アニメ
『魔法つかいプリキュア!』43話先行カット&新キャラ声優公開

12月4日放送『魔法つかいプリキュア!』第43話より先行場面カット到着! 妖精の里のレジェンド女王役と女王役の声優も発表!

 毎週日曜の朝8時30分より、ABC・テレビ朝日系列にて好評放映中のTVアニメ『魔法つかいプリキュア!』。シリーズ第13作目の今作は、「魔法つかい」が明るく楽しく大活躍! ナシマホウ界(人間界)と魔法界、異なる世界の2人が偶然出会い、手をつなぎ、究極の奇跡の魔法で伝説の魔法つかい・プリキュアに大変身なのです♪

 そして2016年12月4日には、第43話「いざ妖精の里へ!あかされる魔法界のヒミツ!」が放送となります。みらいたちはチクルンの故郷である“妖精の里”へ向かうと、なんとことはが妖精の姿に!? そんな最中みらいたちは、妖精の里のレジェンド女王(太田淑子さん)と女王(山本百合子さん)から、美しい花園“花の海”の話を聞くことになります。それでは、早速先行場面カットを見ていきましょう♪

第43話「いざ妖精の里へ!あかされる魔法界のヒミツ!」より先行場面カットが到着!

<第43話あらすじ>
 リンクルストーン・アメジストの力で現れた扉で、チクルン(声:ニーコ)の故郷である“妖精の里”への道がひらけた。そこには一面の花 畑と美しい森、虹色の池…と、まさに妖精の世界が広がっている。花畑を見た瞬間、花の海の記憶が頭によぎったことは(声:早見沙 織)は、小さな妖精の姿になってしまう。その様子にチクルンが驚いていると、女王様(声: 山本百合子)が現れた。女王様はチクルン とみらい(声:高橋李依)たちを城へ招き入れ、盛大にもてなしてくれる。そんな中、ことはが「“花の海”のことを思い出した」と呟き、驚く女王。“花の海”とは、かつて世界を覆っていたと言われる美しい花園のことらしく、レジェンド女王(声: 太田淑子)だけがそれが何なのか知っていると言う。

<第43話スタッフ>
脚本:村山功
演出:佐々木憲世
作画監督:赤田信人/伊藤公崇

第43話より登場する妖精の里のレジェンド女王役に太田淑子さん、女王役に山本百合子さん!
★レジェンド女王 (CV:太田淑子)
 今の女王の先々代のそのまた先々代の女王。妖精の里を訪れたことはに何かを感じ、はるか昔の物語を話しはじめる。

★女王 (CV:山本百合子)
 妖精の里の女王。女王になってまだ日が浅く、その間三千年ほど。いなくなったチクルンのことを毎日心配してい た。怒ると怖い。

(C)ABC・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集