日本ナレーション演技研究所

日本ナレーション演技研究所出身 大地 葉さんインタビュー 前編

2017-06-07 12:00:00

PROFILE

大地葉(たいちよう)

8月6日生まれ。埼玉県出身。ヴィムス所属。2012年にアニメデビュー、翌年に『恋愛ラボ』の水嶋沙依理役で初レギュラー。2017年4月より『アイドルタイムプリパラ』(虹色にの役)、『ゼロから始める魔法の書』(アルバス役)、『つぐもも』(皇すなお役)に出演中。また、今夏より『魔法陣グルグル』(ジュジュ・クー・シュナムル役)、『プリンセス・プリンシパル』(ドロシー役)がスタート!

 今回、ご登場いただく大地 葉さんは2012年にアニメデビュー後、多くの作品に出演。この春は『アイドルタイムプリパラ』(虹色にの役)、『ゼロから始める魔法の書』(アルバス役)、『つぐもも』(皇すなお役)に出演中。また、今夏より『魔法陣グルグル』(ジュジュ・クー・シュナムル役)、『プリンセス・プリンシパル』(ドロシー役)も始まるなど、現在活躍中。

 前後編に分けてお届けしていきますが、前編となる今回は大地さんのプライベートにクローズアップしつつ、現在出演中の『アイドルタイムプリパラ』、『ゼロから始める魔法の書』、『つぐもも』と、今夏スタートの『魔法陣グルグル』、『プリンセス・プリンシパル』について語っていただきました。

――まず自己紹介をお願いします。

大地 葉さん(以下、大地さん):名字は「たいち」と読みます。芸名はニックネームの「たいちょう」が由来なので、皆さんも「たいちょう」と覚えていただければ。性格はポジティブで嫌なことがあったり、へこんでも次の日には忘れられる、楽観的なところが長所かなと。周りからは「冷静だよね」と言われることが多いんですけど、実はあわててしまったり、頭ではわかっているのに前と同じミスをすることがあったりします。趣味はカラオケに行くことです。アニソンや大好きな昭和歌謡を歌っています。私が考える最高のベストテンとか(笑)。セルフネイルにも凝っています。 インド映画も好きです。歌って踊るというイメージが強いと思いますが、尺が長めな分、綿密に描かれるので登場人物に感情移入しやすいんです。音楽も独特で、他の国にはないおもしろさがあるので一度観たらハマるはずです。ぜひ観てください! 特技は4歳から中学1年生まで習っていたピアノです。その音楽経験がお仕事に役立つこともあります。

――それはどんなことですか?

大地さん:普通、レコーディングの時、歌う前にメロディを聴くんですけど、楽譜を読めるのでその作業が省けて時短につながります(笑)。あと、趣味で曲作りもしていたので、昨年『舟を編む』というアニメに出演した時、劇中歌を作らせていただきました。音響監督の長崎さんが私と共演者の澁谷 梓希ちゃんが作曲できると知って、「挿入歌作ってよ」と依頼してくださって、2人で「辞書づくりのうた 〜We are Jisho-tans〜」という曲を作りました。実際に4話で使っていただき、とても貴重な経験をさせてもらえて光栄でした。

――休日はどんな過ごし方をされますか?

大地さん:アニメやゲームが好きでこの職業に就いたので、学生時代からのアニメ、ゲーム好きな友達と遊んだり、カラオケに行ったり。出かけない時は録画したアニメをまとめて観ます。

――4月から始まった『アイドルタイムプリパラ』では虹色にの役を演じられていますが、決まった時の感想は?

大地さん:『アイドルタイムプリパラ』は元々、思い入れが強い作品で。私の妹がハマっていて、ゲームでも遊んでいましたし、アニメも一緒に観ていたので興味や知識が深まっていきました。今回のオーディションのお話をいただいて、「これは絶対、受からなきゃダメだ!」と強い使命感が。 ただ、アイドルの役でステージで歌って踊った経験がなかったので不安もありました。今回いただいた役は、スポーツ万能で、声が大きくて、あいさつが「ちゃっす!」「しゃらっす!」など特徴的な、頭で考えるより先に体が動くタイプのキャラクターなのですが、「得意だ!」と思えるような役柄でしたので演じやすかったです。そして電話で合格の知らせを受けて、電話を切った後、信じられなくて号泣しました(笑)。正直、収録していてもまだ実感が湧かなくて。8月にあるライブに出演してステージから客席を見た時、初めて実感できるのかもしれません。

――作品の魅力を挙げるとすれば?

大地さん:小さい子から妹と同じ学生の方、親御さんまで幅広い層に愛されるのは、作品やキャラたちが輝きをもっているからだと思います。キャラもかわいいし、画面にはカラフルな色彩感があふれていて。曲もキャッチーでライブ映えするものも多いですし、『プリパラ』独特の世界観が確立しているんですよね。誰でもあこがれるし、あの世界の中に入りたいと思うんじゃないでしょうか?  キャスト陣が出演するライブも本気のエンターテイメントショーになっていて、歴代のアイドルの先輩たちが築き上げてくれた『プリパラ』の伝統を守りつつ、素敵なステージをお見せできるように頑張りたいです! ゆいちゃんたちがパパラ宿で『プリパラ』を広めるために健気に明るく頑張る姿を応援してください。

――同じく出演中のアニメ『ゼロから始める魔法の書』の印象は?

大地さん:ファンタジーの王道のような作品だなと思いました。魔女のゼロをはじめ女の子キャラがかわいいけど、半人半獣の傭兵が主人公だったり、ストーリーで勝負する骨太で濃い作品ですね。魔術と魔法の違いも細かく作り込まれていて、土台がしっかりしているので、スッと世界に入れて役作りもしやすかったです。傭兵は見た目は獣なのにすごく人間臭いし、ゼロも見た目はかわいくて、天然っぽいところもあるけど、最強の魔女だったり、ギャップもおもしろいですね。

――演じるアルバス役はどんなキャラですか?

大地さん:まだ未熟な子どもの魔女なのですが、魔力の強化のためには傭兵の首が必要なため、虎視眈々と狙っているという、子どもなのに結構えげつない子です(笑)。ただいろいろ秘密があって。まだお話できないんですけど、重要なキャラの1人ですとだけお伝えしておきます(笑)。徐々に明らかになっていきますので、お見逃しなく!

――この作品の見どころも教えてください。

大地さん:キャラたちのギャップでしょうか(笑)。「獣堕ち」という設定も珍しいなと思います。「獣堕ち」してしまった傭兵の悲哀などの感情、ゼロとの掛け合いなどもおもしろいです。また十三番も物語を揺るがすとても重要なキャラです。あと個人的な意見ですが、ホルデムは女性ファンがたくさん付くと思います。そしてファンタジーといえば魔法と戦闘! 見応えあるシーンが展開されますので楽しんでください。

――そして『つぐもも』では皇すなお役を演じられていますが、作品の印象や魅力、すなおについてお聞かせください。

大地さん:人間界に出没する悪い霊や妖怪を、すそはらいのかずやと付喪神の桐葉が協力しながら退治していく作品で、かずやの過去や背負わされた役割、桐葉の想いなどかなりシリアスなはずですが、男性の方にはうれしいサービスシーンもたくさんあって(笑)。Blu-ray&DVDの特典のドラマCDも、先日収録しましたがなかなかでした(笑)。

――演じるすなおは凛々しいですね。

大地さん:かずやと同じすそはらいで、皇流剣術の次期継承者です。剣術の使い手らしい形で妖怪と戦う能力を得ます。性格は体育会系で、かずやとのファーストコンタクトも衝撃的です。あっ、この子も頭よりも体が先に動くタイプですね(笑)。すぐにカッとなって、叫ぶことも多いです。でも意外に乙女っぽいところもあるんです。個人的な見解ですが、すなおは男性より女性に刺さるかも。なかなか素直になれないところとか。名前は「すなお」なのに(笑)。性格の起伏が激しいキャラなので演じるのは楽しいですね。

――この作品の見どころは?

大地さん:かずやたちの前に現れる妖怪達が個性的なので、まずそこに注目ですね。そして、かずやや桐葉以外にもすそはらいや付喪神がいるんですが、それぞれ思惑や過去、関わりや因縁があったり。キャラたちのかわいさや、かずやになった気分で観てもらうのもいいし、物語の深い部分を楽しんでもらうのもいいし、いろいろな見方で楽しめると思います。そして、すなおの様々な表情や時折見え隠れするかわいさにも注目してもらえたらうれしいです。

――この夏から始まる新番組のお話も。まず『魔法陣グルグル』のご紹介をお願いします。

大地さん:元々、原作を読んでいて好きな作品でした。小学生の頃、友人から借りて読んだらハマって自分で買いそろえて。そんな愛読していた作品で、アニメ化も何度かされている人気作品に出演するのはうれしさと同時にプレッシャーもあって。でも自分なりのジュジュを演じて、オーディションで合格をいただいて、今、マイク前に立っているということは「これが正解なんだ」と割り切って、言い聞かせるように収録に臨んでいます。 冒険、魔法、バトルにコミカルなシーンなど盛りだくさんな作品で、とにかくギャグのキレがいいから現場が楽しくて。テストでみんなで1度通して演じてから本番を収録するんですけど、テスト中はみんな笑いがこらえられなくて、後ろでクスクス聴こえるくらい(笑)。たぶん、マンガと現場の印象が一緒になっているんじゃないかなと思いますし、いい雰囲気で作品を作ることができていると感じています。

――演じるジュジュ・クー・シュナムルはどんなキャラですか?

大地さん:普段は無口で、物事を淡々と冷静に見ている女の子だけど、戦闘などでトランス状態になると過激な立ち居振る舞いになるという。今まで演じたキャラの中で一番振り幅が大きいかも。マイナスからプラス100くらいまでボルテージの差があるので収録が大変です。

――この作品の見どころや注目してほしいところは?

大地さん:年齢や性別関係なく楽しめるからこれまで長く愛されていると思うので、今回のアニメで初めて作品に触れる方は新鮮に楽しめると思いますし、私のような原作ファンの方やアニメを観ていた方は懐かしさを感じてもらえると思います。懐かしいテイストを全体的に大切にしている印象があって、私たちキャストの演技もそうですが、アニメの絵も原作のイメージを損ねないようにしつつも現代の等身にアレンジしたようなほど良いところで作ってくださっているので、そこも楽しんでいただければ。

――同じく、この夏から始まる『プリンセス・プリンシパル』についてもご紹介をお願いします。

大地さん:公式サイトで公開されているPVをご覧になった方はスパイものだったり、19世紀末ロンドンの雰囲気を感じてもらえたと思います。世界観が作り込まれていることもわかるし、絵も曲も素晴らしいので期待値が高くなっているのも感じます。女性キャラが多い作品ですが、とってもかっこいいので女性からも多く支持される気がします。 東西に分裂した国を舞台に、普段は女子高生として生活する少女達がスパイ活動を展開していくという設定なのですが、詳細な内容はまだお話できなくて……。放送が開始されるまで、こまめに公式サイトで情報をチェックしてもらえたらなと思います。

――ドロシー役を演じるそうですが、こちらもどんなキャラなのか、気になります。

大地さん:主人公のアンジェちゃんの相棒的なキャラで、作戦を練ったり、他のキャラに指示を出したり、少し上のポジションといったところでしょうか。しっかりもののお姉さんキャラでセクシーで……と見せかけて、実は純情なキャラという。きっと男性が好きなタイプだと思います。こういうセクシー系のキャラを演じるのは初めてで、オーディションでも思い切ってやろうと思ったんですが、新たな引き出しを見つけ出すのが大変で(笑)。 新境地になると思うので、収録が楽しみですし、頭の中で「どう演じよう」といろいろプランを練っている最中です。オンエアが始まって、ドロシーを見た方が「こんなキャラもできるんだ!」と思ってもらえたらうれしいです。お話ししていて気が付きましたが、この春から夏にかけて演じるのは、ギャップのあるキャラが多いですね。皆さんがギャップ萌えしてくれたらいいんですけど(笑)。

――それにしても、この春夏で5本のレギュラー作品というのはすごいですね。

大地さん:今までこんなことはなかったので正直、戸惑っています。事務所の方からは確変(確率変動)だと言われています。確変はいつか終わるから気を付けなさいと(笑)。今回いただいた役が誰一人、似たタイプがいないのがうれしくて。 私は自分の声に特徴を見出せないと思っていて、逆にそれを武器にできたらいいなと考えながらずっとやってきたので、ここにきて、いろいろな作品でいろいろなタイプの役を演じさせていただけたことは理想に近づけたかなと。でもこれを続けていくことが大切だと思いますし、確変だったと言われないようにこれからも頑張っていくつもりです。

<取材・文:永井和幸>

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 声優・緑川光さん、関俊彦さんら出演の大人気アニメ『新機動戦記ガンダムW』2月27日より、TOKYO MX「アニメの神様」枠で放送決定!
声優・緑川光さん、関俊彦さんら出演の大人気アニメ『新機動戦記ガンダムW』2月27日より、TOKYO MX「アニメの神様」枠で放送決定! 声優・緑川光さん、関俊彦さんら出演の大人気アニメ『新機動戦記ガンダムW』2月27日より、TOKYO MX「アニメの神様」枠で放送決定!
2 石川界人さん・櫻井孝宏さん『宇宙戦艦ティラミス』で、残念なイケメン兄弟を熱演! 諏訪部順一さん・江口拓也さん・大塚明夫さんも出演に
石川界人さん・櫻井孝宏さん『宇宙戦艦ティラミス』で、残念なイケメン兄弟を熱演! 諏訪部順一さん・江口拓也さん・大塚明夫さんも出演に 石川界人さん・櫻井孝宏さん『宇宙戦艦ティラミス』で、残念なイケメン兄弟を熱演! 諏訪部順一さん・江口拓也さん・大塚明夫さんも出演に
3 『あんさんぶるスターズ!(あんスタ!)』乱凪砂役の諏訪部順一さんら声優陣が、2月21日(水)発売のユニットソングCD≪Eden≫収録の感想を語る!
『あんさんぶるスターズ!(あんスタ!)』乱凪砂役の諏訪部順一さんら声優陣が、2月21日(水)発売のユニットソングCD≪Eden≫収録の感想を語る! 『あんさんぶるスターズ!(あんスタ!)』乱凪砂役の諏訪部順一さんら声優陣が、2月21日(水)発売のユニットソングCD≪Eden≫収録の感想を語る!
4
『ポプテピピック』第8話目放送記念に8回連続エンドレスリピート放送がAbemaTVにて決定! 『ポプテピピック』第8話目放送記念に8回連続エンドレスリピート放送がAbemaTVにて決定!
5
『ポプテピピック』の「ヘルシェイク矢野のこと考えてた」有名人・企業まとめ 『ポプテピピック』の「ヘルシェイク矢野のこと考えてた」有名人・企業まとめ
6
今日は猫の日!ニャンニャンニャンの日!アニメでネコのキャラクターといえば? 今日は猫の日!ニャンニャンニャンの日!アニメでネコのキャラクターといえば?
7
花澤香菜さんが豪華ミュージシャンたちとともに一夜限りのスペシャルライヴ!『KANA HANAZAWA Concert 2018“Spring will come soon“』レポート 花澤香菜さんが豪華ミュージシャンたちとともに一夜限りのスペシャルライヴ!『KANA HANAZAWA Concert 2018“Spring will come soon“』レポート
8
TVアニメ『3D彼女 リアルガール』声優キャスト決定! W主演は芹澤優さん&上西哲平さん。寺島拓篤さん、蒼井翔太さんも出演。 TVアニメ『3D彼女 リアルガール』声優キャスト決定! W主演は芹澤優さん&上西哲平さん。寺島拓篤さん、蒼井翔太さんも出演。
9
『ヲタクに恋は難しい』『BANANA FISH』声優陣がゲスト出演! フジテレビ「ノイタミナ」ラインナップ発表会が3月8日生配信 『ヲタクに恋は難しい』『BANANA FISH』声優陣がゲスト出演! フジテレビ「ノイタミナ」ラインナップ発表会が3月8日生配信
10
劇場版『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』第1~2週目の入場者特典は、朝霧カフカ氏×春河35氏の書き下ろし小説に決定! 劇場版『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』第1~2週目の入場者特典は、朝霧カフカ氏×春河35氏の書き下ろし小説に決定!
1 第十二回声優アワードの受賞者の一部が発表! 増岡弘さん、片岡富枝さん、チョーさん、冨永みーなさんが特別賞を受賞!
第十二回声優アワードの受賞者の一部が発表! 増岡弘さん、片岡富枝さん、チョーさん、冨永みーなさんが特別賞を受賞! 第十二回声優アワードの受賞者の一部が発表! 増岡弘さん、片岡富枝さん、チョーさん、冨永みーなさんが特別賞を受賞!
2 『ドラゴンボール超』第128話「気高い誇り最後まで!ベジータ散る!!」より、あらすじ&先行カットが到着! 朦朧とした意識の中、ベジータはブルマの声を聴く
『ドラゴンボール超』第128話「気高い誇り最後まで!ベジータ散る!!」より、あらすじ&先行カットが到着! 朦朧とした意識の中、ベジータはブルマの声を聴く 『ドラゴンボール超』第128話「気高い誇り最後まで!ベジータ散る!!」より、あらすじ&先行カットが到着! 朦朧とした意識の中、ベジータはブルマの声を聴く
3 『ポプテピピック』の「ヘルシェイク矢野のこと考えてた」有名人・企業まとめ
『ポプテピピック』の「ヘルシェイク矢野のこと考えてた」有名人・企業まとめ 『ポプテピピック』の「ヘルシェイク矢野のこと考えてた」有名人・企業まとめ
4
『あんさんぶるスターズ!(あんスタ!)』乱凪砂役の諏訪部順一さんら声優陣が、2月21日(水)発売のユニットソングCD≪Eden≫収録の感想を語る! 『あんさんぶるスターズ!(あんスタ!)』乱凪砂役の諏訪部順一さんら声優陣が、2月21日(水)発売のユニットソングCD≪Eden≫収録の感想を語る!
5
『オルサガ』×『リゼロ』コラボに登場する中村悠一さん演じる「剣聖の家系 ラインハルト」のイラストを先行公開! 『オルサガ』×『リゼロ』コラボに登場する中村悠一さん演じる「剣聖の家系 ラインハルト」のイラストを先行公開!
6
声優・緑川光さん、関俊彦さんら出演の大人気アニメ『新機動戦記ガンダムW』2月27日より、TOKYO MX「アニメの神様」枠で放送決定! 声優・緑川光さん、関俊彦さんら出演の大人気アニメ『新機動戦記ガンダムW』2月27日より、TOKYO MX「アニメの神様」枠で放送決定!
7
鈴村健一さん総合プロデュースの『AD-LIVE』2018年の開催日程が解禁! さらに10周年記念公演も開催決定 鈴村健一さん総合プロデュースの『AD-LIVE』2018年の開催日程が解禁! さらに10周年記念公演も開催決定
8
TVアニメ第6期『ゲゲゲの鬼太郎』新ポスタービジュアル解禁! さらに、3期・4期の劇場7作品無料配信が決定 TVアニメ第6期『ゲゲゲの鬼太郎』新ポスタービジュアル解禁! さらに、3期・4期の劇場7作品無料配信が決定
9
『ダーリン・イン・ザ・フランキス』A-1 Pictures福島Pが1~6話を振り返る!魅力的なシーンの数々の裏側/インタビュー 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』A-1 Pictures福島Pが1~6話を振り返る!魅力的なシーンの数々の裏側/インタビュー
10
TVアニメ『HUGっと!プリキュア』場面カット&あらすじまとめ TVアニメ『HUGっと!プリキュア』場面カット&あらすじまとめ
Twitter
Facebook
animate Times Channel
アニメイトタイムズ ラジオ
アニメイトタイムズ チケット