menu
アニメ
『SAO』で念願のW主人公|松岡禎丞×島﨑信長『アリシゼーション』放送直前対談

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』キリト役 松岡禎丞×ユージオ役 島﨑信長 対談|『SAO』で念願のW主人公

2018年10月6日(土)より、いよいよ放送スタートとなるTVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』(SAO アリシゼーション)。第1話からストーリー的にも、お芝居的にも驚きがあるということで、ネタバレは控えめに、キリト役の松岡禎丞さんとユージオ役の島﨑信長さんのお二人に作品について語ってもらいました。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ
新作が決まったときの気持ち。
――新シリーズ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』がいよいよ始まりますね!

松岡禎丞さん(以下、松岡):今までの流れからして、確実に(続編は)来るだろうと思っていたんです。ちょうど映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』で、伊藤智彦監督が残した最後の「SAO will return」という言葉があったので。でも続編をやるとなったときは、嬉しい気持ちと共に緊張もするなと思いました。

嬉しいのは、もちろん嬉しいんです。でも、これまで見てくださったSAOファンの皆さん、原作ファンの皆さん、ゲームのSAOシリーズが好きな方々……本当にそこまでの期待を背負っていかなければいけないというのと、今回は時系列はつながっているけど、物語的にはイチからのスタートみたいなところがあるので、またちゃんと始めから作っていかなければいけないなという、両方の不安があったんです。もちろん嬉しい比率のほうが高いんですけど、単純には喜べないところはありましたね。

――ものすごい人気のシリーズですからね。身が引き締まるというか。

松岡:そうですね。アニメーションって1期・2期・3期と続いていくと、ファンの数は減っていくと聞いたことがあるんですけど、SAOは入れ替わりもあるんでしょうけど、応援してくださってる方が途切れないんですよね。

島﨑信長さん(以下、島﨑):僕はSAOのTVシリーズには関わっていなかったのですが、ユージオ役としてはゲームで先に関わらせていただいていました。今回ついに《アリシゼーション》編が始まるということで。ゲームって基本的には一人で収録するものなので、ついにキリト役の松岡禎丞とアリス役の茅野愛衣さんと掛け合うことができる。ユージオという一人のキャラクターの人生を、みんなと一緒に演じていけるんだと思うと、すごく嬉しいと思いました。

僕と禎丞は、まだ生徒A・Bとか、そういう役をやっていた頃に仲良くなって、お互いまだ主役もやっていないようなときに、いつか二人でダブル主人公とかライバルとか、そういう役をやれたらいいねっていう話をしていて。しかもSAOに関しては、禎丞がキリトに決まったあとに、「原作ではずいぶん先になるんだけど、ユージオって役がいて、この役をやってくれたら本当に嬉しいんだよね」って言ってくれてたんです。僕自身もそれは当然望むことだし、それが今回叶うというのは、本当に嬉しく思いましたよね。

松岡:そうだね。

島﨑:僕は今までのSAOを背負ってきたわけではないけど、今までの禎丞と僕の夢とか願いみたいなものを、ある意味背負っているので、嬉しさのほかに、ちょっとプレッシャーもありました。でも今は、すごく楽しんでやっていますけど。

――ダブル主人公は初めてなんですか?

島﨑:2人で看板ってことはないよね? メインの中の2人とかはあったけど。とは言え、SAOの主人公はやっぱりキリトで、ユージオはバディ的な立ち位置といいますか、今回に関してだけ言えば2人で主人公みたいな感じかな?

松岡:うん。なのでこれだけがっつり2人で掛け合うというのは初めてなんですよ。ドラマCDとかではありましたけど、アニメーションではないんです。

島﨑:一度禎丞が主人公で僕がボスとかはあったけどね。でも、それも長く掛け合ってはいないし。今回はキリトとユージオは同じ空間で同じ時間を過ごしているし、すごく長い期間掛け合うから嬉しいですね。

――ユージオが決まったときはどうだったんですか?

松岡:その時のLINEは面白かったよね。僕はユージオがまだ誰だか決まってないというのは知ってて、チャンスあるかもよ、みたいなことを話していたら、ある時「ユ・・・・ユ・・・・ユ」っていうLINEを送ってきて、「ユ・・・・ユ・・・・ユ」? 何なんだ!?って。そしたら「ユージオ」って書いてあって、おお~!って。

島﨑:そんなことあったね(笑)。

 
1話は先入観なく観てほしい
――それぞれのキャラクターは、どんなキャラクターなんですか?

松岡:新たに見る人のためにキリトについて解説しようとすると、1期から説明を始めなくてはいけなくなりますけど、大丈夫ですか(笑)?

島﨑:そうだよね! 今更キリトを知らない人はいないよね?

――今や大人気キャラクターではありますからね。コアゲーマーで、めちゃくちゃ強いということは間違いないのかなと(笑)。ユージオはいかがですか?

島﨑:亜麻色の髪の美少年で優しいけど芯は強い素敵な男の子です。実際にユージオがどんなキャラクターかというのは、ぜひ第1話を見てもらいたいと思ってるんですよ。

松岡:生い立ちをしゃべるとほぼネタバレになっちゃうんですよね。

島﨑:そうそう。原作をご存知の方は知っていると思いますけど、まだまったく《アリシゼーション》編を知らないという方は、何も情報を入れずに見てもらったほうが面白いと思います。ここで話してしまうと1話の衝撃を減らしてしまうので。サイトの紹介ではキリトとアリスの幼馴染と書いてありますけど、そこまでの情報でとどめておいていただければと思います。

松岡:たぶん、これSAO?って思うよね。

島﨑:そうだね。だからあんまり情報を入れてほしくないよね。

松岡:1話が終わったあとに話します(笑)!

――では物語から話を移して、先程、応援してくれる方が途切れないとおっしゃっていましたが、SAOの広がりを松岡さんはどう見ていますか?

松岡:今考えると、初回が2012年で、オーディション含めるとさらに1年くらい遡るんですけど、正直あの頃はここまで続くとは思っていなかったんです。でも、本当に皆さんが楽しんでくださって、それが世界にもどんどん広がっていって。
だからいろんな意味で一緒に成長していったのかなって。

いろんな認識も変わったんですよ。僕、最初海外に行くのが怖かったんです。もう先入観がひどくて、海外には行きたくない!とまで言ってたんですけど(笑)、SAOでシンガポールに行くということになって……(AFAシンガポール)。そうしたら、意外といいところだなって(笑)。

島﨑:今や、いっぱい海外に行ってるもんね。

松岡:そう。本当に大きな影響を与えてくれましたね。劇場版『オーディナル・スケール』の舞台挨拶でも、(海外があったので)ハートが強くなりました。

でも、ここまで長い月日が経つと、見ているほうの価値観も変わってくるじゃないですか。中学生が社会に出たりしているわけですよね。それでも変わらず楽しく見られるというくらい、人間の性というか人間関係が深く描かれているというのが大きくて、小さい子でも大人でも、幅広い方々に受け入れられていただける作品なのかなって今でも思っています。

だからこそ、世界中の人にも受け入れていただいて、楽しんでいただける強大なコンテンツになったんだと思います。

――では最後に、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

松岡:SAOって長く続いてきたんですけど、先程イチからと言いましたが、今回は初めて見る方でもすごく入りやすいラインだと思うんです。そういった意味でも興味を持っていただけると思いますし、前のシリーズを見てないからわからないだろうなって思っている方にこそ見てほしいです。

島﨑:逆に先入観なく見られるかもね。でも本当に長いシリーズになると思いますし、内容もとても深いので、絶対に後悔しない素敵なものをお届けできると思っています。なので、まずは第1話を見てください!

松岡:PVの迫力のままの勢いで行きますから! 戦闘シーンもすごい迫力があるし、自分が出てる作品のPVで鳥肌が立つっていうなかなかない経験をしたので、ぜひ楽しみにしていてください。


 
★松岡禎丞×島﨑信長、ふたりで《アリシゼーション》編の物語を毎週振り返る新連載スタート!
以前からお二人が親友であることは多くの人に知られている松岡さんと島﨑さん。そのふたりがダブル主人公ということで、今後も本作の物語についてたっぷりお話を伺うインタビュー連載がスタート! 毎話放送後にその回の物語を振り返る!

[取材・文/塚越淳一]

 
作品情報

【イントロダクション】
「ここは……どこだ……?」

気づけばキリトは、なぜか壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブしていた。ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。

そして、漆黒の巨木《ギガスシダー》のもとにたどり着いた彼は、一人の少年と出会う。

「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」

少年は、仮想世界の住人――《NPC》にもかかわらず、人間と同じ《感情の豊かさ》を持ち合わせていた。

ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。それは、幼少期のキリトとユージオが野山を駆け回る想い出――本来、あるはずのない記憶。

更にその想い出には、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。名前は、アリス。絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前――。

【放送情報】
TOKYO MX:10月6日より 毎週土曜 24:00~
とちぎテレビ:10月6日より 毎週土曜 24:00~
群馬テレビ:10月6日より 毎週土曜 24:00~
BS11:10月6日より 毎週土曜 24:00~
MBS:10月6日より 毎週土曜 27:08~
テレビ愛知:10月8日より 毎週月曜 26:05~

[配信情報]
AbemaTV:10月6日より 毎週土曜 24:00~(地上波同時配信)
*放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

【STAFF】
原作:川原礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:小野学
キャラクターデザイン:足立慎吾 鈴木豪 西口智也
助監督:佐久間貴史
総作画監督:鈴木豪西口智也
プロップデザイン:早川麻美 伊藤公規
モンスターデザイン:河野敏弥
アクション作画監督:菅野芳弘 竹内哲也
美術監督:小川友佳子 渡辺佳人
美術設定:森岡賢一 谷内優穂
色彩設計:中野尚美
撮影監督:脇顯太朗 林賢太
モーショングラフィックス:大城丈宗
CG監督:雲藤隆太
編集:近藤勇二
音響監督:岩浪美和
効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
音楽:梶浦由記
プロデュース:EGG FIRM ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
製作:SAO-A Project

【CAST】
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞
アスナ(結城明日奈):戸松遥
アリス:茅野愛衣
ユージオ:島﨑信長

【主題歌】
オープニングテーマ:LiSA「ADAMAS」
エンディングテーマ:藍井エイル「アイリス」

公式HP
公式ツイッターアカウント(@sao_anime)

(C)2017 川原礫/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/SAO-A Project
おすすめタグ
あわせて読みたい

ソードアート・オンラインの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 最速放送日
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー