menu
アニメ
『K SEVEN STORIES』Ep3舞台挨拶より公式レポート到着

興津和幸さん・釘宮理恵さん登壇『K SEVEN STORIES』Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」舞台挨拶より、公式レポート到着

2018年7月より6か月連続で順次公開中の、人気アニメ作品『K』シリーズの新作となる劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』。

9月1日(土)シネマサンシャイン池袋にて、その第3作目となるEpisode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」の舞台挨拶付き上映会を実施。上映終了後には、興津和幸さん(比水 流 役)、釘宮理恵さん(五條スクナ役)登壇による、舞台挨拶が行われました。今回、当日の模様を記した公式レポートが到着したので、ここに公開していきましょう。

▲左から釘宮理恵さん、興津和幸さん(撮影:江藤はんな)

▲左から釘宮理恵さん、興津和幸さん(撮影:江藤はんな)

アニメイトタイムズからのおすすめ
Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」舞台挨拶よりオフィシャルレポート

上映が終了し、比水 流役の興津和幸さん、五條スクナ役の釘宮理恵さんがお二人のキャラクターが属する組織が緑のクラン《jungle》ということで緑色の衣装でステージに登場!客席からは温かい拍手で迎えられました。

ご挨拶を終えて早速作品についてのお話へ。「K SEVEN STORIES」のお話を聞いた際の率直なご感想を聞かれると、(TVシリーズでの展開から)どうなるのか心配だった、でもこうきたか!と振り返りました。

お気に入り・おすすめのシーンについて聞かれると、釘宮さんは自身が演じるスクナと紫の美しい戦闘シーンと共感できるというスクナのセリフを挙げ、興津さんは「ビューティー☆エンジェル」こと紫の衝撃映像や平坂道反の謎について挙げました。気になる人はぜひ劇場へ!!

アフレコ時の思い出、あらためて感じる自身のキャラクターやお互いのキャラクターについて語った後は、K SEVEN STORIES舞台挨拶で恒例となった、お客さんを巻き込んだ「クランズマンコール」コーナーへ!

Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」は《緑のクラン》にフォーカスした作品ということで、《jungle》のミッションに参加いただこうという企画。スクナの号令でお客さんが緑色のサイリウムを頭上に掲げ、さらにスクナが「異能アイテム、雷公の術、発動!」と叫ぶと雷鳴が轟き、比水の「ミッションコンプリート。感謝です。」というセリフで締めました。作中のシーンを彷彿とさせる演出に会場が沸きました。

楽しい脱線もありながらトークが弾む中あっという間に終了時間。最後にお二人より、今後公開を楽しみにしているKファンへメッセージが贈られ、舞台挨拶は幕を閉じました。

「今回初めてご覧いただく方にも、TVアニメをご覧になって様々な方面から応援してくださっていた方にも楽しんでいただける作品になっていると思います。まだ見ていないお友達がいる方は、ぜひお友達を誘ってまた観に来ていただけると嬉しいです。今日はありがとうございました。」(釘宮)

「俺です。毎週劇場で何かプレゼントを用意しているそうです。毎週来てください。これはミッションです。本当にありがとうございました。これからもKの世界をどうぞみなさん楽しんでください。」(興津)

Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」場面カット

★TVアニメ第2期の放送が終了してから3年。ファンが熱く待ち焦がれ続けた「K」シリーズの新作は、全7部作で構成される劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』として世に送り出された。

★7月に劇場公開が始まり、その第3作目となるEpisode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」が現在公開中。ユーザーに異能の力を与えるSNSアプリ《jungle》を使いこなす少年・五條スクナと《jungle》の創始者であり《緑の王》比水流との出会いまでが描かれる本作。TVアニメシリーズでは語られていなかった、五條スクナという一人の少年の物語です。

★そして、6か月にわたって毎月異なるエピソードが公開されていく本作品の第4作目であるEpisode 4「Lost Small World ~檻の向こうに~」。10月6日(土)より劇場公開がスタートします。次々明らかになるそれぞれの《王》や各クランたちの物語は、これまで「K」シリーズを応援してきたファンにとってはさらに深く楽しむことができ、新しく「K」を知った方にはきっかけとなり「K」の世界の魅力へ惹きこまれることでしょう。

★2018年12月まで毎月、月替わりで劇場公開する作品すべてをどうぞお見逃しなく。

劇場アニメーションK SEVEN STORIES Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」作品情報

<あらすじ>
ユーザーに異能の力を与えるSNSアプリ《jungle》。五條スクナはそれを活用し、実家からの追っ手を振り切りながら生活していた。そのさなか、彼は《jungle》の創始者であり、《緑の王》でもある比水流と接触する。比水の語る『夢』に興味を惹かれたスクナは、最高位のランカーになり、比水に直接会う権利を獲得するため、最強の《jungle》ユーザーである御芍神紫に挑む。

<メインキャスト>
比水 流:興津和幸
五條スクナ:釘宮理恵
御芍神 紫:森田成一
磐舟天鶏:大塚芳忠
平坂道反:名塚佳織
コトサカ:下野 紘
…他

公式サイト

作品情報
劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』

『K』の7つのストーリーが、劇場で。
2018年7月より順次公開スタート!

● 公開情報
2018年 7月7日(土) Episode 1 「R:B ~BLAZE~」
2018年 8月4日(土) Episode 2 「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」
2018年 9月1日(土) Episode 3 「SIDE:GREEN ~上書き世界~」
2018年10月6日(土) Episode 4 「Lost Small World ~檻の向こうに~」
2018年11月3日(土) Episode 5 「メモリー・オブ・レッド ~BURN~」
2018年12月1日(土) Episode 6 「Circle Vision ~Nameless Song~」
各エピソード同時上映 Spin-off Short Movie「ザ・アイドルK」

● イントロダクション
解けるキズナ、そして...。
2012年にテレビアニメ第1期「K」、2014年に劇場版「K MISSING KINGS」、2015年にテレビアニメ第2期「K RETURN OF KINGS」が放送された、オリジナルアニメーション「K」シリーズ。

独特の世界観、繊細で華麗なビジュアル、洗練されたアクション、個性豊かなキャラクターたちとその関係性、 緻密でありながらも大胆に組み上げられたストーリーなどあらゆる要素が組み合わさった本作は今なお多くのファンを魅了し続けてやまない。

そして2018年...「K」の濃密なクロニクルを描く7つの物語がついに幕を開ける......「劇場アニメーション K SEVEN STORIES」、2018年7月より全国劇場にて順次公開。

● メインスタッフ
原作:GoRA×GoHands
監督/キャラクターデザイン:鈴木信吾
シリーズ構成/脚本:GoRA
音楽:遠藤幹雄
主題歌:Angela
アニメーション制作:GoHands
製作:k-7project

『K SEVENSTORIES』公式サイト
アニメ「K」公式ツイッター(@anime_k11)

(C)GoRA・GoHands/k-7project
おすすめタグ
あわせて読みたい

K SEVEN STORIESの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード