アニメセンター来場者100万人突破記念で第22回『声優の日』開催

第22回『声優の日』はアニメセンター来場者100万人突破記念イベントに!松来未祐さんと成田紗矢香さんがダブルゲストで大盛り上がりだ!

 秋葉原から世界へ、アニメ文化を発信することを目的に2006年3月にオープンした東京アニメセンターが、2009年8月8日に入場者100万人を突破!『ご来場100万人突破スペシャルウィーク』と題し、様々な記念イベントが催されたが、その最終日の8月16日には、当館で毎月第3日曜日に行われ、恒例となった人気イベント『声優の日』もスペシャル企画として開催された。

 『声優の日』とは、MCを務める声優の関山美沙紀さんとアシスタントの中嶋ヒロさんが、毎回、第一線で活躍する声優を招き、アニメ・声優の魅力を伝えるイベント。第22回目にあたる今回はスペシャルということで、東京アニメセンターラジオの3代目パーソナリティー松来未祐さんと、WEB版に変わった今期、4代目の現パーソナリティー成田紗矢香さんの二人がゲストに登場。トークやクイズ、ゲームなどで華やかに盛り上がった。


●『東京アニメセンターRADIO』の新旧パーソナリティーがゲスト

 まずMCの関山美沙紀さんとアシスタントの中嶋ヒロさんが夏らしく浴衣姿でステージに登場。詰め掛けた、たくさんのお客さんにビックリ。「有明のほうで催し物があるので不安だったんですけど……」と話す関山さんは嬉しそう。その後、コミケからの移動組も多く、更に驚いていた。

 第22回目となる今回は、東京アニメセンター来場者100万人突破記念スペシャルとして松来未祐さんと成田紗矢香さんのダブルゲスト。松来さんは今年3月まで文化放送でOAされていた『東京アニメセンターRADIO』の3代目パーソナリティで、成田さんはバトンタッチを受け、WEB版に変わった『東京アニメセンターRADIOw』の現パーソナリティを担当しているため、いわばアニメセンターを知り尽くした二人だ。

 関山さんの紹介でステージに現れた松来さんと成田さんの第1声が「いいんですか? ここで?」(松来さん)、「もっと大きな場所じゃないんですか?」(成田さん)とコミケネタで笑わせる。100万人突破の話題で、関山さんから仙台市の人口が101万人と知らされると、「東京ドームに例えると?」と振る成田さんだったが、全員「……」と沈黙状態にまた爆笑。楽しいイベントになる予感をさせる。


●4人がこの夏にやりたいことは?

 OPトークに続き、最初は“声優の○○”のコーナー。会場のお客さんから○○の部分を事前に書いてもらい、そのテーマについてトークする企画で、まずは“声優の暇な日”というテーマでお休みの日の過ごし方について話す。

 「昼過ぎに起きて、2時間ほどボーッとして、夜はビールを飲んで寝ます」(中嶋さん)、「起きた時間からその日の計画を立てます。今はハマっている編み物をする。夏だけど(笑)」(関山さん)、「休日の前日は寝覚まし時計をかけずに寝ます。たいてい起きるのが夜7時頃。最高で30時間寝たことも」(成田さん)、「オフの日が一番忙しくて、すごく予定を詰め込んじゃうんです。食事の時間を入れ忘れることもあって。だから休日はくたくた」(松来さん)。

 “夏の思い出、やってみたいこと”のお題ではそれぞれイラストで描いたフリップを紹介。中嶋さんはいちごのカキ氷の絵で「まだカキ氷を食べてないんです」。関山さんは花火に悲鳴のイラストで、「小さい時、花火をしていて『暑いな』と思ったら、着ていたワンピースにろうそくの火がついて。あわててバケツの水で消しました」。成田さんはスイカ割りの絵で「生まれてから一度もやったことがないし、今年はまだスイカを食べてないから」。松来さんは花火、カキ氷、スイカ、バーベキュー、夏フェスを詰め込んだぜいたくな内容。「まだ夏らしいことを何もやってしてなくて。夏っぽいことを考えたらこうなりました。夏フェスには行かないけど(笑)」。

●ゲストチームとレギュラーチームのゲーム対決は奇跡の結末

 次はクイズ&ゲームコーナー。1つめの企画は来場者100万人突破を記念した“クイズ100×× high and low”。二つのチームに分かれて、100にちなんだ問題が上か下を答えるクイズ。チーム分けはジャンケンの結果、松来&成田チームと関山&中嶋チームとレギュラー組とゲスト組になった。

 「この会場に置かれているレイとアスカのフィギュアの2体の合計価格は100万円より上か下か?」(答えは下)、「『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 序』の動員数は100万人より上か下か?」(答えは上)、「100万円分の1円玉の重さは1頭の象より上か下か?」(答えは下)の3問が出題され、レギュラーチームがリード。

 2つめの対決は指定された重量に合うように東京アニメセンター内のグッズショップからグッズを集める“おみやげぴったりクイズ”。店内をくまなく歩き回り、レギュラーチームは500gの指令にケロロ軍曹のぬいぐるみとゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじの貯金箱をセレクトし、ゲストチームは900gの指令でエヴァの缶コーヒーとクルルカレー、ポケモンマカロニ、目玉おやじの棒付き飴をピックアップ。両チームの測定結果はレギュラーチームが253g、ゲストチームが893gでゲストチームの勝ち。ただし商品に重量表記があるものばかりでルールすれすれのような気もしたがこれで同点に並んだ。

 最後の対決は会場のお客さんを指名し、合計年齢がオーバーせずに100に近づいたほうが勝ちという“年齢足し算クイズ”。大きい年齢数から狙うレギュラーチームに、小さい年齢数からのゲストチームと対照的な戦法をとる。関山さんが「3人で決めたい」と語った通り、3人でストップした合計が97、ゲストチームは3人選んだ時点で84。勝つためには14~16歳であることが必要だったが運命の4人目は16歳。年齢を聞いた瞬間に悲鳴にも近い歓声と共に喜びの抱擁をかわす松来さんと成田さん。予想もつかない奇跡の結末にレギュラーチームと会場から大きな拍手が送られた。


●最後は同所で収録の『東京アニメセンターRADIOw』をPR

 プレゼント抽選会後、来場者からの相談に答える“声優人生コーナー”へ。「就職が決まらないので気分転換に旅に行きたいが、オススメの場所は?」という相談。相談者の「日本海あたりがいい」という発言に、「はやまらないで!(笑)」と松来さん。成田さんは「予算内で行ける場所に片道で行き、定住して就職先を探す」。いろいろな案が出たが最終的な結論は「日本海で漁師になっちゃえ!」。

 このイベントの感想を聞かれた松来さんと成田さんはそろって「楽しかったです!」と語った。最後に成田さんから羽多野渉さんとパーソナリティを務める『東京アニメセンターRADIOw』が公式サイトで聴けること、公開録音を毎回、東京アニメセンターで行っていることをしっかりPRして終了した。二人が去った後のトークで「事務所の先輩に言っちゃいけないこと言っちゃったかな(笑)」とちょっぴり後悔した関山さんと中嶋さんだった。

 今回は東京アニメセンターの来場100万人突破記念らしく、終始パーティ気分の和やかな雰囲気のイベントになった。次回の『声優の日』は9月20日に開催!ゲストの予定など詳細は東京アニメセンター公式ホームページを見よう!

東京アニメセンター公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング