アニメ
感動に包まれた“THE IDOLM@STER”ライブレポート

ついにアイマスアニメ化決定! 感動に包まれた“THE IDOLM@STER 2 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY !! 2011”をレポート!!

 ゲーム『アイドルマスター』の新春ライブイベント“THE IDOLM@STER 2 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY !! 2011”が、2011年1月10日、パシフィコ横浜にて開催された。同イベントには天海春香役の中村繪里子さん、如月千早役の今井麻美さん、高槻やよい役の仁後真耶子さん、菊地真役の平田宏美さん、双海亜美・真美役の下田麻美さん、星井美希役の長谷川明子さん、秋月律子役の若林直美さん、四条貴音役の原由実さん、我那覇響役の沼倉愛美さん、萩原雪歩役の浅倉杏美さんが参加し、全25曲のライブを繰り広げた。また既報の通り、同イベントにおいてアニメ『アイドルマスター』の制作決定が発表された。

●『アイドルマスター』のアニメ化が大発表!!

 2011年最初のアイマスライブ、そして2月24日に新作『アイドルマスター2』が発売される前とあって、会場となったパシフィコ横浜は超満員の観衆で埋め尽くされた。今回のライブから、これまでのライブではおなじみだった765プロ高木順一朗社長(CV:徳丸完さん)にかわり、『アイドルマスター2』で新社長となった高木順二朗社長(CV:大塚芳忠さん)が前説を担当。新しいスタートへの期待感が高まる中、参加アイドル全員が登場しての“THE IDOLM@STER 2nd mix”でライブは幕を開けた。まずはそれぞれの顔見せ的楽曲をノンストップで披露ということで、沼倉さんと下田さんの“スタ→トスタ→”で「なんくるないさー!」「新年あけましておめでまみだよ→!」とスタート。“乙女よ大志を抱け!!(中村)”“ふるふるフューチャー☆(長谷川、平田)”“キミはメロディ(原、浅倉)”“いっぱいいっぱい(若林)”“キラメキラリ(仁後、今井)”と続く。平田さんが「ハニー!」と参加したり、やよい大好きプロデューサーでもある今井さんが“キラメキラリ”に参加したりと、定番曲に面白い変化をつける趣向。長谷優里奈さんからバトンタッチして新たに萩原雪歩役となった浅倉杏美さんは特別な演出ではなく、そこにいるのが当然の仲間という感じで、自然に“キミはメロディ”で最初の本格的なアイマスライブステージを踏んだ。

 “The world is all one !!”は、中村さんが一人で登場と思いきや、「私、一人じゃないんです!」の声と共に長谷川さん、沼倉さんが登場。続いて残りのメンバーが登場し、全員で歌い上げた。ここでMCコーナーとなったのだが、沼倉さん、原さんにとって、パシフィコ横浜は“961プロからの刺客”としてサプライズデビューを果たした思い出の地。それだけに沼倉さんは「由実と一緒にここでデビューして2年半、感慨深いですが、年初めで盛り上がっていきましょう!」とコメント。ところが一方の原さんは「一富士、二貴音、三茄子び!」と衝撃の語りだしで会場を笑いに包んでいた。そしてここでは、参加できなかったメンバーからのビデオメッセージも! 水瀬伊織役の釘宮理恵さんからは「アイマスにとっての一大プロジェクトが控えてて激動の年になると思うので、気合をいれていきたいと思います」と、この後のアニメ化発表を匂わせるコメントが。三浦あずさ役のたかはし智秋さんからもセクシーポーズと共に「ライブには参加できなかったけど、アイマス盛り上げていきたいでーす!」とのコメントが届いていた。そして続いてのメッセージで、今回のライブを産休で欠席した音無小鳥役の滝田樹里さんが結婚を報告すると、会場からは本当に暖かい歓声が。滝田さんはあいかわらずの滝田ワールドを展開しながらも、「元気な赤ちゃんを産んで戻って来ます!」と力強く宣言していたのだった。

 ビデオメッセージ中に着替えを済ませ、ここからは怒涛の新曲タイム! 3組に別れてそれぞれのソロ曲+全員で1曲という構成で、5周年ライブで聞きたかった、あるいはその後発売された新曲ばかりだ。1チーム目は“START!!(中村)”“Day of the future(長谷川)”“TRIAL DANCE(沼倉)”“DREAM(中村、長谷川、沼倉)”という構成。2年半の成長を見せつけたのが沼倉さんで、さらにキレ味を増したダンスは、間奏では妖艶さを漂わせるほど。“DREAM”でも長い時間センターでダンスを引っ張っているようにさえ感じられた。ここからの衣装は旧961プロを思い出させる黒とゴールド基調なのだが、沼倉さんの衣装は左右半分がそれぞれ中村さん、長谷川さんのものと同じ作りで、「布がたりんかった!(中村さん)」「なんでかわいそうな感じにするんですか!(沼倉さん)」と掛け合いで笑わせていた。2チーム目は“tear(平田)”“風花(原)”“眠り姫(今井)”“LOST(平田、原、今井)”という構成。平田さんはまず自分の声から始まる曲で非常に緊張したそう。原さんは凛とした曲を歌いながらも、歩くときフラフラするのを心配していたとのことだった。最後のチームは“スマイル体操(仁後)”“何度も言えるよ(浅倉)”“ジェミー(下田)”“恋するミカタ(若林)”“THE 愛(仁後、浅倉、下田、若林)”の構成。初めてソロでアイマスのステージに立った浅倉さんは、浅倉雪歩として歌いきると、「雪歩として初めてもらった曲で、みんなが盛り上がってくれたらって思ってたので……うれしかったです」と少し涙ぐんで心の中を覗かせていた。若林さんの“恋するミカタ”は初公開の新曲で、「色んな恋を応援していきたい曲です!」とのこと。この曲は2月9日発売のシングル『SMOKY THRILL』に収録予定だ。

 そしてラストは、再び全員揃っての“MEGARE!”と“The world is all one !!”で大団円……かと思われたのだが、ここでサプライズが残されていた。既報の通り、『アイドルマスター』アニメ化決定が発表されたのだ! アニメ化決定の文字が登場した瞬間、会場は怒号のような歓声に包まれた。また、誰が歌うかが未定となっていた、2月9日に発売される『The world is all one !!』は、全員が参加する5バージョン+みんなで合唱verが収録されることが併せて発表された。765プロのプロデューサーたちも参加するという合唱verは、なんと会場その場で収録! 前代未聞の会場収録で、会場の歌声と心はひとつになったのだった。全ての曲目を終えたコメントでは、それぞれの口から暖かい声援とアニメ化への感謝が述べられた。今井さんが「すごいなぁ……感動しました。今日この場所でこれだけたくさんのみんな、来れなかったみんな、ステージのみんな、参加できなかった樹里ちゃん、一緒の時間を過ごせたことで、とても大切な一日になりました。みんな、ありがとう。また新しいステージで皆さんと盛り上がっていきたいと思います」と語ったあたりから、それぞれのコメントに時折涙声が混じり始める。途中言葉に詰まった沼倉さんに一同が駆け寄って揉みくちゃになる場面もあった。最後は中村さんが「言いたいことがいっぱいあって……でも、言わなくても伝わってますよね? みんなのこと、ほんとうに大好き……2011年、いろんなことに挑戦して、いろんなところに飛んでいきたいと思うので、一緒に飛んでください! 皆さんが支えてくれるように、皆さんを支える年にしたいです!!」と万感の思いを込めて語っていたのだった。そして最後は、アンコールで全員揃っての“GO MY WAY!!”と“THE IDOLM@STER”を歌って、ライブは幕となった。

 中村さんによれば、これから「まだまだ言えないけど、決まっていることがたくさん」とのこと。2月24日のゲーム発売、そしてアニメ化を含め、『アイドルマスター』の新たなステージを見届けよう。

(取材・文:中里キリ)

>>アニメ『アイドルマスター』公式サイト
>>アニメ『アイドルマスター』twitterアカウント

 

 

 

 

(C)NBGI/PROJECT iM@S
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング