2017/7/15 21:00

TVアニメ『アイドルマスター SideM』坂上陽三×鳥羽洋典 プロデューサー対談――アニメだからつなげる《最高な物語》と《新たな挑戦》

 2017年10月よりTVアニメが放送されることがついに発表された『アイドルマスター SideM』。7月15日にニコファーレで行われた「THE IDOLM@STER SideM 3rd Anniversary ST@RTING SIGNAL!!! 2017」では、様々な新発表が行なわれました。

 TVアニメ、3rd LIVE、そして2017年配信予定の新作アプリ『アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!』はいったいどんな内容とコンセプトになるのでしょうか。このタイミングだからこそ聞ける話を、バンダイナムコエンターテインメントの坂上陽三総合プロデューサー、アニプレックスの鳥羽洋典プロデューサーに伺いました。

 
構想段階では『アイドルマスター』の名をつけるかどうかもすごく悩んだ『SideM』
──TVアニメ『アイドルマスター』『アイドルマスター シンデレラガールズ』に続き、『アイドルマスター SideM』でもバンダイナムコエンターテインメントとアニプレックスがタッグを組むことになりました。まずは経緯を教えて下さい。

鳥羽洋典プロデューサー (以下、鳥羽):最初のお話は坂上さんから頂いて、僕たちも『アイドルマスター SideM』のアニメはぜひやらせて頂きたいと思いました。ただ、同じように新規に立ち上げられた『アイドルマスター シンデレラガールズ』の場合はゲームにも765(ナムコ)プロダクションのアイドルが参加していましたし、女性アイドルの作品として今までの流れとのつながりを感じていました。

しかし『アイドルマスター SideM』に関しては、それとはちょっと出発点が違うことと、作品の見せ方や展開、そして新たなプロデューサーの皆さんの層も少し変わってきていますから、引き続き僕たちがやらせてもらうのが一番いいのか、そして今までと同じやり方でやっていいのか、といったことは相当考えました。でも逆に、765プロ、シンデレラガールズと続けてきたからこそ、新しいことをやってみたいという気持ちもありました。

坂上陽三総合プロデューサー(以下、坂上):僕らからすると、今まで『アイドルマスター』を支えてくれているパートナーであるアニプレックスさんにお願いしたいのは自然な流れでした。もちろん、今までと少し違いはあるので、作り方やスタッフにも再考が必要でした。今のはね、315(さいこー ※1)つながりということで(笑)。

鳥羽:最高のスタッフを再考しました、315プロだけに(笑)。

※1) 315:『アイドルマスター SideM』に登場する架空の芸能事務所が「315プロダクション」という名称。その他、961(クロイ)プロダクション、876(バンナム)プロダクションも存在する。

坂上:765プロの『アイドルマスター』がゲームとしてはかなりできあがった状態でアニメ化に至ったのに比べると、『アイドルマスター SideM』はまだ若い作品です。だからアニメと一緒にコンテンツを作り上げていくイメージでいます。当然アニメ化でまだ定まっていない設定をどうするか、どう解釈するかという問題は出てくるのですが。そこを作りこんでいく作業の中で、クリエイター同士が混ざり合うことで何かが生まれるんじゃないかという期待を持っています。

鳥羽:僕が面白いと思ったのはそこなんですよね。バンダイナムコのスタッフさんから「キャストの皆がイベントやライブをすごく頑張っている」と聞いて、最初にリリースイベントを見に行ったんです。本当に小さな会場でパフォーマンスもまだ荒削りで、あ、昔の『アイドルマスター』のイベントってこんな感じだったのかなって思ったんです。

坂上:そうなんですよ、そういう小さいところから始められたのは良かったですよね。

鳥羽:僕は『アイドルマスター』の最初期に中村繪里子さん(天海春香 役)や今井麻美さん(如月千早 役)たちが頑張っていた頃のイベントを直接見てはいないのですが、本人達から話では聞いていました。それは、きっとこういう感じがあったんだろうなと思ったんです。だから今回、こういう作品の立ち上げの時期から関わっていけるのは面白いなと思いました。

 
──『アイドルマスター SideM』はアイドルマスターとして新しい流れであると同時に、Jupiter(ジュピター ※2)はXbox 360用ゲーム『THE IDOLM@STER 2(アイドルマスター2)』(2011年)で初登場した、765プロの歴史につながるユニットでもあります。

坂上:それはすごく感慨深いですね。でも『アイドルマスター SideM』を最初に構想した時は、そもそも『アイドルマスター』というタイトルをつけるかどうかも迷ったぐらいなんです。だから企画立ち上げ時点では、Jupiterを登場させることありきではありませんでした。彼らを出そうというのは僕発信ではなくてですね、スタッフの中から自然発生的にJupiterを出したい、彼らの物語をきっちり描きたいという声が上がってきたんです。こういう形でコンテンツが広がって、過去の作品とつながるようなことがあるんだなと思いました。

鳥羽:Jupiterの存在というのは僕にとっても大きかったです。『アイドルマスター SideM』というゲームとキャストたちの関係に、僕らがアニメーションの作り手として関わることで何ができるのか、何をすべきなのかということを考えている時に、『アイドルマスター SideM』のファーストライブがあったんです。

※2) Jupiter:天ヶ瀬冬馬(CV: 寺島拓篤)、伊集院北斗(CV: 神原大地)、御手洗翔太(CV: 松岡禎丞)の3人組男性アイドルユニット。



──2015年12月に舞浜アンフィシアターで行われた「THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE~ST@RTING!~」ですね。

鳥羽:ステージでのキャスト達のパフォーマンスが、初めの頃よりずっと上手くなって成長した姿を実感しました。また、ここに至るまでのレッスンも何度か拝見していたので、これをアニメで再現できたら面白くなるぞと思いました。更に、この日のJupiterのステージと、トークでのメンバー3人の想いのこもった言葉と涙を見た時に、「アニメをやろう!」 これは自分たちにしかできないことだと思ったんです。765プロのアニメ『アイドルマスター』にもJupiterは登場したんですが、彼らの扱いについては当時、錦織敦史監督と相当話しあって気を使いました。

でも扱いが難しいキャラクターだからこそ、ちゃんと出さないといけない。そして、彼らが961プロと決別するまでを描いたんです。そして、今作でその続きを描けるかもしれないとなったら、それは僕らが引き受けないといけないと思ったんです。

961プロをやめた彼らが315プロで新たに頑張っている姿を地に足がついた形で描けるのは、今までのアニメを制作してきたスタッフ達だと思うし、765プロからのプロデューサーさんも、『アイドルマスター SideM』からのプロデューサーさんも共に満足してもらうアニメを作るのが自分たちの役割だと感じ、今回やらせてもらうことになりました。そういう世界や物語のつなげ方はアニメだからできることだと思い、アイドルマスターワールドが更に広がるように、いろいろ考えています。

 
アイドルになる過程、そして成長――アニメで描かれる物語
──TVアニメ『アイドルマスター SideM』では監督を原田孝宏さんと黒木美幸さん、シリーズ構成を綾奈ゆにこさんと菅原雪絵さんが担当しています。

鳥羽:監督が2人であることには意図があって、『アイドルマスター SideM』は二面構成だと思っているんです。それは先ほど話した、今までの『アイドルマスター』の世界につながる作品としての面と、男性アイドルのタイトルとしての表現の面です。

それをひとりの方に委ねるのは、かなり負担を掛けてしまいますし、両方を得意なこととしてカバーするのも難しいので、『アイドルマスター』的な面を原田監督、もう一つの面を黒木監督にお願いしています。今回は今までのアイドルマスターではやらないようにしていた演出にも挑戦していて、そちらは黒木監督の色が強いです。どんな演出なのかは、放送を楽しみにお待ち頂ければと(笑)。

──シリーズ構成2人体制というのも同じような意図でしょうか。

鳥羽:シリーズ構成に関しては単純に作業分担の面もあるのですが、綾奈(ゆにこ)さんはアニメ『シンデレラガールズ』にも参加して『アイドルマスター』というものをよくわかってくださっていて、そこに新たな一面を加えるスタッフとして菅原(雪絵)さんに加わって頂く。そのあたりの意図は監督の分担と同じ感じです。

──今回のアニメ化にあたってのコンセプトを教えてください。

鳥羽:リアルにキャスト達が活動してきた様子をファーストライブまで見てきましたので、それをモチーフの一つとして今回のアニメに落としこんでみたいと思っています。今回は相当取材していて、実際にステージやレッスン中の様子などをかなり記録しているんです。

たとえばレッスン中にキャストたちが楽しくたわむれている姿や、彼らが一生懸命にやってきた歌と振り付け、そして成功や失敗をキャラクター描写に活かせれば面白いかも、と思ってます。それもあって、今回のアニメではファーストライブと同様にDRAMATIC STARS、Beit、S.E.M 、High×Joker、W、Jupiterの6つのユニットをスターティングメンバーとして描くことにしました。

もちろん、これはアニメを描く上でのモチーフの一つであって、それが全てではありません。必ずしもキャラクター=キャストではありませんし、アニメならではのキャラクター描写やストーリー展開も組み込んでいます。あくまでも、数あるコンセプトの一つであって、今作における新たなチャレンジという位置づけだと思って下さい。

なので、今回のPVでお見せしているように、登場するアイドルも上記6ユニットだけでなく、他にもちゃんと出てきますので、ご安心下さい。

 
──物語で描く範囲にはアイドルになる「前」は含まれるのでしょうか。

鳥羽:成長していくアイドルを描くので、前職からアイドルに転身していく過程を描くこともありますし、そこから成長して駆け上っていく姿も描きます。それは、彼らのスタートラインからはじまる物語であり、315プロのスタートラインでもあります。

──『シンデレラガールズ』ではシンデレラプロジェクト以外にもたくさんのアイドルが登場しました。『アイドルマスター SideM』でも他のユニットのアイドルの出演はあるのでしょうか。

鳥羽:先ほども申し上げましたが、それはもちろんありますよ。どのユニット、どのアイドルにも「担当プロデューサー」の方はいらっしゃいますし、その期待にも応えないといけないと思っています。アニメを見ていたら、おっと思ってもらえる瞬間は必ずあると思いますので楽しみにして下さい。



性別関係なく、まずプロデューサーであるということが前提
──本作のターゲットの中心である、女性でありプロデューサーさんでもある層の印象などを教えてください。

坂上:元々『アイドルマスター SideM』を作る時、社内の女性スタッフたちを集めて、女性ファンが今求めているものは何かを考えていたんです。いろいろな切り口があるとは思いますが、その中で作品のベースになったのは男の子同士が友情を育む姿はとても魅力的だということですね。

ただ、僕もライブであるとか、この前まで全国を回っていたツアー『THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 ~BEYOND THE DREAM~』で感じたことなんですが、イベントを重ねるほどに、会場の感じが今までの『アイドルマスター』と同じように一体感が高まってくるんですよ。

鳥羽:それは僕も感じていていました。プロデューサーの皆さんの声援や客席が一体となる感じは、まさに『アイドルマスター』そのものなんです。それぞれタイトルは違えども、その根幹は同じなんです。

坂上:(アイドルたちと一緒に)だんだんと客席も成長していくというか。最初は誰か一人が好きなお客さんもいると思うんですけどね、少しずつステージのみんな、作品全体を応援しようって意識が広がっていく。

鳥羽:それが今度は『アイドルマスター』という世界全体を応援する。こうして、どんどん範囲が広がっていくのだろうと思うんです。

坂上:そういう感じは、皆さんを「プロデューサー」と呼んでいるからこそかもしれません。



──会場などで、坂上さんが登場した時の客席の盛り上がりのすごさは男女関係ありませんね。

鳥羽:僕らとお客さんは、ある意味同じ立ち位置ですからね。顔を合わせたら「おつかれさまです!」みたいな感じで。

坂上:同じプロデューサーなのでね、身近なんだと思います(笑)。

鳥羽:僕たちも最初は、「女性に向けて制作した方がいいのだろうか?」と考えていた部分があったのですが、それは必ずしも正解ではないと改めて気づきました。男性であろうと女性であろうと「まずプロデューサーである」ということが前提なんです。

坂上:いわゆる女性がメインターゲットになるタイトルの中では、イベント会場の男性比率が高いコンテンツでもあると思います。

鳥羽:プロデューサーの皆さんに届ける作品であることを足場にして、きっちり作りたいと考えて、その方針を現場全体で共有しています。

 
──直近のイベントであるグリーティングツアーで何か思い出に残っていることはありますか?

坂上:僕はイベント内容にはあまり口を出さずに現地で見ているんですが、『THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 ~BEYOND THE DREAM~』は構成が面白いなと思いました。ライブの裏側を描いたストーリーを、キャストたちがアイドルとして演じるところから入って、そこから歌に行く。それがいいなと思いました。今回のグリーティングツアーは作品の世界観と一緒に歌のステージも提供するコンセプトが強かったと思います。

鳥羽:『アイドルマスター』シリーズでも作品によってライブの見せ方は色々あって、『アイドルマスター SideM』は特にライブでキャラクターに寄り添っている作品かもしれませんね。




──最初期の『アイドルマスター』のライブも、ステージでラジオの公開録音をやったり、朗読劇的な要素があったりしましたよね。

坂上:そうなんですよ。僕ら的には『アイドルマスター SideM』のステージにはどこか懐かしい感じを受けますよね。小さな会場でゼロから作るところも含めてですね。

鳥羽:ステージ裏を見ていると、誰かが歌っている時に、他のメンバーはモニターを囲んで本当に一生懸命応援しているんです。そういう様子を見ていると「かわいいなぁ~」って思いますね(笑)。初々しいんです。

坂上:キャストはみんな仲がいいんですよね。『THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 ~BEYOND THE DREAM~』も会場によっては、多くのメンバーが見学に来て、終わると楽屋に来てわいわいやってるんです。せまいのに(笑)。

鳥羽:キャストたち自身の姿が、アイドルたちの関係を体現している感じがすごく強いなと思っています。

──『アイドルマスター』シリーズのアニメといえば各話エンディングなど歌も含めた音楽に非常に力をいれていた印象なのですが、そのスタンスは『アイドルマスター SideM』でも変わらないのでしょうか。

鳥羽:それはもちろんです。そこは『アイドルマスター』ですから、基本の精神は変わりません。既存曲を活かしながら新曲も追加して、音楽の面でも楽しめる作品として作っていきます。「ここでこの曲が流れるんだ!」、「こんな新曲があるんだ!」、といった驚きを感じてもらえればと思います。

 
──そして、これまでのTVアニメシリーズを見てきた方々は、今作でもプロデューサーが登場するのか気になっていると思いますが、そのあたりは?

坂上:見てくださるお客様全てがプロデューサーということで(笑)。

鳥羽:ええ、プロデューサーはお客さん皆様です。

──ではかわりに、315プロの齋藤孝司社長(CV: 立木文彦)の活躍はTVアニメでも見られるのか教えてください!

鳥羽:パーッション! はもちろんアニメにも登場しますよ(笑)。

坂上:まあアニメなので、パッション!の高さがもっと伝わると思いますよ(笑)。

鳥羽:齋藤社長も『アイドルマスター』シリーズのアニメの世界の中にいる人物だと考えています。


新作アプリ、アニメでさらに広がる『アイドルマスター』の世界
──ゲームアプリ『アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!』も年内にリリースが予定されています。開発の状況や今後の展望を教えてください。

坂上:事前登録も開始しましたが、現在、かなり追い込みをかけて開発を進めていて、大変です(笑)。楽曲もたくさんあるコンテンツですから、アイドルたちが歌って踊る姿をきっちり見せる作品にしています。

一方で、同じスマートフォン向けアプリでいうと『シンデレラガールズ スターライトステージ』がリズムゲーム要素が強かったのに比べると、『ミリオンライブ! シアターデイズ』はアイドルたちとの交流要素が強くなっていますよね。『LIVE ON ST@GE!』もその系譜にあるというか、アイドルとのふれあいの要素がさらに強くなると思います。

鳥羽:アイドルを楽しむゲームという印象があります。

坂上:リズムゲームも軸ではあるけれど、毎日プレイして楽しめる要素をたくさんいれています。前職から理由あってアイドルに、という過程を見えるようにして、皆さんにとってのアイドルがより身近な存在になれば嬉しいと思っています。あとは女性にもガチなゲーマーさんはもちろんいるとは思うのですが、もう少しゆるく楽しんでいる人が多いと思うんです。だから男同士の友情、仲間の絆をどう見せるかを考えて、毎日の癒やしになるようなタイトルを目指しています。



──そういう絆を可視化するようなシステムや要素はあるんですか?

坂上:ライブで、絆パフォーマンスというものを用意しています。

──『アイドルマスター SideM』といえばユニット単位の展開の印象なんですが、リズムゲームで自分だけの組み合わせのユニットを結成したりはできるんでしょうか。

坂上:絆パフォーマンスに関しては、ユニット以外のアイドルとの組み合わせも可能です。そして全員揃いの衣裳も用意していますということで今日のところは(笑)。

 
──では、最後にファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

鳥羽:この記事が出る頃には、動いている315プロのアイドルたちの姿をPVで御覧頂いていると思います。アニメは『アイドルマスター』シリーズというコンテンツの中のひとつの形ですので、プロデューサーさんそれぞれで自由に受け止めて楽しんでもらえたらと思います。実は放送までに「Side M」として、もうひとつ大きな仕掛けを用意しています。おそらく来月には、そちらも新情報として発表できると思いますので、是非とも期待してください。

坂上:『アイドルマスター』をずっと支えてくれたパートナーのアニプレックスさん、A-1 Picturesさんとアニメをやることになりました。非常にいいものになることをひしひしと感じているので、楽しみに待ってください。アプリの『アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!』も事前登録が始まりましたので、楽しみにしてください。これからも『アイドルマスター SideM』、そして『アイドルマスター』シリーズをよろしくお願いします!


[インタビュー・文/中里キリ]

 
作品情報
■TVアニメ『アイドルマスター SideM』

2017年10月よりTOKYO MX、ABC 朝日放送、メ~テレ(名古屋テレビ)、BS11 ほかにて放送開始!
バンダイチャンネル、アニメイトチャンネル、ニコニコ動画ほかにて配信決定!

[INTRODUCTION]
できたばかりの小さな芸能事務所「315 プロダクション」。
そこにスカウトされて集まってきた男性アイドルたち。
元弁護士、元外科医、元パイロット──様々な前職を持ち、それぞれの想いを
胸にアイドルに転身した彼らが、トップアイドルを目指し、夢に向かって紡ぐ
新たな物語。理由あって、アイドル!

[STAFF]
原作:バンダイナムコエンターテインメント/監督:原田孝宏・黒木美幸
シリーズ構成:綾奈ゆにこ・菅原雪絵/キャラクターデザイン:田中裕介・飯塚晴子
総作画監督:田中裕介・吉川真帆/色彩設計:横田明日香/美術設定:藤井一志
美術監督:薄井久代/3D ディレクター:福田 陽/撮影監督:長瀬由起子
編集:三嶋章紀/音楽:EFFY/音響監督:濱野髙年/制作:A-1 Pictures

[CAST]
DRAMATIC STARS 天道輝:仲村宗悟 桜庭薫:内田雄馬 柏木翼:八代拓
Beit 鷹城恭二:梅原裕一郎 ピエール:堀江瞬 渡辺みのり:高塚智人
S.E.M 硲道夫:伊東健人 舞田類:榎木淳弥 山下次郎:中島ヨシキ
High×Joker 伊瀬谷四季:野上翔 秋山隼人:千葉翔也 若里春名:白井悠介、冬美旬:永塚拓馬 榊夏来:渡辺紘
W 蒼井享介:山谷祥生、蒼井悠介:菊池勇成
Jupiter 天ヶ瀬冬馬:寺島拓篤 伊集院北斗:神原大地 御手洗翔太:松岡禎丞 ほか

>>アニメ『アイドルマスター SideM』公式サイト
>>『アイドルマスター アニメプロジェクト』公式ツイッター(@imas_anime)

(C)BNEI/PROJECT SideM

関連コンテンツ

【独占】アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』レポート!第12回ゲスト:Beit ピエール役・堀江瞬さん& S.E.M硲道夫役・伊東健人さん
【独占】アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』レポート!第12回ゲスト:Beit ピエール役・堀江瞬さん& S.E.M硲道夫役・伊東健人さん2018/01/12 18:30
【独占】アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』レポート!第12回ゲスト:Beit ピエール役・堀江瞬さん& S.E.M硲道夫役・伊東健人さん
『カードキャプターさくら』や『アイドリッシュセブン』など冬アニメの特集を多数掲載――2018年1月10日発売のアニメ・声優雑誌をリストアップ!
『カードキャプターさくら』や『アイドリッシュセブン』など冬アニメの特集を多数掲載――2018年1月10日発売のアニメ・声優雑誌をリストアップ!2018/01/10 20:00
『カードキャプターさくら』や『アイドリッシュセブン』など冬アニメの特集を多数掲載――2018年1月10日発売のアニメ・声優雑誌をリストアップ!
寒ーいギャグを絆パフォーマンスとして披露!? 逃げ場のない榎木淳弥さんは困惑!「アイドルマスター SideM KIZUN@ ON ST@GE!」レポート
寒ーいギャグを絆パフォーマンスとして披露!? 逃げ場のない榎木淳弥さんは困惑!「アイドルマスター SideM KIZUN@ ON ST@GE!」レポート2018/01/02 17:00
寒ーいギャグを絆パフォーマンスとして披露!? 逃げ場のない榎木淳弥さんは困惑!「アイドルマスター SideM KIZUN@ ON ST@GE!」レポート
石川界人、赤羽根健治、武内駿輔らプロデューサーが揃い踏み! TVアニメ『アイドルマスター SideM』Blu-ray&DVD発売記念イベント「Pの集い」レポート
石川界人、赤羽根健治、武内駿輔らプロデューサーが揃い踏み! TVアニメ『アイドルマスター SideM』Blu-ray&DVD発売記念イベント「Pの集い」レポート2017/12/30 14:00
石川界人、赤羽根健治、武内駿輔らプロデューサーが揃い踏み! TVアニメ『アイドルマスター SideM』Blu-ray&DVD発売記念イベント「Pの集い」レポート
【独占】アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』レポート!第11回ゲスト:High×Joker 若里春名役・白井悠介さん
【独占】アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』レポート!第11回ゲスト:High×Joker 若里春名役・白井悠介さん2017/12/26 18:00
【独占】アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』レポート!第11回ゲスト:High×Joker 若里春名役・白井悠介さん

注目の商品

【グッズ-ブローチ】クリアブローチコレクション アイドルマスター SideM vol.1aos2018年05月 中 発売予定【グッズ-ブローチ】クリアブローチコレクション アイドルマスター SideM vol.1¥540【グッズ-ブローチ】クリアブローチコレクション アイドルマスター SideM vol.1
【同人誌】【専売】アイドルマスターSideMのアニメがめちゃくちゃ面白かったので勢い余って出た4コマ漫画の本aos2018年01月 下旬 発売予定【同人誌】【専売】アイドルマスターSideMのアニメがめちゃくちゃ面白かったので勢い余って出た4コマ漫画の本¥610【同人誌】【専売】アイドルマスターSideMのアニメがめちゃくちゃ面白かったので勢い余って出た4コマ漫画の本
【グッズ-ぬいぐるみ】アイドルマスター SideM ぴたぬい 硲道夫aos2018年06月 中 発売予定【グッズ-ぬいぐるみ】アイドルマスター SideM ぴたぬい 硲道夫¥2,484【グッズ-ぬいぐるみ】アイドルマスター SideM ぴたぬい 硲道夫

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 『劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』の世界観を楽しみながら都内を巡るAR技術を使ったスタンプラリーアプリが配信開始!
『劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』の世界観を楽しみながら都内を巡るAR技術を使ったスタンプラリーアプリが配信開始! 『劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』の世界観を楽しみながら都内を巡るAR技術を使ったスタンプラリーアプリが配信開始!
2 『キラキラ☆プリキュアアラモード』第48話よりあらすじ・先行場面カット公開! そして、エリシオとの最後の戦いが始まる!
『キラキラ☆プリキュアアラモード』第48話よりあらすじ・先行場面カット公開! そして、エリシオとの最後の戦いが始まる! 『キラキラ☆プリキュアアラモード』第48話よりあらすじ・先行場面カット公開! そして、エリシオとの最後の戦いが始まる!
3 原作者・丸戸史明先生が実はエキストラ出演していた!? 劇場版アニメ化も決定した「冴えない彼女の育てかたFES♭」イベントレポート
原作者・丸戸史明先生が実はエキストラ出演していた!? 劇場版アニメ化も決定した「冴えない彼女の育てかたFES♭」イベントレポート 原作者・丸戸史明先生が実はエキストラ出演していた!? 劇場版アニメ化も決定した「冴えない彼女の育てかたFES♭」イベントレポート
4
『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ化50周年を記念して4月1日より新作放送決定!鬼太郎役は沢城みゆきさん&目玉おやじ役は初代・鬼太郎役を演じた野沢雅子さん! 『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ化50周年を記念して4月1日より新作放送決定!鬼太郎役は沢城みゆきさん&目玉おやじ役は初代・鬼太郎役を演じた野沢雅子さん!
5
TVアニメ『メジャーセカンド』が2018年4月7日から放送開始! 藤原夏海さん(茂野大吾 役)、森久保祥太郎さん(茂野吾郎 役)ら出演声優も公開! TVアニメ『メジャーセカンド』が2018年4月7日から放送開始! 藤原夏海さん(茂野大吾 役)、森久保祥太郎さん(茂野吾郎 役)ら出演声優も公開!
6
『Fate/Grand Order』水着姿のマルタがゲームセンターに登場! ゲーム内のイラストをそのままに細部までこだわりぬいて立体化! 『Fate/Grand Order』水着姿のマルタがゲームセンターに登場! ゲーム内のイラストをそのままに細部までこだわりぬいて立体化!
7
早見沙織さん、山下大輝さん、内山昂輝さんほか、主要キャストが勢揃い! TVアニメ『覆面系ノイズ』スペシャルイベントレポート 早見沙織さん、山下大輝さん、内山昂輝さんほか、主要キャストが勢揃い! TVアニメ『覆面系ノイズ』スペシャルイベントレポート
8
『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話Blu-ray特装限定版の特典が大幅に追加に! BD&DVD店舗特典イラストも公開 『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話Blu-ray特装限定版の特典が大幅に追加に! BD&DVD店舗特典イラストも公開
9
戸田恵子さん、島田敏さん、江森浩子さんら『ゲゲゲの鬼太郎』TVアニメ第3期声優陣によるコラボTVCMが公開! 戸田恵子さん、島田敏さん、江森浩子さんら『ゲゲゲの鬼太郎』TVアニメ第3期声優陣によるコラボTVCMが公開!
10
体内細胞擬人化マンガ『はたらく細胞』2018年7月にTVアニメ化決定! キービジュアル・アニメ化発表PV&メインスタッフ情報解禁! 体内細胞擬人化マンガ『はたらく細胞』2018年7月にTVアニメ化決定! キービジュアル・アニメ化発表PV&メインスタッフ情報解禁!
1 『劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』の世界観を楽しみながら都内を巡るAR技術を使ったスタンプラリーアプリが配信開始!
『劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』の世界観を楽しみながら都内を巡るAR技術を使ったスタンプラリーアプリが配信開始! 『劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』の世界観を楽しみながら都内を巡るAR技術を使ったスタンプラリーアプリが配信開始!
2  『斉木楠雄のΨ難』第2期、神谷浩史さん・小野大輔さんら出演声優12名のコメント公開! でんぱ組.inc 相沢梨紗さん、ゲスト声優で参加決定
『斉木楠雄のΨ難』第2期、神谷浩史さん・小野大輔さんら出演声優12名のコメント公開! でんぱ組.inc 相沢梨紗さん、ゲスト声優で参加決定 『斉木楠雄のΨ難』第2期、神谷浩史さん・小野大輔さんら出演声優12名のコメント公開! でんぱ組.inc 相沢梨紗さん、ゲスト声優で参加決定
3 『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ化50周年を記念して4月1日より新作放送決定!鬼太郎役は沢城みゆきさん&目玉おやじ役は初代・鬼太郎役を演じた野沢雅子さん!
『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ化50周年を記念して4月1日より新作放送決定!鬼太郎役は沢城みゆきさん&目玉おやじ役は初代・鬼太郎役を演じた野沢雅子さん! 『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ化50周年を記念して4月1日より新作放送決定!鬼太郎役は沢城みゆきさん&目玉おやじ役は初代・鬼太郎役を演じた野沢雅子さん!
4
TVアニメ『メジャーセカンド』が2018年4月7日から放送開始! 藤原夏海さん(茂野大吾 役)、森久保祥太郎さん(茂野吾郎 役)ら出演声優も公開! TVアニメ『メジャーセカンド』が2018年4月7日から放送開始! 藤原夏海さん(茂野大吾 役)、森久保祥太郎さん(茂野吾郎 役)ら出演声優も公開!
5
TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第41話より先行場面カット到着! しゅうかとガァララ。二人はいつしかお互いが大切な存在になっていて…… TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第41話より先行場面カット到着! しゅうかとガァララ。二人はいつしかお互いが大切な存在になっていて……
6
『Re:ゼロから始めるラムとレムの誕生日生活 2018』ラム(CV:村川梨衣)&レム(CV:水瀬いのり)の録りおろしボイスで店内放送決定! 『Re:ゼロから始めるラムとレムの誕生日生活 2018』ラム(CV:村川梨衣)&レム(CV:水瀬いのり)の録りおろしボイスで店内放送決定!
7
『キラキラ☆プリキュアアラモード』第48話よりあらすじ・先行場面カット公開! そして、エリシオとの最後の戦いが始まる! 『キラキラ☆プリキュアアラモード』第48話よりあらすじ・先行場面カット公開! そして、エリシオとの最後の戦いが始まる!
8
ユーザーが育てる対話データ『俺妹』新垣あやせをバーチャルホームロボットGateboxに搭載 ~ニコニコ超会議2018で体験企画実施~ ユーザーが育てる対話データ『俺妹』新垣あやせをバーチャルホームロボットGateboxに搭載 ~ニコニコ超会議2018で体験企画実施~
9
『ダーリン・イン・ザ・フランキス』放送スタート! 今週は制作のトリガーをコスプレで振り返る!! 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』放送スタート! 今週は制作のトリガーをコスプレで振り返る!!
10
『魔法少女 俺』豊永利行さん・遊佐浩二さん・森久保祥太郎さんら追加声優5名が解禁! OP主題歌アーティストは、大橋彩香さんに 『魔法少女 俺』豊永利行さん・遊佐浩二さん・森久保祥太郎さんら追加声優5名が解禁! OP主題歌アーティストは、大橋彩香さんに
Twitter
Facebook
animate Times Channel
アニメイトタイムズ ラジオ
アニメイトタイムズ チケット