アニメ
「秋葉原ゼクストリーム 2014.SPRING」レポート

くら寿司『回転むてん丸』と『Z/X』がまさかのコラボ!? 様々な新情報が大量公開された「秋葉原ゼクストリーム 2014.SPRING」をレポート

 2014年3月8日(日)、東京のイベントスペース「ベルサール秋葉原」において、トレーディングカードゲーム『Z/X -Zillions of enemy X』(以下『Z/X』)の大型イベント「秋葉原ゼクストリーム 2014.SPRING」が開催された。

 イベントの中では、本編で展開されるストーリーとの連動イベント「英雄達の戦記 第5章」や、TCG初心者に向けた体験会のほか、『Z/X』シリーズの今後の展開を明らかにする「2014年上半期展開発表会」などが実施された。本稿では、そんなイベントの様子を、発表された情報と合わせてお届けしていく。

■「英雄達の戦記 第5章 関東編」が決着! 千葉が“白”に染まる!

 『Z/X』シリーズのすべてが集まる「ゼクストリーム」は、複数フロアで構成されているベルサール秋葉原を、地下1階・1階・2階の3フロアをぶち抜きで使用しての大規模なイベントとなった。まずは、各フロアごとにイベント内容を紹介していこう。

 フロアいっぱいに対戦用のテーブルが設置された2階では、プレイヤー参加型のストーリーイベント「英雄達の戦記 第5章 関東編」が開催されていた。TCG版『Z/X』には、新たなカードのリリースごとに進行するストーリーが用意されており、ユーザーはこの「英雄達の戦記」に参加することで、そのストーリー進行に影響を与えられるのだ。

 今回の「英雄達の戦記」では、参加者は“白勢力”と“黒勢力”に分配された上で対戦を行うことになっていた。“白”と“黒”それぞれの総勝敗数によって、次回以降に発売されるカードのストーリーが紡がれることになる。

 形式はランブル形式(ランダムに選定されたプレイヤーと連続して対戦を行う対戦形式)で実施され、2階は対戦に興じるプレイヤーで埋め尽くされていた。……受付付近には本作のプロデューサー・イグニッション久保田さんと対戦できる対戦テーブルも。プロデューサーも、対戦となればその表情(?)は真剣そのものだ。

 なお、今回の「英雄達の戦記」は、後ほど地下1階で行われたステージイベントにて“白勢力”が勝利したことが発表された。これによって勢力図が変化し、千葉県が“白勢力”に変化。千葉で行われる各種イベント(公認大会など)の賞品は、今後“白勢力”がらみとなるので、参加者は注意しておこう。

 今後も「英雄達の戦記」は、大阪・名古屋・岡山・札幌にて実施が予定されており、それぞれに別のストーリーが用意されている。興味がある人は、近隣の大会に参加してみよう。

会場に居合わせた“メタルフォートレス”のテクネチウム氏とアクリウム氏。この状態で「英雄達の戦記」を闘いぬいたという猛者たちだ

会場に居合わせた“メタルフォートレス”のテクネチウム氏とアクリウム氏。この状態で「英雄達の戦記」を闘いぬいたという猛者たちだ

■1階はプレイヤーたちの交流の場に。初心者講習から即対戦へ!

 入場してすぐに入れる1階には、初心者向けの体験スペースや、来場者が自由に対戦できるフリースペースのほか、最新グッズとカードの展示、会場限定物販などが設置されていた。

 筆者はイベント開始後しばらくしてから会場に到着したため、物販で販売されていた商品は、そのほとんどが売り切れていた。初心者講習からの流れで、そのままスターターデッキを購入し、フリースペースで他のプレイヤーと対戦に入る様子なども見て取れ、フロア全体の人の流れは非常に活発であった。

 また、発売されたばかりのフィギュア「各務原あづみ」と、先日発表されたフィギュア「ソードスナイパー リゲル」の原型の展示も行われていた。こちらの展示には特に注目が集まっており、写真を撮影するファンもチラホラ。発売が待ち遠しいグッズのひとつである。

 巨大モニターでは、毎回お馴染みの「英雄達の戦記 第5章 関東編」ストーリー映像や、最新弾のPVなどが上映されており、周囲には常に人だかりが。なお、これまでに公開された「英雄達の戦記」ストーリー映像は、すべて公式サイトで公開されている。以前までのストーリーの流れを知りたい人はチェックしてみると良いだろう。

■『回転むてん丸』が『Z/X』へ、まさかの参戦決定! 大会・新グッズ・カードの新情報が次々に登場だ

 地下1階では、2階の「英雄達の戦記」終了後の16:00より、本イベントを締めくくる「ゼクストリーム」ステージイベントが実施された。こちらの司会を務めたのは、アニメ『Z/X IGNITION』で「御影藍那」を演じる声優の遠藤ゆりかさんと、TCG『Z/X』のプロデューサーであるイグニッション久保田さん。このステージでは、主に各種情報の発表が行われた。

 まずは、現在行われている「英雄達の戦記」に続くユーザー参加型イベントとして、店舗大会の優勝者に投票権が与えられる、投票イベント「HEROIC ROAD3」(英雄達の軌跡3)と「星々の願い」開催が発表された。

 それぞれ、「HEROIC ROAD3」では“赤の世界”の新主人公のパートナーゼクスを、「星々の願い」では新たに制作されるサプライに描かれるゼクスを投票することになる。新主人公のパートナーゼクスの種族は“ミソス”に決定されているとのことだ。

 そして、フィギュアにも新展開が決定。すでに発表済みの「ソードスナイパー リゲル」の原型に加えて、人気が高い“黒”のゼクス「七大罪 色欲の魔人ルクスリア」のスケールフィギュア、および主要キャラクターのSDフィギュアの製作が発表された。発売日などの詳細な情報は、公式サイトのアナウンスを待とう。

 さらに、TCG『Z/X』本編の商品に関する発表も次々に行われる。4月24日に発売される最新弾「神祖の胎動」の新イラスト情報に加え、スターターデッキ第4弾や、新作“第9弾”の発売日、新エクストラパック「回転むてん丸」などの新情報が発表された。

 “第9弾”では2014年7月24日の発売で、日本一ソフトウェアの新作『神様と運命覚醒のクロステーゼ』からのキャラクター参戦、新能力の追加が予定されているとのこと。また、新エクストラパック「回転むてん丸」は2014年8月28日の発売で、こちらは40種類程度の小規模なものになるそうだ。

 『回転むてん丸』は、回転寿司チェーン「くら寿司」が提供するトレーディングカードゲームだ。他社が提供するTCG同士でのコラボレーションは、非常に珍しい展開と言えるだろう。「むてん丸」のキャラクターが、どんな能力をもって『Z/X』の世界に登場するのか、ぜひ期待しておこう。

「神祖の胎動」には、新たなイラストとなった「調和の後継者 ケィツゥー」をはじめとして、新たな九大英雄や七大罪などが登場

「神祖の胎動」には、新たなイラストとなった「調和の後継者 ケィツゥー」をはじめとして、新たな九大英雄や七大罪などが登場

スターターデッキには「赤青速攻デッキ」と「黒緑コントロールデッキ」が用意され、スターター専用ゼクスカードが4種類封入される

スターターデッキには「赤青速攻デッキ」と「黒緑コントロールデッキ」が用意され、スターター専用ゼクスカードが4種類封入される

■小倉唯さん&金元寿子さんがサプライズ登場!

 情報公開がひと段落すると、話題は現在放送中のアニメ『Z/X IGNITION』へと移った。そこへ、アニメにも登場している「各務原あづみ」役の小倉唯さんと、「倉敷世羅」役の金元寿子さんが、サプライズゲストとして登場。それによって会場のテンションが、一段上へと切り替わった。

 ゲスト各人はそれぞれ、自身の演じたキャラクターに対する印象や、今後のストーリー展開などを語ってくれた。その中では「この後の話数で、あずみの“発作”の原因が明らかになっていきます。あずみ的には、そこが見所です」(小倉さん)といった具体的な内容も飛び出し、ストーリーも佳境に入ってきているアニメ版『Z/X』の今後の展開に対する期待を、より高めてくれた。

 それに続いては、DVD&Blu-rayの2巻・4巻・6巻に付属するドラマCDの内容についても話された。その内容は、久保田さんいわく「かなりはっちゃけてる」とのことで、シリアスな展開が多い『Z/X』の中ではちょっと貴重な、ギャグ寄りの展開が楽しめそうだ。

 なお、2巻には「御影・飛鳥・綾瀬」の3人、4巻には「あずみ・リゲル・神門」の3人、6巻には「世羅・ティラノ・ガムビエル・クゥン・竜の巫女」の5人(?)が、それぞれ登場するとのこと。お馴染みの面子から、ちょっと不思議な組み合わせまで様々だが、どんなシナリオを見ることができるのだろうか。

 そして最後には、3人のサイン入りカードをかけたじゃんけん大会と、遠藤ゆりかさんによる『Z/X IGNITION』のエンディング「モノクロームオーバードライブ」のミニライブが披露され、今回のステージイベントは終了となった。

 今回のステージで発表された各種情報は、随時公式サイトなどに掲載されていく。グッズ情報など、詳細が決定していないものは、今後の発表に期待しよう。

(C)Z/X IGNITION製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング