menu
アニメ
『けもフレ』が誕生の話と、つんく♂との驚愕の関係!?

『けものフレンズ』が生まれたホントの話と、つんく♂との驚愕の関係!? ヤオヨロズ・寺井社長独占インタビュー

動物園とのコラボや再ゲーム化、舞台化など、放送終了後も話題の尽きない『けものフレンズ』。そんな大ヒット作品を世に送り出したアニメ制作会社「ヤオヨロズ」で、代表取締役を務める寺井禎浩氏にお話を伺ってきました。

実はこの寺井氏、なんと様々なアーティストと共に音楽業界をつくってきた人物です。そんなすっごーい経歴を持つ人物なのに、お話がめちゃくちゃおもしろいんです! そんな寺井氏が、どのように「ヤオヨロズ」を立ち上げ、『けものフレンズ』を作ったのか? 興味深いお話をたくさん聞いてきました。

なお、『けもフレ』ファンにはお馴染みの福原慶匡プロデューサーとたつき監督との出会いも伺ってきました。『けもフレ』のみならず、アニメ、アイドル、エンタメを愛するすべての読者に読んでいただきたい、超ロングインタビューです。

取材日:2017年4月17日

▲ヤオヨロズ株式会社 代表取締役 寺井禎浩氏

▲ヤオヨロズ株式会社 代表取締役 寺井禎浩氏

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

目次

つんく♂さんと共に時代を作った人物がアニメ業界の扉を開いた理由

——寺井さんはアニメ業界ではなく、芸能のお仕事をされていたと伺っていますが、経歴をお聞かせください。
寺井禎浩氏(以下、寺井氏):僕は「つんく♂」がアマチュアのころからマネージャーをやっていたんです。「シャ乱Q」がアップフロントエージェンシーからデビューした後、プロデューサーとして活動し始めた頃に、つんく♂と一緒に会社をすることにになったんです。

——冒頭からアニメとゼンゼン関係のない衝撃的なお話なのですが!
寺井氏:アニメは関係ないですね。それで僕はアップフロントにお世話になって7年ほどつんく♂の事務所の社長をさせてもらったんです。「ハロプロ(ハロー!プロジェクト)」とか「松浦亜弥」とか「ミニモニ。」の時代の頃ですね。だから「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」(ミニモニの1stシングル)のなかに僕の声が入ってたりもしますよ(笑)。そんな感じで、芸能の方面でエンタメに接していたんです。


——そのような方が、なぜアニメを作るようになったのか興味深いです。
寺井氏:そんな仕事を続けていていたんですが、つんく♂が結婚した頃、時を同じくして新しく会社を持つようになったんです。それが「ジャストプロ」です。せっかくなんでその会社で芸能だけでなく、何か新しいこともやってみたいと思い、取り組んだのがアニメだったんです


——世の中にいろんな仕事があると思うのですが、なぜアニメを選んだのでしょうか?
寺井氏:それまでずっと音楽で芸能に携わらせていただいていましたが、会社を作った時に海外にも通用しそうな音楽とは違うコンテンツ事業にもチャレンジしたいという気持ちもあって、そんなとき、福原(『けものフレンズ』のプロデューサー)に出会ったんです。


——福原さんは、どのような方でしたか?
寺井氏:厳密にはその10年くらいに一度会ってるんですが、そのときはスルーしてたんです。でも10年経って「久しぶり。なにしてる?」みたいなハナシになったとき、福原がアニメのことをさんざん語ってくるんですよ。それを聞いて、「コイツ、よぉ知っとるなぁ」と感心したんです。そのころ彼は「つばさエンタテインメント」の取締役でしたね。
長いこと芸能の仕事をしていると人間関係のぐしゃぐしゃとかをよく見るんですけど、福原はそんな姿勢は一切なく、すごくピュアにアニメについて熱弁してるんです。


——どんなことを語っていたか覚えていますか?
寺井氏:たしかニコニコ動画のこととか、アニメ文化のこと、初音ミクなど、すごくロジカルに教えてくれました。特に『MMD(MikuMikuDance)』という3Dアニメツールについて熱く語っていたのは、いまでも覚えてます。僕はそこで初めて『MMD』を知りました。無償のツールなんですよね? しかも、それを使っていろんなクリエイターが無償でオモロい作品を作りまくってるんです。


——そうですね。誰でも使えるツールですし、ニコ動でも人気のコンテンツです。
寺井氏:それを聞いて僕は、「そんだけ知ってるんやったら、これでアニメ作ったらええやん? オレはよーわからへんけど、お金集めてくるわ」と言ったんです。

 

クリエイターの熱量に惚れ込んで作った『直球表題ロボットアニメ』の寺井流資金調達術とは!?

——えぇぇ? もしかして、それが『直球表題ロボットアニメ』なのでしょうか?
寺井氏:そうです。それで『直球表題ロボットアニメ』の制作がスタートしたんです。僕はずっとつんく♂を見てきて学んだのですが、情熱を持って、クリエイティブのことをまっすぐ捉えている人が成功の一番の鍵だと思ってました。僕はアニメに対して深い知識がなかったので、クリエイティブの中身は詳しい人たちに作ってもらおうとしたんです。それでMMDer(MMDのクリエイターたち)を何十人も集めて、「ロボットものがええんちゃうかー?」とか話し合って作り始めたんです。
▲『直球表題ロボットアニメ』に、寺井氏は、「チーフプロデューサー:寺井 禎浩」として参加

▲『直球表題ロボットアニメ』に、寺井氏は、「チーフプロデューサー:寺井 禎浩」として参加

——『直球表題ロボットアニメ』のスタートは、寺井さんが大きく関わっていたのですね。
寺井氏:だって彼らが一円も取らずにタダでニコニコ動画にすばらしい作品をアップしているのを知ったのが一番の感動だったから。その気持で作ったアニメは、間違いなくいい作品になると思ったんです。大人の事情を関係なく、「このアニメを作りたい!」と思ったものを作ってほしかったんです。
そのときに僕からお願いしたのはふたつだけ。作ったモノはテレビで放送するから納期を守らなあかんのと、放送コードに引っかかる作品はあかんということだけ言いました(笑)。


——内容について、寺井さんが指示したことはありますか?
寺井氏:なんにもクチを出さなかったですね。相談されたことはあるけど、「へー、こんなアニメになるんや? おもろいな〜」とか、「スゲーなぁ。自分、上手いこと作るな〜!」しか言えませんよ。

一同:(笑)


——単なるファンみたいですね(笑)。
寺井氏:そうです。ほんまに中身に関してはドレがいいとかわかりません。僕じゃなくて、アニメ好きが「おもろい」と思うものが、きっとアニメ好きから求められてるんだろうな〜と思いました。僕は関西人だから、「おもろいもの」と「楽しいもの」は大好きです。みんなで一緒に情熱を注いで仲よく作ったモノがおもしろいモノになると信じてました。だけどそういったアニメを作るには、彼らを何ヶ月も拘束するわけなので金が必要になる。それを集めるのが僕の仕事だったんです。


——お金を集めるのは簡単なことではないと思います。
寺井氏:僕は芸能の仕事をメインでしているので、芸能の人脈はあります。そこで知り合った方々に、「やってみませんか?」と声をかけてまわったんです。だけど僕もよくわかってないので、ひとクチで何千万も集めるのは心苦しい! だからひとクチの上限を決めて「寺井に騙されたと思って許してもらえる金額にしてくれ」と言ってまわったんです。

一同:(爆笑)

寺井氏:そりゃそうですよ。儲かるかどうかなんて、やったことないのでわからへん(笑)。でももちろん、ちゃんと返す気持ちはありましたよ。


——そしてすぐに資金調達ができたのでしょうか?
寺井氏:「笑える金額にしてくれ」と言ってるのに、ありがたいことに「もっと出したい」って言ってくれた人もいましたね。でも、そこは「あかんあかん! 関係値がおかしくなる」って止めました。そんなことをやって、制作に必要なお金を集めたんです。僕がやったのはそれだけ。たまに説得しないといけない人もいたんですが、そういう難しい話になったら福原を連れて行くんです。僕は福原が説明してるのを、横で聞いてるだけでした。


——ありがとうございます! 『けものフレンズ』のお話を聞きにきたのに、まさか『直球表題ロボットアニメ』の誕生秘話について聞けるとは思っていませんでした(笑)。
寺井氏:僕が福原と会ったとき、「コイツすごいな」と思ったんです。それはアマチュアの頃のつんく♂と会ったときと同じ感覚でした。つんく♂は音楽を成功させたくて、福原はアニメを成功させたいというだけの違いです。僕はなぜか、ものすごくクリエイティブで、ものすごくピュアな人のヒキが強いんだと思います。その後に知り合うことになる『けものフレンズ』を作ったたつき君も同じです。


——それだけのクリエイターと会っていると、対面したクリエイターが売れるかどうか、直感でわかりますか?
寺井氏:ゼンゼンわからへん!

一同:(笑)

寺井氏:でもね、そいつの情熱がホンモノかどうかはわかります。僕が大学一年で、つんく♂が大学二年のとき、アイツは「売れたい」、「デカいとこでコンサートをしたい」、「女にもてたい」と情熱を語っていました。僕はそれに魅了されたんです。
福原もつばさエンタテインメントの取締役をやりながら、アニメに対する情熱がめっちゃすごかったんです。だから、きっとすごいピュアな人間なんだと思います。なので話を聞いてるうちに、「コイツやったら金が全部なくなってもいいな」と思えたんです。そして、絶対に裏切るヤツじゃないのがわかっていたのもあります。


——それで『直球表題ロボットアニメ』が完成し、寺井さんから見た感想はいかがでしたか?
寺井氏:内容に関しては、アニメに詳しくないのでよくわかりませんが、『直球表題ロボットアニメ』に出資してくださったみなさんには130%くらいにして返せました。そこはビジネスモデルも勉強したんです。既存のアニメのスタイルを学びながら、もっと儲かる方法をね。
いくら小額とはいえ、なんだかわからない僕らの一発目のアニメに「気持ち」で投資してくれたんだから、福原と「出してくれた人には絶対に返さなあかんぞ!」と話し合っていたんです。




『直球表題ロボットアニメ』はこうして作られた! スタッフに聞く!
▲福原Pも参加する『直球表題ロボットアニメ』のインタビューはこちら。

 

ブランドの確立のために立ち上げたアニメ制作会社「ヤオヨロズ」

——その当時から「ヤオヨロズ」という組織はあったのでしょうか?
寺井氏:いや、ありませんでした。『直球表題ロボットアニメ』が終わって『日経エンタテインメント!』さんとか、いくつかのメディアに取り上げてもらって話題になったんです。ちょうどその時期に、日テレさん(日本テレビ放送網)が連絡をくれて、それが『てさぐれ!部活もの』につながるんです。
▲『てさぐれ!部活もの』に寺井氏はプロデューサーとして参加

▲『てさぐれ!部活もの』に寺井氏はプロデューサーとして参加

——また『けものフレンズ』ではないアニメの誕生秘話を! 今日は驚きの連続です。ありがとうございます。またひとつ、謎が解けました。そして、二人で「ヤオヨロズ」を作るんですね。
寺井氏:そうなりますね。まぁ、僕はいまいろいろ偉そうにしゃべってますけど、だいたい福原が決めてるんですけどね。

一同:(笑)

寺井氏:ヤオヨロズでの僕の仕事は、大人の事情の交通整理だけです。クリエイターが物作りをしやすい環境を整えないと、いいものは生まれないと思うんです。これはつんく♂から学びました。


——エンタメ業界で大ヒットさせた経験のある寺井さんしかできない仕事ですね。
寺井氏:自分はほんとになにもしていないです。音楽のときもアニメのときも、だた、ものつくりが大好きな人に任せています。常々それはこころがけています。こういったインタビューも、「福原・たつき」が出て、いろいろ語ったほうがいいんですよね。僕の仕事は環境づくりですから。


——ヤオヨロズの作品は、順調にファンを増やしているように感じますが、いままでヤオヨロズで失敗したことはありますか?
寺井氏:「失敗してない」というよりも、悪い言い方をすると「ビジネス的に期待してない」んです。僕も福原も本業があるから、ヤオヨロズでは「おもしろいと思ったものを全力で作ってくれ」としか言いません。でもね、僕はエンタメにおいてそれがイチバン大事だと思ってます。あと、もちろんですが、たくさんの失敗もしているんです。

テレビアニメ『てさぐれ!部活もの』石舘監督&福原プロデューサーにインタビュー
▲『てさぐれ!部活もの』インタビュー。こちらにも、福原Pが参加

 

次ページでは「ようやく本題!! 『けものフレンズ』が誕生した舞台裏を寺井社長が語る」
(C)けものフレンズプロジェクト
おすすめタグ
あわせて読みたい

けものフレンズの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー