声優
横浜アリーナで行われた田村ゆかりさんのライブレポート!

アニメロミックス presents 田村ゆかり LOVE ▽ LIVE 2012 Autumn * Fall in Love * supported by JOYSOUND ライブレポート

■桃色に染まった王国でのパーティが開幕!

 9月17日からスタートした「ゆかりん」の愛称でおなじみの田村ゆかりさんの全国ツアー『アニメロミックス presents 田村ゆかり LOVE ▽ LIVE 2012 Autumn * Fall in Love * supported by JOYSOUND』(「▽」は白抜きハートマーク)。11月2日、福岡サンパレスで幕を閉じた全国縦断ツアーはどの会場も桃色に染まる大盛況ぶり。今回は東京・渋谷のNHKホールで幕を開けた同ツアーの8公演目、横浜アリーナの模様をお伝えしよう。

 10月18日の木曜日、天候は台風も近かったためか、残念ながら空は雨模様。しかし、会場内は田村さんを応援せんがため、ツアーTシャツやハッピを羽織ったファンの人たちで埋め尽くされていた。その数、なんと約10000人! 平日ながら仕事や学校終わりに駆けつけた人も多かったようだ。

 ジメジメとした天候ながらも田村さんの登場まだかとざわつく会場内。バックステージで音楽が流れ始めると会場は一気にライブのテンションにチェンジ! 瞬く間に会場はピンクのサイリウムが照らし出す桃色で染まっていった。そして、ステージ中央からファンのみんなへ愛を振りまこうと主役の田村さんが可憐に登場!!

 開幕のファーストソングに選ばれたのは『Honey Moon』。ステージを見渡すように歌い上げる田村さんに、ファンも「ゆかりん」コールで応えていた。続く『チェルシーガール』や『おしえて A to Z』とポップな曲を歌いながらファンもライブのノリを確かめるように一体感に包まれながら、会場を揺らしていた。

■ファンとの距離が近く感じられるステージにご満悦

 田村さんの自己紹介を交えたMCトークでは横浜アリーナ内の客席との距離の話題に。「いつもと違うステージの作りなので、いつも遠いところが少し近いよねー。どこが一番遠いだろう?」と田村さんに対して最奥の客席から勢いよく手を掲げるファンの姿もチラホラ。しかし、「今、手を挙げた人は物理的にしか距離を測ってない! 心はみんな近いんだよ」とユニークな返答で会場を和ませた。

■中盤戦はスローテンポな楽曲に会場も緩やかに

 アップテンポな序盤の3曲とは打って変わって『Rainy Rainy Sunday』から始まった中盤戦はゆったりと流れるような楽曲で構成。『ひとひらの恋』、『Sensitive Venus』では会場がアコースティックライブのステージに早代わり! 田村さんのカワイイ歌声がファンと会場全体をゆるやかに包むように広がっていった。

 中盤のMCでは、田村さんのライブには欠かせない軽い毒気まじりのMCも炸裂! 可愛らしい見た目に反して、ピンクのサイリウムで会場を明るく彩るファンに「暗い海を照らしてくれてありがとう、プランクトンたち」と笑顔で語る姿はファンならずとも一見の価値アリ!? ファンとの距離をより近く、存分に絡むMCも田村さんのライブの特徴のひとつとなっている。

■横浜アリーナにファンならおなじみの「あの人」が緊急参戦!!

 2013年1月放送開始となる「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」に夏川真涼役で出演決定に加え、同作のEDテーマを手掛けることを発表してファンのボルテージを高めた田村さん。後半戦では、ファンにとってはおなじみといえる“m.o.v.e”のmotsuさんがステージに登場し、コラボソングのひとつ「パーティーは終わらない 田村ゆかり feat. motsu from m.o.v.e」を披露。ライブ前日に発売された田村さんのベストアルバム「Everlasting Gift」にも収録されている楽曲ながら、すでにラップやコーラスにも完璧に対応するファンの姿にも驚きだ。

 勢いは衰えることなく、ますますファンの応援に応えるかのように加速しながら「MERRY MERRY MERRY MENU…ね!」や「恋のタイムマシン」と全速力で歌い上げた田村さん。「candy smile」ではファンたちも驚くほどの早着替えも。

 アンコール前では最後の楽曲となる「fancy baby doll」では「もっと! もっと!」とファンたちを煽り、会場を盛り上げながら、軽くキスをしたぬいぐるみをファンへの贈り物にトロッコで横浜アリーナを一周し、ボルテージも最高潮のまま、本編は無事幕を閉じた。

■ゆかりんのパーティはまだまだ終わらない!

 本編が終わると同時に、アンコールが響き渡る横浜アリーナ。まだかまだかと待ちわびるファンの前に、同ツアーのTシャツにフリルのスカートに着替えた田村さんが登場! 本編の熱気冷めやまぬまま、アップテンポな『アンドロメダまで1hour』を熱唱し、続く『Super Special Smiling Shy girl』では田村さんやファンはもちろん、演奏陣までもが体を揺らしながらノリノリなムードとなっていた。タイトルにもなっている“Super Special Smiling Shy girl”の部分ではファンも「笑って、ゆかりん」、「大好き、ゆかりん」と大合唱。最後に田村さんが「大好き♪」と叫んで会場はまさに大歓喜!!

■次の舞台は埼玉!

 アンコールのMCでは次のライブスケジュールが発表され、ファンには嬉しいお便りに! 日時は2013年6月22日、23日で場所はさいたまスーパーアリーナ。「安心してください、土日です(笑)」と会場を和ませながらも、「集客も心配ですが、自分の体力も心配です」とダークな一面をチラリと見せるサービスも忘れない田村さん。

 そして約3時間にも渡るライブもいよいよ最後の楽曲『You&Me 田村ゆかり feat. motsu from m.o.v.e』に突入。再び、ステージにmotsuさんが登場し、田村さんの「どっちが勝つかな?」と煽り、ファンのテンションも急上昇! 掛け声やジャンプで精一杯の想いを伝えると、爽快にラップを披露するmotsuさんも「お前らの勝ちだ!」と敗北宣言。この掛け合いも今回のライブの見所のひとつといえよう。

 25曲を全力で歌い上げた田村さんは、ファンとの別れを惜しむかのように会場をトロッコで周り、ファンのひとりひとりに手を振って感謝の気持ちを伝えていた。ファンもお礼を伝えんとばかりに、拍手やサイリウム、手を振って応える場面も。そして、最後はステージのセンターに戻った田村さんからファンへ一言。「またね!」と投げキッスを会場に集まったファンへ向けてフィナーレを迎えた。

◆アニメロミックス presents 田村ゆかり LOVE ▽ LIVE 2012 Autumn * Fall in Love * supported by JOYSOUND
(「▽」は白抜きハートマーク)
開催日:2012年10月18日(木)
場所:神奈川・横浜アリーナ

/////SET LIST/////
01 Honey Moon
02 チェルシーガール
03 おしえて A to Z
04 Rainy Rainy Sunday
05 バンビーノ・バンビーナ
06 咲かせて乙女
07 ひとひらの恋
08 Sensitive Venus
09 微笑みのプルマージュ
10 Love Sick 田村ゆかり feat. motsu from m.o.v.e
11 エトランゼ
12 Beautiful Amulet
13 夢色ラビリンス
14 アンジュ・パッセ
15 君とLOVE
16 Endless Story
17 パーティーは終わらない 田村ゆかり feat. motsu from m.o.v.e
18 MERRY MERRY MERRY MENU…ね!
19 candy smile
20 チアガール in my heart
21 恋のタイムマシン
22 fancy baby doll
【ENCORE】
EN1 アンドロメダまで1hour
EN2 Super Special Smiling Shy girl
EN3 You & Me 田村ゆかり feat. motsu from m.o.v.e

>>田村ゆかり Official Site

おすすめタグ
あわせて読みたい

田村ゆかりの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集