アニメ
『チェンクロ』の気になることを工藤監督と内田さんに聞いてみた!

マリナが看護婦なら、フィーナは嫁!? アニメ『チェンクロ』の気になることを工藤昌史監督と内田彩さんに聞いてみた!

 SEGAの人気アプリゲーム『チェインクロニクル〜絆の新大陸〜』(現在、『チェインクロニクル3』。以下、チェンクロ)が、2016年に『チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜』としてアニメ化されました。3章に分けて映画館で上映された劇場版、全12話が放送されたTV版と、同じ作品を2度楽しめるということで、ファンの中でも大きな盛り上がりを見せた本作がついにBlu-rayで登場です。

 今回はそんな記念すべきタイミングで、監督の工藤昌史さんとマリナ役の内田彩さんにインタビューを行うことができました。アニメのオリジナル展開、ゲームからの声優変更、マリナの魅力など、ファンが気になるアレコレをぶつけてみました!

ゲームのいい部分をアニメに
──アニメ『チェンクロ』の劇場公開とTV放送を終えてみて、現在どう感じていますか?

内田彩さん(以下、内田):アフレコのときに見ていた映像は着色されていないものなので、何が起こっているのか状況がわからないことも多いんですよ。綺麗に着色されたものを改めて見てみると、“マナ”(※1)で必殺技を使う姿などもわかって「なるほど。これがアニメならではの表現なんだなぁ」と、ゲームのファンとしても思いました(笑)。

今回、私がマリナを演じさせていただきましたが、もともとのゲームでは佐倉綾音ちゃんが演じています。ユーザーとしてゲームをプレイしていただけに、ちょっと不思議な感覚ですね。アニメの放送が終わって一段落した今でも、不思議な感じです(笑)。

工藤昌史さん(以下、工藤):本作では、僕がゲームをやってみて面白かった部分や「ここがいいな」と思った部分は再現したかったんです。最初に『チェンクロ』を映像化する際に「『チェンクロ』らしさって何かな?」と考えて、いろいろ要素を書き出していった結果、今の形になりました。ひとつ言えることはマナだけは絶対に外せなかった。

内田:私、そのことをいろんな人に話しちゃうんですよ!  ゲーム内にはマナを奪う敵が出てきたりするんですけど、それがアニメでもしっかり再現されているんです。ブルクハルト(CV:川原慶久さん)がアラム(CV:山下大輝さん)にマナを取られて、「私のマナを!」と言ってたりしていて、アニメでも「マナを取ったりできるんだ!」とビックリしました(笑)。

監督が細かいところまで表現してくださったからこそ、アニメがゲームと結び付けられているんです。アニメを見てからゲームに興味を持った人が、「あのときあいつがマナを取られたのはそういうことか!」と思えるような作りになってますよね。

工藤:“精霊石”(※2)なんかもちょっと出てきたり(笑)。

内田:あれ、すごく面白くて笑っちゃいましたよ(笑)。

工藤:そこは、ゲームをやってる人にしか分からないところですね(笑)。

ユーリ(CV:石田彰さん)が黒騎士から元に戻る場面では、過去の自分を乗り越えるわけですが、それは“限界突破”(※3)のイメージなんです。限界突破は「自分で自分を乗り越えた瞬間なのではないか」と思い、表現しました。

※1:ゲームでは必殺技を使用する際に必要になるもの。魔力や力の源のような生命の根源でもある。
※2:ゲームでガチャを回したり、スタミナを回復するのに使用できるアイテム。アニメでは、重要な動力源として登場。
※3:同じキャラクターを合成することで、キャラクターを強化できるゲーム内システムのこと。

──その他にもアニメならではの描写もありました。アンデットとの戦闘では、マリナはこういう戦い方もしてるのか、と新たな発見でした。

内田:マリナは回復役のヒーラーで、ゲームでも回復技を使っています。アニメでは、仲間の回復はもちろん、それに加えて動きがあるので、「技を使うっていうことはこういうことなんだな」と気付かされて、すごく面白く感じてました。シリアスなシーンでもそういう動きを見ているだけで「なるほどなー、面白いな」と思ってしまうことが本当に多かったんです(笑)。

ゲーム内だと、何かが起きてSDキャラたちが戦闘、という流れなんですが、アニメでそういったシーンを見てみると、「国が深刻な状況に置かれているということはこういうことなんだな」と、気付かされましたね。柳田さん(ヴェルナー役・柳田淳一さん)が舞台挨拶でよくネタにしていましたが、義勇軍が戦闘から帰ってくる際に村人に泥を投げつけられたり、ゲーム内では描かれていないことをアニメでは事細かに描かれていたので、私も印象に残っています。

工藤:そのシーンに関してもいろいろと想像しながら作りました。黒化の影響でマナが枯渇しているのなら、農民が耕してる畑も大変なことになってるんだろうなって思ったんです。柳田さんが作っていたぶどう畑(※4)が黒化してぶどうが採れなくなってしまったら、そうなるんじゃないかなって(笑)。ユーリたちは立ち向かう困難が多すぎて、いろんな困難に立ち向かっていかなくてはいけないのが大変でした。

※4:第1話の畑仕事をしている村人は、柳田さんが兼役で演じています。

──実際に戦争が起こっていたとしたら、あのような感じになりますよね。

内田:ゲームでは村人などと触れ合うシーンがあまり描かれたりしてませんからね。たまに農民のおじさんが出てくるのはありますけど。

工藤:その中でも、テキストで読んで印象に残ってるモブキャラっていますよね。そういったところも大事にしたいと思って、そこの世界に生きてる人たちもなるべく描いていきたいという気持ちがありました。

マリナとフィーナの違いを出すために
──アニメでは特にフィーナが魅力的だと感じました。何か狙いがあったのでしょうか?

工藤:フィーナの扱いが難しくて、途中までお荷物みたいな感じなっちゃってるんですよ。だから、最後のほうはぶち上げたいなと(笑)。ゲームでもフィーナはヒーラーなので、マリナと役割が被っちゃうんですよね。そういったところでの差別化をみんなで考えました。

内田:私もそこはちょっと気にしていました。もともと佐倉綾音ちゃんがマリナやっていたこともあるんですけど、倒れているユーリをフィーナが看病するシーンもあって、マリナとフィーナの立ち位置が近いなと思ったんです。ゲームだと各イラストレーターさんがイラストを担当しているので、ビジュアル的に違った雰囲気があるんですけど、アニメはメインのキャラクターは監督がデザインされています。それもあって、よりフィーナとマリナの立ち位置が近くなったので、「どうしよう?」と考えていましたね。

──演技面ではどういった違いを出そうと思いましたか?

内田:ゲーム内では、よく石につまずいて、「はいはい、頑張れー」ってみんなに言われるドジっ子なところも多いんですけど、アニメでのマリナはちゃんとしているシーンが多かったので、「真面目にやろう!」と思いました(笑)。

アラムと絡むシーンでは、ゲームでよく見るマリナらしさが出ていたので、そのときは強く意識しながら演じていましたね。ゲームファンのみなさんには、そのシーンを見て、「あっマリナだな」って思ってもらえたら嬉しいなと。マリナらしさもちゃんと出せたので良かったです!


──監督から見てマリナはどういったキャラクターですか?

工藤:マリナは、ゲーム内だと上級のヒーラーだと思うんですよ。看護師さん的な感じもありますよね(笑)。だったら、フィーナは“嫁”って感じにしておくのが一番いいのかなと思ってたんです。内田さんも大変だとは思ったんですが、以前に別作品でご一緒したこともあって、そのときに腕は見てるんでお任せしようと思いました(笑)。

その期待通りに、ちゃんと演じてくださったので、それだけでマリナというキャラクターは作れましたね。ラストでカイン(CV:豊永利行さん)とミシディア(CV:今井麻美さん)と駆けつけるシーンもお気に入りです。

内田:私もマリナを演じられて嬉しかったですね。義勇軍のメンバーって、ゲームでは最初に使うキャラクターたちなんです。だから思い入れが強いというか。物語がどんどん進んでいくと、強いキャラクターが仲間になって、そっちばっかり使っちゃうから、義勇軍のメンバーとは「そういえばあいつら今ごろ何しているんだろう」って疎遠になっちゃうんですけどね(笑)。

そんな義勇軍のメンバーが、あの局面で駆けつけてくれると、「よかった、こいつらやっぱり義勇軍だ!」って思いましたね。ゲームプレイヤーである私も監督も含め、あのシーンはよかったって思いますね!

工藤:実はあのシーン、義勇軍のメンバーは、ちゃんとVer.2(※5)になって成長して出てくるんですよ。カインやミシディアも技が強くなっています。ただ、マリナをどう表現するのかも課題でした。アニメオリジナルの展開だったんですけど、拘束魔法的なガチッと捕まえるマリナの魔法を使うくらいならできるんじゃないか? と思って入れさせていただきました。

──今回、『チェインクロニクル〜ヘクセイタスの閃〜』のBlu-rayが3巻同時発売されます。改めてアニメを楽しむファンの皆様に向けて一言ずつメッセージをお願いします。

内田:『チェインクロニクル』は絆の物語なので、いろんな人たちが支え合ったり、助け合ったりしながら冒険が進んでいきます。ゲームをやっている私も、いろんなところに魅力が詰まっているのを感じられる作品でした。ぜひ止めたり巻き戻ししながら隅から隅まで楽しんでいただけたらと思います! アラムのカードも付いてきますよ!(笑)

工藤:そうなんですよね。特典が結構付いてきます。本編の裏で起こっていたことを描いた書き下ろし小説も付きます。あとは、劇場版とテレビ版の両方が付いてくるのでお得だなと思いました(笑)。両方の違いを見比べられるんで面白いですね。


──(笑)。本日はありがとうございました!

[インタビュー/石橋悠]


1989年(平成元年)生まれ、福岡県出身。アニメとゲームと某王国とHip Hopと自炊を愛するアニメイトタイムズの中堅編集者兼ナイスガイ。アニメイトタイムズで連載中の『BL塾』の書籍版をライターの阿部裕華さんと執筆など、ジャンルを問わずに活躍中。座右の銘は「明日死ぬか、100年後に死ぬか」。好きな言葉は「俺の意見より嫁の機嫌」。

この記事をかいた人

石橋悠
1989年福岡県生まれ。アニメとゲームと某王国とHip Hopと自炊を愛するアニメイトタイムズの中堅編集者。

担当記事

関連記事
【そろそろBLのこと知ってみませんか?】いまさら聞けない商業BLの世界!「アニメイト編集部BL塾」開校【前編】
近年盛り上がりが急激に加速している「ボーイズラブ(通称、BL)」。20年以上前は秘匿性の高かったジャンルが、過渡期を迎えていた。ところが、アニメイトタイムズ編集部員の石橋さんはほとんどBLに触れてこなかった様子。BLの知識はほぼないに等しい。アニメイト社員ともあろうものが、このままでは波に乗り遅れてしまう。やばい、やばすぎる。……ということで、「アニメイトタイムズ編集部員にBLのアレコレソレを教えて!」と急遽助っ人を要請。「アニメイト編集部BL塾」と題して、BL塾の開校に踏み切った。今回の企画では、BL通のライター・阿部裕華が先生役となり、BLの世界をいちから初心者の方に向けてご案内。BLを知りたい! もっと深く知りたい! と思っている読者のみなさんは、石橋さんとともに生徒気分でお楽しみを。※BL事情は諸説あるため、本企画には個人的見解も含まれています。※一部、R-18の作品も紹介しています。<登場人物>●阿部裕華フリーのライター。本企画の助っ人。石橋さんの飲み友達。BL愛好歴15年。『好きなものは好きだからしょうがない‼』に衝撃を受け、BLへ沼落ち。黒髪メガネ受けが登場する商業BLマンガは一通りチェックする。今回の先生役。●石橋悠アニメイトタイ...
関連記事
「田村ゆかり BIRTHDAY LIVE 2018」に王国民歴10年の編集者と初参加ライターで参戦してみた
「ゆかりん(田村ゆかりさん)が2018年2月24日、25日、27日に武蔵野の森総合スポーツプラザで、「田村ゆかりBIRTHDAY♡LIVE2018*Tricolore♡Plaisir*」を開催するんです。その名の通り、バースデーライブ。せっかくの機会。非常に貴重なライブなので、取材してください」アニメイトタイムズの編集者・石橋さんから、上記のメッセージが届いたのは2月中旬のこと。スケジュールを確認した結果、25日・27日なら取材可能だった。彼にそのまま伝えると「参加するなら27日が圧倒的にオススメです」とキッパリ。その理由を聞いてみると、田村ゆかりさんが誕生日当日にライブを行うのは5年振りということらしい。「2度とないこの日のライブにこれまでにないレポートを書いてほしい」これが僕に課せられたミッションだ。「当日は横で解説お願いしますよ?」(川野)「いや、それは無理です(即答)。僕は3日間全て客席にいるので」(石橋)なるほど。アニメイトタイムズの編集担当・石橋さんは生粋の王国民(田村ゆかりさんのファン)だった。こんな贅沢な時間を取材席で淡々と見つめることはできないと。1人のファンとして声を熱を届けたい。応援したいという大人の判断である。「僕は初心者の目線としてラ...
関連記事
祝『ヒプノシスマイク』1周年大特集! 第1弾「世界観&ハマる理由編」|ご新規さんもゴリゴリのヘッズも読んでほしい『ヒプマイ』が素晴らしい理由
8月26日に行われたライブも大盛況のうちに幕を閉じ、話題沸騰中の『ヒプノシスマイク』。声優とラップという異色の組み合わせで、新たなムーブメントを巻き起こしている『ヒプノシスマイク』が、9月2日で1周年を迎えました!アニメイトタイムズでは、1周年を記念して『ヒプノシスマイク』を大特集! 全5回に渡って、世界観やキャラクターについて掘り下げていきます。第1回となる今回は、「世界観」と「ハマる人が続出している理由」について。ヒップホップとアニメ漬けの生活を送ってきた編集部員・石橋が解説していきます。「ちょっと乗り遅れちゃったな〜」「もうちょっと詳しく知りたいな」「ここで復習しておきたい!」と思っているヘッズのみなさんはぜひご覧ください!なお、本企画は石橋の個人的見解も盛り盛りでお届けしますので、ご了承ください。そもそも『ヒプノシスマイク』って何ですか?まずは『ヒプノシスマイク』という作品そのものについて語っていきましょう。『ヒプノシスマイク』は2017年9月4日に発表されたキングレコードのEVILLINERECORDSによる音楽原作のCD企画です。木村昴さん、浅沼晋太郎さん、速水奨さん、白井悠介さんといった人気声優をキャスティングし、キャラク...
もっと見る
関連記事
『絶望放送』や『下ラジ』を作った構成Tこと構成作家・田原弘毅さんに聞く「ラジオの作り方」──連載第1回「苦情も来ないようなラジオは誰も聴いてないんですよ!」
 ラジオってどうやって作られているのでしょう? 何気なく「パーソナリティが話しているのを録音して配信、生放送したもの」というイメージがありますが、実際のところ、素人からするとブラックボックスな部分が多いような気がします。どんな仕組みでできているのか、気になりませんか? そんな「ラジオの作り方」をお伝えする企画がスタートです。私たちを導いてくれるのは構成Tこと、構成作家・田原弘毅さん。『ぱにらじだっしゅ!』『さよなら絶望放送』『下ネタという概念が存在しない退屈なラジオ』などの伝説的なラジオをアニメイトTV、アニメイトタイムズで数多く制作してきた田原さんと、愉快なゲストをお招きして「ラジオの作り方」についてレクチャーしてもらいます。 さらに、今回の企画の集大成として、アニメイトタイムズ新米編集者・石橋が田原さんと共にラジオを作ります! しかし、聴くのは好きでも作るのはズブの素人である石橋。果たして、ラジオを作ることはできるのでしょうか? 連載第1回となる今回は、ラジオのプロデューサーをしているフロンティアワークスの寺田純一さんをお招きし、ラジオ作りの裏側を聞きながら、これから目指すアニメイトタイムズラジオのヒント...
関連記事
『すずめの戸締まり』新海誠監督インタビュー|神木隆之介さんへのオファーは一度断れながらも電話で直談判!? 10年たった今だからこそ描く東日本大震災への想い
また新海誠監督の最新作がやってきます。まるで4年に一度のオリンピックを楽しみにするように、3年に一度のお祭りのような感覚で新海監督の作品を心待ちにしている自分がいます。それは、読者のみなさんも同じではないでしょうか。『すずめの戸締まり』はその期待を良い意味で裏切ってくれるはずです。だって、新海監督の作品ですから。公式サイトやTwitterで事前にアナウンスされているように、本作『すずめの戸締まり』は、地震をモチーフにしている、花澤香菜さんや神木隆之介さんが出演する、監督史上最大規模の作品、といった気になる情報がいくつか散見されます。新海監督はどういった経緯で『すずめの戸締まり』の制作に踏み切ったのでしょうか。本稿では、映画公開を直前に控えた新海監督に行ったインタビューの模様をお届けします。監督の言葉の端々に隠されたヒントを読み解いていきましょう。おすすめ記事寂しい風景が増えた日本ーー試写で作品を拝見させていただきました。待望の新作ということでワクワクしております。新海誠監督(以下、新海):3年ぶりになってしまい申し訳ありません。観客のみなさんがどう思っているのか気になっています。ーー新海監督の作品では珍しいロードム...



『チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜』Blu-ray情報
Blu-ray全3巻【特装限定版】、Blu-ray BOX【初回限定版BVC限定】 
2017年6月23日(金) 同時発売決定!!

【Blu-ray【特装限定版】 商品詳細】
■チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~  Blu-ray全3巻(※特装限定版)
税抜価格 ¥8,000
発売・販売元:バンダイビジュアル
※特装限定版は予告なく生産を終了する場合がございます。

●チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜 Ⅰ ※特装限定版
【Blu-ray】TV チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ I
【アニメイトオンライン】【Blu-ray】TV チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ I

発売日:2017年6月23日
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCXA-1231(販売専用)
JANコード:4934569362315
税抜価格:¥8,000
スペック:カラー/(予) 182 分/(上映版約86分+TV版約94分)/上映版:DTS-HD Master Audio(5.1ch)・TV版:リニアPCM(ステレオ)・音声特典:DTS-HD Master Audio(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9

●チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜 Ⅱ ※特装限定版
【Blu-ray】TV チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ II
【アニメイトオンライン】【Blu-ray】TV チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ II

発売日:2017年6月23日
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCXA-1232(販売専用)
JANコード:4934569362322
税抜価格:¥8,000
スペック:カラー/(予) 182 分/(上映版約89分+TV版約94分)/上映版:DTS-HD Master Audio(5.1ch)・TV版:リニアPCM(ステレオ)・音声特典:DTS-HD Master Audio(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9

●チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜 Ⅲ <最終巻> ※特装限定版
【Blu-ray】TV チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ III
【アニメイトオンライン】【Blu-ray】TV チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ III

発売日:2017年6月23日
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCXA-1233(販売専用)
JANコード:4934569362339
税抜価格:¥8,000
スペック:カラー/(予) 182 分/(上映版約90分+TV版約94分)/上映版:DTS-HD Master Audio(5.1ch)・TV版:リニアPCM(ステレオ)・音声特典:DTS-HD Master Audio(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9

【Blu-ray BOX【初回限定版】 商品詳細】
■チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ Blu-ray BOX【BVC限定】
税抜価格 ¥27,000

バンダイビジュアル公式通販サイト バンダイビジュアルクラブ(BVC) 
BVC 特設サイト:https://bvc.bandaivisual.co.jp/feature/220/ 

※本商品は、バンダイビジュアルクラブ以外での販売は予定しておりません。
※本商品は、初回限定生産になります。

<商品詳細>
品姿:Blu-ray
商品名:チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ Blu-ray BOX【BVC限定】 ※初回限定版
発売日:2017年6月23日
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCXC-0055
税抜価格:¥27,000
スペック:カラー/(予) 607 分/本編BD:約547分(上映版約265分+TV版約282分)+特典BD:約60分
本編BD:上映版:DTS-HD Master Audio(5.1ch)・TV版:リニアPCM(ステレオ)・音声特典:DTS-HD Master Audio(ステレオ)/AVC/BD50G×3枚/16:9
特典BD:リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD25G/16:9<1080p High Definition>・一部16:9


>>『チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~』公式サイト
>>『チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~』公式Twitter
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング