menu
アニメ

【ネタバレあり】TVアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』白銀武 役・神木孝一さんインタビュー|激動の最終話を振り返る!そして、第二期の予告に映った機体は?【連載 vol.12】

第2期の制作も発表されたTVアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』。連載最終回は、1クール通して、主人公の白銀武を演じてきた神木孝一さんに、国を思うということはどういうことなのか、決意をすることの重さなどを学び大きく成長していった武について、そして第1期を通しての名シーンや12話のことを語ってもらった。

※本編のネタバレを一部含む内容となっているためご注意ください。

アニメイトタイムズからのおすすめ


夕呼先生に感情を引き出されたとあるシーンで一緒にお芝居するって良いなぁと実感

――1クールの収録を終えた気持ちを教えてください。

神木孝一さん(以下、神木):収録から放送まで、あっという間でした。ただひとつひとつの体験が濃厚だったので、うまくいったこともいかなかったことも含めて大切な思い出になりました。

――アフレコで少し余裕ができたりはしたのですか?

神木:収録中はまったく余裕はなかったです(笑)。第12話の収録を終えてひと区切りついて、そこからラジオだったりイベントで少し余裕ができて、少し客観的に見られるようになった気がします。

――アフレコの思い出というと、どんなことがありますか?

神木:2~3人での収録が多かったのですが、6話で夕呼役の青木瑠璃子さんと一緒に収録したときが印象に残っています。元いた世界に戻るシーンなんですけど、普段は優しかったり説明をしてくれる夕呼先生が、武に対して感情的になって気合いを入れてくれるんです。

そのシーンに僕も感情を動かされたので、そこでの武の芝居は、感情を引き出していただけて、先輩方と一緒にお芝居できるって幸せだなぁと実感したので思い出に残っています。

――武を演じてきて、自分の成長を感じたりはしたのでしょうか?

神木:本当に必死に駆け抜けてきたので、成長できているかどうかは周りの方の判断になってしまうんですけど、自分の中では少し成長できたのではないかと思っています。

白銀武という人間を第1期を通して演じて、声優個人として、今自分がどれくらい通用するのか、与えられた役をどう演じていけばいいのかというのを、他の先輩方を見ていくうちに知っていく……そういう機会を頂けたと思うんです。

――その話でいうと、先程の青木さんとの掛け合いは自分がどのくらいなのかを知る機会になりますよね?

神木:最初の収録が第2話なんですけど、そのときは青木さんと一緒だったんです。僕がすごく緊張して、あまりにもうまくいかなくて長い時間をかけてやらせていただいたんですけど、そこに青木さんもいてくださって……。

なので第6話はそのリベンジではないですけど、青木さんともう一度やるので成長した姿を見せられたらいいなとは思いましたし、そこは一歩進めた姿を見せられたのかなと思います。

――単純に時間という意味でも短時間で終わっていましたしね。ちなみに青木さんには、何か相談などはされたのですか?

神木:聞いたらなんでも答えてくださるんですけど、演じる上での滑舌の問題とか技術面については特にお話を伺ったりしました。ナレーションの仕事も結構されている方なので。

――実は207B分隊とはあまり一緒にならなかったそうですね。

神木:そうなんです。冥夜役の奈波果林さん以外とは一緒に収録できていないので、第2期では一緒に収録できればいいなぁと、楽しみにしています(笑)。

――そんな状態で聞くのもなんですが、座長感はあったのでしょうか?

神木:あった……とはあまり言えないですね(笑)。皆さんとご一緒できた場面が、イベントのときくらいしかなく、そのイベントも皆さんにフォローしていただいたので、これからに期待!ということでお願いします(笑)。

――座談会では、話しやすい空気にしてくれていたと言われていましたよ。

神木:それは良かったです! ありがとうございます!

――207B分隊のメンバーとの掛け合いでは、声を聞いての収録になったと思うのですが、どんなことにこだわりましたか?

神木:武というキャラクターは本当に特殊な立ち位置で、並行世界に移動してきた存在なので、関係値の距離感が207B分隊の子たちとは違うんですよね。

だから、最初は距離を詰めすぎないように接するんですけど、途中で考え方が変わると、いきなり距離を詰め始めるんです。そこは武の心境変化によって、みんなとの距離の詰め方を変えるようにという演出をいただいていたので、そこを気をつけて掛け合いをしていました。

――結構武は心にズカっと入っていきますからね。

神木:そうなんです(笑)。周りのみんなもフレンドリーに接してくれるんですけど、そうではなくこちらから仕掛ける!みたいな感じを出せたらいいなと思っていました。

――仕掛けるお芝居をしつつ、アフレコ自体は一番最後の収録なので、皆さんの声が入っているから、ある意味受け身というところが悩ましいですね。

神木:その葛藤はすごくありました。先輩たちのお芝居とズレてしまうと、あぁ僕のリアクションができていないんだなとすごく実感します。

――逆に207B分隊の子たちは、武の声なしでやっているわけだから、それはそれで難しいでしょうし、どちらも大変なんですよね。

神木:先輩方は本当にすごいなと思います! 本当に自然にお芝居をされているので。

――結果、みんなと一緒にできたらいいねってところに落ち着いてしまうんですが(笑)。武は全体的にセリフ量が多かったですが、そこはいかがでしたか?

神木:そこは最後まで自分の中で課題でした。あれだけのセリフ量を聞こえよく、そこに感情を乗せてというところだとまだまだ足りないところがたくさんあると思うので、第2期に向けて、さらに精進したいと思います!

 

(C)aNCHOR / オルタネイティヴ第三計画
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023春アニメ何観る
2023年春アニメ最速放送日
2023春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング