menu
LiSA特別連載「帰る場所もない…それでもチャンスを狙っていた」

【LiSA×Life CARD 特別連載第2回】 「不安で、そして帰る場所もない……それでもチャンスを狙っていた」

2015年12月17日、数々のTVアニメ主題歌を担当してきたアーティストLiSAさんとライフカード株式会社がタイアッププロモーション『Fo”u”r LiFE』をスタートさせました。

人は4年で何が変わるのか、何が人生を変えるのか。 4年に1度の祭典と言われることもあれば、大学生活も4年である。4年というのは一つの人生の周期のようでもある。

そんな4年という時間で大きく変化してきたLiSAさんが2016年4月にデビュー5周年を迎えるにあたり、デビュー前やこれまでの4年間、そしてこれからの未来について何を考えて、どう人生を設計していくのかについて全5回に渡って、お届けしていきます。

関連記事
【LiSA×Life CARD 特別連載第1回】 岐阜から東京へ……「苦しかったからこそ真剣に音楽と向き合えた」

【LiSA×Life CARD 特別連載第3回】 奇跡をもっと楽しむために……「頑固すぎた自分から、余裕のある自分への変化」

【LiSA×Life CARD 特別連載第4回】 「もう自分のためだけに歌を歌っていない」 5年目にして起きた変化

[【LiSA×Life CARD 特別連載第5回】 「過去の自分に対して、傷ついてくれてありがとう」 過去から未来へ想い紡ぐ]](https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1463360288)

取材・文:西原史顕、織田上総介 撮影:山本哲也

アニメイトタイムズからのおすすめ

不安、そして帰る場所もない……それでもチャンスを狙っていた

――LiSAさんが上京して音楽レーベルと契約するまでの2年半で、後ろ向きになるようなことや弱さが出たことはなかったですか?

LiSA:ありましたよ。不安でしたし、どうなるかわからなかったです。だけど帰る場所もなかったので、どうしようかなとずっと考えていましたね。

でも、その中でも「どこかにチャンスはないか」と狙い、ずっとネットを見ながら「今、ここいけるかも」「このオーディションいいかも」「この子のこれいいかも……でも、これはもうちょっとこうすれば私もできるかも」と前向きに考えることを意識していました。

とにかくずっとチャンスを狙っていましたね。

――なるほど。そうしてチャンスを狙い、その結果掴むことができたんですね。Girls Dead Mosnter(テレビアニメ『Angel Beats!』に登場する劇中バンド、以下ガルデモ)に抜擢されたことは、過去のインタビューなどでも語られていることですが、そのとき所属はどうなっていたんですか?

LiSA:ガルデモへの起用が決まって、レコーディングしているデビュー直前くらいにプロフィール用の写真を撮ることになって……。

私にはマネージャーがいなかったのですが、そのタイミングで紹介してもらったのが、今のマネージャーです。

巡ってきたチャンス、バンドメンバーに背中を押されて

――「Love is Same All」から「ガルデモ」に行く過程でバンドを辞めたとお聞きしていますが、自身が結成したバンドを辞めることに、葛藤はなかったのでしょうか?

LiSA:私はたぶん、自分の気持ちだけだったらガルデモができなかったです。

自分で「ガルデモやりたい」と言いましたし、「自分にとってチャンスかもしれない」と思っていたけど、「Love is Same All」という場所にはすごくお世話になりましたし、本当にいろいろなことを学ばせてもらい、行けるのであればみんなで一緒に行きたいって思っていました。

ただ、そんな時にメンバーが「絶対にやったほうがいいよ。お前にとって、それはすごくチャンスだし、何しに東京に出てきたの?」と言ってくれて……すごく嬉しかったですし、いつかちゃんとした形でお返しができるように頑張ろうと思った瞬間ですね。

――バンドのメンバーの皆さん、大人ですね。

LiSA:そう。大人だったんで(笑)。

――ちゃんと背中を押してくれたわけですね。

LiSA:そうなんです!もしもその頃もっと違う考え方のメンバーとバンドを組んでいたら、私はガルデモができなかったかもしれないし、彼らが背中を押してくれなかったら、一生すごく申し訳ないことしたなと引きずり、気持ち良くガルデモに集中することもできなかったと思います。

実際のところ彼らがどんな思いだったかは計り知れないけど、それでも「行っておいで」と言ってくれたからこそ、思い切って進めたし、その中で自分は何ができるのかということを一生懸命探せました。

何もなかった

――家出同然の上京の末、こうしてガルデモで表舞台に立つことになったわけですけども、この頃はお母さんとも和解はしていたのでしょうか?

LiSA:していました!

――いつ頃に?

LiSA:そうですね。実際は東京に出てきて3ヶ月くらいの時にケロっと電話かかってきて、「何やっとんのー?」って言われ、「何やっとんのじゃないよ!」と思い……。そんな親です(笑)。

――上京して最初の数ヶ月というと、まだ生活が定まらないから貯金も減る一方だし、メンタル的にも一番しんどい時期だったのかなと。

LiSA:いや……もう超しんどかったです。お金がないって大変ですね。東京出てきて一番大変なのはやはり「生活をすること」だと思います。

夢よりも先に自分の生活に追われてしまうので……生きていくために。そこでやっと親に感謝しましたね。「家があるってすごくありがたいことだな」って。誰かがいてくれて、助けてくれるというのはすごく大切なことなんだなと思いました。

――具体的にはどんな生活だったんですか?

LiSA:家具や家電も何もなかったので、洗濯とか自分で洗っていましたよ(笑)。

――手洗い!?

LiSA:そうです(笑)。洗濯板を買って洗っていました。

――食べ物は……?

LiSA:安いところで野菜とか買って切って。

――自炊ということですか?

LiSA:やっていましたよ。

――ご飯は炊いていたんですかね?

LiSA:炊いていましたよ。炊飯器がなかったので、鍋で炊いてました。

他にも持っていないものも多いし、荷物もほとんどなかったです。クローゼットなんてもうガラガラでしたし。でもお母さんと和解した後に、ベッド買ってもらいました(笑)。

お母さんが家に初めて来た時、私は薄い布団で一緒に寝ていたんですが、お母さんが「東京に行くたびに腰が痛くなるのは嫌」という理由で (笑)。

洗濯機や冷蔵庫も結局人からもらったりして、少しずつ人間らしい生活ができるようになっていきました。

「バイトをするLiSA」と「ガルデモのLiSA」の狭間

――なるほど(笑)。でもそうやって2年以上住んだ高田馬場界隈を先ほど一緒に歩いてみましたが、思い出の場所はありますか?

LiSA:いっぱいあります!ラーメン屋さんもそうだし、中華屋さんもそうだし、歩いた川辺もそう。たぶん歩いていない場所はない気がします。

――よく家の周りを出歩いていたんですか?

LiSA:散歩はお金がかからない遊びです。どこまででも歩いていましたよ。池袋や新宿までも歩きましたし。

なんか体力が有り余っていたんですよ。バイトと音楽しかしていなかったので。

――その時、何を考えながら歩いているんですか?

LiSA:うーん……やはり自分のことかも。「こんな音楽あるなー」とか、自分のこの先のことばかり考えていました。

――先のことも考えますよね。

LiSA:そうですね。でも、本当にガルデモで一気に変わりましたね。例えば自分の声がテレビから聞こえてくるとか、全国ツアーを回るとか、誰かが自分のことを見て「LiSAだ!」と言うとか……「これ現実かな?」みたいな、不思議な気持ちでした(笑)。

でもその一方で、ガルデモの活動が終わるまではバイトも続けていました。

――そうなんですね(笑)。

LiSA:ガルデモは大きなプロジェクトでしたけど、スケジュールがガッツリ埋まっているわけでもなく、本当にバイトをしながらツアーにも東京国際フォーラムでのラストライブにも出ていました。

自分の中では2つの生活があり、ガルデモのときはすごい夢を見ている感じで、ただ、それが生活の全てではなかったので、理想と現実を行き来している感覚でした。

LiSA×LifeCARD 『Fo"u"r LiFE』


LiSA×Life CARDではLiSAの人生の軌跡とこれからを追う企画、「Fo"u"r LiFE」を実施中です。「Fo"u"r LiFE」ではコラボレーションカード「LiSA CARD」はもちろん、彼女の人生そのものにフォーカスを当て、映像、写真、発言などをログとして残しています。

ライフカードは、まもなく5周年を迎えるLiSAのこれまでの人生と、その先にある新たな人生の続きに迫ります。

LiSA×Life CARD 『Fo"u"r LiFE』はこちら
http://lisa-lifecard.jp/

オリジナル特典多数!LiSA CARDはこちら
http://lisa-lifecard.jp/card/

Twitterでは撮りおろし画像とフレーズで綴る「LiFE LOG」を連載中
https://twitter.com/LiSA_LifeCARD

LiSAプロフィール


アニソンやJ-POPといったフィールドの壁を超えて、ソリッドなロックからキュートなポップスまでスタイルにとらわれず体現できる女性ヴォーカリスト=LiSA。

2011年ソロデビュー。
今年デビュー5周年を迎え、これまでにシングル9作、配信シングル1作、フルアルバム3作、ミニアルバム1作、ライブBD&DVD3作をリリース。数々のアニメ主題歌・劇中歌を担当、全てのシングルが上位にランクインするヒットを連発。

ラウド系ロックからポップスまでを唄いこなす、変幻自在さが持ち味の音楽性は、アニメファンだけでなくロックファンからも大きな支持を得ており、数々のアニメフェス、ロックフェス共に出演するアーティストとして、確固たる存在感を発揮している。

観客を興奮の渦に巻き込んで行く圧倒的なライブパフォーマンスは、海外でも高い評価を受けており、その活躍の場は日本だけには留まらない。

また、2015年には大ヒット映画「ミニオンズ」で日本語版キャストに抜擢され吹き替えに初挑戦するなど、様々なフィールドで活躍をする、今最も注目されている女性アーティストの一人。

LiSA Official Website:http://www.lxixsxa.com/
LiSA Official YouTube:https://www.youtube.com/c/lisaSMEJ

2ndミニアルバム「LUCKY Hi FiVE!」リリース情報

発売日:2016年4月20日(水)
商品名:LiSA 2ndミニアルバム「LUCKY Hi FiVE!」 
収録曲:新規書きおろし楽曲、全7曲を収録!!
M-1:「ラブリーデイ」(作詞:LiSA、古屋 真 作曲:野間康介(agehasprings) 編曲:堀江晶太)
M-2:「Hi FiVE!」(作詞:LiSA、田淵智也 作曲:田淵智也 編曲:akkin)
M-3:「Psychedelic Drive」(作詞:LiSA 作曲:横山直弘(from 感覚ピエロ) 編曲:堀江晶太)
M-4:「She」(作詞:LiSA  作曲:PABLO a.k.a. WTF!? 編曲:PABLO a.k.a. WTF!?)
M-5:「halo-halo」(作詞:LiSA 作曲:小南泰葉 編曲:江口 亮)※NHKワールドTV「J-MELO」2016年4月~エンディングテーマ
M-6:「Get free」(作詞:LiSA、古屋 真 作曲:Ryota Kawamura、Rebecca Hollcraft 編曲:akkin、RIO)
M-7:「終わらない冒険」(作詞:LiSA 作曲:高橋浩一郎 編曲:akkin)

ソロデビューミニアルバム「Letters to U」アナログ盤リリース情報

LiSAデビュー5周年を記念した、初のアナログ盤リリース決定!!
発売日:2016年3月23日(水)
商品名:LiSA 1stミニアルバム「Letters to U」 
収録曲:「Letters to U」収録楽曲、全7曲を収録

全国ホール&Zeppワンマンライブツアー「LiVE is Smile Always~Hi! FiVE~」開催情報

LiSAソロデビュー5周年を祝う、全国16公演のホール&Zeppライブツアー!!
LiSA「LiVE」情報ページ:http://www.lxixsxa.com/live/

【関連記事】
【LiSA×Life CARD 特別連載第1回】 岐阜から東京へ……「苦しかったからこそ真剣に音楽と向き合えた」

【LiSA×Life CARD 特別連載第3回】 奇跡をもっと楽しむために……「頑固すぎた自分から、余裕のある自分への変化」

【LiSA×Life CARD 特別連載第4回】 「もう自分のためだけに歌を歌っていない」 5年目にして起きた変化

[【LiSA×Life CARD 特別連載第5回】 「過去の自分に対して、傷ついてくれてありがとう」 過去から未来へ想い紡ぐ]](https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1463360288)

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメ最速放送&放送日順まとめ
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング