menu
アニメ
『Yes!プリキュア5 GoGo!』声優インタビュー<1>

『Yes!プリキュア5 GoGo!』のBD-BOX化発売&キャスト座談会収録記念インタビューを2回連続でお届け! Part.1は竹内順子さん、伊瀬茉莉也さん、前田愛さん

 『Yes!プリキュア5 GoGo!』のBD-BOX化が決定! 2015年1月21日にvol.1、2月18日にvol.2が発売されます。BOXならではの様々な特典が用意されていますが、vol.1にメインキャストがそれぞれ好きなお話を選び、3人ずつ2組に分かれて映像を見ながらトークする座談会が収録されます。

 その先日行われた座談会収録後に2組にそれぞれインタビュー! 2回に分けてお届けします。今回は夏木りん/キュアルージュ役・竹内順子さん、春日野うらら/キュアレモネード役・伊瀬茉莉也さん、水無月かれん/キュアアクア役・前田愛さんの3人です!

アニメイトタイムズからのおすすめ
●今見ても楽しくてまだ見たかった

――映像特典の座談会を終えての感想は?

夏木りん役・竹内順子さん(以下、竹内):久しぶりに映像を見ましたが、今見ても楽しくて。正直言うと、まだ見たかったです(笑)。

春日野うらら役・伊瀬茉莉也さん(以下、伊瀬):久しぶりに順子さんと愛さんと3人で会えて、一緒に大好きな作品、思い出のエピソードやシーンを見られてうれしかったです。

水無月かれん役・前田愛さん(以下、前田):前回『Yes!プリキュア5』のBD-BOXの映像特典のときも、同じ企画がありましたが、違うメンバーで改めて6年半前に自分達がやっていた作品を、俯瞰(ふかん)で見ておしゃべりできるのは楽しいですね。

――映像を見るといろいろと思い出すものですか?

前田:思い出したり、思い出さなかったり(笑)。

竹内:私も(笑)。

伊瀬:私はアフレコしていた当時を思い出しました。


●お気に入りのお話を選んだポイントとは?

――今回、皆さんそれぞれ『GoGo!』の中からお気に入りの1話を選んでご覧になったわけですが、お話を選んだポイントは?

竹内:私と茉莉也ちゃんは近い選び方をしたみたいで。タイトルに自分のキャラの名前が付いていないものからおもしろそうなエピソードを探そうと。でも茉莉也ちゃんのほうがまじめに選んでました(笑)。私はその時の心境にピンとくるタイトルを選んだだけで。でも、2人が選んだのはたまたま同じお話でした。

伊瀬:本当に偶然。楽しかったなという記憶があって。鷲尾(天)プロデューサーがアフレコをする時に、そのお話が作られたきっかけをお話ししてくださったのがすごく印象に残っていたからです。

前田:私は選ぶ時間があまりなかったので、2人とは逆にかれんが出ている回に絞って……。

竹内:でもタイトルにキャラ名が付いてないから。付いているとわかりやすいじゃん!(笑)

前田:そうだね。もう一つ候補だったのは19話の「浦島かれんと亀ミルク!?」で。19話もぐっとくるセリフはあったけど、私が今回選んだほうはうららも見どころがあるので、その時の話を2人でできるかなと思って選びました。


●『GoGo!』と『5』はココが違う!

――『Yes!プリキュア5GoGo!』と、前シリーズの『Yes!プリキュア5』の違いを挙げるとすれば?

竹内:必殺技だよね? パワーアップして。

伊瀬:変身アイテムや衣装も変わってますよね。

前田:もっと他にもあるでしょ?(笑) 『Yes!プリキュア5』は恋愛要素が強かったけど……。

竹内:あったっけ?

前田:のぞみとココさんとか、こまちとナッツさんとか。

伊瀬:そうでしたね。

前田:『Yes!プリキュア5GoGo!』では1人1人をクローズアップしたストーリーが多かったので、それぞれのキャラについてよりわかってもらえたんじゃないかなと思います。あと、みんなで協力して何かをすることも多くなったかな。

竹内:くるみとシロップとか人数が増えたけど、散漫にならなかったのもよかったですね。

前田:ちゃんとそれぞれに役割があって、個性も出て。

竹内:チーム分けも新しく変わって、それがおもしろく出ていたんじゃないかなと思います。

伊瀬:あと思い出しました! 敵も『5』は会社組織だったけど、『GoGo!』は博物館で。

竹内:あと毒を持っている生物だったりするのも違うかも。

●前シリーズと比べてキャラの変化は?

――『Yes!プリキュア5』から引き続き演じる形になりましたが、演じる上での心境やキャラの変化は感じましたか?

竹内:演じる上での気持ちは特に変わってないかな。

伊瀬:そうですね。でも1年目より2年目のほうがちょっとだけできることが増えた気がします。長い期間をかけて作品に携わるのは初めてで、1年かけてでき上がったキャラを、またもう1年演じられることは大きかったです。

前田:かれんは心を閉ざしたところから始まって。こまちとはずっと友達だったけど、のぞみがガンガン来て(笑)、りんちゃんとはぶつかることが多かったような……。

竹内:1年目は結構あったけど、2年目はそれほどなくなったね。

前田:うららと一番接点がなかった気がする。

竹内:3年生と1年生の違いじゃない?

伊瀬:かれんさんは大人という感じがしました。

前田:ありがとう(笑)。そこにくるみがグイッと入ってくることで、1年目の終盤から母性みたいなものが芽生えてきて、2年目も今まで持ち合わせていなかった思いやりとか……。

竹内:それは語弊があるでしょ!?(笑) 持っているけど出すタイミングがね。

前田:そうそう! こまちには出していたとは思うけど、それが言葉など表面的に出せるようになったかなと。

竹内:そういう部分も含めて、1年目から続く関係性ゆえだと思うし、より仲良くなって絆が深まっていったんじゃないかな。


●伊瀬さんいわく「今なら当時の順子さんの気持ちがわかる」!?

――今回のBOXに収録されたエピソードの中で印象的なシーンを挙げていただけますか?

竹内:私はまったくブレてないんですけど、ナッツが出たらそれだけで満足で。ナッツがかわいくて、かわいくて。あのしもぶくれとか。画面の端っこにいるだけで幸せな気持ちになれるんです。だからシーンというよりナッツ。あとミルクのほっぺ。

前田:あれ、かわいいよね!

竹内:私、小動物系が好きなので。シロップも性格がツンとしているのに見た目がかわいいからたまらない! 人間になるよりも妖精の時のほうが好きで。シーンじゃなくてすみません(笑)。

伊瀬:4話の「うららの台本を届けろ!」で、屋上でカメラが360度ぐるんと回る演出があって、うららのツインテイルの髪がうねうねと躍動的になっていて好きです。大塚隆史さんの演出で、収録前に「気合を入れました」と言われたのがすごいプレッシャーになって(笑)。楽しく演じさせていただきました。あと私、6年半の時を経て、好きなキャラが変わりました。

竹内・前田:おおっ!?

伊瀬:収録当時の19歳の頃は、小動物を見て順子さんが「キャー!」と言っているのが若干わからなくて。

竹内:へえ……そうなんだ……。

伊瀬:だったんですけど(汗)、今はわかるんです。シロップに対しても年齢が近い男の子みたいに思っていたけど、今見るとかわいくて。

竹内:シロップ? それともシローに?

伊瀬:シローにも思うんです。

竹内:私と違うわ。

伊瀬: (笑)。小動物達への母性が今ならわかるし、シローが年下に見えてかわいいなと思えて。昔はコージや夏に大人の男性を感じて、あこがれていたけど、さっき映像を見ていたらシローのほうにキュンキュンして。私も年を重ねたんだなと(笑)。

前田:お姉さんになったんだよ。

竹内:そんなカミングアウト必要?(笑)

前田:私、アナコンディさんとシビレッタさんが館長を取り合っている図がおもしろくて。その関係性がギスギスしてて好きです(笑)。かれん的には、先ほど挙げた19話で、かれんが浦島太郎の腰みのを付けていたのがおもしろかったです。子供に「お兄ちゃん」と言われて。お兄ちゃんなのか…と(笑)。

竹内:自分のキャラのエピソードでと言われると思い浮かばない。突っ込んでばっかりだったから。

前田:突っ込んでるか、アクセサリーを作っているか、のぞみの面倒を見ているか、だよね。


●収録現場での思い出はお誕生日祝い

――収録時の印象的なエピソードがあれば教えてください。

伊瀬:当時、19年生きてきたなかで最高にうれしい出来事がありました。誕生日を現場でお祝いしていただいたんですけど、その時、順子さんからほっぺにチューされて。あの瞬間、生まれてきてよかったと思いました。

竹内:ありがとう。何でしたかと言えば、茉莉也ちゃんを幸せにしたかったからじゃなく、私がしたかったから。

前田:え~っ!?

竹内:ほっぺフェチだから、ぷにぷにしているのを見るとついチューしたくなっちゃうんだよね。私の誕生日には、茉莉也ちゃんからお皿をもらいました。4ツ葉のクローバーの。今でも家にあります。ちょっと載せるものが多くなるとすぐに落ちちゃうんです。

伊瀬:すみません!

竹内:そこが茉莉也ちゃんのいいところだよね。誕生日というとだいたい(前田)愛ちゃんが先導してくれて、「バースデーカードを作るから書こうか」とか、「写真撮るからいい顔して」とかやってくれて。愛ちゃんがそういうことをやってくれなかったら、鷲尾プロデューサーにプレゼントとか絶対にやらなかったと思う。

前田:それは私一人じゃなくて、その時にできる人が何人かで……。

竹内:私はやってない。

前田:誕生日ネタだったら、鷲尾プロデューサーの誕生日に、うららのマネージャーの鷲尾さんのイラストをケーキ屋さんに持っていって作ってもらったことかな。

竹内:何か、おいしくなさそう(笑)。

前田:鷲尾さんは自分で顔の部分をカットするという儀式を行いました(笑)。

●3人がオススメするBD-BOXの見どころ

――改めて『Yes!プリキュア5 GoGo!』の魅力やBD-BOXの見どころは?

伊瀬:当時、生まれていない子が『GoGo!』を見られるのはこのBOXだけ!

竹内:再放送やってるかもしれないよ(笑)。でも、きれいな画質で、最初から見られるのがいいよね。

伊瀬:あとEDのダンスがCGでなく、2Dアニメというのが新鮮に感じるかもしれない。

竹内:CGを使わずにあれだけ描き込んで動かすのは大変だよね。

前田:お手紙を届けてくれるシロップやメルポがいますが、お手紙を書く習慣って今、あまりないけど、直筆でもらうとうれしいし、改めていいなと教えてもらった気がします。

竹内:手紙を渡す時、メルポは「メ~!」と言いながら口から出して。

前田:「えっ? そこから?」と衝撃的なシーンではあるけど(笑)。ミルキーローズが参戦して、より華やかになったところが見どころかな。

伊瀬:あと5年目の『プリキュア』シリーズということで、いろいろな試みがあったんですよね?

宣伝担当:オールスターズとして初めて他のシリーズと一緒に収録したのも『GoGo!』が最初だし、映画の最後に付けた『ちょ~短編』がその後の『DX』につながったんです。

竹内:そんなチャレンジを体験できた私達はラッキーでしたね。『5』と『GoGo!』はプリキュアシリーズのエポックメイキングであり、歴史を知るためにもぜひ見ておかないといけないマストアイテムだと思います。

伊瀬:そのとおりです!


●『プリキュア』シリーズファン必見! 『5』と合わせて見よう!!

――では最後に皆さんへメッセージをお願いします。

前田:2人から人数が増えた最初でもあるし、オールスターズへのつながったシリーズでもあり、私達が2年間築き上げてきた『5』の集大成を見てほしいです。

伊瀬:プリキュアシリーズが大きく変わる、ターニングポイントにもなった作品なので、プリキュアファンの方は要チェックですよ!

竹内:『5』を見てない方でも楽しめます! ただ何で5人になったのか、キャラ達の関係性が気になった方、『GoGo!』の序盤に詰め込まれた『5』の小ネタの元が気になる方は『5』も見てください、


■BD-BOX『Yes!プリキュア5 GoGo!』
vol.1:2015年1月21日発売
vol.2:2015年2月18日発売
各39,800円(税別)
発売元:マーベラス
販売元:ポニーキャニオン

☆『Yes!プリキュア5 GoGo!』Blu-ray BOX vol.1
第1話~第24話収録
・各種特典映像
声優スペシャル座談会
ノンテロップオープニング&エンディング
変身&技シーン集
エンドカード集
ディスク4枚組

☆『Yes!プリキュア5 GoGo!』Blu-ray BOX vol.2
第25話~第48話(最終話収録)
・豪華&詳細各話解説ブックレット
・川村敏江描き下ろし2BOX収納ケース
・ディスク4枚組

vol.1&vol.2連動購入特典
(1)川村敏江描き下ろし色紙全員プレゼント応募券封入
(2)スペシャルイベント抽選応募券封入


>>『Yes!プリキュア5GoGo!』公式サイト

(C)ABC・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング