音楽
森口博子コンサート「ANISON NIGHT」公式レポート

森口博子さんのコンサート「ANISON NIGHT」の公式レポートが到着|アルバム「ANISON COVERS」発売中

アーティスト、タレントとして活躍する森口博子さんが、6月18日(日)に東京・昭和女子大学 人見記念講堂にて開催した「森口博子 コンサート “ANISON NIGHT”」の公式レポートが到着。

高橋留美子作品や『ガンダム』シリーズなど往年の名曲たちを歌い上げ、盛り上がりを見せました。


 

「森口博子 コンサート “ANISON NIGHT”」公式レポート

公演では、歌声で沸かせるだけでなく、時に笑いを時に感動を交えた MC でも観客を魅了。歌とトークの“二重奏”は森口のコンサートならではの醍醐味で、明るいキャラクターのタレントとしての顔しか知らない人は、彼女のたぐいまれなるボーカル力と表現力に、いい意味で予想を裏切られることだろう。

森口がアニソンへの熱い想いを爆発させたスペシャルなステージの模様をレポートする。

開演時間を迎えると、コンサート開始前のスマホに関する注意などが、本人による軽妙なトークが効いた影アナで笑いを誘い、会場のテンションを温めていく。和やかな空気が流れる中、上品なフリルと鮮やかな青いドレスを身にまとった森口が、大きな拍手に導かれるようにステージへ登場。

透き通るような歌声で「悲しみよこんにちは / with 酒井ミキオ」のフレーズを歌い出し、“ANISON NIGHT”の幕が上がった。大人なジャズアレンジが効いたサウンドに森口の伸びやかな高音がマッチし、聴かせるような歌声で多幸感に包み込んでいく。
 


 
1曲目が終了し、MCの第一声では、「声が聞けた~!」と声出し解禁に対する喜びを爆発させた。さらに「覚悟はいいですか。アニソンの魅力をたっぷり浴びて帰ってほしい」と呼びかけ、集まったファンのボルテージを上げる。

ここからキャッチーなサウンドに乗せて高く強く情感たっぷりな歌声で「そのままの君でいて / with 武部聡志」、キュートな振りと歌い方で歌詞の少し甘苦い世界観を体現した「笑顔に会いたい」の2曲を立て続けにパフォーマンス。
 

序盤3曲にして名曲アニソンの魅力はもちろんのこと、繊細さや力強さといった森口の幅広い声の魅力で早くも会場を魅了した。

続くMCでは客席から「55 歳おめでとう」の声が飛ぶと、森口も「声出し解禁でいきなり(笑)」と喜び、自身と同じ6月生まれの人に向けて共に「ハッピーバースデートゥーユー」を歌唱。

歌声と合わせて客席とコミュニケーションを繰り広げるMCでも会場を沸かせる。そこから冒頭アカペラでこぶしを効かせて一気に曲の世界観に引き込み、静謐さを漂わせながら「LOVE SONG」をアクト。さらに本家 TM NETWORKも参加した「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~ / with TM NETWORK」へ。
 

切なさの中にも大地をしっかり踏みしめるような強さも感じさせる歌声を響かせ、会場からは大きな拍手が巻き起こっていた。

そしてMCをはさみ、森口が「『機動戦士 Z ガンダム』の主題歌、水の星へ」と呼びかけ、客席が「愛をこめて」と応じ、自身のデビュー曲の「水の星へ愛をこめて」を、当時と変わらぬ、さらにキャリアを重ねて磨き上げられた柔らかで深みあるトーンで歌唱。
 

続けてライブで披露するのはレアな楽曲「星空の Believe」を披露。本人も会場も楽曲に酔いしれていた。森口の音声解説とともにバンドメンバーによるアニソンメドレーが披露。会場が更に盛り上がりを見せたところで、シアーが効いた白の衣装にチェンジした森口が登場。

コンサート中盤は、「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」からスタート。すこやかで爽やかな歌声と次第に変容していくサウンドが神秘さを醸しだし、森口のボーカリストとしての表現力の豊かさを再認識させてくれる。
 

MCをはさみ、ボサノバ調のアレンジが印象的な「City Hunter ~愛よ消えないで~」をしっとりとメロディアスなステージングを披露する。

パーカッションの音色で会場を心地いい雰囲気に包んだ後は、ピアノ演奏と森口の透明感あふれる歌声が響き合う「夢を信じて / with 塩谷哲」を聴かせる。心にゆっくり染み入り、どこか激しさも感じさせる歌声とピアノ伴奏のオーバーラップは切なさの中に温かみが充満。

森口の歌唱力と表現の奥行きに改めて心が震える。次第に高揚感が増していく歌声や、ステージから客席に向けて放たれた5つのライトが荘厳さを演出し、ドラマティックなパフォーマンスに会場には大きな拍手が鳴り響いた。
 

続くMCでは「鳥籠の少年」を一体となって楽しむため、客席に向けて「これはみなさんの“脳トレ”のためですから!」と笑わせつつクラッピングを指導。あっという間にマスターしたファンに、森口は満足げな表情を浮かべる。

曲が始まり、疾走感あるアップチューンを軽快に歌い、拳を振り上げつつ熱唱。歌声とクラッピングのセッションを堪能した森口とファンは、まさに一体感につつまれていた。そこからさらにギアを上げるように「STAND UP TO THE VICTORY ~トゥ・ザ・ヴィクトリー~ / with オーイシマサヨシ」へ。

ビートが心地いいナンバーを、青春感に満ちた瑞々しい歌唱で聴かせた。ここでアルバム『ANISON COVERS』にも参加しているギタリストのマーティ・フリードマンが登場し、オンステージが開幕。
 

 
あいさつ代わりにソリッドなギタープレイを披露した後、バンドメンバーと、音と音のぶつかり合う激しくも聴き応えあるセッションで会場を盛り上げる。

ボルテージが最高潮まで高まったところで、衣装チェンジを終えた森口が再びステージに上がり、マーティ・フリードマンとのコラボ曲「GHOST SWEEPER / with マーティ・フリードマン」は初披露された。

きらびやかなスパンコールが映えるミニのドレス&ハイヒールは、歌詞にある“コンシャスなドレス”を体現し、ジャズとロックが融合したサウンドにベストマッチ。セクシーかつアダルティーな歌声&パフォーマンスに大歓声が上がっていた。

そしてマーティ・フリードマンとのセッション2曲目となる「サムライハート ~2022~」へ。ハードで重厚なバンドサウンドに森口の凜々しく力強い歌声が合わさり、会場にこの日一番の熱気を生み出し、ファンたちの興奮冷めやらぬまま本編はエンディングを迎えた。
 

拍手が鳴り止まない中で迎えたアンコールでは、森口は黄色のドレスにコンサートTシャツ、下ろしていた髪をアップにまとめた姿で再登場。披露したのはタイトル通りお祭り感満載のダンスナンバーの「ハッピー²・ダンス / with DJ 赤坂泰彦」。

軽妙な歌詞を楽しげに歌う森口を、客席は入場時に配られたうちわを振って盛り上げ、一足早い夏を一体となって楽しんでいた。終盤に来てさらにアクセルを踏み込み「スピード」へ。

小気味良いポップチューンにコール&レスポンスや合いの手がはまり、ライブのクライマックス間近でも元気印満点の森口の歌声が圧巻だ。

「ライブは楽しい!ありがとう!楽しくて1曲目からやり直したいぐらい」と充実感を口にした森口は、昨年、オリコン週間シングルランキングにて TOP10 入りを果たした、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の主題歌「Ubugoe」を歌唱。

優しく訴えかけるような歌声が、厳かに、心の奥底に染み入るように反響していく。アニソンへ、歌うこと、そして何よりファンへの感謝と愛を込めて歌い上げ、公演の幕が下りた。

テキスト:遠藤政樹
写真:高田真希子

セットリスト

1.悲しみよこんにちは / with 酒井ミキオ(『めぞん一刻』主題歌)
2.そのままの君でいて / with 武部聡志(『機動警察パトレイバー』オープニングテーマ)
3.笑顔に会いたい(『ママレード・ボーイ』オープニングテーマ)
4.LOVE SONG(『ガサラキ』エンディングテーマ)
5.BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~ / with TM NETWORK(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』主題歌)
6.水の星へ愛をこめて(『機動戦士 Z ガンダム』オープニングテーマ)
7.星空の Believe(『機動戦士 Z ガンダム』エンディングテーマ)
8.君を見つめて –The time I’m seeing you-(『機動戦士ガンダム F91』イメージソング)
9.ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~(『機動戦士ガンダム F91』主題歌)
10.City Hunter ~愛よ消えないで~(『シティハンター』オープニングテーマ)
11.夢を信じて / with 塩谷哲(『ドラゴンクエスト』主題歌)
12.鳥籠の少年(SANKYO『CR フィーバー機動戦士 Z ガンダム』搭載曲)
13.STAND UP TO THE VICTORY ~トゥ・ザ・ヴィクトリー~ / with オーイシマサヨシ(『機動戦士 V ガンダム』オープニングテーマ)
14.GHOST SWEEPER / with マーティ・フリードマン(『GS 美神』主題歌)
15.サムライハート ~2022~(『鎧伝サムライトルーパー』オープニングテーマ)

<アンコール>
16.ハッピー²・ダンス / with DJ 赤坂泰彦(『クッキングパパ』オープニングテーマ)
17.スピード(『夢が MORI MORI』SUPER KICK BASE テーマ曲)
18.Ubugoe(『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』主題歌)

配信情報

「ANISON COVERS」
ストリーミングサイトにて配信中

森口博子「ANISON COVERS」発売中

特設サイト
[CD] <初回限定盤><通常盤>共通内容
01 悲しみよこんにちは / with 酒井ミキオ (「めぞん一刻」主題歌)
02 そのままの君でいて / with 武部聡志 (「機動警察パトレイバー」オープニングテーマ)
03 LOVE SONG (「ガサラキ」エンディングテーマ)
04 ロマンティックあげるよ / with 押尾コータロー (「ドラゴンボール」エンディングテーマ)
05 風のノー・リプライ / with 寺井尚子 (「重戦機エルガイム」主題歌)
06 City Hunter ~愛よ消えないで~ (「シティハンター」オープニングテーマ)
07 笑顔に会いたい (「ママレード・ボーイ」オープニングテーマ)
08 GHOST SWEEPER / with マーティ・フリードマン (「GS 美神」主題歌)
09 夢を信じて / with 塩谷哲 (「ドラゴンクエスト」主題歌)
10 ハッピー×2・ダンス / with DJ 赤坂泰彦 (「クッキングパパ」オープニングテーマ)

[BONUS TRACK]
11 サムライハート ~2022~ (「鎧伝サムライトルーパー」オープニングテーマ)
「サムライハート ~2022~」は 2022 年 1 月 31 日より各音楽サービスにて配信中の音源になります

[BD] <初回限定盤>のみ
悲しみよこんにちは / with 酒井ミキオ Music Video
悲しみよこんにちは / with 酒井ミキオ Making of Music Video

「ANISON COVERS」<初回限定盤>

▶CD + Blu-ray
▶イラストスリーブケース仕様
▶4,000円+税 | KICS-94104

「ANISON COVERS」<通常盤>

▶CD ONLY
▶3,000円+税 | KICS-4104

 

森口博子 プロフィール

1985年にテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』オープニングテーマ「水の星へ愛をこめて」でデビュー。

1991年には映画『機動戦士ガンダム F91』主題歌「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」がヒット。

同年から6年連続で NHK『紅白歌合戦』にも出場。音楽活動のみならず、幅広いジャンルで活躍。2019年はカバー&セルフカバーしたアルバム『GUNDAM SONG COVERS』が大ヒットし、「日本レコード大賞」にて「企画賞」を受賞。

2020年に続編、そして2022年3月にはその最新作『GUNDAM SONG COVERS 3』をリリース。シリーズ3作品全てがオリコン週間アルバムランキングにてベスト3以内にランクインし、累計出荷枚数は25万枚を突破した。

2022年6月に公開された映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の主題歌『Ubugoe』がシングルでも 29 年ぶりにオリコン週間シングルランキングトップ 10 入りを果たす。

2023年5月24日には名曲の数々を豪華ミュージシャンとコラボレーションした最新アルバム『ANISON COVERS』をリリース!

表現力が増しボーカリストとして快進撃が止まらない歌声が再注目されている。

Web site
Twitter
Blog

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング