menu
音楽
待望のソロデビューを果たした西田望見インタビュー

待望のソロデビューを果たした西田望見さんインタビュー! 自身が勧められる最高のミニアルバムに

『マクロスΔ』発の戦術音楽ユニット・ワルキューレのメンバーとして活躍中の西田望見さんが、待望のソロデビュー! 7月24日発売のミニアルバム『女の子はDejlig』は幅広い音楽と、それを繋ぐ語り=リーディングで構成されている。楽曲それぞれで見ても、とてもクオリティが高いが、流れで聴くとひとつの物語のように楽しむことができるので、いろいろな楽しみ方で、この作品に触れてほしい。

アニメイトタイムズからのおすすめ

ソロデビューの緊張も、ワルキューレメンバーの言葉で心が楽になりました

──ソロデビューを発表した際(犬フェス後)もインタビューさせて頂きました。あの時はワルキューレメンバーとして出演した舞台でのサプライズ発表でしたね。今回は待望のソロデビューということで、音楽活動についてお伺いできればと思います。

https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1548836980

──ワルキューレのメンバーは、それぞれがソロとして活動されていますが、西田さんもついにソロデビューですね! ソロ活動についての相談を他のメンバーとお話されることもあったんでしょうか?

西田:みんなとても頼りになる存在なので…、これまでは一人で歌ったりすることがあまりなかったので、不安な時は他のメンバーにアドバイスをもらったりしていました。私のソロのお披露目ライブの前にも、「ライブ一人で緊張する!!どうしよう!!」って、東山奈央ちゃんに相談したら、「大丈夫だよ、ライブはお客さんとの対話だから!」と助言してくれて……。実際にステージに立ってみたら、本当にその通りで、その言葉のおかげで心が楽になりました。他のメンバーも「のぞみる大丈夫だよ!」って助けてくれるので、本当にありがたいです。

──いつでも相談できるし刺激も受けるし、そういう関係は良いですよね。

西田:LINEとかでも気軽に相談し合える仲ですし、頼れる仲間であり、先輩ですね。

──それぞれの音楽にはどんな印象がありますか?

西田:みんなの表現力ってすごいなと改めて感じます。誰ひとり、方向性がかぶってないのもすごく面白くて。あれだけ一緒にいて、同じ楽曲を歌ってきたから、何かしら似ている部分があるのかなと思ったら、みんな違う。個性が出てるなぁって思います。

──西田さんは他のメンバーと重ならない音楽性を意識したんですか?それとも自分の好きなものをやった感じ?

西田:もう完全に自分の好きなことをしました。もしそれで誰かと似てしまったとしても、「それが自分のやりたいことだから」と思って挑んだのですが、全然大丈夫でしたね(笑)。でも、みんなのMVはすごく参考にさせてもらいました。

──その話はまた後ほど改めてしましょう! まず、今回のミニアルバムを出すとき、どんな事を考えましたか?

西田:はじめのうちはふわっとしたイメージだけがあって、上手く言語化できなかったのですが、ディレクターさんと打ち合わせをしているなかで、自分がやりたいことを引き出して頂きました。どういう曲が好きなの?という話から始まり、いろんな女の子を表現してみようか?とかさまざまなご提案を頂いて。そこから、だったらこういうことがやってみたいとか、やっぱりこういう感じが良いですとか自分の意見が見えてきて、ひとつの道になっていった感じです。

──リーディングを入れるというアイディアは?

西田:それは序盤で決まりました。単純に、語りを入れてみたいというのもあったのですが、ひとつひとつの曲の世界観を大切に伝えたいと思ったときに、語りも入れた構成にできたら、きっと聴く人に、ひとつの物語として楽しんでいただけるんじゃないかなって。

──1枚を通して、流れで聴けるようにしたいと?

西田:はい。アルバム全体を、ひとつの物語として考えていきました。やっぱりオープニングとエンディングの曲は欲しいなとか、歌の中でいろんな女の子を表現したいなとか。その流れで、アンドロイドの女の子や、メルヘンチックな女の子、二次元から飛び出してきたような女の子をイメージした楽曲が生まれていきました。それぞれどんな女の子たちなのか、皆さんも想像しながら聴いて頂けると嬉しいです。

──そこから、それらを繋げる物語(リーディング)が生まれたという。

西田:そうですね。語りパートが完成したのは最後の方だったので、そこにたどり着くまで、みんなで一緒に作り上げていった感覚がすごくあります。

──タイトルもその流れで付けたのですか? デンマーク語というのは珍しいですが。

西田:数曲録り終えた、制作の中盤頃に決めました。私、高校生のときにデンマークへの留学経験があるんです。デンマークを選んだ理由は、童話が好きで、そのお話ができた国はどういう世界なんだろうって思ったからなんですけれど、そのころからある、“物語”へのワクワクするような気持ちは、今のこのアルバム制作にも通じるなと気づいて。それでデンマーク語は入れてみたいと考えて、『女の子はDejlig』を提出しました。他の意見もあるのかな?と思っていたら、それで行きましょう!という連絡を頂いて、私の案、採用で良いんですか!?と驚きました(笑)。

──人生って、いろいろつながるものじゃないですか。それもいいですよね。

西田:本当にそう思います。今回、自分が生きてきた中でのいろいろな経験がいっぱい詰め込まれているので、このアルバムはもうひとりの私のような存在だと思います。

──デンマークは、今でも第二の故郷みたいな感じなんですか?

西田:そうですね。デンマークではすごくゆったりとした時間が流れていたので、休暇で行ったわけではなかったですが、癒やしだとか、優しい気持ちになれる国だなと思っています。

──Dejlig(ダイリー)は、素敵という意味なんですよね?

西田:そうです、素敵とか、かわいいとか。英語でいうとit's niceみたいな意味で、det er dejligt?って言うんですよ。それいいね!みたいな感じで頻繁に使ってました。

──ちょっと広めたくなる言葉ですね。

自分の頭の中にあるものを表現することは難しくもあり、楽しくもありました

──今回、リーディングが入るのですが、物語はどうやって書いてもらったのですか?

西田:まずアルバム全体のストーリーの流れをお伝えして、「想像守護神キメキトイア」や「ロンリーロンリーシンギュラリティ」の作詞もしてくださっている児玉雨子さんにガッツリと作り込んでいただきました。

──詞を依頼するような感じで?

西田:そうですね。ひとりの女の子が、夢の中で空想の女の子たちに出会って……という、アルバムの流れはお伝えしていたものの、実際にどんな物語になるのかは想像もつかなかったので、児玉さんに書いていただいて、とても素敵な物語になりました!

──語りパートの内容は、ぜひCDを聞いて確認してほしいけど、本当にその物語にうまく歌が入ってくる感じでしたね。

西田:そう言っていただけるとすごくうれしいです。まさにその一体感を出したかったので。

──語りで、全体のストーリーをアシストしてくれてたので、より入り込めるんです。

西田:声優として、この機会に、こういう形(リーディング)で届けられてよかったです。

──突然「想像守護神キメキトイア」みたいな曲が来るとビックリするけど、リーディングがあることで大丈夫という。

西田:リーディングがあっても、これはビックリしますけどね(笑)。

──楽曲はどうやって作っていったのですか?

西田:作家さんに決め打ちでお願いした曲もありますが、コンペ形式で選ばせていただいた曲もありました。「Bubble Balloon Museum」と「想像守護神キメキトイア」「まどろみはDejlig」がそうですね。

──「Bubble Balloon Museum」はオープニングですけど、コンペだったんですね。

西田:いかにもオープニングらしい、作品世界に入り込める曲がいいですとリクエストして、曲を集めていただいたんです。

──実際ジャズっぽいナンバーになりましたけど。

西田:これ素敵!と思いました。ジャズっぽい曲はあまり歌ったことはなかったのですが、ジャズを聴くのは好きだったので、歌うのも楽しかったです。

──ノリは普通のポップスとも違うのですか?

西田:そんなに違いは感じなかったんですけど、跳ねる感じとか、スウィングするリズムに合わせてというディレクションは頂いたので、普段歌っている曲とは違うんだなとは感じました。でも、とっても歌いやすかったです。

──それはいつも聴いているからかもしれないですね。歌詞はいかがですか?

西田:ミュージアムって、ひとつの展示だけじゃなくていろいろな展示がありますし、今から何が始まるんだろうっていうワクワク感もありますよね。だから開幕にぴったりだし、素敵な歌詞だなと思いました。

──続く「想像守護神キメキトイア」はいかがですか?

西田:コール&レスポンスや、繰り返しのフレーズが印象に残ったので、思わず、この曲でお願いします!と。

──〈ワーッハッハッハ〉の笑い声、うますぎですよね(笑)。

西田:よかった~。みんなで一緒に歌いたいですね!

──編曲はElements Gardenの岩橋星実さんで。

西田:本当に素敵にアレンジしてくださって、おもちゃ箱をひっくり返した感じがいいですとお願いしたら、いい意味で、ガチャガチャっとしてるんですけど、最後のほうになると音楽も歌詞もきれいにまとまっていく不思議な曲になっているので、早く皆さんにフルで聴いてほしいです。児玉さんの歌詞も素敵です。

──児玉さんの歌詞は、最初から入っていたわけではないですよね?

西田:はい。実は「ロンリーロンリーシンギュラリティ」が先に制作されていて、児玉さんには既にお世話になっていました。そちらもとても素晴らしい歌詞だったので、この曲もぜひお願いします!って。そしたら「キメキトイア」も本当に面白い歌詞で、〈シャボン玉歴-√51年〉って何!? みたいな。まさにイメージ通りの世界観が表現されていて、とても嬉しかったです!

──「doll」は異国感漂う曲ですよね。

西田:分島花音さんが大好きなので、書いてくださると聞いたときは、いいんですか!?と驚きました。もともとファンタジーの中に入り込んでみたいという願望があったので、歌詞の中に〈シンデレラ〉や〈人魚〉という単語があるのを見て、一瞬でこの曲が大好きになりました(笑)。

──アコーディオンがすごく良いですよね。

西田:実はイントロのアコーディオンは、奏者さんのアドリブなんだそうです。その場でアレンジして弾いてくださったものが本番テイクとして採用されたと聞きました。この音色が効いて、とても華やかなイントロになりましたよね。歌い方も、編曲の千葉 "naotyu-" 直樹さんから指導頂いて、楽曲が持っているファンタジーな世界観を崩さずに歌うよう心がけました。

──「ロンリーロンリーシンギュラリティ」はエレクトロなポップチューンですね。

西田:アンドロイドの女の子の恋を表現したい、と思っていたので、TeddyLoidさんに書いていただけると聞いたときはすごく嬉しかったです。TeddyLoidさんには『マクロスΔ』のマキナ・中島ちゃんがセンターで歌う「おにゃの子♡girl」という曲でお世話になっていたので、またご一緒したいという夢が叶いました。アレンジが素晴らしくて、歌ってないところでも私の声を繋いで音楽にしてくださったりしたので、カッコいい!と驚きましたね。レコーディングをした際と、楽曲が仕上がったときでは印象が全然違っていたので、魔法みたい!!と思いました。

──児玉さんの〈シンギュラリティ〉というワードセンスもいいですよね。

西田:すごく個性的な世界観を持っていらっしゃるなと感じていて。繊細な気持ちを表現してくださるので共感できたり、想像しやすい世界になっていると思います。

──「まどろみはDejlig」は、自分で歌詞を書くことが決まってたんですか?

西田:実は最初は書くつもりはありませんでした。でも、打ち合わせをしているうちにアイディアを出していくのが楽しくなってきて、書いてみてもいいですか?と言ったら、全然いいよと言って頂けて。でも、一人じゃ不安なので誰かに見ていただきたいですとお願いしたら、児玉雨子さんが一緒に書いてくれることになり……!

──心強いですね。

西田:音楽に合わせて歌詞を書くというのが初めてだったので難しかったですし、いい表現を思いついても、メロディに合わないんですよ。それに全部直接的な表現になってしまって、なんだか味気ない歌詞になってしまったり……。聴く人が想像できる歌詞って難しいな……と思いながら提出したら、その「う~~ん」と自分で思っていた部分を児玉さんが整えてくださって。すごく豊かというか、想像できる楽しみのある歌詞になりました。

──意味は変えず表現を変えるというか。

西田:そうなんです。ただただ感動でした。〈口を閉じた楽園の詩〉とか、すごく素敵な表現ですよね。想像の中でふわっと、こういう世界かな?と想い浮かびます。それは私にはできない表現だったので、今回ご一緒させて頂くことでより良い作品にできて良かったです。

──でも、作詞をしたことによって一歩前に進めたのでは?

西田:自分の頭の中にあるものを表現するってこういうことなんだと。難しくもあり、楽しくもあったなと思います。それをみんなに聴いていただくのはまだ恥ずかしいんですけど、そこから何かを感じ取ってくれたら嬉しいです。

──またやりますか?

西田:またやりたいですね。挑戦したい。

──この曲は、音もきれいですよね。

西田:ストリングスの収録に立ち会わせていただいて、こんなにたくさんの方が弾いてくださっているんだっていうのを実際に見て聴いていると、そこから歌の想像も膨らむんです。最初、しっとり歌おうと思っていたところを、ふんわり大きく歌ってみようと思ったりとか。そういう変化もあったので、とてもいい経験でした。

──最後の曲はShiggy Jr.の原田茂幸さんの楽曲です。

西田:もともとShiggy Jr.さんが大好きだったんです。私が『爆走ロケハンター』という番組でナレーションをしていて、そのEDをShiggy Jr.さんが担当されていたんですけど、そこからハマっちゃって。しかも『僕らは奇跡でできている』という大好きなドラマの主題歌も担当されていたので、そこからアルバムを遡って聴いたら良い曲ばかりなんですよ! そういう曲が歌いたいです!とお願いしたら、まさかの御本人を連れて来てくださって、「え#### ──!!」ってなりました(笑)。

──なるでしょうね(笑)。

西田:原田さんは作詞・作曲・編曲・ディレクションと、何から何までしてくださって。しかもガチガチに緊張している私の緊張を解きほぐしてくれながら、優しくディレクションしてくださったので感謝しかないです。

──Shiggy Jr.の曲って、本当に一度聴いただけでノれますよね。

西田:しかも全部アガる曲なんですよ。お酒を飲んで踊りながら聴くのが好きで、テンションが上がるし、明るい気持ちになれるんです。なので楽曲が届いたときは、これを歌えるのが嬉しい!って思いました。

──でも、自分の曲にするのは大変だったんじゃないですか?

西田:とにかく必死にがむしゃらに歌いました。好きな楽曲だからこそ、何も考えずに歌ってみようと思い、そこからあとはお任せしようと思っていたら、かなり細かく、ここはしっとりとした感じでとか、ここは跳ねる感じでってディレクションしてくださったので、本当にありがたかったです。

──何も考えずに楽しんでくださいっていう曲だけど、そういう緻密なレコーディングがあってこそなんですね。

西田:本当にそうなんです。すごく素敵に仕上げてくださったので、CDを聴くとのびのび歌っている!って私も思いましたけど、実際はめちゃめちゃ一生懸命でした(笑)。

──冒頭のバイクの音もいいですよね。

西田:出来上がったとき、レコーディング時に入っていなかったバイクの音を入れてくださっていたのでビックリしました。〈フルスロットル〉という言葉も、最初はバイクを連想して書いてくださったのか、純粋に、全力で行こうぜ!という意味なのかどっちなんだろうと思っていたんですけど、最後にバイクの音が入っていたので、私がバイク好きということも知ったうえで作ってくださっていたのだなと思いました。

──MVも良い仕上がりでしたね。

西田:バイクも入りつつ、ダンスもしつつ、すごく楽しくてかわいいMVになりました!

──MV研究の成果は出せました?

西田:出しました! 東山奈央ちゃんがクルッと回ってるのを見て、私も回ってみよう!と思いましたし、鈴木みのりちゃんの切なげな表情を見て、これいい!と思って、参考にしました。あときよのん(安野希世乃)がよく手でリズムを取ってるんですよ。それもいいな!と思ったり、JUNNAちゃんがよくやる手の振りも素敵だなと思っていたので、無意識でやってたかもしれないです。

──めちゃめちゃ取り入れてるじゃないですか(笑)。

西田:すごく勉強させて頂いたので。先輩がいて良かったなぁ。

──最後に、完成した作品を聴いていかがでしたか?

西田:大満足です! ぜひ聴いてください!と、自分から勧められる最高のミニアルバムになったと自信を持って言えます。ここでいろんなことに挑戦できたのが嬉しいし、また作ってみたいとも思いました。みんなとしゃべりながら、みんなの意見を聞いて、なるほどと思いながら、一緒に作品を作るのがこんなに楽しいんだと思ったので、またみんなで作れればいいなぁと思ってます。

のぞみるレゴチャレンジ!!

タイトルにも登場しているデンマーク。デンマークが発祥の地であるレゴにちなんで最後に“レゴでかわいいもの”を作って頂きました。

──レゴをいじってみていかがでしたか。

西田:レゴで遊ぶのはほぼ初めてだったんですけど、こんなに楽しいものだったんですね! いつまでも遊んでいられます。

──完成した作品については?

西田:これ名付けるとしたらなんだろう。もっこちゃん? いろんな色を組み合わせていけるのが楽しいですね。この体の色も感じるがまま、自分の好きな色を全部詰め合わせました。もう100点です。

記事公開の本日7月22日は西田さんの誕生日ということで、編集部から誕生日サプライズ!

デンマークで誕生日に食べられるパン、「カイヤマン」のプレゼントがインタビュー終了後にありました。

▲デンマークで誕生日に食べられるパン・カイヤマンを前に笑顔になる西田さん。

▲デンマークで誕生日に食べられるパン・カイヤマンを前に笑顔になる西田さん。

▲みんなで分け合って食べるのが習わしということで、スタッフ全員で食べていました。

▲みんなで分け合って食べるのが習わしということで、スタッフ全員で食べていました。

[取材・文/塚越淳一 写真/中原幸] 
[メイク/サカノマリエ スタイリスト/本田雄己 衣装協力/ドラセナ・ガス ビジュー]

デビューミニアルバム「女の子はDejlig」7月24日(水)発売

初回限定盤(CD DVD)

VTZL 158
3,000円+税
POS:4580325 32870 7
・「フルスロットルで行こうぜ!」Music Video、メイキング映像、フォトカード封入(全6種のうち1種をランダム封入)

 

通常盤(CD)

VTCL 60500
2,400円+税
POS:4580325 32871 4
・フォトカード封入(全6種のうち1種をランダム封入/初回生産分のみ)

 

収録曲

初回限定盤、通常盤ともに収録曲は同じ内容となります。

ボイストラック:「日々の切れ端と夢の開幕」

♪Bubble Balloon Museum
作詞:藤林聖子
作曲・編曲:佐藤厚仁(Dream Monster)

ボイストラック:「どこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか」

♪想像守護神キメキトイア
作詞:児玉雨子
作曲:成本智美(SUPA LOVE編曲:岩橋星実(Elements Garden)

♪doll
作詞・作曲:分島花音
編曲:千葉"naotyu --"直樹

♪ロンリーロンリーシンギュラリティ
作詞:児玉雨子
作曲・編曲:TeddyLoid

ボイストラック:「さよなら の三重奏」

♪まどろみはDejlig
作詞:西田望見、児玉雨子
作曲・編曲:椿山日南子(Dream Monster)

ボイストラック:「なんだか今日は、空が青い」

♪フルスロットルで行こうぜ!
作詞・作曲・編曲:原田茂幸(Shiggy Jr.)

<ストーリーライティング>児玉雨子
 
▼リード曲「フルスロットルで行こうぜ!」MusicVideo

 

デビューミニアルバム「女の子はDejlig」発売記念イベント“フルスロットルでまわるぜ”

●7月24日(水)19:30開演 AKIHABARA ゲーマーズ本店 ミニライブ+握手会
●7月27日(土)12:30開演 animate O.N.SQUARE HALL( 大阪 ) ミニライブ+握手会
●7月27日(土)17:30開演 アニメイト名古屋 会場:第3太閤ビル ミニライブ+握手会
●7月28日(日)13:00開演 アニメイト岐阜 お渡し会(直筆サイン&メッセージ入り暑中見舞い)+握手会
●8月4日(日)12:00開演 アニメイト新宿 ミニライブ+握手会
●8月4日(日)18:00開演 アニメイト仙台 ミニライブ+握手会
●8月10日(土)12:30開演 ソフマップ AKIBA①号店 マップ劇場 ミニライブ+握手会
●8月10日(土)18:00開演 タワーレコード新宿店 ミニライブ+握手会

対象商品

7月24日(水)発売デビューミニアルバム「女の子はDejlig」初回限定盤・通常盤
参加券に関しては各店舗のホームページにてご確認ください

リスアニ!LIVE SPECIAL EDITION ナツヤスミ

開催日程:2019年8月3日(土)17:00開場 / 18:00開演
会場:Zepp Tokyo
出演:寿美菜子/戸松遥/西田望見/早見沙織/halca
チケット料金:1Fスタンディング 6,480円(税込) 2F指定席 7,020円(税込) 2Fスタンディング 5,940円
主催:リスアニ!LIVE実行委員会
企画:エムオン・エンタテインメント
制作:バンダイナムコ ライブクリエイティブ
協力:SMCエンタテインメント

公式HP

フライングドッグ10周年記念LIVE-犬フェス2!-

10月5日(土)開場:17:00 開演:18:00
出演:鈴木みのり、東山奈央、西田望見、沼倉愛美、わたてん☆5

10月6日(日)開場: 15:30 開演: 16:30
出演:JUNNA、諸星すみれ、安野希世乃、Rhodanthe*
会場:豊洲PIT

フライングドッグ10周年記念LIVE特設サイト

西田望見さんプロフィール

2014年声優デビュー。『マクロスΔ』にマキナ・中島役として出演。劇中で活躍する戦術音楽ユニット・ワルキューレの一員として活動し、1stアルバム「 Walküre Attack! 」がオリコン週間ランキング2位、ビルボード総合チャート1位 を記録。

2017年・2018年と2年連続横浜アリーナで開催したライブは各回2万2000人ものチケットが即完売するなど、数々の伝説を残す。

ライブ・レコーディング共にワルキューレが初となる舞台であったが、それを感じさせない“笑顔”で“キュート”なパフォーマンスは多くのファンを虜にした。

2019年4月より放送されたTVアニメ『八月のシンデレラナイン』のヒロインとしても活躍し 、声優としても 活動の場を広げている彼女。

2019年夏、満を持してのソロデビューが決定。単独での音楽活動を開始する。

誕生日:7月22日
血液型:A型
出身地:岐阜県
趣味・特技:バイク・デンマーク語

<主な出演作>
アニメ『マクロスΔ 』 『劇場版マクロスΔ 劇場のワルキューレ』マキナ・中島役
TVアニメ『 八月のシンデレラナイン 』:有原 翼役
TVアニメ『 武装少女マキャヴェリズム 』:眠目さとり 役

アーティストTwitter(@nozomiruuuu)
オフィシャルTwitter(@nozomiru_info)
オフィシャルInstagram

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー