日本ナレーション演技研究所

日本ナレーション演技研究所出身 斎藤千和さんインタビュー 前編

2007-03-14 11:48:21

PROFILE

斎藤千和(さいとう ちわ)

3月12日生まれ。アイムエンタープライズ所属。主な出演作は『ケロロ軍曹』(日向夏美 役)、『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(スバル・ナカジマ 役)、『ONE PIECE-ワンピース-』(チムニー 役)、『劇場版BLEACH』(茜雫 役)、『ブレイブ ストーリー』(ミーナ 役)など。

林原めぐみさん、鈴村健一さん、中原麻衣さんなど、現在各所で活躍中の声優陣を多く輩出している「日本ナレーション演技研究所」(以下「日ナレ」)。アーツビジョン・アイムエンタープライズをはじめとしたプロダクション直結という大きな魅力を持ち、働きながら、学びながら、週1回3時間から演技レッスンを受けられるシステムを採用している。 今回は、東京校出身、3月17日公開の『超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!』や、新番組TVアニメーション『魔法少女リリカルなのはStrikerS』などに出演する斎藤千和さんにお話をうかがった。 (2007年3月掲出)

●劇場版最新作『ケロロ軍曹』は、夏美がメインの感動物語

――夏美役で出演している『ケロロ軍曹』は、かなり長く放送されている作品ですね。

斎藤さん:   そうですね。この春で4年目に突入します。自分にとってはライフワークのような作品です。キャストの方々がほとんど先輩ですごい方ばかりで、毎回勉強になりますね。
私も最初の頃は目の前の役を演じることに精一杯で、やっと最近慣れてきた感じです。『ケロロ』は、キャラの設定や口癖などを役者さん自身が生み出したものが多くて、それを監督や脚本の方が膨らませて作品に反映させているんです。ケロロの「ゲロゲロリ」というセリフもくーさん(渡辺久美子さん)がアドリブで言って、それが台本に書かれるようになったり。
  この作品に関われて本当によかったと思います。

――『ケロロ軍曹』がたくさんの人に愛される魅力はどこにあると思いますか?

斎藤さん:  誰が観てもおもしろいところだと思います。大人にとって、特にガンダム世代の方にとっては、クスリとする部分がたくさんあったり、子供達にとってはキャラのかわいさや動きのおもしろさに魅かれるんだろうし、それぞれ楽しむポイントは違っても家族みんなで楽しめるのがいいんじゃないでしょうか。作品のイベントに出演するとお子さんやご家族連れの方がたくさん来てくださって、応援してくれるので「みんなで楽しんでくれてるんだな」と実感します。

――3月17日公開の『超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります』が間もなく封切られます。

斎藤さん:  今回は夏美をメインに進んでいきます。台本をいただいてから、次にキャストの皆さんと集まった時に「もう読んだ? 泣いた?」と言い合うほどの感動できるお話です。特にお母さんはグッとくるんじゃないかなと思います。ここまで夏美を演じてきましたが、夏美のお母さん・秋さんの心境がよくわかるようになりました。私も大人になったのかな(笑)。

――今回の劇場版の見どころは?

斎藤さん:  やはり感動的で素敵なお話です。日向家の過去を描いたシーンでは小さい頃の夏美も出てきて、うるっときちゃいます。あとアクションシーンもすごくカッコイイんですよ。そしてゲストキャラのメールを桑島法子さん、マールを元モーニング娘。の辻希美さんが演じていらしてて、とてもかわいいキャラなので注目してください。そしてラストはとんでもないことになりますのでお楽しみに! ぜひ大きなスクリーンでケロロ達の活躍を見てください。

●新番組『魔法少女リリカルなのはStrikerS』ではなのはの生徒役に

――春は新番組の季節でもあります。斎藤さんがこの春に出演する新番組をご紹介いただけますか?

斎藤さん:  『魔法少女リリカルなのはStrikerS』にスバル・ナカジマ役で出演します。私はツボにハマりました! 最初にお話をいただいた時に「萌えっぽい作品なのかな」と思っていたんですけど、実際は違っていて女の子がやるスポ根ものみたいな感じを受けました。
新シリーズでは、なのはちゃん達が陸士訓練校の教官になって、私が演じるスバルや中原麻衣ちゃんが演じるティアナ、高橋美佳子ちゃんが演じるキャロ、井上麻里奈ちゃんが演じるエリオの4人が入学するんです。

スバルはルームメイトのティアナとコンビを組んで行動を共にするんですけど、ティアナと話していると麻衣ちゃんと話しているような感覚になるんですよね。一緒の作品で共演したり、お互いに大変な時期があったり、役柄と重なるところがあるのでスバルもティアナも大好きなんです。入学した4人にはそれぞれ試練が訪れて、スバルにも大きな出来事が起こるようなので心配しながらも楽しみにしています。
  しっかりと作られた作品で、やっていてグッと来る場面がたくさんあります。キャラの絵もきれいで、メカもかっこよくて。

――女性キャストが多い作品ですが、現場の雰囲気はいかがですか?

斎藤さん:  このシリーズから参加させていただくことになって、「途中から入るけど大丈夫かな?」とちょっと心配しましたが、同世代の方が多いし、よく仕事でお会いする方ばかりだったので割とすんなり現場に入れました。みんなでにぎやかに楽しく演じさせていただいてます。

――4月1日には放送直前イベント“リリカル☆パーティ”IIIが東京ビッグサイトで行なわれますね。斎藤さんはどんな活躍をするのでしょう?

斎藤さん:  まだ内容は知らないんですけど、大きな会場でイベントなんてすごいですね。この前、田村ゆかりさんが「何やろうかな?」と話していたので「わさびが入っているシュークリームを食べるのは?」って言ったら、「そういうこと言わないで~!」って(笑)。
このイベントで放送に弾みがつけばいいですね。

●初レギュラーで主役の『ココロ図書館』で学んだこと

――ここまでたくさんお仕事をされている斎藤さんですが、デビュー作は?

斎藤さん:  TVアニメーション『魔術師オーフェンRevenge』という作品のゲストキャラですね。すごく緊張していた気がします。伊倉一恵さんから「もっと、ゆっくり、落ち着いてやれば大丈夫よ」と言っていただいて「なんっていい人なんだろう!」と感動したのを覚えてます(笑)。

――収録の後に何かアドバイスとか指導はあったんですか?

斎藤さん:  その時は何とか無事に終わりました。その後の『ココロ図書館』では泣いて帰った思い出があるんですけど(笑)。

――『ココロ図書館』は、斎藤さんが本格的にレギュラー出演した初めての作品ですね。いきなり主人公役でしたが、配役が決まった時の感想は?

斎藤さん:  オーディション後にこころ役が決まったと連絡をいただいた時には信じられませんでしたね。実はオーディションの当日、体調が良くなくて、あまり元気がなかったんです。どうやらそれがよかったみたいで、舛成孝二監督から「あれはだまされた」と後でよく言われました(笑)。舛成監督とはその後もご一緒させていただいたのでいいご縁だったのかもしれませんね。

――初レギュラーが主役というのは大変だったのではないですか?

斎藤さん:  大変でしたね。こころ自体もたくさんしゃべる役だったし……。初回のアフレコでもすごくテンパっていて、共演者の方に「マイクを食べるんじゃないかと思った」と言われたくらい、前のめりだったみたいです(笑)。でも大変という気持ちより、楽しさのほうが大きかったですね。

――『ココロ図書館』のアフレコで、印象的な出来事はありましたか?

斎藤さん:  ある男性の先輩が「一言くらいしかセリフのない役でも、この役はどんな生い立ちでどんなことを考えているのか、ということをきちんと考えて仕事をできる人が、ずっと仕事をしていける人なんだよ」という話をしてくださって。

あと音響監督の菊田浩巳さんが、番組が終わった後に「プロとしての自覚を持って生きなさい」と言ってくださって。いまだに私の携帯のテキストメモの一番上には「プロとしての自覚」という言葉を書いています。役に挑む姿勢も体調管理もそうですけど、新人だからといってダメでも許されるわけではないので、プロとして自覚を持って、役を受けることを心がけるようになりました。
――そう心がけていたら、まだ5年目なのに「まだ5年なの?」と言われるようになってしまいました(汗)。態度が大きいのかなあ(笑)。もっと謙虚な姿勢でいかなくちゃダメですね(笑)。

●今年の目標は“わがままに”

――ここまで出演してきた作品の中で特に印象深い作品を挙げてもらえますか?

斎藤さん:  『ココロ図書館』、『LAST EXILE』、『R.O.D‐THE TV‐』はいろいろなことを考えて、いろいろな想いを体験した特別な作品なんです。まだ私の名前が、それ程知られていない頃にオーディションでいただいた作品で、これらの作品を演じてから私の声のイメージもわかってもらえるようになった気がします。いまだに何度も挫折しそうになるとこれらの作品を見直す大切な作品ですね。

――2007年度の目標みたいなものがありましたら、お話いただけますか?

斎藤さん:  今年は自分自身と仕事に対してわがままになろうと思います。今まではがむしゃらにいただいた役を演じてきましたが、自分が「こうしたい!」という想いに近づけられるようにわがままになろうと。
最近、大人になって愚痴を言うのはかっこ悪いんじゃないかってやっと気付いたんです。プロとして仕事を引き受けたくせに、やりながら文句を言うのはすごくかっこ悪いなと思って。納得して良い仕事をするために、自分が苦手とか嫌だなと思った時には最初にそう言おうって。それでもどうしても私で、というお話があれば、それはありがたいことですし。

昨年はおかげさまでたくさんの作品に関わる機会をいただきましたが、その分、ひとつひとつの作品に時間がかけられない時があって、「もっと、ああできたのにな」と思うこともたくさんありました。すごく楽しかったけど、後悔した部分もあったので、今年は自分がその作品にどんなスタンスで携わるか、何に重きを置くかをちゃんと考えてやりたいと思っています。

――お話を聞いていると、すごく考え方がしっかりしていて共感が持てます。

斎藤さん:  ありがとうございます(笑)。「しっかりしてる」ってよく言われるんですけど、実は仕事に対してのみなので、それ以外のことは結構ちゃらんぽらんなんですよね(笑)。友達とか親しい人には、そのあたりは当面我慢してもらうことにして、まずは仕事はちゃんとするイメージをつけていきたいです(笑)。

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』声優・引坂理絵さん&本名陽子さんが語るーー最新と初代のプリキュア共演は、シリーズの架け橋となる大きな一歩!
『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』声優・引坂理絵さん&本名陽子さんが語るーー最新と初代のプリキュア共演は、シリーズの架け橋となる大きな一歩! 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』声優・引坂理絵さん&本名陽子さんが語るーー最新と初代のプリキュア共演は、シリーズの架け橋となる大きな一歩!
2 「銀魂 銀祭り2019(仮)」ライブビューイング決定!前夜祭では「修羅」「曇天」等で主題歌を担当したDOESが一夜限りの復活
「銀魂 銀祭り2019(仮)」ライブビューイング決定!前夜祭では「修羅」「曇天」等で主題歌を担当したDOESが一夜限りの復活 「銀魂 銀祭り2019(仮)」ライブビューイング決定!前夜祭では「修羅」「曇天」等で主題歌を担当したDOESが一夜限りの復活
3 『ラブライブ!サンシャイン!!』4thライブレポート! 熱狂に包まれた東京ドーム……Aqoursはその先へ走り続ける!!
『ラブライブ!サンシャイン!!』4thライブレポート! 熱狂に包まれた東京ドーム……Aqoursはその先へ走り続ける!! 『ラブライブ!サンシャイン!!』4thライブレポート! 熱狂に包まれた東京ドーム……Aqoursはその先へ走り続ける!!
4
【連載】TVアニメ『ゾンビランドサガ』田野アサミ×種田梨沙×衣川里佳 座談会|愛と純子、そしてフランシュシュの絆が深まった第7話で感じた想い【SAGA:07】 【連載】TVアニメ『ゾンビランドサガ』田野アサミ×種田梨沙×衣川里佳 座談会|愛と純子、そしてフランシュシュの絆が深まった第7話で感じた想い【SAGA:07】
5
『はたらく細胞』TVアニメ新作エピソード「風邪症候群」が制作決定! 放送は2018年12月26日(水)に 『はたらく細胞』TVアニメ新作エピソード「風邪症候群」が制作決定! 放送は2018年12月26日(水)に
6
三瓶由布子さん、名塚佳織さんと小清水亜美さんの仲睦まじい姿に嫉妬!? 劇場版エウレカ最新作『ANEMONE』完成披露試写会レポート 三瓶由布子さん、名塚佳織さんと小清水亜美さんの仲睦まじい姿に嫉妬!? 劇場版エウレカ最新作『ANEMONE』完成披露試写会レポート
7
劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』より本予告解禁! 第2弾ビジュアルも公開 劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』より本予告解禁! 第2弾ビジュアルも公開
8
『ゾンビランドサガ』本渡楓さん・河瀬茉希さん出演「伊万里湾大花火2018」で超ド級の大花火がぶちあがる!イベント内では重大発表も 『ゾンビランドサガ』本渡楓さん・河瀬茉希さん出演「伊万里湾大花火2018」で超ド級の大花火がぶちあがる!イベント内では重大発表も
9
【連載】『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第6話 感想:松岡禎丞×島﨑信長 対談|魂の複製について二人の考えは―― 【連載】『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第6話 感想:松岡禎丞×島﨑信長 対談|魂の複製について二人の考えは――
10
『斉木楠雄のΨ難』完結編のメインビジュアルが公開! 霊能力者・鳥束零太と、楠雄の天敵・IQ218の天才マッドサイエンティストの兄・空助の姿が描かれる 『斉木楠雄のΨ難』完結編のメインビジュアルが公開! 霊能力者・鳥束零太と、楠雄の天敵・IQ218の天才マッドサイエンティストの兄・空助の姿が描かれる
1 『FGO』イケメンサーヴァント特集! 天草四郎時貞は優しい笑顔が魅力の和風の好青年!?【連載第1回】※注意:最終降臨画像アリ
『FGO』イケメンサーヴァント特集! 天草四郎時貞は優しい笑顔が魅力の和風の好青年!?【連載第1回】※注意:最終降臨画像アリ 『FGO』イケメンサーヴァント特集! 天草四郎時貞は優しい笑顔が魅力の和風の好青年!?【連載第1回】※注意:最終降臨画像アリ
2 中島愛さんにとって『マクロスF』は原点であり奇跡!『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』MX4D®版舞台挨拶をレポート!
中島愛さんにとって『マクロスF』は原点であり奇跡!『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』MX4D®版舞台挨拶をレポート! 中島愛さんにとって『マクロスF』は原点であり奇跡!『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』MX4D®版舞台挨拶をレポート!
3 『イナズマイレブン オリオンの刻印』第7話「仕組まれた罠」の先行場面カット到着! オーストラリア代表との戦いの中で、明日人はプレイに違和感を覚える
『イナズマイレブン オリオンの刻印』第7話「仕組まれた罠」の先行場面カット到着! オーストラリア代表との戦いの中で、明日人はプレイに違和感を覚える 『イナズマイレブン オリオンの刻印』第7話「仕組まれた罠」の先行場面カット到着! オーストラリア代表との戦いの中で、明日人はプレイに違和感を覚える
4
『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』声優・引坂理絵さん&本名陽子さんが語るーー最新と初代のプリキュア共演は、シリーズの架け橋となる大きな一歩! 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』声優・引坂理絵さん&本名陽子さんが語るーー最新と初代のプリキュア共演は、シリーズの架け橋となる大きな一歩!
5
療養中の声優・大野柚布子さんが、自身のTwitterにてファンへの手書きのメッセージを公開「また皆さんに楽しんでもらえるものが届けられるように頑張ります!!」 療養中の声優・大野柚布子さんが、自身のTwitterにてファンへの手書きのメッセージを公開「また皆さんに楽しんでもらえるものが届けられるように頑張ります!!」
6
【連載】TVアニメ『ゾンビランドサガ』田野アサミ×種田梨沙×衣川里佳 座談会|愛と純子、そしてフランシュシュの絆が深まった第7話で感じた想い【SAGA:07】 【連載】TVアニメ『ゾンビランドサガ』田野アサミ×種田梨沙×衣川里佳 座談会|愛と純子、そしてフランシュシュの絆が深まった第7話で感じた想い【SAGA:07】
7
秋アニメ『転生したらスライムだった件』より、第8話の場面カット&あらすじが到着! 最期の時を迎えようとしていたシズは、リムルにとある願いを伝える 秋アニメ『転生したらスライムだった件』より、第8話の場面カット&あらすじが到着! 最期の時を迎えようとしていたシズは、リムルにとある願いを伝える
8
『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』Blu-ray&DVDアニメイト限定セットの描き下ろしイラストが解禁! 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』Blu-ray&DVDアニメイト限定セットの描き下ろしイラストが解禁!
9
人気声優・竹達彩奈さんと悠木碧さんの声でカレンダーがしゃべる! 『いい声カレンダー Pour Homme』が発売中 人気声優・竹達彩奈さんと悠木碧さんの声でカレンダーがしゃべる! 『いい声カレンダー Pour Homme』が発売中
10
「ゆかりっく Fes'18 in Japan」ってなんぞや? 王国民歴10年の編集者、フェス歴15年のライター、新人ライターが体験した田村ゆかりさんの音楽の世界 「ゆかりっく Fes'18 in Japan」ってなんぞや? 王国民歴10年の編集者、フェス歴15年のライター、新人ライターが体験した田村ゆかりさんの音楽の世界
Twitter
Facebook
animate Times Channel
アニメイトタイムズ ラジオ