アニメ

『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』ついに第2話まで上映!熱気あふれる制作現場の裏話も明らかに/1・2話先行上映会&トークショーレポート

2020年1月5日放送・配信スタートのTVアニメ『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』。

10月1日に行われた1話上映会に続き、11月6日には新宿ピカデリーにて1・2話先行上映会&トークイベントを行ない、あおきえい監督、碇谷敦さん(キャラクターデザイン)、小玉有起さん(キャラクター原案)の3人が登壇しました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

相乗効果で熱くなる制作現場

3人は、上映後に登場。はじめて上映会へ参加した人たちのために、キャラクターの解説やアフレコの裏話、音響へのこだわりなどについて語られました。

さらに今回は、前回(10/1には)語られなかった「舞城王太郎さん脚本のSFミステリをアニメにするため意識したこと」についても話題になりました。

あおき監督は、「自分が感じた『おもしろい』をいかに崩さずにコンテにできるか」を念頭に置いたとのこと。

▲あおき監督(10/1開催の先行上映会より)

また、SFミステリ特有の“謎が謎を呼ぶ展開”に欠かせないテンポについては、“間”を重視。「小説と違って、アニメは気になったシーンがあっても戻れないので」と、理解するための間を与えていることを明かしました。

さらに、「もし完璧にわからなくても、ざっくりと理解してもらえれば置いていかれないような演出にしている」と付け加えたあおき監督。会場には頷く観客も見られ、上映でそれを実感していたことが伺えました。

アフレコについては、「スムーズでした」とひと言。熱が高く、とり直しも役者からの自己申告で行われる現場だったといい、「楽しかった」「(役者陣の芝居は)本当に、素晴らしいと思う」と振り返りました。

なかでも、或る会話シーン第2話)についてはヒートアップ。「アフレコのときにはすでに絵があったんですが、役者さんの芝居を乗っけてみたらこっちの芝居のほうがいいなと」と、役者陣の芝居に合わせ絵をイチから描き直したことも明かしました。

碇谷さんも「この作品は時間があったので。普段はできないですけどね」と納得の様子。スタッフ陣の熱が、役者にも伝わり、それがまたスタッフに返ってくる。この作品の相乗効果は並大抵のものではありません。

▲碇谷敦さん(10/1開催の先行上映会より

ようやく“第1話”を観られた?

筆者は、10月1日から本作の取材に度々入っていますが、今回はじめて第1話だけでなく第2話も観られ「2話連続で観るべき理由」がわかった気がしました。

あくまでも個人の感想ですが、第1話は、独特な作品世界を濃密なアニメーションで届ける“序曲”。

画面の中で何が起こっているのか、振り落とされそうになりながらも必死にしがみついてみていると、だんだんと「そういうこと“かも”」という曖昧な答えにたどり着きます。

▲主人公の名探偵・酒井戸(CV:津田健次郎)

そうして、第2話では、新たな“一面”が登場。“かも”だった部分がひっくり返されて明確になり、真の『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』が姿を現します。

つまり、この2話分でオープニングなのです。

あおき監督たちは、トークショーでしきりに「2話まで観ないとわからない。だから上映会で2話まで観せたい」と言っていた……とは前回のレポートでも書きましたが、本作の場合ここまで観てはじめて、他のアニメで言う「第1話上映会」になったかもしれません(念押ししますが個人の感想です)。

 
▼前回の第1話先行上映会レポートはこちら!
『ID:INVADED』第1話先行上映会&トークショーレポ

 
エンタメに触れられたワクワク感とストーリーに対する驚きで、胸が一杯になった上映会でした。

1月5日から、ついに放送・配信スタート。テレビでも1・2話連続放送(初回のみ)となっているので、観て魅力に落ちるべし。

アニメ『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』作品情報

あらすじ

殺意を感知するシステム「ミヅハノメ」を用いて、犯罪事件を捜査する組織、通称「蔵」。

そして、「ミヅハノメ」のパイロットとして犯人の深層心理「殺意の世界(イド)」に入り、事件を推理する名探偵・酒井戸。

頻発する凶悪かつ謎多き事件と、そこに見え隠れする連続殺人鬼メイカー「ジョン・ウォーカー」の影を追っていく。
 

放送情報

◆TOKYO MX
初回放送(第1話・第2話連続放送)
2020年1月5日(日)24:00~25:00
第3話以降毎週日曜24:30~

◆テレビ愛知
初回放送(第1話・第2話連続放送)
2020年1月7日(火) 25:35~26:35
第3話以降毎週火曜25:35~

◆KBS京都
初回放送(第1話・第2話連続放送)
2020年1月5日(日) 24:45~25:45
第3話以降毎週日曜24:45~

◆サンテレビ
初回放送(第1話・第2話連続放送)
2020年1月5日(日) 24:30~25:30
第3話以降毎週日曜24:30~

◆BS11
初回放送(第1話・第2話連続放送)
2020年1月5日(日)24:00~25:00
第3話以降毎週日曜24:30~

◆AT-X
初回放送(第1話・第2話 連続放送)
2020年1月6日(月) 22:00~23:00
第3話以降 毎週月曜22:00~
リピート放送:毎週(水)14:00/毎週(土)6:00
 

配信情報

ひかりTVにて地上波先行・独占先行配信

◆ひかりTV
初回:1月5日(日)より毎週日曜 23:30~
※初回以降レギュラー配信 24:00~

◆dTVチャンネル
1月9日(木)より毎週木曜 23:30~

その他サイトも1月12日(日)24:00以降、順次配信予定。
詳細は各サイトでチェック!

▼見放題サイト
niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)
AbemaTV
dアニメストア
NETFLIX
GYAO!
フジテレビオンデマンド
バンダイチャンネル
Hulu
J:COMオンデマンド
ビデオパス
アニメ放題
U-NEXT
Amazon

▼都度課金サイト
Rakuten TV
DMM.com
ビデオマーケット
HAPPY!動画
PlayStation Video
クランクイン!ビデオ
ムービーフルplus

メインスタッフ

監督:あおきえい『Fate/Zero』『空の境界』『アルドノア・ゼロ』
脚本:舞城王太郎『龍の歯医者』
キャラクター原案:小玉有起『ブラッドラッド』
キャラクターデザイン:碇谷敦『Fate/stay night [Heaven's Feel』『Fate/stay night UBW』
美術・世界観設定:曽野由大『PSYCHO-PASS』『甲鉄城のカバネリ』
メインアニメーター:又賀大介『Re:ゼロから始める異世界生活』『ゼロから始める魔法の書』
音楽:U/S
原作:The Detectives United

▼OP/EDテーマ
OPテーマ:Sou「ミスターフィクサー」
EDテーマ:MIYAVI「Other Side」
 

CAST

名探偵・酒井戸:津田健次郎
百貴:細谷佳正
富久田:竹内良太
本堂町:M・A・O
東郷:ブリドカットセーラ恵美
早瀬浦:村治 学
白岳:近藤 隆
羽二重:岩瀬周平
若鹿:榎木淳弥
国府:加藤 渉
西村:落合福嗣
松岡:西 凜太朗

公式サイト
公式ツイッター(@idinvadedanim)