声優
「FUN'S PROJECT」×アニメイトタイムズのコラボインタビュー企画第7回 木村昴【前編】

アニメイトタイムズ×FUN’S PROJECT 特別企画 vol.7 声優・木村昴さんに聞く、劇団の作り方と役者としてのバイタリティ【前編・役者人生のスタート】

クリエイターやコンテンツホルダーとファンをつなぐサービス「FUN'S PROJECT」と、アニメ声優系ニュースサイト「アニメイトタイムズ」のコラボ企画「クリトーク!」。毎回、アニメ、マンガ、ゲームなどの業界で活躍する著名人のインタビューを連載中です。

第7回となる今回は、『ドラえもん』のジャイアン、『ヒプノシスマイク』の山田一郎といった人気キャラクターを演じている声優・木村昴さんの登場です。

木村さんといえば、声優としての活躍だけに留まらず、ご自身が座長を務めている劇団「天才劇団バカバッカ」での活動でも広く知られています。

そこで今回のテーマは、「劇団の作り方」と「役者としてのバイタリティ」について。前編では、木村さんの幼少期を振り返っていただきながら、ご自身の役者人生についてお話を聞いていきます。


FUN'S PROJECT WEBサイト

2018年は「これがやりたかった」ができた

──今日はよろしくお願いします。最近もお忙しそうですね。

木村昴さん(以下、木村):おかげさまで良い感じです!。わりと忙しくさせていただいてます。

──『ヒプノシスマイク』(以下、『ヒプマイ』)が忙しいときは休みがなかったというお話もされていましたね。

木村:『ヒプマイ』では、いろいろやらせていただいていますね。取材を受けさせていただくこともありますし。しかも、『ヒプマイ』に関してはラップも書かせていただいているので、その作業の時間もあります。

2017年に比べたら、2018年は『ヒプマイ』だけじゃなく、いろんなことをやらせていただきました。「これがやりたかった!」ができるようになったというか。

──「これがやりたかった!」ですか。

木村:僕も3年前くらいまでは週3くらいでお休みがあったんです。そういうタイミングで、師匠の関さん(関智一さん)がものすごくくたびれていたので「大丈夫ですか関さん? 休んでますか?」って聞いたことがあって。「休みたいよ」「流石っすね~」と話していました。

そうしたら関さんがスケジュール帳を見せてくれたんです。カレンダーになっているんですけど、全体的に赤かったので「関さんこれ、元々赤いカレンダーですか?」って聞いたら「違う」って言われて。全部スケジュールが埋まっているんですよ。「カッケェ~!」って思いましたね。

それを目標にしてたので、自分のスケジュールもカレンダーが埋まっていくのが嬉しいんです。白いところがあると、埋めたいなって。埋まっていくと「Foo~♪」って(笑)。

自分も師匠に自慢するんですけど、「見てくださいよ関さん、埋まっちゃってて」って。そしたら「あ、良かったね」と(笑)。

だから忙しくても、しんどいという感覚がまったくないですね。逆に嬉しいです。

──楽しい気持ちが先行しているというのは良いですよね。

木村:そうですね。語弊があるかもしれませんけど、“やらされている感”は全くないんです。シンプルに何でも楽しいです。

──(笑)。忙しくなれたのもこれまでの積み重ねの結果だと思います。

木村:そう言っていただけると嬉しいですね!

夢のステージ『アニー』への道筋

──今回は木村さんの幼少期から今を振り返っていただき、ご自身のクリエイティビティのヒントをお聞きできればと思っております。

木村:僕は、ドイツで生まれて7歳まで向こうにいました。7歳で日本に来た時に、日本語が全く喋れなくて。でも、インターナショナルスクールとかじゃなく、普通に地元の公立の小学校に入学したんです。そこで先生や同級生とコミュニケーションを取りながら日本語を覚えていきました。

その中で習いごとをしたらどうかと母が言ってくれて。両親とも声楽家ということもあって、それに近いことはしたいなと。両親は僕にずっと楽器をやらせたかったみたいで、5歳の時からバイオリンもやっていました。

でも両親がそういうことをやっているから、クラシックがすごく苦手で……。両親もクラシックのことになると厳しかったですし。

「やりたいこと何かないかな?」と思っていた時に、新聞に児童劇団の募集の広告が入っていたんです。それを見て、母も「いいんじゃないの」と言ってくれて。単純に面白そうと思って入団オーディションを受けたのが演技のきっかけですね。

児童劇団っていうのはレッスンがいっぱいあるんですよ。ダンスや歌、日本舞踊、タップダンスとかドラムのレッスン、お芝居もある。

それをやりながら日本語を覚えるのもありじゃないって、母が思ってくれて入団したんですよね。

──習いごとがいっぱい受けられるトータルセットみたいな?

木村:そうです。お得感があったんでしょうね(笑)。児童劇団も安いわけじゃないので。子ども心ではまったく気にもしなかったですし、今思えばけっこう母ちゃんも頑張ってくれたんだなって(笑)。

日本に来て全然お金がなくて、それでインターナショナルスクールとかじゃなく、普通の公立の学校でしたし。母が無理してくれたんだなと。お陰様で今があります。

──劇団では主にどういった活動をされていたのでしょうか?

木村:さっき言ったようなレッスンをやりながら、児童劇団内で年に2回くらいミュージカル公演をやるんです。ミュージカルは、これまで勉強してきたことがすべて発揮できるものなんですよ。

その公演が自分にとっては楽しみでしたね。出ることがずっと目標だった。

初めて出演したときには、超好きになっていました。そこからミュージカル俳優を目指すようになっていきました。

──ミュージカル俳優ですか?

木村:はい。劇団の中で5回くらいミュージカルに出演させていただきました。

2002年に、外の大きなグランドミュージカルに挑戦してみたいと思って受けたのがミュージカル『アニー』(のオーディション)です。合格して『アニー』に出たのが自分にとっての転機でした。

劇団内でやるミュージカルと外のグランドミュージカルは全然違ったんです。しょぼい言い方になっちゃいますけど、「世界広っ!」みたいな。「芸事深っ!」みたいな。ミュージカルってやっぱりすごいなと。何かひとつだけできても、できるもんじゃないと。

劇団内でやっていたミュージカルは、音源を流して、それに合わせてやるものでしたけど、『アニー』は生のオーケストラがあるんです。それに合わせてやるのにしびれちゃって。むちゃくちゃ大変でしたけどね(笑)。

オーディションのときは、レッスンでちょっとかじった程度のタップダンスで挑んだんですけど、まわりの子たちは生まれた瞬間からタップシューズを履いていたかのような人ばっかりなんですよ。

そもそも、僕は自分のタップシューズを持っていなかったですし。無謀だったと思いますね。『アニー』のタップキッズというタップダンサーの役を受けに行ったのに、タップシューズを持たずに行きましたから(笑)。

──言葉を選ばずに言わせてもらえば、よく受かりましたね(笑)。

木村:いやー、やばいところに来ちゃったって思いましたよ。オーディションもタップの先生がいて、子どもたちが20人くらいで大きなスタジオに入るんです。「じゃあ今から私が踊りますから見ててください」って1分くらい先生フリを見てすぐにやらされるんです。

「じゃあ音楽流しますから、3人ずつ前に出てきてやってください」って。「え? これでやるの?」と思いながら、まわりの子たちのフリを真似してなんとかやりましたね。でも全然できなくて。

それでも、子どもながらに児童劇団で叩き込まれたことがあったんです。それが、“子どもらしくいろ”ということです。

子役ってみんなませて行くんですよ。だから子どもらしくいなさいと。気取るんじゃない、にっこりしていなさいということですね。

自分の番になって、「今じゃん」と思いました。もうわけ分かんないしフリも何もできないけど、とりあえずむちゃくちゃ笑顔で踊りました(笑)。なんとなく覚えているところだけ決めて、満面の笑みで。

そうしたら、なんと一次審査に通ったんです。

──それはすごい!

木村:一次審査に受かってから次の審査まで2週間ぐらいあったんですけど、「母ちゃんやばい。すぐ何とかしてくれ」って言って。

地元から少し離れたタップスクールに駆け込んで、「頼むから2週間で俺をタップダンサーにしてくれ」とお願いしに行きましたね(笑)。

先生も先生で「そういう事ならじゃあ一肌脱ぐわ」と。「タップシューズまずは一緒に買いましょう」とタップシューズを買いに行って、タップダンスをみっちり教えてくれました。

そのおかげで、二次審査からは一応それなりにかっこがつく程度にはできるようになって、三次審査で合格いただきました。

その時の審査員の方に「なんで僕だったんですか」と聞いたら「笑顔が素晴らしかった」と言われて。「これはキターッ!」と思いました(笑)。

──計算通り!(笑)

木村:でも、そこから地獄の日々が始まりまして……。

やっぱり子役は厳しいんですよ。『アニー』は特に演出家さんが厳しいことで有名なんです。本番前にはTVで特番が組まれるくらい人気でしたし。そこでの稽古風景で演出家さんが子どもたちにめちゃめちゃ厳しく指導するシーンがよく話題になっていました。

幸い僕の年は演出家さんが交代されて、ブロードウェイからアメリカ人の演出家さんが担当することになっていたんです。なので、マイルドになるのかと思いきや。

笑顔で受かったものの技術がないので、稽古で全然追いつけないんですよ。よく聞く話かもしれませんが、「お前の代わりは他にいくらでもいるんだ!」「やめちまえ!」みたいなことを本当に言われるんです。子どもたちは「もう1回やらせてください!」って言い返す。

しかも、稽古が終わっても「昴くんだけ残りなさい」って。でもおかげでタップはめっちゃ上手くなりました(笑)。

でもやっぱりミュージカルって凄いなって思いましたね。しんどかったぶんだけ、ステージに上がった時に感じるものがありました。これは、本物しか上がれないステージなんだなと。

どれだけハリボテでも構わないから、いかにして本物を演じられるかということは、幼心ながら感じました。

──ちゃんと人に見せられるものをやる、ということですね。

木村:そうです。中途半端じゃダメですし、好きじゃないとダメ。本物ぶっていましたね(笑)。そうじゃないと駄目ですから。そういうのは『アニー』で鍛えられたと思います。

──その達成感を感じられたのはいつですか?

木村:公演期間中は、ほぼ時間がなかったので、終わってしばらくして次の公演が決まった時くらいに感じました。「俺はあれに出てたんだな」と。

『アニー』に出演した子どもたちは、“アニーズ”って呼ばれるんですけど、みんなで翌年の後輩たちの公演を観に行くんですよ。自分が出演しているときは客席で見たことがなかったけど、はじめて観客席で見て、これはすごいなって。

その時かもしれません。「ミュージカルって面白い」と実感が湧いたのは。

──そこからはいくつか公演に出演することになるんですね。

木村:はい。新国立劇場でやっていたオペラの『魔笛』とかにも出演させていただきました。パパゲーノって主人公がいるんですけど、その子ども役で。最後だけちょっと出る役なんですけどね。

その他にもミュージカルをいくつかやらせてもらって。だから自分はミュージカル俳優になるものだと思っていました。声優になるなんてマジで思ってなかったですね。

関さんの一言を真に受けて劇団結成!

──子役時代に芸事に対するマナーみたいなものを叩き込まれたと思います。その経験は今の劇団でもいきていますか?

木村:めちゃめちゃいきています。まだまだ小さい劇団だし、無謀な挑戦ですが『アニー』くらいの公演ができる劇団になりたいと思っています!それが旗揚げの時からの劇団員全員の共通目標なんです。

劇団立ち上げから10年で銀河劇場でグランドミュージカルをやろうと。それが僕らの目標だったんですよ。まぁ無理でしたけど!(笑)

──(笑)。まだ旅の途中ということですね。

木村:そうですね。いつかは銀河劇場で!

──ご自身の劇団「天才劇団バカバッカ」の立ち上げのお話も聞ければと思います。

木村:声優デビューしてからは学業との両立だったんですよ。高校を卒業するタイミングで、役者として生きていくことは決めていたので、師匠の関さんに相談しに行ったんです。

「高校を卒業したらいっぱしの声優になりたい。365日、お芝居に携われる環境に身を置きたいんです」って。

あわよくば、関さんの劇団や事務所に入れてくれないかっていう気持ちもあって「劇団をやってみたいんですよ。劇団に入ってみたいです」と。

そうしたら、関さんが「じゃあ自分の劇団作んなよ」って言ったんです。思っていたのと全く違った返答だったので「え?」って感じでしたけど(笑)。

──『アニー』の時とは違って予定通りにいきませんね(笑)。

木村:まさか自分でやるという考えはありませんでしたね。それまでは、ミュージカルって自分でやるものじゃなく、“出させてもらう”ものだったんです。狭き門を頑張ってくぐり抜けた先にステージがあるって。

マジビビりましたね。でも、この人が言うんだからきっと何かとんでもないメッセージがあるんだと思ったんです。「多分なんかすごいこと言われている気がするぞ、俺」みたいな(笑)。

勝手にそんなモードに入っちゃって、「ヤバイ、その手があったんですか! 分かりました。劇団作ります!」って言って、高校卒業式の次の日に友達を集めて「お前ら……劇団をやってみないか?」で作ってしまいました。

偶然、一緒にミュージカルをやっていた友達もいたし、脚本を書きたい人もいたんです。そこから、高校を卒業したばかりの子どもが、「じゃあ劇団員が必要だよね」と無い知恵を絞って劇団員を集めていきました。

前編はここまで。次回の中編では、勢いで旗揚げした劇団に待っていた苦難の連続について語っていただきました。次回もお楽しみに!

↓中編はこちらから!
コラボインタビュー企画第7回 木村昴さん(中編)

[インタビュー/石橋悠 写真/相澤宏諒]

 

1989年(平成元年)生まれ、福岡県出身。アニメとゲームと某王国とHip Hopと自炊を愛するアニメイトタイムズの中堅編集者兼ナイスガイ。アニメイトタイムズで連載中の『BL塾』の書籍版をライターの阿部裕華さんと執筆など、ジャンルを問わずに活躍中。座右の銘は「明日死ぬか、100年後に死ぬか」。好きな言葉は「俺の意見より嫁の機嫌」。

この記事をかいた人

石橋悠
1989年福岡県生まれ。アニメとゲームと某王国とHip Hopと自炊を愛するアニメイトタイムズの中堅編集者。

担当記事

関連記事
【そろそろBLのこと知ってみませんか?】いまさら聞けない商業BLの世界!「アニメイト編集部BL塾」開校【前編】
近年盛り上がりが急激に加速している「ボーイズラブ(通称、BL)」。20年以上前は秘匿性の高かったジャンルが、過渡期を迎えていた。ところが、アニメイトタイムズ編集部員の石橋さんはほとんどBLに触れてこなかった様子。BLの知識はほぼないに等しい。アニメイト社員ともあろうものが、このままでは波に乗り遅れてしまう。やばい、やばすぎる。……ということで、「アニメイトタイムズ編集部員にBLのアレコレソレを教えて!」と急遽助っ人を要請。「アニメイト編集部BL塾」と題して、BL塾の開校に踏み切った。今回の企画では、BL通のライター・阿部裕華が先生役となり、BLの世界をいちから初心者の方に向けてご案内。BLを知りたい! もっと深く知りたい! と思っている読者のみなさんは、石橋さんとともに生徒気分でお楽しみを。※BL事情は諸説あるため、本企画には個人的見解も含まれています。※一部、R-18の作品も紹介しています。<登場人物>●阿部裕華フリーのライター。本企画の助っ人。石橋さんの飲み友達。BL愛好歴15年。『好きなものは好きだからしょうがない‼』に衝撃を受け、BLへ沼落ち。黒髪メガネ受けが登場する商業BLマンガは一通りチェックする。今回の先生役。●石橋悠アニメイトタイ...
関連記事
「田村ゆかり BIRTHDAY LIVE 2018」に王国民歴10年の編集者と初参加ライターで参戦してみた
「ゆかりん(田村ゆかりさん)が2018年2月24日、25日、27日に武蔵野の森総合スポーツプラザで、「田村ゆかりBIRTHDAY♡LIVE2018*Tricolore♡Plaisir*」を開催するんです。その名の通り、バースデーライブ。せっかくの機会。非常に貴重なライブなので、取材してください」アニメイトタイムズの編集者・石橋さんから、上記のメッセージが届いたのは2月中旬のこと。スケジュールを確認した結果、25日・27日なら取材可能だった。彼にそのまま伝えると「参加するなら27日が圧倒的にオススメです」とキッパリ。その理由を聞いてみると、田村ゆかりさんが誕生日当日にライブを行うのは5年振りということらしい。「2度とないこの日のライブにこれまでにないレポートを書いてほしい」これが僕に課せられたミッションだ。「当日は横で解説お願いしますよ?」(川野)「いや、それは無理です(即答)。僕は3日間全て客席にいるので」(石橋)なるほど。アニメイトタイムズの編集担当・石橋さんは生粋の王国民(田村ゆかりさんのファン)だった。こんな贅沢な時間を取材席で淡々と見つめることはできないと。1人のファンとして声を熱を届けたい。応援したいという大人の判断である。「僕は初心者の目線としてラ...
関連記事
祝『ヒプノシスマイク』1周年大特集! 第1弾「世界観&ハマる理由編」|ご新規さんもゴリゴリのヘッズも読んでほしい『ヒプマイ』が素晴らしい理由
8月26日に行われたライブも大盛況のうちに幕を閉じ、話題沸騰中の『ヒプノシスマイク』。声優とラップという異色の組み合わせで、新たなムーブメントを巻き起こしている『ヒプノシスマイク』が、9月2日で1周年を迎えました!アニメイトタイムズでは、1周年を記念して『ヒプノシスマイク』を大特集! 全5回に渡って、世界観やキャラクターについて掘り下げていきます。第1回となる今回は、「世界観」と「ハマる人が続出している理由」について。ヒップホップとアニメ漬けの生活を送ってきた編集部員・石橋が解説していきます。「ちょっと乗り遅れちゃったな〜」「もうちょっと詳しく知りたいな」「ここで復習しておきたい!」と思っているヘッズのみなさんはぜひご覧ください!なお、本企画は石橋の個人的見解も盛り盛りでお届けしますので、ご了承ください。そもそも『ヒプノシスマイク』って何ですか?まずは『ヒプノシスマイク』という作品そのものについて語っていきましょう。『ヒプノシスマイク』は2017年9月4日に発表されたキングレコードのEVILLINERECORDSによる音楽原作のCD企画です。木村昴さん、浅沼晋太郎さん、速水奨さん、白井悠介さんといった人気声優をキャスティングし、キャラク...
もっと見る
関連記事
『絶望放送』や『下ラジ』を作った構成Tこと構成作家・田原弘毅さんに聞く「ラジオの作り方」──連載第1回「苦情も来ないようなラジオは誰も聴いてないんですよ!」
 ラジオってどうやって作られているのでしょう? 何気なく「パーソナリティが話しているのを録音して配信、生放送したもの」というイメージがありますが、実際のところ、素人からするとブラックボックスな部分が多いような気がします。どんな仕組みでできているのか、気になりませんか? そんな「ラジオの作り方」をお伝えする企画がスタートです。私たちを導いてくれるのは構成Tこと、構成作家・田原弘毅さん。『ぱにらじだっしゅ!』『さよなら絶望放送』『下ネタという概念が存在しない退屈なラジオ』などの伝説的なラジオをアニメイトTV、アニメイトタイムズで数多く制作してきた田原さんと、愉快なゲストをお招きして「ラジオの作り方」についてレクチャーしてもらいます。 さらに、今回の企画の集大成として、アニメイトタイムズ新米編集者・石橋が田原さんと共にラジオを作ります! しかし、聴くのは好きでも作るのはズブの素人である石橋。果たして、ラジオを作ることはできるのでしょうか? 連載第1回となる今回は、ラジオのプロデューサーをしているフロンティアワークスの寺田純一さんをお招きし、ラジオ作りの裏側を聞きながら、これから目指すアニメイトタイムズラジオのヒント...
関連記事
『すずめの戸締まり』新海誠監督インタビュー|神木隆之介さんへのオファーは一度断れながらも電話で直談判!? 10年たった今だからこそ描く東日本大震災への想い
また新海誠監督の最新作がやってきます。まるで4年に一度のオリンピックを楽しみにするように、3年に一度のお祭りのような感覚で新海監督の作品を心待ちにしている自分がいます。それは、読者のみなさんも同じではないでしょうか。『すずめの戸締まり』はその期待を良い意味で裏切ってくれるはずです。だって、新海監督の作品ですから。公式サイトやTwitterで事前にアナウンスされているように、本作『すずめの戸締まり』は、地震をモチーフにしている、花澤香菜さんや神木隆之介さんが出演する、監督史上最大規模の作品、といった気になる情報がいくつか散見されます。新海監督はどういった経緯で『すずめの戸締まり』の制作に踏み切ったのでしょうか。本稿では、映画公開を直前に控えた新海監督に行ったインタビューの模様をお届けします。監督の言葉の端々に隠されたヒントを読み解いていきましょう。おすすめ記事寂しい風景が増えた日本ーー試写で作品を拝見させていただきました。待望の新作ということでワクワクしております。新海誠監督(以下、新海):3年ぶりになってしまい申し訳ありません。観客のみなさんがどう思っているのか気になっています。ーー新海監督の作品では珍しいロードム...

掲載情報

FUN'S PROJECT WEBサイト
 
「FUN'S PROJECT」×「アニメイトタイムズ」特設ページ
 
コラボインタビュー企画第1回目 TVアニメ『かくりよの宿飯』小西克幸さん×金春智子さん(前編のみ掲載)
 
コラボインタビュー企画第2回目 TVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』花江夏樹さん×渡部穏寛さん
 
コラボインタビュー企画第3回目 TVアニメ『重神機パンドーラ』前野智昭さん×河森正治総監督(FUN'S PROJECT」でのみ掲載)
 
コラボインタビュー企画第4回目 TVアニメ『夢王国と眠れる100人の王子様』宮崎 遊さん×ひいろゆきな監督(前編のみ掲載)
 
コラボインタビュー企画第5回目 『岩井勇気のコントCDⅡ』梶裕貴さん×岩井勇気さん(前編のみ掲載)

コラボインタビュー企画第6回目 「ボンズ」20周年記念展トークショーレポ(前編のみ掲載)

FUN'S PROJECTとは

FUN'S PROJECT(ファンズプロジェクト)はアニメやマンガ、ゲームなど日本が誇るコンテンツの魅力を発信し、クリエイターやコンテンツホルダーとファンをつなぐサービスです。

FUN'S PROJECT WEBサイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング