menu
音楽
フライングドッグ10周年記念「犬フェス2!」オフィシャルレポ到着

フライングドッグ10周年記念ライブ「犬フェス2!」オフィシャルレポート到着! 2日間の合計で6000人を動員!

2019年10月5日(土)、6日(日)に東京・豊洲PIT開催された、フライングドッグ10周年記念ライブ「犬フェス2!」より、ライブレポートが到着しました!

2日間の合計で、6000人を動員! 鈴木みのりさん、わたてん☆5、JUNNAさん、諸星すみれさんなど、多彩なアーティストがライブを登場した、イベントの様子をお届けします!

アニメイトタイムズからのおすすめ

10月5日(土)ライブレポート

5日の公演には鈴木みのり、わたてん☆5、西田望見、沼倉愛美、東山奈央の5組が出演。それぞれに個性あふれるパフォーマンスで会場を盛り上げた。

トップバッター・鈴木みのりのライブは、ソロデビュー曲「FEELING AROUND」からスタート。ラーメンを題材にしたTVアニメ『ラーメン大好き小泉さん』のオープニングテーマだったこの曲を、ラーメンには欠かせないネギを振り回しながら熱唱し、あっという間にオーディエンスの心をつかんでみせた。ほかにも歌詞も曲調もぶっ飛んだ「ヘンなことがしたい!」や乙女チックな「リワインド」、しっとり系バラードの「Crosswalk」と鈴木の歌う楽曲は振り幅が広かったが、これはさまざまなタイプの楽曲をリリースしてきたフライングドッグならではの選曲したとのこと。


ラストに最新シングルの「ダメハダメ」を歌って次のアーティストにバトンタッチ……と思いきや、「お次はかわいい天使ちゃんたちと一緒に歌いたいと思います!」と、わたてん☆5の5人をステージ上に呼び込む。計6人のスペシャルコラボで坂本真綾の「マジックナンバー」をカバーして、会場を大いに沸かせていた。

TVアニメ『私に天使が舞い降りた!』のメインキャストである指出毬亜、長江里加、鬼頭明里、大和田仁美、大空直美の5名で結成されたユニット「わたてん☆5」は、作中で担当キャラクターたちが着ている制服を再現した、おなじみの衣装で登場。同作品のオープニングテーマ「気ままな天使たち」、エンディングテーマ「ハッピー・ハッピー・フレンズ」を含む4曲を元気いっぱいに披露した。常に笑顔で一生懸命に歌って踊る様子やMC中のワチャワチャとした雰囲気はまさに天使のようで、会場中にたくさんの"かわいい"を振りまいていた。


この夏、ミニアルバム『女の子はDejlig(ダイリー)』でソロデビューを果たしたばかりの西田望見は、同アルバムからリード曲「フルスロットルで行こうぜ!」を含む5曲をパフォーマンス。どの曲も独特の世界観や物語性をもったものばかりで、まるでミュージカルを見ているような気分にもさせてくれるステージとなった。


また、愛称の「のぞみる」にちなんで「のぞ!」「みる!」というコール&レスポンスを楽しむなど、会場のファンとのコミュニケーションもバッチリ。自身のステージを終えた後は、この日2組目のコラボとして沼倉愛美と共にFictionJunction YUUKAの「Silly-Go-Round」に歌唱。無事に歌いきった後、ホッとしたような表情で沼倉と手を取り合う姿が印象的だった。

疾走感あふれるロックナンバー「Climber's High!」「My LIVE」の2曲を続けてガッツリと披露した沼倉愛美は、MCになると一転して「皆さんはフライングドッグが大好きで集まってくれたと思うので、今日は"わんわん"と呼んでもいいですか?」と柔らかな表情を浮かべる。

さらに「星の降る町」や「彩-color-」では高い表現力でオーディエンスを圧倒するなど、いくつものギャップを見せてくれるところが彼女のライブの魅力なのだろう。ラストの「HEY!」では客席が「oh oh」と叫ぶところを「わんわん」に替えるという"犬フェスバージョン"で会場との一体感を楽しんだ。次に出番が控える東山奈央とのコラボ楽曲は沼倉自身のデビュー曲であり、TVアニメ『魔法少女育成計画』のオープニングテーマだった「叫べ」。

同作品に東山はスノーホワイト役、沼倉はリップル役で出演しており、曲の前には「それでも私は夢見てる。私、一緒に歌いたい……リップル!」「スノーホワイト……うん、一緒に歌おう!」とキャラクターの声で口上を述べて、TVアニメの初回放送から3年越しで実現した"夢のデュエット"を感動的に演出していた。

「叫べ」の熱気から、さわやかな風が吹くような「君と僕のシンフォニー」へ、一瞬にして会場の空気を変えた東山奈央のソロステージ。この8月から9月にかけて5か所6公演の1stライブツアーを行っていた東山だが、「この犬フェス2!を終わらせなければ、私の夏は終わらない!」と力強く宣言。「イマココ」では「大好きだ!」という大きな声援を浴び、「灯火のまにまに」は赤色のペンライトを灯火に見立てて、会場に集まった大勢のファンと共に夏の最後の思い出を作り上げていく。

「さよならモラトリアム」ではツアー中に恒例となっていた"大人チャレンジ"に挑戦。ツアーで唯一失敗したというギター演奏にリベンジし、多少危なっかしいところはあったが何とか成功を収めていた。このパートのラストにして、ライブ全体を締めくくる1曲には東山自身が作詞・作曲した「群青インフィニティ」をセレクト。「別れ、再会」をテーマにしたこの曲を最後に歌うことで、いつの日かまた再会できることを誓っていた。

アンコールは「フライングドッグスペシャルヒットメドレー」と題して、出演アーティスト全員がノンストップでカバー楽曲を披露。1組ずつ歌のバトンをつないで、最後に全員が集まって歌ったのは『マクロスF』ランカ・リー=中島愛の「星間飛行」。フライングドッグ10年の歴史を噛みしめながら、1日目の公演は幕を下ろしたのだった。


おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020冬アニメも声優で観る!
秋アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー