声優
海外ドラマ『アクエリアス』綱島郷太郎さん、遠藤綾さんインタビュー

海外ドラマ『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』日本語吹替の綱島郷太郎さん、遠藤綾さんにインタビュー!

 デヴィッド・ドゥカヴニー主演・製作により、全米を震撼させた無差別殺人事件の真相に迫るドラマ「アクエリアス 刑事サム・ホディアック」が、いよいよ日本上陸となります。ドゥカヴニー演じる主人公サム・ホディアックが追うのは、“悪の象徴”として世界に名を轟かすチャールズ・マンソン。マンソン・ファミリーの台頭や、ブラックパンサー党による黒人解放など、実際に起きた事件を架空のキャラクターを交えながらサスペンスフルに綴る物語となっています。

 今回その日本語吹替を担当する、チャールズ・マンソン役・綱島郷太郎さん、マンソンに傾倒していく16歳の少女・エマを演じる遠藤綾さんにインタビュー! 役柄の印象や見どころについて尋ねてみました。

──それぞれ大変難しい役どころとなったと思います。役柄の印象を教えてください。

綱島郷太郎さん(以下、綱島):こういう人物を演じられるというのは、役者としてうれしかったですね。事件の話を聞けば聞くほど、そこまでひどい人かとちょっと恐ろしくなってきたのですが、自分では絶対にやらないことですからね!やりがいのある役です。ドラマは彼が犯罪を犯す前から始まり、序盤では不思議な狂気をあまり感じません。これからもっとおかしくなっていくんでしょうね(苦笑)。どう変化していくのかも演じがいがありますので、自分としてはなるべく役柄を作りすぎないようにしています。

遠藤綾さん(以下、遠藤):お父さんもお母さんも自分を束縛するし、16歳と多感な時期だけにそれがエマにとってはいやなわけで。そんなときに運悪く、チャーリーに出会ってしまう。自分を引っ張ってくれる人というか、『今だ!』と家から出るためには、彼女としてはすごくタイミングがよかったんでしょうね。チャーリーとしては狂気をまだそれほど出していないにしても、16歳の女の子にしたら、チャーリーは大人だし、カリスマ性もあるし、影響されたいという気持ちがあったんだと思います。『チャーリーに嫌われたくない、捨てられたくない』というエマそのままに、チャーリーにすがるような気持ちを大事に演じています。


──お二人は初共演とのこと。共演されてみていかがでしたか?

遠藤:(吹替前に)家で作品を見ているときはもちろん、まだ英語しか入っていませんので、『こんな悪そうな人を日本語でやるとしたら、どういう声になるんだろう』ととても興味があったんです。なので、初めて綱島さんが演じた第一声を聞いとき、『うわ!そうそう!』と思って(笑)!チャーリーのつかみどころがない感じが声に出ていたので、すごいなと思いました。綱島さんがもともとこういう喋り方の方なのかなと思ってしまうくらい!

綱島:あはは!遠藤さんのエマはすごく透き通っていますよね。エマのいきがるんだけど、いきがりきれていない感じがすごくいいなぁと思って。今回の現場は、全体的に平均年齢が若いと思います。みんなとても真面目にやっているけれど、若い人が頑張ってふざけたり、挑戦したりしている現場です。挑戦している感じが楽しいし、いいなと思います。作品はバイオレンスですけれど、現場の雰囲気はバイオレンスとは真逆ですね。

──1960年代のアメリカに流れていた空気が、鮮やかに描かれていました。

綱島:主人公の周辺で起こっていることって、ベトナム戦争やニクソン大統領の動きなどとても大きな流れで。そういったことも描写されているので、歴史の流れがあるからこそ、チャーリーがいるんだということがわかるようになっています。僕には、アメリカ全体の時代の流れの中で、チャーリーのような人が生まれてしまったんだというふうに見えました。


──遠藤さんは、ドゥカヴニー主演のドラマ「カリフォルニケーション」にも出演されていました。今回のドゥカヴニーの印象はいかがでしたか?

遠藤:本作の前に収録していた『カリフォルニケーション』も、ドゥカヴニーが主演・製作をしていた作品です。そちらでは私のお父さん役をドゥカヴニーが演じていました。声も今回と同じく小杉(十郎太)さんが演じてらしたので、小杉さんと『今度のドゥカヴニーは角刈りだね』なんていう話もしていて(笑)。『カリフォルニケーション』のドゥカヴニーは、女性をとっかえひっかえするようなチャラチャラしたお父さんだったんです。今回はまたガラっと違う役柄で、それもまた新鮮で面白かったです。


──刑事が主人公というと1話完結のドラマが多いですが、本作は数話をかけて大きな物語を綴っていきます。そういった意味での面白さを感じることはありますか?

綱島:先が読めないという面白さもあるので、役柄を固定しないようにしています。もちろん実際にあったことなので、チャーリーの結末がどうなるかはわかっているのですが、そこまでをドラマとしてどのように描くのかはわからないので、僕にとってもそれは楽しみですね。

遠藤:確かに今まで自分が見てきたものでも、刑事ドラマって1話完結のものが多いですね。登場人物の家庭環境をはじめ、いろいろなことが少しずつわかっていくというのはすごく面白いと思います。私の演じるエマ自身も、一日一日、自分がどのような状況に置かれていくのかがわからないわけで。長い話数をかけて、それを作り上げていけるというのはとてもやりがいがあります。

──綱島さんは、刑事ドラマだと「Hawaii Five-0」にも出演されています。あちらは明るいイメージですが、今回はダークな凶悪犯の役ということになりました。

綱島:『Hawaii Five-0』は明るい作品なので、どこか気楽な雰囲気で演じることができるんです。今回はそういうわけにいかない。かなり集中しないと、自分でこういうキャラクターにしたいと思ったものを演じることができないんです。真剣にやりすぎていて、ちょっと恥ずかしくなることがあるくらい(笑)。チャーリーって、ちょっとクサい決めセリフのようなことをいうときがあって。言ったあと、カットがかかるまでの間にスタジオがシーンとしていると『今のダメだったんじゃないか!?』と思ったりする恥ずかしさはあります(笑)。


──エマはチャーリーと出会ったことで、今までとはまったく違う人生を歩み始めてしまいます。お二人にとって、このとき転機だったのではと感じる瞬間。また、因果や運命を感じる瞬間はどんなときでしょうか。

遠藤:『あれが転機だったのか』というのは、その場ではわからなかったりするんですよね。ただ、このお仕事は日々オーディションみたいなものなので、『あれが合格しなかったから、この作品に出会えたんだ』ということがよくあるんです。なのでやらせていただく作品は、すべて運命というか、そのときの自分に必要なものだったんだなと思っています。

綱島:すごくいいお話をされているところに、ちょっとつまらない話になってしまうんですけれど…。今回のお話をいただいたときに、奥さんと一緒にいたんです。『どういう役なの?』と聞かれて、『実在する人なんだよ』と言いながら、チャールズ・マンソンについて調べ始めて。すると調べていくうちに、ロマン・ポランスキーの妊娠8か月の妻を襲撃したことが書いてあって。なんとそのとき、うちの奥さんもちょうど妊娠8か月だったんです…。なんの因果なんでしょうね。なので奥さんには、落ち着いた頃合いをみて、ドラマを見てほしいです(苦笑)。


──最後に、ドラマをご覧になる方にメッセージをお願いします。

綱島:事件の結末を知っていてもまったく先の読めない作りになっていますので、見逃さないように一話一話、見て欲しいですね。

遠藤:チャーリーもエマもそうですが、他の登場人物もとても魅力的です。彼らがどうなっていくのかも見どころで、特にエマの父親のケンがどうなっていくのかは注目です。まさかこんなに気になる父親になるとは思っていなかった!収録現場でもケンの話でもちきりです!

綱島:あの人はみんながきっと気になる!インタビューの最後がまさか、ケンの話になるとは思わなかった!


【作品概要】
原題:『アクエリアス 刑事サム・ホディアック(AQUARIUS)』
データ:2015年~現在米NBCにて放送中/アメリカ/二カ国語&字幕/60分/HD作品
製作総指揮:ジョン・マクナマラ、デヴィッド・ドゥカヴニー
出演:
デヴィッド・ドゥカヴニー
グレイ・デイモン
ゲシン・アンソニー
エマ・デュモン
クレア・ホルト
ミカエラ・マクマナス
ブライアン・F・オバーン

シーズン1:2015年第1話~第13話 全13話
企画・原案:ジョン・マクナマラ

>>公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

遠藤綾の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング