menu
ゲーム・アプリ
『ナナシス』QOP単独ライブDAY2公式レポート到着

『Tokyo 7th シスターズ(ナナシス)』豊洲PITで行われた「The QUEEN of PURPLE 1st Live “I'M THE QUEEN, AND YOU?"」DAY2公式レポート到着!

iOS/Android向けアイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム『Tokyo 7th シスターズ(ナナシス)』が、2019年6月14日(金)豊洲PITにて人気ユニット“The QUEEN of PURPLE(QOP)”初の単独ライブ「The QUEEN of PURPLE 1st Live “I'M THE QUEEN, AND YOU?"」のDAY2を開催。本稿ではこのイベントの公式レポートをご紹介します。


 
この日の開演前諸注意は1日目同様、人気バンドユニット「4U」の九条ウメ(CV:山下まみ)、鰐淵エモコ(CV:吉岡茉祐)、佐伯ヒナ(CV:長縄まりあ)によって行われた。

The QUEEN of PURPLE(以後:QOP)から直接頼まれたと言う彼女たちの前説は、ただの前説ではなくキャラクターの個性が強く出たもので、支配人達は彼女たちの声に律義に返事を返し、開演前の会場は楽しく温まった。

諸注意が終わるとOPムービーが始まる。キャラ紹介を兼ねたそのムービーの後半からステージにはQOPメンバー達が登場し、映像と合わせて堂々とした立ち姿で歌を披露しついにライブは開幕した。


 
OPムービーから続けざまに披露したのは「Majesty」・「THUNDERBOLT」・「Fire and Rose」だ。「Majesty」・「THUNDERBOLT」は5月22日にリリースしたばかりの1st ALBUM「I’M THE QUEEN」に収録された楽曲。

「Majesty」はベースの重低音とドラムのどっしりとしつつも疾走感溢れるリズムが印象的な楽曲。フロントメンバー達はお立ち台に立ち体を大きく揺らし、開幕にふさわしく客席の支配人達の盛り上がりを存分に煽っていく。

続く「THUNDERBOLT」では越前ムラサキ(CV:野村麻衣子)が「声を出せ!!」と言葉にしてさらに客席を煽る。それを受けて支配人達も「Tap on the top!! Top of the rock!!」と会場を揺らす声を上げ、「THUNDERBOLT」という曲名にふさわしくビリビリと痺れるようなロックなステージを作り上げた。


 
そして「Fire and Rose」だ。「Fire and Rose」は1日目公演でアンコールラストソングとして披露されたQOPのデビューシングルに収録されている楽曲で、メインボーカルのムラサキだけではなくメンバーそれぞれが交代でメロディーを歌うライブ仕様で披露した。

つい1週間前のZepp Tokyoで披露した際とはまた違った熱量で、ライブハウスに詰めかけた観客たちのテンションはライブ開演直後から最高潮に。


 
開幕怒涛の3曲が終わるとMCの時間だ。MC前半ではメンバーそれぞれがキャラクターとしてトークを展開、後半ではキャスト本人としてこの日を迎えられた喜びを語った。さらには全員が前に出て衣装やタトゥーシールの披露なども挟まり、演奏中とはまた違った彼女たちの素の魅力が詰まった時間となった。

MCが終わると再び演奏が再開。披露されたのは「KID BLUE~裸の王様~」「Purple Raze」。「KID BLUE~裸の王様~」では衣装の上着を脱いだベースの瀬戸ファーブ(CV:広瀬ゆうき)とギターの堺屋ユメノ(CV:山本彩乃)のクールな大人の魅力と楽曲がリンク。


 
「Purple Raze」ではムラサキが退場し、ファーブがベースボーカルを務めての披露となった。ギターのリフとベースのグルーブをドラムが支える3ピースバンドらしいタイトでありながら力強い演奏にファーブの情熱的な歌声がのった「Purple Raze」は、合間合間にベースのスラップが挟まれたりと楽しめる要素が満載で、会場も大きく盛り上がった。

そのまま3人でMCを行うと、「R.B.E」・「Wake Up Heroine」へと続く。「R.B.E」はギターの堺屋ユメノ(CV:山本彩乃)がギターボーカルを務める楽曲で、ユメノが歌いながら時折ギターを弾く手を止めて可愛らしいアクションを決めたりと彼女のキャラクター性が強く表れていた。

おにゃのこのことが大好きなユメノの曲らしく、客席からは彼女の歌声に応えて女性支配人達から黄色い声も上がり、それに応えてQOPのサウンドも鋭く切れ味を増していった。


 
「Wake Up Heroine」はドラムの三森マツリ(CV:巽悠衣子)がドラムボーカルを務める楽曲。リズムを刻みながらテクニカルに歌う彼女の姿は頼りになるドラマーそのもの。サビ頭では会場中で「We no!!」の大合唱が起こり、さらに要所要所で響くファーブとユメノのコーラスも絶妙なアクセントとなり駆け抜けるような勢いのある1曲となった。

 
それぞれのソロ曲が終わるとファーブやユメノと同じようにジャケットを脱いで身軽になったムラサキが合流し、QOP全員集合でラストスパートへ。まずは「Clash!!!」。開幕ムラサキの「踊れー!!」の声で会場はさらに一段ヒートアップ。間奏ではバンドの醍醐味とも言える、個々のテクを存分に披露したメンバー紹介が行われ、メンバーが入れ替わるたびに大きな歓声が上がった。

続いては「I AM」。ギターリフに引き連れられて始まった楽曲では、間奏でユメノとムラサキが背中合わせで息の合ったパフォーマンスを見せ、リズム隊が渦巻くようなグルーブを作り出しと、終盤戦にふさわしい盛り上がりを観せて会場が揺れに揺れた。

そして本編ラストナンバーの「DAYS」だ。「DAYS」は暗がりの中スポットライトに照らされたムラサキからの語りかけるようなメッセージから始まった。


 
ムラサキから支配人達へ投げかけられる「あなたの歌、聴かせてください」という言葉は、普段言葉少なめな彼女だからこそ深く胸に届き、その声に応えて観客達も会場が震えるほどの大合唱の声を上げ、会場全体でこの日しか味わえないここだけの楽曲を作り出した。そうして本編は幕を閉じたが、もちろんこれでは終わらない。会場の支配人達からは「QOP!!」コールが巻き起こり、それにこたえてスクリーンには映像が映し出された。

映像は「きゅいーんおぶぱーぷりゅ」というSDのQOPメンバーが語り合うアニメーションで、ライブ当日に至るまでにあった様々なエピソードを嘘や妄想を多分に含みつつ語り合った。SDキャラたちがアクションするたびに会場からは笑い声が上がり、雷鳴のごとく駆け抜けた本編の終了後にホッと一息つけるコーナーとなった。

映像が終わるとライブTシャツに着替えた野村と広瀬が登場。自身達の言葉でメンバーの巽と山本への愛を存分に語った後、「ナナスタの仲間から楽曲をお借りしました」という前振りから披露されたのは、アコースティックアレンジの施されたLe☆S☆Caの「ひまわりのストーリー」であった。


 
QOPのクールさとは違った少女の軽やかさと爽やさがふんだんに詰まった「ひまわりのストーリー」は、2人の歌声も優しさが詰まっている。観客の持つサイリウムはもちろん黄色一色で、客席にはまるでひまわりが咲き乱れたかのような様子。曲中で見せる2人のはにかむ様な笑顔は魅力にあふれており、それまでのセットリストとのギャップもあり、記憶に残る素晴らしいカバーステージとなった。

「ひまわりのストーリー」が終わると4人が全員集合し、会場の観客と写真撮影タイムを満喫。その後は再び楽器を手に持ってセブンスシスターズの「WORLD’S END」とNI+CORAの「CHECK’ MATE」をQOPカバーバージョンでの披露となった。こちらの2曲は「ひまわりのストーリー」とは一転し再びQOPカラーのロックで、カバーとは思えない程楽曲をモノにしている。


 
QOPの音楽性はセブンスシスターズに影響を受けたもので、だからこそ「WORLD’S END」はリスペクトにあふれている。間奏ではフロントメンバー全員がお立ち台に上がり、その中央でムラサキが強く前へと手を伸ばし彼女たちのまだ見ぬ未来を予感させた。

「CHECK’ MATE」は少女の危うさが感じられる本家NI+CORAよりも攻撃的なアレンジに。重低音とナイフのようなギター、そしてムラサキのクールな歌声は比喩でもなんでもなく会場を空気を凄まじい強さで震わせた。さらにこの日はムラサキの「今日は特別!」の言葉でセブンスシスターズの「PUNCH’D RANKER」カバーも演奏された。


 
ステージではQOPが曲名通り殴りつけてくるような激しいロックを奏で、客席は客席でイントロが始まった瞬間から支配人達の歓声と息をつく暇もないような音の嵐が会場を包み込み、その勢いは一切衰えることなく続いた。

そしてとうとう本当のラストソングだ。披露されたのはQOPのデビュー楽曲でもある「TRIGGER」だ。全ての体力を使い切ろうというかのように際限なくヒートアップしていくステージに応え、客席の支配人達の熱も高まっていく。2番ではムラサキとファーブ背中合わせで見せつけるように歌い支配人達を煽り、2日間にわたって開催されたQOP初ライブの最後を飾るにふさわしい最高の盛り上がりを見せることとなった。

すべての楽曲が終わると、ナナシスライブおなじみのBGMが流れ出し、メンバー達がステージ中央に集まる。全員が手を取りあい肉声で言った「ありがとうございました!」の声は会場の支配人達の心まで確かに届いたのだろう。


 
大歓声に包まれながらQOPは笑顔でステージを去っていき、ナナシスライブの歴史に確かな爪痕を残し「The QUEEN of PURPLE 1st Live “I'M THE QUEEN, AND YOU?"」は幕を閉じたのだった。

なお、ナナシスは2019年7月13日(土)、14日(日)に幕張メッセで5th Anniversary Liveを行うことも決定している。そちらにはナナスタ出身の様々なアイドル達やライバルユニットの他、当公演初登場となる新ユニット『七花少女』が出演することも決定しており、5th Anniversaryにふさわしいライブとなること必至だ。
 
[カメラマンクレジット/松﨑祐士さん(foto)・三浦真琴さん(maco,foto)]
 

アニメイトタイムズからのおすすめ

セットリスト

DAY1

01.Majesty
02.THUNDERBOLT
03.TRIGGER
04.KID BLUE~裸の王様~
05.Purple Raze
06.R.B.E.
07.Wake Up Heroine
08.Clash!!!
09.I AM
10.DAYS
EN1.空色スキップ
EN2.WORLD'S END
EN3.CHECK'MATE
EN4.Fire and Rose
 

DAY2

01.Majesty
02.THUNDERBOLT
03.Fire and Rose
04.KID BLUE~裸の王様~
05.Purple Raze
06.R.B.E.
07.Wake Up Heroine
08.Clash!!!
09.I AM
10.DAYS
EN1.ひまわりのストーリー
EN2.WORLD'S END
EN3.CHECK'MATE
EN4.PUNCH’d RANKER
EN5.TRIGGER
 

「Tokyo 7th シスターズ 5th Anniversary Live -SEASON OF LOVE- in Makuhari Messe」公演情報

【日時】
2019年7月13日(土)開場16:00開演17:00
2019年7月14日(日)開場16:00開演17:00

【会場】
幕張メッセ 国際展示場9-11ホール

【チケット料金】
全席指定 ¥9,800(税別)

【主催・企画】
Donutsビクターエンタテインメント

【運営】
バンダイナムコライブクリエイティブ

【制作】
FIREWORKS

【協賛】
ぴあ株式会社

【お問い合わせ】
チケットに関するお問い合わせ:チケットぴあヘルプページ

公演に関するお問い合わせ:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日:13:00〜18:00)

【注意事項】
未就学児入場不可
 

出演者

■7月13日(土)
篠田みなみ
高田憂希
加隈亜衣
中島唯
井澤詩織
清水彩香
道井悠
今井麻夏
中村桜
高井舞香
桑原由気

井上ほの花
飯塚麻結
植田ひかる

野村麻衣子
広瀬ゆうき
山本彩乃
巽悠衣子

山崎エリイ
田中美海

長縄まりあ
吉岡茉祐
山下まみ

秋奈

宝木久美
ルゥティン
高野麻里佳
稲川英里
藤井アユ美
桜木アミサ
森千早都

■7月14日(日)
篠田みなみ
高田憂希
加隈亜衣
中島唯
井澤詩織
清水彩香
道井悠
今井麻夏
中村桜
高井舞香
桑原由気

井上ほの花
飯塚麻結
植田ひかる

野村麻衣子
広瀬ゆうき
山本彩乃
巽悠衣子

山崎エリイ
田中美海

長縄まりあ
吉岡茉祐
山下まみ

秋奈

末柄里恵
優木かな
大地葉
齋藤綾

宝木久美
ルゥティン
高野麻里佳
稲川英里
藤井アユ美
桜木アミサ
森千早都

 

Tokyo 7th シスターズ(トーキョーセブンスシスターズ)ゲーム概要

配信形式:スマートフォン(iOS、Android)向けアプリ
ジャンル:アイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム
対応OS:iOS6 以降Android 4.0.3以降

ダウンロードはこちら

iOS版
Android版

公式サイト
公式Twitter

(C)2014 Donuts Co. Ltd. All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー