声優
『ナナシス』ソロプロジェクトはファンへのプレゼント!!「Present “4U”会」で語られた“4U”への思い入れとは!?

『ナナシス』ソロプロジェクトはファンへのプレゼント!!“トークセッション&特典お渡し会「Present “4U”会」で語られた“4U”への思い入れとは!?

2014年の配信開始から躍進を続けるスマートフォン向けアイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム『Tokyo 7th シスターズ』(以下、『ナナシス』)。先日11月30日(木)に行われたver5.0のアップデートでは、リズムゲームパートが大きく変更。さらなる注目が集まっています。

そんな本作のメインユニット“777☆SISTERS”のライバル的な立ち位置にある、ガールズバンドユニット“4U”の1stミニアルバム「The Present “4U”」が、11月29日(水)より絶賛発売中!!

12月3日(日)にはその発売を記念したイベント“トークセッション&特典お渡し会“「Present “4U”会」 at 池袋サンシャインシティ噴水広場”が行われ、アルバム収録曲についてはもちろん、開催の迫った1stライブへの意気込みを聞くことができました。

【出演者】
長縄まりあ(佐伯ヒナ役)
吉岡茉祐(鰐淵エモコ役)
山下まみ(九条ウメ役)

ファンの応援で実現したソロプロジェクト
ステージの360度に集まった池袋サンシャインシティ噴水広場に、長縄さん、吉岡さん、山下さんが現れると、会場は歓声に包まれます。自己紹介を終えたところで、早速発売されたばかりの「The Present “4U”」についてトークしていきました。

4Uの単独ライブ&ミニアルバムの制作が発表された「Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17’→XX -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe」(2017年4月開催)から、こんなに早く実現できるとは思っていなかったようで、口々に会場へ集まったファンへの感謝を述べるみなさん。

当初はライバルチームの自分たちにこんな展開が待っていることを想像できなかったようで、ボーカルのウメが歌う楽曲を、エモコバージョン、ヒナバージョンとして収録するのではないかと思っていたそう。

細かい楽曲についてのトークでは、長縄さんがヒナのメイン曲「パフェ・デ・ラブソング」。吉岡さんがエモコのメイン曲「青空Emotion」を上げて好きなポイントや、収録での裏話を披露。

今回は一曲歌うことが出来ると張り切ったという長縄さんは、「パフェ・デ・ラブソング」の曲中でウメとエモコのセリフが入ってくるところをピックアップしました。吉岡さんからは、「青空Emotion」の曲中に入る「1,2,3,4U」についての裏話が飛び出します。

山下さんからはライブで歌うことを想定して収録に臨んだことが明らかに。「Crazy Girl's Beat」の収録時のエピソードでは、『ナナシス』の総監督・茂木伸太郎氏が持ってきたサングラスを付けて臨んだなんて話も……。

声が枯れて収録が飛んだ本当の理由とは……!?
そして、山下さんから公式サイトに掲載中の“4U”のインタビュー記事の真実が語られます。

その中では声を枯らして一度レコーディングを飛ばしたというエピソードがあるのですが、なんと真実は「メロディーフラッグ」の収録後にカツカレーを食べ、その後にスタッフさんが持ってきたシュークリームを5個食べてしまったからなんだそうです。

満腹で声が張れなかったのが原因だと明らかになってしまいましたが、司会の方によるとスタッフ陣もこのことは把握していたそうで、食べるのを止めなかった自分たちにも責任があると話し、会場からも笑い声が。

その流れで吉岡さんがなぜ食べてしまったのかと追及山下さんを追求される一幕も。会場にさらなる笑いが起きたところで、ミニアルバム「The Present “4U”」のトレーラー映像を見ながらのトークへ。



1stライブは「4Uだからこそできるもの」になる!?
人気曲「TREAT OR TREAT?」を手掛けたHiroyuki Maezawaさんの「Crazy Girl's Beat」がライブで映えそうだということや、長縄さんと吉岡さんが「ROCKな☆アタシ」のハモリの収録で一発OKを貰ったこと。ドラマパートで登場するアイテムを、トレーラー映像で3人が乗り込む車に積んでいることなど、アルバムについての小ネタが次々と飛び出します。

そうして来年に控えた4U 1st Live!!! 「The Pres”id”ent 4U」 in Osaka&Tokyoに話が及ぶと、山下さんから「東京と大阪でちょっと違うことをできたらいいなと思っている」とのコメントが!!

これを受けたリーダー・ヒナ役の長縄さんから、「“4U”だからこそできるものにするつもり」と自信を覗かせる言葉もあり、会場の4人目のメンバーたちから歓声が轟きます。

そして、吉岡さんは「前の日はよく睡眠を取って、万全の状態で来て欲しい」と話します。今までの『ナナシス』のライブでは、ナナスタの面々の合間に挟まれていた“4U”パート。それがずっと続くとあっては、その言葉に頷かざるを得ないでしょう。

メンバーからはライブでのお願いもあり、山下さんが「Lucky☆Lucky」の飛び魚のジャンプのところで一緒に飛んでほしい、吉岡さんが「青空Emotion」のサビの部分を一緒に歌いたい、長縄さんの話から「Crazy Girl's Beat」の一番最初のヒナとエモコが歌っている部分と、ラストの掛け声の部分を一緒にやって欲しいという話がでました。

4月にあった『ナナシス』3rdライブの4U出演部分のダイジェスト映像を見たところで、最後にフォトセッションを実施。「1,2,3,4U」の掛け声で記念撮影を行ったほか、最後に山下さんが持参してきた360度カメラで撮影を行ったところで、トークセッションは終了となりました。

4Uメンバーからの感謝の詰まった「The Present “4U”」。新たな楽曲を引っさげた“4U”は、これからも走り続けていくことでしょう。まずは来年1月の大阪公演へ、4人目のメンバーとして応援に行きましょう!

[取材・文/胃の上心臓]

(C)2014 Donuts Co. Ltd. All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

Tokyo 7th シスターズの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集