menu
アニメ
永瀬廉(キンプリ)と山下大輝が実写映画『弱虫ペダル』舞台挨拶登壇

King & Princeの永瀬廉さん&声優の山下大輝さんが登壇! 実写版とアニメ版の小野田坂道役が揃って作品愛を語った実写映画『弱虫ペダル』舞台挨拶公式レポート

絶賛公開中の実写映画『弱虫ペダル』より、2020年9月5日(土)に丸の内ピカデリー1で行われた舞台挨拶の公式レポートが到着しました。

イベントには永瀬廉さん(King & Prince)に加え、アニメ版で小野田坂道を演じた声優・山下大輝さんが登壇されましたので、本稿にてご紹介します。


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

舞台挨拶公式レポート

8月14日(金)に公開初日を迎え週末興行ランキング新作実写邦画第1位を獲得、3日間の累計興収は約2.5億円、鑑賞後のアンケート調査では満足度が驚異の98.5%を記録するなど大好評の本作。

さらにSNS上では「声や話し方や仕草はもちろんのこと、あのハイケイデンスは小野田坂道そのものでした」「本当にみんなが全力で頑張る姿に涙が溢れて号泣した」「キャストのみなさんの躍動感、疾走感が凄かった!THE青春でした!」など、熱い感想コメントが相次ぎ“おかわりペダル”する人が急増中!

主演の永瀬に加え、アニメ版「弱虫ペダル」で小野田坂道の声優を務めている山下が登場すると、会場からは熱い拍手で迎えられ、舞台挨拶がスタートした。

実写版・坂道とアニメ版・坂道の夢の共演が実現し、会場のボルテージが高まる中、永瀬は過酷だった撮影について振り返りつつ「映画を観てくれたみなさんから面白かった!と言っていただけて…本当に頑張って良かったです!」と喜びをにじませながら挨拶した。

映画の感想を聞かれた山下も「走ってる時の必死な姿と楽しそうに走る姿は、まさしく坂道でした!」と永瀬が演じた坂道を大絶賛。映画版オリジナルのヒメヒメソングについても触れながら、二人で仲睦まじくトークを展開した。

ここで原作者・渡辺航からのメッセージビデオが流れることに!「このCG全盛期にCGを一切使わない、キャストの本気の演技に感動しました!」と原作者からの嬉しいお墨付きのコメントに加え、「残念ながら今日は会場には行けませんが楽しんでください! 僕も客席でお二人の弱ペダ愛を感じたかった!」と悔しさをにじませた。

続いて弱虫ペダルの魅力を聞かれた永瀬は「弱虫ペダルはキャラクターが良く作りこまれていて、レースでも敵も味方も両方応援したくなりますよね!人間味が溢れている!」と熱いコメントを述べると、山下も「観たら観た分だけ新しい魅力を感じられる作品。友情と努力を体現する姿が本当にカッコいいですよね!」と応酬。渡辺からの期待に応えるように弱ペダ愛を爆発させる二人であった。

そしてお待ちかねのアフレコ企画に。事前にSNSでの投票で決定した劇中の永瀬の台詞に山下が声を当てる、映画とアニメの垣根を超えた夢のコラボレーション!(※台詞は1年生ウェルカムレースの時に坂道が言った「今泉君、鳴子君、追いついたよぉぉ!! 一緒に走ろう!!」)

「本当にアフレコしてもらっていいんですか!?見るだけなのに緊張してます!」と始まる前から興奮気味の永瀬。緊張感漂う中、生アフレコを終えると「ほんとにやばい…全身で感じました!今日、僕あまりお金持ってきてないですけど大丈夫ですか!?」と、さらにヒートアップする永瀬であった。

当の山下も「心臓がバクバク…ハイケイデンスです…!」と興奮した様子。続けて「このセリフはアニメの坂道のオーディションの時から言っていたセリフで思い入れがあります。再びこのような場でこのセリフを言う日が来るとは思ってなかったです」と思い出を振り返りながらエピソードを語った。


 
さらにお互いの溢れんばかりの弱ペダ愛をあいうえお作文で表現することに。テーマは映画にちなみ「さ・か・み・ち」に決定。

司会者から二人が作ったあいうえお作文のどちらが良かったかを会場の観客からの投票で決めることが明かされると「先日の川柳対決で痛い目を見ているので…仲良くいきません?」と後ろ向きな永瀬。


 
先日の川柳対決では罰ゲームで苦いセンブリ茶を飲まされ文字通り苦汁をなめさせられた永瀬であったが、今回は勝利したほうに高級お肉セットがプレゼントされることが発表されると、表情が一転。「マジですか!どの部位ですか!?選べるんですか!?」と今日一番の笑顔を見せた。

 
お互いの作文を発表し、観客からの投票を待っている間には9月7日に誕生日を迎える山下のためにサプライズケーキが登場!突然のサプライズに驚きながらも山下は「坂道君らしく逆境を乗り越える1年にしていきたいです!」と抱負を語った。

 
あいうえお作文対決の集計が終わり結果は…見事、永瀬の勝利!「山下さん!一緒に肉食べましょう!」と肉好きの山下を誘うと「本当ですか!タンにします?それともハラミ?」と山下も嬉しそうに返事。舞台挨拶中であることを忘れてどの部位のお肉にするか真剣に相談する流れになり、流石に司会者からも「後にしてください!(笑)」とストップが入ることに…。

最後に、永瀬は、「山下さんと、そして観客のみなさまと一緒に素敵なイベントが出来て幸せでした」と締めくくり、舞台挨拶は、大盛況のうちに終幕した。

 

作品概要

ストーリー

主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通う、運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・小野田坂道(永瀬廉)。

あることをきっかけに、自転車競技部に入部することになった坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を発揮することになる。

坂道の良き仲間で期待の新人エース・今泉俊輔(伊藤健太郎)や、マネージャーの寒咲幹(橋本環奈)、同じ自転車競技部のメンバーとともに自分の限界や壁を越え、初めて出来た「仲間」とともに、レースで走る喜びを見出していくー。

誰かの為に頑張ったり、頑張る誰かを応援したりー。
あなたもきっと応援したくなる、誰かに想いを伝えたくなる、今年一番熱い青春ストーリー!
 

 

スタッフ・キャスト

主演:永瀬廉(King & Prince)
出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、栁俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼/皆川猿時
原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:三木康一郎
脚本:板谷里乃・三木康一郎
主題歌:King & Prince「Key of Heart」(Johnnys’ Universe)
制作プロダクション:デジタル・フロンティア
協力:ワイズロード
製作:「弱虫ペダル」製作委員会
配給:松竹株式会社
 
公式サイト
公式twitter(@yowapeda_eiga)
公式Instagram:yowapeda_eiga

(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会(C)渡辺航(秋田書店)2008
おすすめタグ
あわせて読みたい

弱虫ペダルの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(来期7月)おすすめランキングまとめ! 中間発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング