アニメ

TVアニメ『3月のライオン』第5話よりあらすじ&先行場面カットが到着!桐山の過去が蘇る

 ヤングアニマル(白泉社)にて連載中、羽海野チカ原作の高校生プロ棋士の主人公と彼を巡る人々との交流を描いた大人気漫画『3月のライオン』が2016年10月8日(土)23:00よりNHK総合テレビにて放送中です。

 話題沸騰中のTVアニメ『3月のライオン』の第5話あらすじと場面カットが到着しました! 11月5日(土)より順次放送となる第5話は、桐山の過去が蘇ります。羽海野チカ先生原作の個性をふんだんに活かしたアニメーション演出をぜひお見逃し無く!

アニメイトタイムズからのおすすめ
第5話あらすじ
 あかりに頼まれてモモを保育園に迎えに行った零だが、帰り道で転んだモモが怪我をしてしまう。その手当てをしながら、零は幼い頃に家族を失くした日のことを思い出す。突然の事故によって失われた両親と妹、暖かな家。葬儀の場で孤独にたたずむ零に声をかけたのは、父の友人でプロ棋士である幸田柾近だった。
「君は……将棋、好きか?」

>>TVアニメ『3月のライオン』公式サイト
>>TVアニメ『3月のライオン』公式Twitter(@3lion_anime)
>>TVアニメ『3月のライオン』公式Facebook
>>NHK番組HP

TVアニメ『3月のライオン』作品情報
10月8日(土)23:00~よりNHK総合テレビにて放送中
※放送日時は変更となる場合がございます。

【作品概要】
 『3月のライオン』は、ヤングアニマル(白泉社)にて連載中の『ハチミツとクローバー』などで知られる羽海野チカ原作の将棋界を舞台にした大人気漫画。現在コミックス11巻までが発売中。2011年に第4回マンガ大賞2011及び第35回講談社漫画賞一般部門を受賞し、2014年に第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞、2015年には「ダ・ヴィンチ」『BOOK OF THE YEAR2015』コミック部門第1位を獲得した。2016年10月よりNHK総合テレビにてTVアニメの放送がスタート、2017年春には2部作での実写映画化が決定している。

【ストーリー】
 主人公・桐山零は、幼い頃、事故で家族を失い、心に深い孤独を背負う17歳のプロ将棋棋士。東京の下町に1人で暮らす零は、あかり・ひなた・モモの3姉妹と出会い、少しずつ変わり始めていく―――。これは、様々な人間が「何か」を取り戻していく、優しい物語。そして、戦いの物語。

【スタッフ】
原作:羽海野チカ(白泉社ヤングアニマル連載)
監督:新房昭之
キャラクターデザイン:杉山延寛
美術設定:名倉靖博
美術監督:田村せいき
音響監督:亀山俊樹
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:シャフト
製作:「3月のライオン」アニメ製作委員会

オープニング・テーマ:BUMP OF CHICKEN 「アンサー」
エンディング・テーマ:BUMP OF CHICKEN 「ファイター」

【キャスト】
桐山零:河西健吾
川本あかり:茅野愛衣
川本ひなた:花澤香菜
川本モモ:久野美咲
二海堂晴信:岡本信彦
幸田香子:井上麻里奈
高橋勇介:細谷佳正
島田開:三木眞一郎
三角龍雪:杉田智和
松本一砂:木村昴
川本相米二:千葉 繁
幸田柾近:大川 透
林田高志:櫻井孝宏
ほか