声優
上坂すみれさん、大槻ケンヂさんにとっての“ソ連”とは?

上坂すみれさん、大槻ケンヂさんにとっての“ソ連”とは?『緊急検証! 外伝 幻妖国家・ソ連の真実〜ハラショー超常シベリア鉄道の夜〜』収録後インタビュー!

毎回、人類が検証すべきテーマを掲げ、専門家を招いて徹底検証を行う『緊急検証!シリーズ』。2018年4月27日(金)には、ファミリー劇場(全国のケーブルテレビ局、スカパー!ほかで放送)にて『緊急検証! 外伝 幻妖国家・ソ連の真実〜ハラショー超常シベリア鉄道の夜〜』が放送されます。

特別番外編となる今回は、ソ連大好き声優として知られる上坂すみれさんが登場! 番組お馴染みの大槻ケンヂさん、多方面のオカルト専門家と共に、巨大国家“ソ連”の謎に迫ります。

本稿では、番組収録後の上坂すみれさんと大槻ケンヂさんの囲み取材の模様をお届けします。

オカルティックパワハラがソ連にあった!?

――収録を終えた感想はいかがでしょうか?

大槻ケンヂさん(以下、大槻):逸見太郎さんがすみぺに変わっていたのでびっくりしました(笑)。全容をあまり把握しないまま収録に来たもので……。新鮮で良かったと思います。

上坂すみれさん(以下、上坂):私は一度オーディオコメンタリーに出させてもらったんですが、そこでの一言がまさか番組になるなんて……すごくびっくりしています。テレビで見るよりも間近でプレゼンを見ることができて、非常に楽しかったです。

――上坂さんはプレゼンターの方とお会いするのは初めてとなりますが、実際にお会いしてみていかがでしたか?

上坂:ああいう大人になりたいなと思いました。みなさんトークが個性的で、先を聞きたくなるような話し方をしていらっしゃって、声の使い方が素晴らしいと思いました。

オカルトプレゼンもプレゼン能力が無いとダメなんだなと、オカルトも体力勝負なんだなと思いました。

――今回のプレゼンで印象深かったものはありますか?

大槻:えーっと……今ちょうど全部忘れたところです(笑)。この番組は毎回そうなんですけど、一挙に色々なオカルト情報を叩きこまれるもんですから、一回頭の中がカオスになるんです。

それで、ちょっと何を聞いたかわからなくなるんです。今回はUFO、UMAからボルシチまで色々な話があって、今はちょっとわからなくなっています。

上坂:私は歴代書記長が竜族・ドラゴニアンだったのに、ゴルバチョフはヒト型爬虫類のレプティリアンだったというお話を聞いて「なるほどな」と思いました。だからペレストロイカも起こったのかなと。

レプティリアンは優しい人が多くて、ゴルバチョフの愛称ゴルビーもロシア語で鳩っていう意味があって、その2つを持った人はとても平和主義なんだなと思いました。

――改めて番組で共演されて、お二人のお互いの印象というのはどういったものでしたか?

大槻:今回こうして共演してみて、人としてのポテンシャルが高いという印象でした。声優としても素晴らしいのに、ソ連の知識もすごく持っている。その妙なバランスから、タダ者ではないなと思いました。

僕は上坂さんがソ連のスパイなんじゃないかと思っています(笑)。

上坂:『緊急検証!』と言えば、番組を見守り続けている大槻さん、というイメージでした。

でも、実際に出演してみて「こういう風に見守っていらっしゃるんだ」と、そのイメージを間近で知ることができました。

大槻:実は、1回だけ出演できなかったときがあったんだよね。心霊スポットに行くっていう回で「眠くなっちゃうからいけないです」みたいな(笑)。でも、今回の収録が一番しんどかったね。スタジオが寒くて……。

上坂:底冷えとの闘いが……。

大槻:きっとスタッフの方々が気を使って、極寒のソ連を再現してくださったんだろうなと思いました(笑)。

――今年がロシア革命から101年目となりますが、年代の違うお二人にとってソ連のイメージとはどういったものでしょうか?

大槻:米ソ冷戦の頃は、今の北朝鮮みたいなイメージをメディアが操作していた時代がありましたね。当時はまだ子供だったけど、そういったことはよく覚えてますね。

上坂:私はロシア語や国歌をきっかけにソ連にハマったんですが、この国にしか無いものがたくさんあるなと思っていました。そこから色々と調べるようになったんですが、「ソ連が好き」って言うと驚かれることが多くて……。世の女性がハワイを好きって言うのと何も変わらないのに!

ハワイでパンケーキを食べようと、ソ連でパンケーキを食べようと、どっちもいいではないか! ということを広めていきたいと思っています。

――番組を終えて、ソ連の見方が変わったところはありますか?

上坂:ソ連っていうのは全世界の1/6の面積があった国ですから、やはりその主導者には様々な曰くがあるのだなと。

スターリンに踊ってみなさいと言われたらすごく辛いと思います……。元祖パワハラと言うか、オカルティックパワハラがソ連にもあったと思うと、日本で生きる上でもハラスメントなどの問題から逃れる方法のような、生きる知恵が散りばめられていると思いました。

大槻:僕は政治のこととか全然わからなくて、ソ連については何のイメージも無かったんです。僕らの世代だと、ちょうどペレストロイカの後、新日本プロレスにレッドブル軍団というのができて、ソ連からプロレスラーがたくさん来たんです。

彼らと猪木さんが戦うとき、猪木さんが前日にウォッカを飲みすぎたせいで負けちゃって……あれ? なんの話でしたっけ?

上坂:(笑)。

大槻:とまあ、そういったことでしかソ連を知らなくて、今回オカルトというポイントから多少なりとも知ることができて良かったです。

僕はバンドをやっているので、スターリンっていうと遠藤ミチロウさんのバンドが出てきちゃいますね。スターリンのバンドが好きな奴は、大抵スターリンが何なのかわかっていないと思いますよ。今回それを知ることができました。スターリンは悪いやつだね。

上坂:私はザ・スタ—リンから「コルホーズの玉ねぎ畑」という名前を拝借してファンクラブの名称にしました。パパ、ママ、共産党は流石にダメだと思って(笑)。いい歌ですよね。

――最後に視聴者の方にメッセージをお願いします。

大槻:今回の番組はいつものメンバーとちょっと違う番外編ということで、『スター・ウォーズ』で言うローグ1みたいなものになります。そういった番外編の面白さも出ていると思います。

上坂さんが司会をやっているというのが驚くべきことだと思うので、上坂さんのファンの方にも番組を知って貰えるきっかけになればと思います。

上坂:憧れの『緊急検証!』に出させていただいて、雰囲気を壊してないか心配なんですが、とても楽しくやらせていただきました。いつかオカルト紅白でみなさんのプレゼンを見ながらあーだこーだ言うのが夢なので、緊急検証!ファミリーに入れてすごく幸せです。

ソ連に興味がある人はすごく楽しめる内容になっていると思います。興味がない人もモノの試しに見てみると、私のように天啓を得ることがあるかもしれませんので、ぜひご覧ください。

――ありがとうございました。

『緊急検証! 外伝 幻妖国家・ソ連の真実〜ハラショー超常シベリア鉄道の夜〜』は、2018年4月27日(金)にファミリー劇場にて放送です。ソ連にまつわる逸話の数々を、どうぞ番組でご覧ください!

[取材・文・撮影/はら]

番組情報

『緊急検証!外伝 幻妖国家・ソ連の真実〜ハラショー超常シベリア鉄道の夜〜』

放送日時:4月27日(金)22:00〜23:00

出演:大槻ケンヂ、上坂すみれ、中沢健、秋山眞人、北芝健、竹本良
番組ナレーション:細谷佳正

今回は「緊急検証!」特別番外編!ソ連大好き声優として知られる上坂すみれさんがついに登場!昨年の大槻ケンヂさん・上坂すみれさんのオーディオコメンタリー企画での“ソ連のオカルトの検証が見たい”という一言を実現!また今回は、オカルト好きで知られる声優の細谷佳正さんが番組ナレーションを担当!

1991年、巨大国家“ソ連”が崩壊。ソ連は世界有数のオカルト大国としても知られていました。秘密裏に進められた超能力やUFOの研究、規格外の国家的プロジェクトの数々。国家の崩壊によって封印されたオカルトの叡智を緊急流出!

詳細な番組情報はこちらから!

おすすめタグ
あわせて読みたい

上坂すみれの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集