アニメ
『ダリフラ』TVアニメ第16話 PlayBack

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』TVアニメ第16話 Play Back:深まるコドモたちの絆、そして突如現れる謎の姫

2018年1月より放送中のTRIGGER×A-1 Pictures 共同制作によるオリジナル TV アニメーション『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(ダリフラ)。本稿では、不穏な気配が漂う中でもコドモたちの絆の強さを感じた第16話「ぼくたちの日々」本編の内容を筆者が感じた印象と共に振り返っていきます。

 
不穏な気配を感じる日常回
巨大な手が出現し、都市部分が壊滅状態になってしまった第13プランテーション。だが、コドモたちが住むミストルティンだけはなぜか残されていた。そこで待機を命じられ、1ヶ月に渡りコドモたちだけで生活を送っている。謎のお手伝いさんが食事を用意してくれることもないので、自分たちで準備をする(といっても配膳だけのような感じ)。ただそれさえも、これまでまったくやったことがないということは、パパたちを守るため命を惜しまないかわりに、面倒くさいことは全部オトナたちでやりますよということなのだろうか(ただ、掃除はコドモたちがやっている)。

第16話の絵コンテは、舛成孝二さん。『R.O.D』シリーズや『かみちゅ!』の監督であり、『アイドルマスター』シリーズでも絵コンテを数多く担当している方で、個人的にも大好きなのだが、とても細かい芝居付けをする印象があるので、こういう日常回を担当してくれることが嬉しい。

そして今回からオープニングの絵が変わった。曲は同じく「KISS OF DEATH」で、2コーラス目を使用しているのだが、赤い世界から青い世界になった。さらに新キャラも登場していたし、最後のゼロツーを抱きしめられなかったヒロの決意のこもった背中など、今後が気になるオープニングだった。

ゼロツーの屈託のない笑顔、フランクス博士の手の平の上で踊らせている感、ナナの頭痛、植木ばさみで器用にミツルの髪を切るココロ。しかもミツルが愛しくなって思わずキスしてしまうココロ。そして女の子たちの水浴び、そこでのミクの白髪化……。

と、日常回と思わせておいて、不穏な描写をもりもりと入れてくるところが、この作品らしいと言えるのかもしれない。ちなみに、白髪になるというのは、26部隊のCode:090が、彼らの最期となった戦いで真っ白な髪になっていたので、もしかしたらフランクスに乗れるリミット的なことを表しているのかもしれない。


謎の少女の出現。彼女はいったい何者なのか
Bパートでは、ゼロツーと持ち前の好奇心とリーダーシップが戻ってきたヒロの意見から、コドモたちで自炊をするという流れになっていく。しかもこのヒロに真っ先に賛同したのがミツルというのも良かった。

前半の水汲みのところでは以前と同じように接してしまったミツル。でもそのあとココロに内心を吐露したことで楽になれたのか、今度は自分から歩み寄ろうとする。ミツルのアシストに驚いたヒロと一瞬視線を交えるミツル。そこで思わず笑顔がこぼれるヒロ。2人の視線のお芝居が本当に素晴らしかった! ここでやっと2人の間のわだかまりがなくなったんだなと感じることができたので演出的にも見どころだったと思う。

釣ってきた魚を調理して食べるコドモたち。食事前のパパたちへの祈りもこの時点でやめてしまう。それがコドモたちが自立をしてくるという合図にもなっているのか、助けてくれないパパに対する不信感の表れなのか。

だが、意外にもこの生活に一番馴染めていなかったのがフトシで、かなり繊細なところがあった。ただ、それを見逃さないのもゾロメらしいところで、「ていうか、まず痩せろ」とか言ってるけど、実は誰よりも周りを見ているのかもしれない。そんなフトシをきっかけに、それぞれが不安に思っていたことを打ち明けていく。

その状況で、みんなをまとめ上げたのがヒロだ。もともとみんなに慕われていた存在なので、そのヒロが戻ってきたというところだろう。ついに“仮にパパに捨てられたのが本当だとしても、みんなと一緒にいるから不安じゃない”と言い切ってしまう。これまで戦うことだけしか教えてもらえなかったコドモたちが、そこに疑問を持つようになる。つまり16話は、コドモたちがパパの支配から逃れ始める物語だったのかなと思う。

だが、それだけでは終わらないのがダリフラ。最後の最後で叫竜と少女の姿(オープニングでも登場)が現れてエンディングとなった。また、このエンディングテーマもすごく不穏な感じがするイントロで、曲調もこれまでとはガラッと変わっていた。この作品は、エンディング曲の入り方にすごくこだわっている作品だし、エンディングの曲自体が演出のひとつに組み込まれているところがすごいところだ。

そして次週はコドモたちのもとにナインズが現れる話。博士の実験の意図は何なのか、それが少しずつわかっていく話になるだろう。徐々にこの世界の謎が解明されてくるはずだ。



[文/塚越淳一]

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ダーリン・イン・ザ・フランキスの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集