映画
『劇場版 FGO -神聖円卓領域キャメロット-前編』坂本真綾&川澄綾子インタビュー

『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-前編Wandering; Agateram』坂本真綾さん&川澄綾子さんインタビュー|『独白』誕生の裏側から、サーヴァントを演じ分ける苦労話も

作品で分からないことがあったら、川澄さんが頼りに

――坂本さんといえば、『劇場版 空の境界』での両儀式役も担当されていて、あの『空の境界』のヒットがあったからこそ『Fate/Zero』が生まれ、今日の『FGO』に繋がった部分も大きいと思います。その頃も同じTYPE-MOONの看板作品として『Fate』シリーズに出演されていた川澄さんとしては、『空の境界』についてどういった印象を受けていましたか?

川澄:『Fate/Zero』、『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』そして劇場版『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]』へと繋がった、アニプレックスさん・ufotableさん・TYPE-MOONさんというタッグが生まれたのは『空の境界』からなんですよね。

なので、アニメ『空の境界』のヒットがブランドを確立させたという印象があります。そんな作品で真綾ちゃんが式を演じているのも、私自身も式というキャラクターがすごく好きだったこともあって、嬉しかったです。

『空の境界』は、『Fate』や『月姫』よりも先に世に出た奈須さんの作品で、タイトルが違っても世界観が繋がっているTYPE-MOONさんならではの魅力を確立してくれた存在でもあるので、勝手に親近感みたいなものを抱いていました(笑)。

坂本:さすがすぎる……。何でも知っていますね!

川澄:いや、(『空の境界』は)見ておかないとダメだなと思ったの!『空の境界』の要素が『Fate』に出てきたりもするから、知っておきたいと思って!

――ちなみに、坂本さんの方は当時『Fate』については……。

坂本:ごめんなさい、あの頃はまったく知りませんでした……!

川澄:そこは私も同じです。『Fate』に出演するようになってから、一生懸命勉強したから(笑)。

坂本:そうなんですか!? 現場でも、作品について分からないことがあったら、とりあえず川澄さんに聞けば分かるので、キャストはだいたい川澄さんに聞きに行くんです。(島﨑)信長くんもいるんですけど、信長くんに聞くと話が長くなるので……(笑)。

一同:(爆笑)。

坂本:その点、川澄さんは端的にまとめて教えてくれるので助かっています(笑)。

川澄:私は知識として吸収しようとした結果だけど、彼は根っからのファンだから(笑)。

坂本:お2人の存在は、現場ですごくありがたいですね。

――坂本さんとしては、そこから『Fate』シリーズに参加されるにあたって、収録などで苦労はありましたか?

坂本:ゲームの音声収録って、実は細かいストーリーを知らないまま演じることの方が多いのですが、私の場合は作詞の関係で先に全体のストーリーを知っていたこともあって、自然に入れたと思います。

『Fate』シリーズって、歴史上の人物など、皆が知っている存在のエピソードを膨らませることで、今まで知らなかった一面を知るきっかけになったり、英雄と呼ばれるような人も、その時代を生きていた普通の人間なんだと感じさせてくれるのが、すごく面白い部分だなと思いましたね。

――『FGO』のサーヴァントは、1人の英霊にもたくさんのバリエーションがあり、坂本さんも川澄さんも非常にたくさんの役柄を演じられていますよね。

坂本:(川澄さんは)そろそろギネスに載りますよ!(笑)

川澄:1回申請してみて欲しいですね(笑)。1つの役で何パターンみたいな……。

坂本:ちょっとすごすぎますよね……。 全部のキャラクターが引き出しからすぐ出てくるんですか?

川澄:もちろん声はある程度変えているんだけど基本的には同じ人だから……。真綾ちゃんも同じだと思うけど、それで混乱したりはしないですね。それに、何もないところでいきなりというのは難しいけど、私たちには台本があるから(笑)。

坂本:だけど、「これだけやったからもう終わりかな」と思ったところにまた何役か追加された時は、「もうこれ以上は引き出しないよ!」……って(笑)。

一同:(爆笑)。

川澄:そこは本当にここ(指で細い隙間を作って)からなんとかね(笑)。

坂本:針の穴に糸を通すように(笑)。この作品、本当に勉強になりますね……!

――坂本さんから見ても、やはり川澄さんのあの演じ分けというのはすごいと。

坂本:私自身は割と今でもヒィヒィ言いながらやってるんですけど、川澄さんがそれ以上の数をやっているので何も言えないんですよ(笑)。

でも、これだけ自分の演じたキャラクターを膨らませてもらえるというのは、すごくありがたいことですよね。それだけキャラクターが愛されている証拠ですから。

川澄:クリエイターさんやユーザーの皆さんに、そのキャラクターの別側面を描きたい、見たいと思っていただけていることに感謝ですよね。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング