奨プロデュースCD 男子高校生タイムトラベラーシリーズ Shuffle 時を紡ぐ勇者たち vol.5 -戦国智略絵巻編-¥3,240【ドラマCD】速水奨プロデュースCD 男子高校生タイムトラベラーシリーズ Shuffle 時を紡ぐ勇者たち vol.5 -戦国智略絵巻編-

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 人気声優・細谷佳正さん、喉の治療の為に休業を発表 『文豪ストレイドッグス』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』などで活躍
人気声優・細谷佳正さん、喉の治療の為に休業を発表 『文豪ストレイドッグス』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』などで活躍 人気声優・細谷佳正さん、喉の治療の為に休業を発表 『文豪ストレイドッグス』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』などで活躍
2 TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第4話より先行場面カット到着!神アイドルのみれぃがパパラ宿に遊びに来る!!
TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第4話より先行場面カット到着!神アイドルのみれぃがパパラ宿に遊びに来る!! TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第4話より先行場面カット到着!神アイドルのみれぃがパパラ宿に遊びに来る!!
3 山下大輝さん・宮野真守さん・小野大輔さんら『弱虫ペダル』第3期の声優12名より、インターハイ編に向けた熱いメッセージが到着
山下大輝さん・宮野真守さん・小野大輔さんら『弱虫ペダル』第3期の声優12名より、インターハイ編に向けた熱いメッセージが到着 山下大輝さん・宮野真守さん・小野大輔さんら『弱虫ペダル』第3期の声優12名より、インターハイ編に向けた熱いメッセージが到着
4
映画『銀魂』のWEB版予告映像第1弾&豪華キャストが大集結した本ポスターが解禁! 笑って、泣けて、アツくなるシーンがてんこ盛り 映画『銀魂』のWEB版予告映像第1弾&豪華キャストが大集結した本ポスターが解禁! 笑って、泣けて、アツくなるシーンがてんこ盛り
5
『Tokyo 7th シスターズ』武道館ライブが2018年に開催決定! ニューシングル・ミニアルバム情報や3rdライブの写真も公開 『Tokyo 7th シスターズ』武道館ライブが2018年に開催決定! ニューシングル・ミニアルバム情報や3rdライブの写真も公開
6
TVアニメ『Code:Realize ~創世の姫君~』2017年10月放送決定!声優陣&スタッフ、PV、舞台化などの新情報が明らかに TVアニメ『Code:Realize ~創世の姫君~』2017年10月放送決定!声優陣&スタッフ、PV、舞台化などの新情報が明らかに
7
『けものフレンズ』舞台化&新作ゲームアプリ化情報解禁! 声優たちも一斉にツイート開始!【声優ツイートまとめ】 『けものフレンズ』舞台化&新作ゲームアプリ化情報解禁! 声優たちも一斉にツイート開始!【声優ツイートまとめ】
8
映画『君の名は。』勅使河原役・成田凌さんが出演するクラフトボスCMのスピンオフ動画が公開中! BGMは映画の主題歌「なんでもないや」のアレンジver.!? 映画『君の名は。』勅使河原役・成田凌さんが出演するクラフトボスCMのスピンオフ動画が公開中! BGMは映画の主題歌「なんでもないや」のアレンジver.!?
9
「ユーリ!!! on ICE」BD&DVD第6巻ジャケ写に、勇利&ヴィクトル! 2人の最終話エキシビジョン(ノンテロップ版)も収録 「ユーリ!!! on ICE」BD&DVD第6巻ジャケ写に、勇利&ヴィクトル! 2人の最終話エキシビジョン(ノンテロップ版)も収録
10
実写映画『鋼の錬金術師』エドとアルの全身を収めた最新ビジュアルが、公式サイトに登場! アニメ版声優が登壇予定のイベントも開催決定 実写映画『鋼の錬金術師』エドとアルの全身を収めた最新ビジュアルが、公式サイトに登場! アニメ版声優が登壇予定のイベントも開催決定
1 声優・小倉唯さんが、ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』に出演決定! 参加したのは、ありえない声優オーディション!?
声優・小倉唯さんが、ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』に出演決定! 参加したのは、ありえない声優オーディション!? 声優・小倉唯さんが、ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』に出演決定! 参加したのは、ありえない声優オーディション!?
2 アニメ『ONE PIECE』の手配書ポスター第3弾! シャンクスやポートガス・D・エースも! 4月29日(土)からジャンプショップで販売開始!
アニメ『ONE PIECE』の手配書ポスター第3弾! シャンクスやポートガス・D・エースも! 4月29日(土)からジャンプショップで販売開始! アニメ『ONE PIECE』の手配書ポスター第3弾! シャンクスやポートガス・D・エースも! 4月29日(土)からジャンプショップで販売開始!
3 『あんさんぶるスターズ!』の限定商品をローソンにて販売! 缶バッジやストラップ、クリアボトルが登場!
『あんさんぶるスターズ!』の限定商品をローソンにて販売! 缶バッジやストラップ、クリアボトルが登場! 『あんさんぶるスターズ!』の限定商品をローソンにて販売! 缶バッジやストラップ、クリアボトルが登場!
4
声優・小野賢章さん、実は実写映画『ReLIFE リライフ』に出演していた!? 主演・中川大志さんとのオフショット解禁 声優・小野賢章さん、実は実写映画『ReLIFE リライフ』に出演していた!? 主演・中川大志さんとのオフショット解禁
5
好きなのに「好き」と言わない「アイ ラブ ユー」がある!――劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』堀川りょうさん&宮村優子さんインタビュー 好きなのに「好き」と言わない「アイ ラブ ユー」がある!――劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』堀川りょうさん&宮村優子さんインタビュー
6
『アイドルマスター シンデレラガールズ』のフェアが全国のゲーマーズで開催! 関連商品購入で限定ブロマイドがもらえる 『アイドルマスター シンデレラガールズ』のフェアが全国のゲーマーズで開催! 関連商品購入で限定ブロマイドがもらえる
7
人気声優・細谷佳正さん、喉の治療の為に休業を発表 『文豪ストレイドッグス』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』などで活躍 人気声優・細谷佳正さん、喉の治療の為に休業を発表 『文豪ストレイドッグス』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』などで活躍
8
『キラキラ☆プリキュアアラモード』第12話よりあらすじ&先行場面カット公開! 謎の転校生が登場&ジュリオ役・皆川純子さんのコメント到着 『キラキラ☆プリキュアアラモード』第12話よりあらすじ&先行場面カット公開! 謎の転校生が登場&ジュリオ役・皆川純子さんのコメント到着
9
『遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)』櫻井孝宏さん・木村昴さんら追加声優とコメント解禁! 初回放送日は、5月10日に決定 『遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)』櫻井孝宏さん・木村昴さんら追加声優とコメント解禁! 初回放送日は、5月10日に決定
10
アニメ『ワンピース』サンジの婚約者・プリン役に沢城みゆきさん! 尾田栄一郎先生作詞のビッグ・マム登場ミュージカル曲スポット映像を先行公開 アニメ『ワンピース』サンジの婚約者・プリン役に沢城みゆきさん! 尾田栄一郎先生作詞のビッグ・マム登場ミュージカル曲スポット映像を先行公開
Twitter
Facebook
animate Times Channel
animate Times
アニメイトタイムズ ラジオ
アニメイトタイムズ チケット