声優
『ふたりはミルキィホームズ』キャストインタビュー

新キャラクターふたりを加えて新生ミルキィホームズ颯爽登場! 『ふたりはミルキィホームズ』キャストインタビュー

 ゲーム、アニメとドタバタ劇を繰り広げてきた『ミルキィホームズ』がふたりの新たなミルキィホームズを引き連れ、再び帰ってきた! 2013年7月より放送されるテレビアニメ『ふたりはミルキィホームズ』では、これまでのシリーズのすべての世界を引き継いだ続編として物語が展開していく。

 今回は、早速行われたアフレコ後に、新キャラクターを演じる常盤カズミ役・寺川愛美さん、明神川アリス役・伊藤彩沙さん、十津川警子役・中上育実さん、明神川シオン役・興津和幸さんらをはじめ、お馴染みのシャーロック・シェリンフォード役・三森すずこさん、譲崎ネロ役・徳井青空さん、エルキュール・バートン役・佐々木未来さん、コーデリア・グラウカ役・橘田いずみさん、明智小衣役・南條愛乃さんにインタビューを決行! 成長したキャラクターたちに、キャスト陣も驚きを隠せなかった!?

●今までのだめなミルキィホームズじゃない!?

――まずは演じているキャラクターの自己紹介をお願いします。

常盤カズミ役・寺川愛美さん(以下、寺川):カズミは純粋にひたむきに探偵になりたがっている女の子で、その思いが強すぎて前が見えなくなっていろんな困難に巻き込まれたりします。アリスに助けられつつ、一生懸命頑張るまっすぐな女の子です。

明神川アリス役・伊藤彩沙さん(以下、伊藤):アリスは、普段はふんわりおっとりしたイメージがあるのですが、実は冷静で、怪盗が残していった手がかりを見つけるのはカズミよりも早かったりします。

シャーロック・シェリンフォード役・三森すずこさん(以下、三森):シャロは明るくて元気でおバカな女の子です。トイズ(特殊能力のこと)は“サイコキネシス”といって、目で見たものをちょっとだけ浮かせたりすることができるんですけど、あまり強いトイズではありません。そこに劣等感はありますが、とっても仲間想いのかわいらしい女の子です。

譲崎ネロ役・徳井青空さん(以下、徳井):ネロは元気いっぱいでお菓子が大好きな、僕っ子の女の子です。捜査のときは誰よりも率先して頑張りますが、マイペースなところがあるので、たまに仲間とぶつかったりするときもあります。

エルキュール・バートン役・佐々木未来さん(以下、佐々木):エリーは、恥ずかしがりやでミルキィホームズの4人の中では一番おとなしくて、3人よりも一歩下がったところにいる女の子です。ですが、“怪力”というトイズを持っていて、ちょっと性格とはギャップがあることが悩みの女の子です。

コーデリア・グラウカ役・橘田いずみさん(以下、橘田):コーデリアは4人の中で最年長なので、いつもお姉さんらしくいようと頑張るんですけど、空回りしてダメダメになってしまう女の子です。トイズは“五感強化”という能力を持っていて、トイズが発動しているときはみんなに指示を出したりするかっこいいお姉さんです。

明智小衣役・南條愛乃さん(以下、南條):天才美少女警察官、明智小衣役の南條愛乃です(笑)。今まではGenius4(通称G4)という警察官のリーダーで、大学を飛び級で卒業するほどの実力です。IQはどこまでいったかわからないんですが(笑)、ものすごくIQが高いという設定の警察官です。今作ではG4のメンバーではあるんですが、交通課に配属されて今までとは違った一面も見せつつ、警察のお仕事をちゃんとやっているんだなっていうところを見せられているかなと思っています。ミルキィのみなさんのように特殊能力はないのですが、IQが高いというところが特徴なんじゃないかなぁと思っています(笑)。

十津川警子役・中上育実さん(以下、中上):警子は、今作から登場したキャラクターなので、まだ、ほとんど喋っていません(笑)。詳しくて深いところは今後どんどん活躍して見せられたらなと思っています。交通課の新米刑事で明智先輩をかなりしたっていて、明智先輩の後ろをひょこひょことついていく元気な女の子です。

明神川シオン役・興津和幸さん(以下、興津):シオンはアリスのお兄さんというです。とってもアリスのことを大事にしていて、傍から見ると妹好きにしか見えないというお兄さんです。でも夜な夜なスマホを使っていろんな人と連絡を取っていたり、なにやら怪しい雰囲気もあるので、僕も今後が気になっています。

――第1話の魅力を教えてください。

寺川:アリスとカズミが新キャラクターとして登場するので注目してもらいたいのはもちろんですが、幻の存在と言われているミルキィホームズさんたちをひたむきに目指している姿を見てほしいなと思います。第1話はバトルシーンもあったりして、すごく展開が早いのでそこも見ていただけたらなと思います。

伊藤:一話で登場するカラーザファントムが驚きで、こんな敵が7人もいるのかと思いました。見ていただけるとみなさんもきっと驚くのではないかと思っています。

三森:個人的にはすごく気になっているポイントがあって、アリスとカズミが作品中にずっと歩いているんですよ(笑)。ふたりはどこに向かって歩いているのか気になっちゃって(笑)。そういう気になるポイントを見ていただけたらなと思います。

徳井:ミルキィホームズがトイズを使えているところが注目だなと思います。ただトイズが使えているんですけど、ミルキィたちが今後どんな立ち振る舞いをしてくれるのかは、注目してもらいたいです。

佐々木:ミルキィホームズが私の知っているミルキィホームズじゃないような感じがしました。周りからも「ミルキィホームズすごいすごい」と言われていて、そのあたりの違和感を見ていただけたらなと思います。

橘田:第1期と第2期がダメダメなミルキィホームズからの始まりだったのですが、今回はできる子たちからスタートします。「今回は違うぞ!」というところに注目してもらいたいです。

南條:小衣は第1期、第2期とずっと「なぁーはっはっは!」って笑っていたり、「小衣ちゃん言うなー!」で押し切っていたところはありました(笑)。この子は本当に警察官としての仕事をしているのかなと思って見ていたのですが、今作になって「この子は本当に警察官だった!」と思えるほどに、とても紳士に横浜の平和を守ろうと頑張っている姿が見られます。なんか小衣ちゃんかっこいいかもと思えるシーンもありますので、楽しみにしてほしいです。

中上:第1話は、アリスとカズミの新米感やきゃぴっとしている感じがすごくかわいいなと思って私は見ていました。私の演じているキャラクターも新米刑事なので、明智小衣先輩にご指導していただきつつ、いろいろと成長していけたらなと思っています。

興津:第1話にはシオンは登場していなかったので、収録を見学させていただいた感想なのですが(笑)。アリスたちのほのぼのとした学生生活から、急に謎の怪盗がずらっと現れて、サスペンスの緊張感漂う空気に変わるところがすごいと思いました。12分の中に色々な展開が詰まっていますので、楽しんでいただけるのではないかと思います。

――ミルキィホームズのみなさんが歌っているオープニングとエンディングの印象をお聞かせください。

寺川:アニメのアリスとカズミの関係をそのまま歌にしたような曲で、初々しさが曲や歌声から滲み出しています。そこをアニメと一緒に楽しんでいただけたらなと思います。

伊藤:エンディングは自分とリンクする部分がたくさんあって、これから頑張っていこうと思わせる曲なので、みなさんに聞いていただきたいです。

三森:『ぐろーりーぐろーいん☆DAYS』、ちょっとかみそうなタイトルなんですけど(笑)、かなり爽やかで疾走感のあるかわいい曲になっています。合いの手がかなり入っていて、またライブとかで歌う機会があったら、ファンのみなさんに合いの手を入れてもらいたいなと思いながら歌いました。

徳井:今回のお話が前作の2年後ということでちょっと大人っぽい曲になるのかなと思っていたら、いつもどおりの元気いっぱいな明るいノリの曲でした。みなさんにも聞いていただいて、一緒に歌えたらうれしいなと思っています。

佐々木:オープニングはミルキィホームズの4人が歌っているんですけど、一番最初に聞いたときに、ザ・アニメの主題歌という印象を受けました。「オープニングに相応しい、爽やかで、これから物語が始まる!」という感じがする、明るくて夏らしい曲になっています。

橘田:アニメのオープニングらしいノリノリで楽しい曲になっています。合いの手が今までで一番と思えるくらいたくさん入っていて、きっとライブではファンのみなさんが覚えて歌ってくれるんだろうなぁと思っているので、今から楽しみです。

――今回のアニメ放送の意気込みをお聞かせください。

寺川:カズミが目標に向かって頑張っている姿は、自分とリンクする部分があるので、しっかり全てのお話を演じていきたいと思っています。アニメの世界と同様にミルキィホームズの先輩方を見習って、自分も成長したいです。

伊藤:初めて出演させていただくアニメということで、私自身不安や期待などいろいろあります。アリスとカズミも探偵に成り立てなので、ふたりと一緒に私も成長できたらなと思っています。

三森:新キャラクターも登場して、今までのミルキィホームズと比べてがらっと雰囲気が変わって始まったので、この世界をもっともっと味わっていけたらなと思っています。

徳井:今作はゲームとアニメどっちのミルキィホームズかなと思っていたんですが、どちらの要素も踏まえています。ネロもゲームとアニメで結構キャラクターが違うので、まだどういうところに中心を置いて演じていけばいいのか迷っていますが、みなさんに楽しんでいただけるように頑張りたいと思います。

佐々木:今までのミルキィホームズのアニメと違うところは、やっぱりトイズを使えるというところだと思います。トイズを使えるミルキィホームズをかっこよく演じていけたらなと思っています。

橘田:ゲーム版とアニメ版で全然キャラクターが今までも違ったんですが、今回はそのどっちでもない感じです。ゲームのイケてるミルキィホームズとアニメのダメダメなミルキィホームズが上手い形で融合している感じがしているので、その融合感を頑張って演じていきたいと思います。

南條:今作はアニメパートが12分ということなんですが、1話ごとにしっかりとしたストーリーがあって、テンポよくキャラクターも登場し、ぎゅっと魅力が詰まっています。小衣としてもかっこよくできるシーンはかっこよくして、第1期や第2期のようにおバカができるところがあれば全力ではっちゃけて、ストーリーもキャラクターも濃密に演じていけたらなと思っています。

中上:私はミルキィホームズに関わらせていただくのがこの『ふたりはミルキィホームズ』からです。まだ作品のことでわからないことがありますが、これからどうなるのか楽しみですので、みなさんも楽しんでいただけたらなと思っています。

興津:アリスの兄として、しっかり見守っていきたいと思います(笑)。これから色々な事件に遭遇するであろうアリスの無事を祈りながら、成長をただただ見守っていきたいと思います(笑)。

【放送情報】
TOKYO MX:7月13日 (土) 22:00~
サンテレビ:7月13日 (土) 22:00~
テレビ愛知:7月14日 (日) 25:05~
BS日本(BS日テレ):7月14日(日) 26:00~

【メインスタッフ】
原案・製作総指揮:木谷高明
企画・原作:ブシロード・クロノギアクリエイティヴ
監督:錦織 博
シリーズ構成:白根秀樹
キャラクター原案:たにはらなつき・うさはらゆめ
キャラクターデザイン・総作画監督:藤田まり子
音楽:響ミュージック
アニメーション制作:J.C.STAFF/ノーマッド

【メインキャスト】
常盤カズミ:寺川愛美
明神川アリス:伊藤彩沙
シャーロック・シェリンフォード:三森すずこ
譲崎ネロ:徳井青空
エルキュール・バートン:佐々木未来
コーデリア・グラウカ:橘田いずみ
明智小衣:南條愛乃
十津川警子:中上育実
明神川シオン:興津和幸 ほか


>>テレビアニメ『ふたりはミルキィホームズ』公式サイト
>>探偵オペラミルキィホームズ 公式ポータルサイト
>>「ミルキィホームズ」公式Twitter(@milkyholmes)

(C)「ふたりはミルキィホームズ」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ふたりはミルキィホームズの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング