音楽
「EIGHT OF TRIANGLE」デビュー曲の配信情報が判明

東映バーチャルアイドルユニット「EIGHT OF TRIANGLE」、ついにデビュー曲の配信情報が明らかに

 時代劇や仁侠映画、仮面ライダー、スーパー戦隊シリーズなどで、多くの男性スターを輩出してきた東映! 先日その東映から、バーチャルアイドルユニット「EIGHT OF TRIANGLE」のデビューが発表されました。「EIGHT OF TRIANGLE」はコンポーザーKazuto(遠藤和斗)、ボーカルRay(君島零)の2人からなるユニットで、2015年10月8日、東映プロデュースにより本格的な活動開始を発表。アジアをはじめ世界に向けた歩みを始めました。

 そしてこのたび活動第一弾として、デビュー曲「heart to erode」が、iTunes、レコチョクで2015年11月4日配信開始となります。気になる配信情報をご紹介しましょう♪

▲左からボーカルRay(君島零)、コンポーザーKazuto(遠藤和斗)

▲左からボーカルRay(君島零)、コンポーザーKazuto(遠藤和斗)

◆配信情報
楽曲名:「heart to erode」(JPH801500049)
アーティスト名:EIGHT OF TRIANGLE
作詞:君島零/作曲:遠藤和斗
iTunes:¥250
着うたフル:¥250
着うた:¥100

◆EIGHT OF TRIANGLEとは
音楽家を父に持ち、小学校の時に手にしたピアニカで音楽に目覚めた遠藤和斗は、大学時代にバンド活動を始め、音楽家を目指し卒業後に音楽作家の事務所の門を叩く。
君島零は、高校時代からバンド活動を行い、卒業後プロを目指しボーカルとしてバンドを続けたが、メンバーとのケンカが絶えず20歳の時に解散。
二人は、お互いが出演したライブで知り合い、零のバンドのラストライブで再会。零が一緒にやる事を呼びかけ,コンポーザーKazuto(遠藤和斗)、ボーカルRay(君島零)の二人からなるユニット「EIGHT OF TRIANGLE」が誕生した。
その頃、数々のライブイベントを手がけ、新たに音楽イベントへの進出を考えていた東映が、銀座でライブをやっている二人に出逢い、彼らなら今までに無い東映らしい音楽ライブイベントを実現出来ると東映への所属を説得。
東映の新しいプロジェクトの第一弾アーティストとして2015年10月8日(トーエイの日)にデビューが決定。
デビュー曲は、作詞をボーカルのRayが手がけ、作曲はKazutoによる「heart to erode」。
この曲の他にも既に数曲のレコーディングが完了している。
今後は楽曲の発表をしながら、ライブを中心とした活動を予定している。



<EIGHT OF TRIANGLEプロフィール>
●コンポーザー
遠藤和斗 えんどう かずと(Kazuto)
誕生日:11月26日
星座:射手座
年齢:27歳
身長:178センチ
体重:60キロ
血液型:A型

●ボーカル
君島零:きみしま れい(Ray)
誕生日:10月12日
星座:天秤座
年齢:22歳
身長:173センチ
体重:53キロ
血液型:O型

>>「EIGHT OF TRIANGLE」公式サイト

(C)2015東映
おすすめタグ
あわせて読みたい

EIGHT OF TRIANGLEの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集