LiSA 武道館2DAYSライブ2日目「ちょこドーナツ」レポ

武道館を「ROCK」で熱狂させた2デイズ! LiSA 武道館2DAYSライブ2日目「ちょこドーナツ」レポート

 日本のみならず海外でも注目を集めているアーティストLiSAさんが、2015年1月10日(土)・11日(日)の2日間、日本武道館にて「LiVE is Smile Always ~PiNK&BLACK~」を開催した。

 10日のイベント名はPOP曲を中心にした「いちごドーナツ」で、11日はROCK曲中心の「ちょこドーナツ」。両日共に1万人を集客し、LiSA自身初となる2デイズのライブを大成功させた。そこで今回の記事では、11日に行われた公演「ちょこドーナツ」をレポートする。


●ハコの広さは関係ナシ! LiSAさんにとって武道館はライブハウス

 開演時刻の16:00を少し過ぎたところで館内の照明が落ちると、ステージ最上階に設置された巨大スクリーンに映像が流れた。映像はイベント名になっている「ちょこドーナツ」を製造するコミカルなアニメーション。そして数分の映像が終わると、その巨大なスクリーンが左右に開いてLiSAさんが登場。待ちかねていた1万人のファンは大きな声援を送り、会場全体にLiSAさんのイメージカラーであるピンク色のペンライトが広がって武道館2日目のライブが幕を開けた。

 1曲目は、アニメ『幻影ヲ駆ケル太陽』のオープニングテーマ曲「träumerei」。激しいロックナンバーに合わせてステージ上から赤や紫のレーザー光線が場内に向けて放射されると、ファンもそれに合わせて真っ赤なペンライトを振って応える。そして曲の後半になると、LiSAさんは観客の声援に応えるかのように最上段からゆっくり下りてきて、客席に近いステージ中央で歌い上げた。

 1曲目が終わると、間髪入れずにアニメ『Fate/Zero』のオープニングテーマ曲「oath sign」。ピアノとストリングスの特徴的なイントロが流れると、場内は一気にヒートアップ。開演してから10分も経っていないのに、すでに武道館はライブハウスのような異様な雰囲気に包まれた。そしてLiSAさんは巨大なスクリーンに映る満月の映像をバックに、熱狂する1万人の前で名曲を響かせた。


●アップテンポな名曲の連打に武道館が揺れた

 2曲のヒット曲を披露したところで、LiSAは「LiSAでーす!!」と超満員の客席に向かって挨拶。すでにこの時点で場内は十分温まっていたのだが、LiSAさんはまだまだ満足しない様子で「今日はBLACKの日。とことん飛ばしていくのでちゃんと付いてきてね!」と煽る。

 そしてマイクパフォーマンスもほどほどに、3曲目の「confidence driver」が始まった。この曲でLiSAさんは、ステージ中央から客席に張り出したセンターステージに飛び出し、アリーナ席の中央で激しいパフォーマンス。そして曲が終わると同時に、スピード感溢れる「DOCTOR」(4曲目)、スモークを使ったド派手な演出の「永遠」(5曲目)と続け、さらに「now and future」(6曲目)ではコール&レスポンスで場内を一体化させる。MC後にノンストップで投下したこの4曲のスピード感は秀逸で、ROCKアーティストLiSAの真骨頂。場内の誰もが圧倒されたはずだ。

 そしてジェットコースターのような怒涛のラッシュが一息ついたところで、真っ白な衣装に変えて今日初めてのバラード「ナミダ流星群」(7曲目)と「無色透明」(8曲目)。場内の雰囲気は一変し、透明感溢れる歌声でファンを魅了した。スローテンポの2曲を終えたLiSAはステージ上で深々とお辞儀をすると、客席から大きな拍手が起こった。


●スクリーンに映し出されたアニメではCVも担当

 LiSAさんがステージから姿を消すと、ステージ上の巨大スクリーンには今回のライブのために制作されたアニメーションが流された。内容は「ひとりの夢見る少女とモンスター」のお話。夢見る少女はLiSAさんのことで、キャラクターボイスもLiSAさん自身が担当していた。アニメの上映が終わり場内がざわめくなか、アニメのキャラクターと同じゴシック調の衣装を着たLiSAさんが、モンスター「ドーナ」と「ナッツ」の格好をしたふたりのダンサーを連れてステージに姿を現した。続いては9曲目の「L.Miranic」と10曲目の「覚醒屋」。これらの楽曲も今日のROCKライブにふさわしい激しい楽曲。いままで静かにアニメ映像を見ていた客席を一気に奮い立たせ、ライブを再始動させた。


 「覚醒屋」が終わると同時に、場内に緑色のレーザー光線が走る。これは人気アニメ『ソードアート・オンライン』をイメージさせる演出で、観客は「待ってました!」とばかりに沸く。11曲目は大ヒット曲「crossing field」。LiSAが「Let's Go!」とファンを煽ると、1万人のファンは飛び跳ね、場内の熱気は最高潮に達した。


●歌もダンスも楽しい、エンターテイメントが詰まったLiSAさんのライブ

 小休止の後、LiSAさんがステージに登場してMC。LiSAは「ここまでぶっ飛ばしてきたけど大丈夫? だから言ったじゃん、今日はROCKだからぶっ飛ばすって(笑)」とニヤリ。そしてライブは後半戦に差し掛かる。コール&レスポンスで会場を温めた後、12曲目はアップテンポでノリのよい楽曲「say my nameの片想い」。軽快なダンスでステージを左右に移動しながらパフォーマンスすると、客もそれに合わせて身体を上下左右に揺らしながら踊る。アリーナはさながら巨大なダンスホールと化した。

 13曲目の「EGOiSTiC SHOOTER」に続いて、14曲目は会場が一体となって盛り上がれる曲「ROCK-mode」。約4分の曲の中に、歌とダンス、コール&レスポンス、パフォーマンスなどが詰まったライブ向きの楽曲で、武道館がLiSAワールドに染まる。そして15曲目は、アニメ『魔法科高校の劣等生』のオープニングテーマ「Rising Hope」。LiSAさんが曲紹介をすると客席からは「おおっ!」と割れんばかりの歓声が起き、色とりどりのペンライトの花が咲いた。

 続けて16曲目の「ジェットロケット」では、歌詞の一部を「最高の武道館を~」と変えて熱唱。この曲の演奏中は場内の照明が一斉に点灯し、センターステージに移動したLiSAは開場内を見渡す。今日のライブをいっしょに盛り上げている客席を見渡し、ファンとのコミュニケーションをとりながら「run run run」の大合唱で一体感を楽しんでいた。


●自分の気持ちを言葉にした曲「シルシ」

 ステージから消えたLiSAさんが再び登場し、今日最後のMC。LiSAさんはステージ上で「今日のセットリストを組んだとき、絶対にみんな疲れるだろうなと思ったけど、ついてきてくれてありがとうございます」と、ライブに酔いしれるファンに感謝を伝えた。さらにLiSAさんは、約一年前に開催した武道館ライブで悔しい思いをした話を涙ながらに語った。そして最後に「自分の気持ちを素直に言葉にできたのが次の曲です。大切な曲を、応援してくださるみなさんに届けたいです」と曲紹介をして、17曲目の「シルシ」を歌唱。

 「シルシ」はいままでのバンドにストリングスメンバーを加えた豪華なステージだった。曲を終えたLiSAは場内から鳴り止まぬ大きな拍手を受けながら、集まってくれたファンに手を振り、頭を深く下げてステージを後にした。


●アンコールでもROCK! 3月発売予定の新曲を披露

 アンコールは「No More Time Machine」からスタート。この曲ではスクリーンに、LiSAさんがいままで行ってきた活動と成長をまとめた映像が映し出された。この映像を見ると、武道館2デイズは簡単に成し遂げられたものではないことがわかる。場内で声援を送っていたファンのなかには、目頭が熱くなった人も多いだろう。

 アンコール1曲目を終えたLiSAさんは、3月4日発売となる3rdフルアルバム『Launcher』の発売と、それに合わせて4月29日から行われる全国ツアーを発表した。続いてアンコール2曲目は、いま発表したばかりのアルバムから、新曲「Mr.Launcher」。LiSAさんお得意の激しいロックで、「遠くまで飛ばせ I'm Mr Launcher」というサビに、思わず拳を振り上げたくなる楽曲だ。さらに新曲の余韻に浸る間もなく「Crow Song」を熱唱した。

 3曲のアンコールの後、LiSAは今回のライブを計画した際の心境を語り、最後のMCで「2デイズのラストはこの曲しかないと思いました。私はこの曲を一生歌っていくと思う」と紹介し、2万人を動員した武道館2デイズのラストを「Believe in myself」で締めくくった。

 すべての演奏が終わると、LiSAは照明が灯った場内を隅々まで見渡し、客席ひとりひとりを指差すように「今日は本当にありがとう」と挨拶をしながら、ステージの中央で「また遊びに来てねっ。ばいちっ!」と、バンドメンバーとダンサーと共に1万人のファンに向けて深々と頭を下げた。1曲目から怒涛のROCKで駆け抜けてきたライブだったが、最後は会場全体がとても暖かな雰囲気に包まれた2時間半だった。


Photo by hajime kamiiisaka

■LiSA -LiVE is Smile Always ~PiNK&BLACK~
  2015年1月11日(2日目)「ちょこドーナツ」セットリスト


M01 träumerei
M02 oath sign
M03 confidence driver
M04 DOCTOR
M05 永遠
M06 now and future
M07 ナミダ流星群
M08 無色透明
M09 L.Miranic
M10 覚醒屋
M11 crossing field
M12 say my nameの片想い
M13 EGOiSTiC SHOOTER
M14 ROCK-mode
M15 Rising Hope
M16 ジェットロケット
M17 シルシ
[En]
En01 No More Time Machine
En02 Mr.Launcher
En03 Crow Song
En04 Believe in myself


<リリース情報>
■LiSA 3rdフルアルバム「Launcher」
2015年3月4日発売!


【初回生産限定盤(CD+BD)】
価格:4,500円(+税) 品番:svwc70056-70057

☆野外ワンマンライブ「LiVE is Smile Always~LiSAMMERLAND~」の模様を収録したライブ映像+「No More Time Machine」ミュージッククリップを収録したBlu-ray付
☆48P撮り下ろしブックレット封入
☆三方背スリーブケース仕様

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
価格:3,800円(+税) 品番:svwc70058-70059

☆野外ワンマンライブ「LiVE is Smile Always~LiSAMMERLAND~」の模様を収録したライブ映像+「No More Time Machine」ミュージッククリップを収録したDVD付
☆48P撮り下ろしブックレット封入
☆三方背スリーブケース仕様

【通常盤(CD)】
価格:3,000円(+税) 品番:svwc70060

※「初回生産限定盤(CD+BD)」と「初回生産限定盤(CD+DVD)」の映像収録内容は同じです。


<ライブ情報>
■「LiVE is Smile Always~Launcher~」


【全11ヶ所15公演!】
4/29(水・祝)なんばHatch
4/30(木)なんばHatch
5/2(土)高松DIME
5/3(日・祝)広島CLUB QUATTRO
5/5(火・祝)福岡DRUM LOGOS
5/6(水・祝)熊本B.9 V1
5/9(土)新潟LOTS
5/10(日)金沢Eight Hall
5/15(金)Zepp Nagoya
5/16(土)Zepp Nagoya
5/22(金)仙台Rensa
5/23(土)仙台Rensa
5/30(土)札幌PENNY LANE 24
6/6(土)Zepp Tokyo
6/7(日)Zepp Tokyo

【他ライブイベント出演情報】
2/8(日)…FC「リサラボっ。」Presents「リアルLiSAッ子祭~ちょこ×5っ~」@LIQUIDROOM

詳細は、「LiVE」ページをCHECK!


>>LiSA Official Website
>>特設ホームページ「LiSA LiVE SPECiAL powered by otoCoto」

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集