menu
声優
八代拓さんの劇場アニメ『キンプリ』そして「十王院カケル」への想い

「キンプリは宝箱のような存在で、可能性の塊です」――改めて振り返る、八代拓さんの劇場アニメ『キンプリ』、そして「十王院カケル」への想い

 2016年1月9日から上映されている劇場アニメ『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(以下、キンプリ)。公開スタートからSNSでの口コミや出演声優陣・スタッフの熱意の籠った宣伝活動が実を結び、興行収入は6億円を突破、来場者数は39万人を超えるなど今や大ヒット作品の仲間入りを果たしました。そして、6月17日には待望のDVD&Blu-ray、また劇中歌やオリジナルサウンドトラックを収録したNEWアルバム『劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm Song&Soundtrack』が発売。さらに6月18日からは、ついに4DXでの上映もスタートとなります。

 アニメイトタイムズではこの機会に改めて『キンプリ』の魅力を伝えるべく、出演声優陣にインタビューを実施! 今回は十王院ホールディングスの御曹司・十王院カケルを演じた八代拓さんに、『キンプリ』そして「十王院カケル」への思いを語っていただきました。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ
■ 八代さんが思う十王院カケルとは?


――先ず、1月9日の上映スタートから口コミでじわじわと広がり、大ヒット作品の仲間入りを告げた『キンプリ』の今を演者としてどう感じていますか?

八代拓(以下、八代):もう感謝しかないです。作品が公開されたときはどれだけ続いて、どれだけ見ていただけて、どれだけ広がるかが未知数。それこそ、公開される前に出来上がった作品を見せていただいた際には、『キンプリ』という作品の未知数さにどうなるんだろうと思いながら見ていたんですけど。見ていただいた人がTwitterで「見て!」とツイートしてくれたり、応援上映という映画の新しい形も相まってここまで広まったのは本当にありがたいことだなと思います。

――八代さんが演じたのは十王院ホールディングスの御曹司・十王院カケル。彼を演じるにあたって意識したことはありましたか?

八代:監督さんや音響さんと作りあげるなかで、僕の中に「十王院カケル」と通ずる部分があったみたいで。すごくやりやすくて思っていたよりもスムーズに収録させていただきました。カケルは表向きのチャラさやノリのよさがありながらも、一男としての内面的な部分ではすごく真面目なんだろうなと感じて。その塩梅が自分のなかでしっくりきたので、自由にやらせていただきました。


――役作りをしたというよりも自分の持っている要素を活かして演じられたのですね。

八代:キャラクターを演じるうえで、このキャラクターは「こういう風に思うんだ」「こういう風に動くんだ」と新鮮に思うことも多いんですけど、カケルの場合は「うんうん分かる!」とすぐに理解できました。そもそも自分の本名である”一男”を”カケル”と言っているところで、とてつもなく格好いいキャラクターではないんだなと思って。セリフとかでも「わんばんこ~!」ってノリは明るいんですけど、みんなに「一男」って言われたときに「カケルだよ!」って反論しちゃう部分が分かりやすいなって(笑)。チャラいなかでも、突き抜けきらない真面目な部分には共感しましたね。

――オーディションでは最初からカケルを受けられたのですか?

八代:実はオーディションではシンを受けたんですけど、オーディション会場で指示を受けて急遽シンとカケルの2役を演じました。そのときはカケルをよく知らなかったんですが、監督からはチャラ男と聞いたので、そのまま無我夢中で自分が思うチャラ男を演じました。後々から考えるとカケルとシンを並べたときにどっちかというと10:0で自分はカケルだなと思います。なので今となっては良かったですね。


――カケルはオタク気質で知識の幅が広い。八代さんが「ここだけはカケルに勝てるぞ!」という知識はありますか?

八代:スポーツですね。サッカーや野球、バスケ、F1となんでも見るんですけど、スポーツがTVでやっていたら絶対見る! というくらい好きです。僕自身もこれまで野球、バトミントン、フットサルをやっていたんですがとくに見ることが好きで。そのなかでもサッカーと野球をよく見ています。

でも、カケルもなんだかんだ色々なところに詳しいって考えたら……一番勝てそうなのは欧州のサッカーだと思います。スペインリーグやイングランドリーグ、イタリアリーグと色々あるんですけど。スペインとかだと時差の関係で日本では朝方の3時40分~4時45分頃にキックオフなんですよ。ちょっとマニアックな話なんですけど、イングランドは23時頃からスタートで、その後はイタリア、スペインが見れるっていう黄金の流れがありまして……読者の方には伝わらないかもしれないんですけど(笑)。それくらい熱意があります。走っているシルエットを見るだけで分かる選手もいますからね! これはカケルに勝ちたい!

――この熱意ならば勝てそうな気がします……! 応援上映ではカケルが登場するシーンでお客さんのレスポンスが飛び交う場面が多々あるのですが、実際に応援上映は体感されましたか?

八代:劇場ではまだ未体験なんですけれど、その光景は映像で見させていただきましたし応援上映でのカケルに対しての反応も噂では聴いて。そのなかでも「そんなレスポンスがあるんだ!」と思ったのが、「エーデルローズは死んだ」とカケルが言うシーンでお客さんからの「勝手に殺すなー!」というレスポンス。これには思わず突っ込み上手い! すごい! と感心しました(笑)。これに限らず、様々なシーンで応援上映の枠を超えて自ら楽しんでくれていることが伝わって面白い。『キンプリ』はファンの方の鍛えられ方が凄くて、どのシーンでも楽しめる様はまさにエリートだなと思いました。


■ アレクが時計を踏みつけるシーンは100回くらい連続で見てほしいですね

――そんな『キンプリ』のDVD&BDが6月17日に発売されますが、八代さんのおすすめのシーンや見どころのシーンはありますか?

八代:やっぱりレオとユキノジョウの入浴シーンは注目して見てほしいですね。


――そこは欠かせないんですね。シン役の寺島さんも同じことを言っていました(笑)。

八代:じゃあやーめよ(笑)。でも、やっぱりそこはおすすめのシーンですね。あと、プリズムショーのパート。とくにアレクとカヅキの対決シーンは見る見るうちにカットが変わっていくので結構気づけなかった演出やポーズがあると思います。そういうシーンはまた違った印象や楽しみがあって、ゆっくり見るだけでも楽しそうですよね。

カケルとしては、アレクが時計を踏みつけるシーンは100回くらい連続で見てほしいですね。アレクが一瞬で壊した時計は3千万だぞと! あっけなく壊れてしまったので、その重みを噛みしめてほしいですね。十王院だから出来たんだよと! それこそ、ここで「これ高いんっすよ~」と言うシーンは取り直したなぁ。しょぼんとして、拗ねた口調で演じたんですけど、監督から「(十王院財閥は総資産が)200兆円あるんで、そんなに残念がらなくていいですよ!」と言われて。なるほどなと思いながらも、そこはカケルとの金銭感覚の違いを感じましたね。やっぱり200兆円は想像の域を超すというか、大人なら出てこない現実味のない数字。それでも、「確かに200兆円のなかの3千万円ならそんなでもないか」となんとか自分のなかで解釈した覚えがありますね。


――DVDにはオリジナル新作ショートアニメも収録されます。久々にカケルを演じられることへの率直な気持ちを教えてください。

八代:カケルはカケルなので演じるにあたって変わることはないです。ただ、イベントでお客さんの顔を見ることができたり、カケルへの「養って」「出資して」というお言葉をいただいていることも知っているので、それを知った上でのアフレコは意識的にまた違いますね。見ていただけると思いながら演じられるのは幸せなことです。

そして、エーデルローズ生の7人で会話をすることが楽しみ。実は全員で収録をする機会がなかったんです。僕は寺島さんと五十嵐さん、永塚くんと同じ収録日だったんですけれど、都合で収録に遅れて行って1人で撮ったので会話はできていないんです。なので、声優同士の掛け合いもそうですけど、キャラクター同士が掛け合いをしているのを見てみたいなと思います。


――カケルが登場するシーンはカヅキやアレクなど他のキャラクターと一緒のことが多いように思いますが、それぞれのキャラクターとの掛け合いは演じるうえで意識されましたか?

八代:カケルは人によって態度が変わることがないと思っていて。アレクが来たから怖がるとか、タイガが来たから余裕ぶるとか、シンがきたから寄り添うとかがあんまりないキャラクターなんじゃないかなと思います。そして、これからそれがどう動くか深まるかが楽しみな部分ではありますけど、そこはブレることなく演じたいです。やっぱり一男をカケルと言い張っている時点で、カケルのなかで築かれているだろうキャラクター像があると思います。


――八代さんのなかには作り上げられたキャラクター像はありますか?

八代:憧れるんですけど、僕の場合はすぐにボロが出ちゃうと思います。影響されやすいので、アニメで見たキャラクターを見て「格好いいな」と真似してみようと思うんですけれど、ポンコツなのかボロが出ちゃいますね(笑)。


――また、DVDには初日舞台挨拶の模様が収録されますね。

八代:僕は登壇していないのですが、五十嵐さんが「なんか凄かった」という噂を聴いていて。誰に聴いても「なんか凄い」としか言われなくて、キンプリの感想かよ! と思ったんですけど(笑)。その場面をDVDで見れると思うと楽しみですね。僕は五十嵐さんと一回しかお会いしていないのですが、とても丁寧で優しくてミナトのままの暖かい声で。その想像とみんなが言う五十嵐さん像がかみ合っていないので、僕もしっかり確認しないとなと思っています。


■ 『ドラマチックLOVE』が聴きたくてYou Tubeを繰り返しみた

――来る4月26日にはサントラアルバムが発売されますね。八代さんはカケルとして劇中ED曲『ドラマチックLOVE』に参加していますが、歌う際に心掛けたことはありますか?

八代:『ドラマチックLOVE』は女性に向けて歌った寄り添うような曲なんですけど。カケルが歌うならノリノリで楽しそうに歌うんだろうなと思って、カケルの喋り方をそのまま歌声にできればと思っていたら、「ちょっと格好良く」歌ってほしいというディレクションを受けました。それでも、カケルはキザっぽいセリフを地で言いそうなキャラクターなので、そんなに大幅に変えることもなく歌わせていただきました。


――好きな歌詞はありますか?

八代:「恋した」って全員でいうところが好きですね。ソロで歌わせていただいた歌詞である「ラブしようベイベー」もそうですが、頭に残る印象的な歌詞がいい。曲調もエンディングで流れるのに明るくて、気持ちよく帰れる曲なのですごく好きです。


――お客さんのなかには『ドラマチックLOVE』を聴きたくて来場する方もいるそうです。

八代:その現象、僕にも起こったんですよ! 7人全員で歌っている『ドラマチックLOVE』を聴きたくて、なにか方法がないかなと思って、ずっとYouTubeのトレーラー映像を見ていました(笑)。1曲フルには流れないんですけど、1コーラスを何度も繰り返し再生しては「これこれ!」と思っていました。だから、聴きたくなる気持ちはすごく分かります。映画はもちろんですけど、曲にも中毒性がありますね。個人的にもサントラが発売されるのが楽しみだし、『EZ DO DANCE -K.O.P.REMIX-』が聴きたいです。アレクがあんなに威圧的なのにいざ歌うと美声! っていうギャップ。あのシーンはずるいよ! 好きだよアレク!


――カヅキとアレクの『EZ DO DANCE -K.O.P.REMIX-』のように、カケルとして歌う曲が今後でたらいいですよね。

八代:歌いたいですね~。ここからは勝手なイメージというか妄想なんですが、カケルはやっぱりイケイケな曲がいいですね。ただ、イケイケでも格好いいやつじゃなくてちょっとダサいくらいのやつがいいかなと。ダサいって真剣にやると物凄く格好いいじゃないですか。ド直球に格好いいのはシンくん、しっとりしたのはユキノジョウが歌ってくれそうだし、タイガはロックなイケイケを歌ってくれそうですし。レオちゃんはピコピコ系の可愛い曲がいいし、ユウのバラードも聴きたいなぁ。妄想だけでキャラクターアルバムができそうです(笑)。


――サントラが発売されることで今後できることの幅も広がりそうですね。

八代:『ドラマチックLOVE』は7人全員で歌えたら幸せだし、楽しそう!


■ カケルの秘められし素顔が明らかに! 眼鏡を外すと実はイケメン!?

――投票企画【PRISM KING CUP 次世代プリズムスタァ選抜総選挙】の結果では、選ばれたプリズムスタァがプリズムジャンプを披露することができますよね。

八代:カケルとしてプリズムジャンプを跳んでみたい気持ちもあるけれど、やっぱりみんなのジャンプも見たいですね。それぞれのジャンプ名も個性的で気になりますし。今のところは誰が跳ぶか分かりませんが、いつか皆さんの熱意で全員が跳べたらいいなと思います。カケルとしても「本気DEデート! オ・モ・テ・ナ・シ FirstClassへご招待」で是非ともお持てなししたいですね。その時はもしかしたらカケルが眼鏡をとるかもしれませんし。


――眼鏡をとったカケル、気になります……!

八代:実はあるんですよ! カケルを含めみんなが見たことない顔がまだまだあるんですよね。カケル、実は凄く格好いいんですよ。キャラデザの松浦さん曰く、一番イケメンに見える輪郭の描き方をされているらしいです!


――眼鏡を外すと十王院財閥の役員であることをひしひしと感じますね。

八代:確かに(笑)。仕事モードのカケルですよね。本当は格好いいんですよ!


――今後やりたいことや期待することはありますか?

八代:たくさんあるんですけど、なによりストーリーが完結していないので。たくさんの人の『キンプリ』への愛と熱量でどういう形でも続編を見ることができたら嬉しいですね。


――今や大ヒット作品の仲間入りを遂げた『キンプリ』。八代さんにとってどんな存在になっていますか?

八代:『キンプリ』もカケルも愛されているという現状がありながらも、まだ全然中身を掘り出し切れていないという思いが凄く強いです。そういう意味では『キンプリ』は宝箱のような存在で、可能性の塊です。これから自分が色々な活動をしていくにあたって、その先の将来で楽しみなものですね。自分のこれからとして凄く楽しみな存在です。


――これまでのお話を聴いていると、演者としてだけでなく作品のファンとしても『キンプリ』を大事に思われているのだなと感じました。

八代:そうですね。カケルを演じながらもほかにも魅力的なキャラクターがたくさんいる。そして、彼らの物語がどんな風に展開されていくのかさっぱり分からない。一視聴者としても続編が楽しみです。早くみたい!


――ありがとうございました!



[取材・文/河内香奈子]

■この記事を読んだ人は次にこの記事を読んでいます!

『キンプリ』作曲陣に訊く、楽曲制作の裏側

響け!ユーフォニアム・アサダニッキさんがプリズムスタァに魅了される理由

劇場版『キンプリ』制作スタッフ陣のアツすぎる想い!

劇場アニメ『キンプリ』ソング&サントラを聴き終えて

『キンプリ』声優陣が監督から言われた特殊な指示とは?


■ 『キンプリ』スペシャルイベント開催決定!!

 全国公開中の『キンプリ』のロングラン大ヒットとDVD&Blu-rayの発売を記念して、“Over The Rainbow”こと、柿原徹也さん・前野智昭さん・増田俊樹さんの3名が参加するスペシャルイベントの開催も決定! 9月11日(日)、東京国際フォーラム ホールCにて昼夜2公演で行われます。イベントでは、Over The Rainbowキャストによるスペシャルトークイベントに加え、みんなと盛り上がれる『キンプリ』応援上映も行われるそうです。お見逃しなく!!

日程:2016年9月11日(日) 昼の部・夜の部 1日2回公演実施
 ※公演時間は追って公式HPのイベントページにて発表。
場所:東京国際フォーラム ホールC
(東京都千代田区丸の内3丁目5-1)
※イベント日時、会場は変更になる可能性があります

[出演者]
柿原徹也(神浜コウジ役)
前野智昭(速水ヒロ役)
増田俊樹(仁科カヅキ役)
※出演者は変更になる可能性がございます。

[チケット]
各6,800円(税込) 来場者特典付き
※全席指定
※3歳以上有料。3歳未満入場不可
※来場者特典の受け取りは会場にて当日限りとなります

[チケットお申込み方法]
公演チケット最速抽選先行受付のご案内:
6月17日発売 KING OF PRISM Blu-ray&DVDをご購入いただき商品に同封されておりますシリアルコードを専用URLにご入力ください。
受付期間:2016年6月17日(金)10:00~予定

※その他の詳細は公式HP他にて後日発表致します。

主催:エイベックス・ピクチャーズ株式会社


<公開情報>
■劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』
2016年1月9日(土)新宿バルト9他 全国ロードショー
★6月18日(土)より4DX上映スタート!

【スタッフ】
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア
監督:菱田正和
脚本:青葉 譲
CGディレクター:乙部善弘
キャラクター原案&デザイン:松浦麻衣
プリズムショー演出:京極尚彦
制作:タツノコプロ:
配給・宣伝:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
製作:キングオブプリズム製作委員会

【キャスト】
神浜コウジ:柿原徹也
速水ヒロ:前野智昭
仁科カヅキ:増田俊樹

一条シン:寺島惇太
太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬
香賀美タイガ:畠中 祐
十王院カケル:八代 拓
鷹梁ミナト:五十嵐雅
西園寺レオ:永塚拓馬
涼野ユウ:内田雄馬
管理人:浪川大輔
如月ルヰ:蒼井翔太
大和アレクサンダー:武内駿輔
氷室聖:関俊彦
黒川冷:森久保祥太郎
法月仁:三木眞一郎
 他



【ストーリー】
華々しくデビューを果たしたOver The Rainbow。
彼らを目指して、エーデルローズには続々と新入生が入学した。
4年に一度の「プリズムキングカップ」へ向けて練習を重ねるヒロ達だったが、
突如「シュワルツローズ」という対立勢力が現れて・・・
“最も女の子の心をトキめかせた男子“ だけが得られるプリズムキングになるのは、誰だ!?

■Over The Rainbow振り返りムービー「90秒でわかるOver The Rainbow」はこちら!



<リリース情報>
■「劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm」初回生産特装版Blu-ray Disc/DVD
発売日:2016年6月17日
価格:Blu-ray+CD: 12,000円+税 / DVD+CD: 11,000円+税
初回生産限定版:
【初回仕様】・三方背ケース入り・特殊ケース仕様
【初回特典(封入)】・縮刷絵コンテ集(アバンパートのみ収録)・特製ブックレット

[収録内容]
●Blu-ray DISC/DVD
・本編59分
・特報&PV集
・初日舞台挨拶映像(出演:寺島惇太、畠中 祐、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬)
・劇場先付映像集(「次世代プリズムスタァ選抜総選挙」3種、「愛をいっぱい届けてね!オーバー・ザ・バレンタイン上映会」、「一条シン&如月ルヰ 生誕上映会」、「愛をいっぱいありがとう!ホワイトデー上映会」、「今夜は寝かせちゃう!グンナイ?全国4都市トキメキ一挙上映ツアー」)
・オリジナル新作ショートアニメ(監督:菱田正和 脚本:青葉 譲)

●CD:
劇中挿入歌 本編用編集バージョン


■劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm 通常版Blu-ray Disc/DVD
発売日:2016年6月17日
価格:Blu-ray:6,800円+税 / DVD:5,800円+税
初回特典(封入):特製ブックレット
[収録内容]
●Blu-ray DISC/DVD
・本編59分
・特報&PV集
※収録内容ならびに収録順は変更になる場合がございます。
その他の詳細は公式サイト参照。


■ニューアルバム「劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm Song&Soundtrack」
 EDテーマ「ドラマチックLOVE」&挿入歌「EZ DO DANCE -K.O.P. REMIX-」(カヅキ&v.sアレク)やオリジナルサウンドトラックを収録したニューアルバムが4月27日発売決定!

発売日:2016年4月27日(水)
価格:3,500円
出演:柿原徹也、前野智昭、増田俊樹、寺島惇太、斉藤壮馬、畠中祐、八代拓、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬、蒼井翔太、武内駿輔

[収録内容]
<DISC1>
1. ドラマチックLOVE(シン、ユキノジョウ、カケル、タイガ、レオ、ミナト、ユウ)
2. EZ DO DANCE -K.O.P.REMIX-(カヅキVSアレクサンダー)
3. pride ?Louis ver.-
4. Over the Sunshine! -Shin with Over The Rainbow ver.-
5. オーディオドラマ『華京祭は大騒ぎ!』(神浜コウジ・速水ヒロ・仁科カヅキ)
6. ドラマチックLOVE inst.
7. EZ DO DANCE inst. -K.O.P.REMIX-
8. pride -Louis ver.- inst.
9. Over the Sunshine! inst.

<DISC.2>オリジナルサウンドトラック
1. プリズム・ジャンプ
2. プリズムの王者(メインテーマ)
3. メインタイトル 1
4. メインタイトル 2
5. ユキノジョウ変化(へんげ)
6. 初登校
7. 寮の案内
8. 礼拝堂にて
9. オバレとの出逢い
10. 三人の語る過去話(確執)
11. 三人の語る過去話(和解)
12. ルヰ
13. PRISM その愛(愛のテーマ)
14. 浴場にて
15. 聖とCoo
16. 対決
17. カヅキ vs アレク
18. それぞれの思い
19. シュワルツローズ
20. コウジの旅立ち
21. 輝く未来
22. 独裁者・仁
<以降、本編未使用楽曲>
23. 寂しい王者(メインテーマ変奏)
24. 楽しいサイクリング
25. シンとルヰ
26. 楽しい食事
27. 誤解
28. バトル
29. 三人の語る過去話(回想シーン)


■Over The Rainbow「ROAD to Over The Rainbow ~デビュー2周年記念DVD~

アーティスト名: Over The Rainbow(cv.柿原徹也・前野智昭・増田俊樹)
発売日:
[シアター限定版] 2016年1月9日
[通常版] 2016年2月12日
価格:3,800円(税抜)
劇場購入特典:DVDジャケットイラストブロマイド

【収録内容】
「プリティーリズム・レインボーライブ」Over The Rainbow傑作選
第6話 「クールなハートがビートでヒート!」
第8話 「男の勝負はダンスバトル」
第18話 「俺はヒロ!絶対アイドル☆愛・N・G」
第31話 「目指すは勇者!フリーダム!!」
第39話 「湯けむり!虹色カッパ伝説」
第45話 「薔薇の革命」
第51話 「GIFT」
※内容は変更になる場合がございます。


■Over The Rainbow ベストアルバム「Over The Rainbow SPECIAL FAN DISC」

アーティスト名: Over The Rainbow(cv.柿原徹也・前野智昭・増田俊樹)
発売日:
[シアター限定版] 2016年1月9日
[通常版] 2016年2月12日
価格:3,800円(税抜)
劇場購入特典:DVDジャケットイラストブロマイド

【収録内容】
「プリティーリズム・レインボーライブ」Over The Rainbow傑作選
第6話 「クールなハートがビートでヒート!」
第8話 「男の勝負はダンスバトル」
第18話 「俺はヒロ!絶対アイドル☆愛・N・G」
第31話 「目指すは勇者!フリーダム!!」
第39話 「湯けむり!虹色カッパ伝説」
第45話 「薔薇の革命」
第51話 「GIFT」


■「プリティーリズム・レインボーライブ」が気になる方はこちら!
DVD『プリティーリズム・レインボーライブ DVD BOX-1&2』
>>BOX-1商品ページ
>>BOX-2商品ページ

■いますぐOver The Rainbowのナンバーを聴きたい方はこちら!
>>「プリティーリズム・レインボーライブ プリズム☆ボーイズコレクション」
>>「プリティーリズム・レインボーライブ プリズム☆ソロコレクション byコウジ&ヒロ&カヅキ」


>>「KING OF PRISM by PrettyRhythm」公式サイト
>>「KING OF PRISM by PrettyRhythm」公式Twitter(@kinpri_PR)

(C) T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング