2.5次元
『東京カラーソニック!!』the Stage Vol.2(ソニステ)作詞・作曲担当 稽古後インタビュー

『東京カラーソニック!!』the Stage Vol.2(ソニステ)作詞・作曲担当 北川尚弥さん×高本学さん×樋口裕太さん×小波津亜廉さん 稽古後インタビュー|「見えない領域の最高地点を目指したい」

オリジナルCDコンテンツプロジェクト「東京カラーソニック!!」(以下、「カラソニ」)。本作の舞台『東京カラーソニック!!』the Stage Vol.2(以下、『ソニステ』)が、Vol.1に引き続き、2023年11月10日(金)より天王洲 銀河劇場にて上演されます。

208X年の日本では、政府の制限が厳しく音楽は自由を失いかけていました。そんな中、音楽の祭典「東京カラーソニック」に参加するために、色ノ葉音楽学院の生徒たち8名が全国から東京へ集められます。

ボーカル学科と作詞・作曲学科の生徒が、バディを組み、寮で共同生活しながら、曲を作り「東京カラーソニック」で優勝を目指します。音楽に情熱を捧げる若者たちの熱い音楽バトルストーリーが繰り広げられます。

公演に先駆け、本稿では『ソニステ』のキャスト陣のインタビューをお届けします!

今回は、作詞・作曲学科の霧島 宙役の北川尚弥さん、加地春飛役の高本学さん、財前未來役の樋口裕太さん、高槻神楽役の小波津亜廉さんの4名より、稽古後の感想や演じ方、稽古場の様子、舞台への意気込みなどを語っていただきました。

他作品でも交流があり、同世代で仲良しな4名ならではの楽しいトークが繰り広げられました。

続編の公演を「すごくすごく楽しみにしています」

ーー2023年2月から約半年ぶりにVol.2が公演されますが、続編が早くに公演されるお気持ちはいかがですか?

霧島 宙役・北川尚弥さん(以下、北川):すごくすごく楽しみにしています。キャストの雰囲気がとても好きで、みんなと一つの作品を作れることをすごく楽しみにしていました。

加地春飛役・高本 学さん(以下、高本):尚弥の言うように、本当に仲の良いカンパニーです。みんな自分のやるべきことに向き合って一つ一つ作り上げて、高いクオリティーの作品が出来ていると思います。稽古していてすごく楽しいです。全員で一致団結していて、心は熱い人ばかりなので一緒に切磋琢磨できてやる気が出ます。

財前未來役・樋口裕太さん(以下、樋口):前回はUnit.1(​嵐と宙)とUnit.3(永久と未來)がメインのお話だったので、Vol.2は肩の荷が降りた気持ちです。「東京カラーソニック」という大会はありますが、1幕はUnit.2(伊織と春飛)とUnit.4(海吏と神楽)が中心で進んでいくので、前半はUnit.1とUnit.3は盛り上げ役な感じです。

話が全体的に重いので、俺らのシーンで一回気持ちを休めてから本編に戻っていただけると良いかなと思います。またみんなで集まって、思いっきりふざけて、ちゃんと芝居できるのがとても嬉しいです。

高槻神楽役・小波津亜廉さん(以下、小波津): Unit.1とUnit.3もバディの色が違いましたが、Unit.2とUnit.4も関係値の構築方法などが全然違うので楽しみにしています。Unit.2は元から仲の良い幼馴染のすれ違いですが、Unit.4はVol.1でぶつかり合った2人の関係がどうなるか、という場面で終わっているので、Vol.2で繊細にお芝居できることをとても楽しみにしていました。

ーーみなさん続編を楽しみしていたのですね。今日、実際に稽古した感想はいかがですか?

高本:まだ稽古の時間があるので、もっと可能性を見つけながら、探りながらチャレンジしている段階です。自分のシーンは無我夢中に一生懸命にやっています。

Unit.1とUnit.3も背中を支えてくれていて、面白くて、見ているだけで楽しかったです(笑)。とあるシーンの尚弥の生き生きした顔が、キラキラしていて幸せになりました。

北川:裕太くんと俺は、ひとつスイッチを入れてから舞台に出ているもんね(笑)。

一同:(笑)。

小波津:全体的に話が重い中で、スイッチを入れて明るく声張って芝居してくれるので、見ていて楽しいですし嬉しいですね。

高本:ありがたいよね。

樋口:俺らも無我夢中だね、スイッチ入れてるし(ドヤ顔)。

高本:でも楽しんでるでしょ?

樋口:あのシーンの要は俺と尚弥だから。俺らがいかにテンション高いかで変わってくる。

(頷く演者陣)

高本:全員が登場するシーンで、テンションメーカーのふたりがいるから助けられています。

樋口:俺らがスイッチ入れるしかないね。

北川:そうですね。

ーー特に楽しく盛り上がる場面ですよね。

北川:僕たちのシーンは日替わりになっているところもあるんです。

樋口:そこは伊勢さんが「好きなことやって良い」と言ってくれています(笑)。

高本:そのシーンと亜廉のあれは日替わりなのか。

小波津:元々日替わりじゃなかったんだよ、君らが言うからそうなっちゃったんだよ!

ーーとなると、毎公演が楽しみになりますね。

樋口:はい。亜廉くんは、なんでも受け入れてくれるので(笑)。

バディの関係性と時系列を考えて演じる方法とは?

ーーVol.1を経て、今回はお互いを理解した状態から始まりますが、どのようなことを意識しながら演じられていますか?

北川:(小宮山嵐役・武子)直輝くんはとても仲良いですし、付き合いも長いので、特に意識はすることなく、いつも通りの関係性でをステージ上もやっています。

高本:すごく仲良いよね?

北川:すごく仲良いです。でも出会った当初はそんなに仲良くなくて……。俺が一方的にトガってました(笑)。直輝くんがいっぱい質問してきてうるさいなと思っていました(笑)。

一同:(笑)。

ーー樋口さんはいかがですか?

樋口:Vol.2の1幕は時系列的にはVol.1の前半と同じなので、そこまで仲良くしないようにしています。Vol.1と同じシーンを演じることはありませんが、時系列的には同時進行しているので、少し難しいんですよね。

ーー同じ時間軸ですが、Vol.1はUnit.1とUnit.3を中心に、Vol.2はUnit.2とUnit.4を中心に物語が進むんですね。

樋口:なので、2幕に入ってから仲良くなった姿を見せようと、(瀬文永久役・北村)健人と話しました。

ーー一方、Unit.2とUnit.4は、課題が多く残ったままの2組ですが、どのように演じられていますか?

高本:Unit.2はVol.1をやっている時から晶吾くんとVol.2に繋げるお芝居をしていこうと伏線を張っていたので、今回演じることができて嬉しく思います。

けれど、心は苦しくて。今は楽しいですが、舞台袖で春飛の気持ちを思い起こしてから、舞台上へ出る時はしんどいなと思います。

でも色々な壁にぶつかりながらも進んでいく様子がこの舞台の見どころなので、頑張れば頑張った分だけ自分も感動できるでしょうし、お客様にも伝わるなと思いながら、役作りをしています。

ーー春飛はユニットの相方以外とも話すことが比較的多いキャラクターですよね。

高本:そうですね。自分的には、色々なキャラと絡んで楽しいと思います。Vol.1で僕と役がシンクロしやすくなっているので、皆とやりとりするのが楽しくて台詞も自然になっています。もっと研究しつつ、舞台に立ちたいなと思います。

ーー小波津さんはどのように演じられていますか?

小波津:Vol.1の時、Unit.4はぶつかってわだかまりが解けるかどうかのところで終わっているので、時系列的な難しさはUnit.4にもあります。1幕の最初はバディとして認め合う前なので、関係性の段階をまずは踏もうと考えています。

バディの(倉橋海吏役・安井)一真とは前回が初共演でしたが、お互いに言いたいことを言えるくらいに仲を深められたので、今回は何も心配していません。

2幕の最後に全てが詰まっているので、海吏と神楽がどんな顔をしているのかに注目してもらいたいです。

ーー小波津さんがUnit.4で会話する際に意識していることはありますか?

小波津:
前回は神楽の心情が描かれましたが、今回は海吏の内面や過去も見えてくるので、それが上手くリンクするようにお芝居ができると良いなと思っています。

なので、神楽の真っ直ぐさを正直に海吏にぶつけるようにしています。思いとしては結構シンプルですね。熱量を伝えられるように注力しています。

おすすめタグ
あわせて読みたい

『東京カラーソニック!!』the Stageの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング