menu
ゲーム・アプリ
ゲームアプリ『エリオスR』第1章ED曲 ウィル役・近藤 隆インタビュー

シンプルだからこそ新しく、思わず口ずさんでしまうような楽曲――新作ゲームアプリ『HELIOS Rising Heroes』ストーリー第1章エンディング曲「LIVE THE MOMENT」ウィル・スプラウト役 近藤 隆さんインタビュー

2020年10月7日(水)に、新作ゲームアプリ『HELIOS Rising Heroes』(エリオスライジングヒーローズ/通称、エリオスR)エンディングテーマVol.1がリリースされました!

『エリオスR』は、『あんさんぶるスターズ!!』など人気スマートフォン向けゲームを運営するHappy Elements の<<カカリアスタジオ>>が手掛けるコマンドRPGで、特殊能力を持ったヒーローたちがルーキー&先輩(メンター)でチームを組み、“サウス”、“ノース”、“ウエスト”、“イースト”に分かれて大都市ニューミリオンの平和を守る物語です。

サウスセクターのメンバーによるストーリー第1章エンディング曲「LIVE THE MOMENT」を歌う、ウィル・スプラウト役の近藤 隆さんに、キャラクターの魅力や楽曲の収録エピソードについて伺いました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

「LIVE THE MOMENT」は、どこか懐かしさを感じる楽曲

――『エリオスR』の第一印象を教えてください。

ウィル・スプラウト役/近藤 隆さん(以下、近藤):お話としては「街を守る『ヒーロー』になりたい」というシンプルなスタートなのですが、キャラクターたちの成長の過程で「正義とはなにか?」「『ヒーロー』とはなにか?」「守るとはなにか?」といった考えさせるテーマを含んだ作品という印象を受けました。

――「正義とはなにか?」……哲学的なテーマも盛り込まれているということでしょうか?

近藤:当たり前ではありますが「なぜ守るのか?」というと、やはり理由は「守りたいから」です。一元的なものでは語れないところがるので、突き詰めていくととても深くて難しいものを抱えたお話だと感じました。

――演じられるウィルについての第一印象を教えてください。

近藤:イケメンの優しいお兄さんだと思います。人当たりがいいキャラクターですが、アキラを見守る様子など、ちょっとお兄さんなところがありますね。ただ、アキラのバックボーンに関係するキャラクターのことはよく思っていなくて、キツく当たることもあります。

――キャラクターの紹介文には保護者的存在とありますが、それはアキラを守るためにということですね?

近藤:そうです! ただ、どうしてそうなったのかは彼のこじれている部分……核心の部分になります。ユーザー目線としてその動機はわかりやすいと思うのですが、最終的に解消されるには時間のかかるタイプのキャラクターなのではないかと個人的に思いますね。

――演じられるうえで意識したポイントはありますか?

近藤:キャラクターのバックボーンを理解していたので迷うことはなかったですね。

ただ、本作ではセクターごとの目線でドラマが展開するのですが、その際のウィルの物理的、心情的な立ち位置などを常に理解するように意識しました。『ヒーロー』として特殊能力もあるので、そこも踏まえています。

アキラ、ウィルで例えると、彼らが同時に出会うキャラクターに対する印象がふたりで異なったりするので、そういった点も群像劇としてしっかり見ていただきたいと思います。

――目線によってだいぶキャラクターの印象が異なりそうですね。

近藤:そこが先ほどお話した「正義とはなにか?」「なぜ守るのか?」というお話に繋がります。だから、シンプルなテーマながら深く考えさせる要素が盛りだくさんです。ユーザーのみなさんには色々な角度からキャラクターたちを見てほしいと思います。

――ちなみに、演じる中でキャラクターの印象に変化はありましたか?

近藤:あります! ですが、人間同士の思惑の交差が重要な作品だけに、それを明かしてしまうと重要なネタバレとなってしまうので、プレイしてからのお楽しみということでお願いします。

――では、ほかに気になるキャラクターはいますか?

近藤:主にサウスセクターの4人です。ただ、ほかセクターであえて言うならアドラー(ガスト・アドラー)ですね。こちらの理由についてもぜひお話の中で確かめていただければ……! どのキャラクターも個性が立っていて、誰から見ても魅力的だと思います。

――それだけキャラクターが多いとユーザーのみなさんも誰を推せばいいのか悩んでしまいそうですね。

近藤:そうですね。ただ、迷うくらいならストーリーとしてみんなのことを追ってもらえると! そうしていくうちに好きなキャラクターが見つかるかもしれません。

――今回、収録されたエンディング曲「LIVE THE MOMENT」に対する第一印象を教えてください。

近藤:どこか懐かしさを感じる楽曲だと思いました。ここ最近の曲は、難しいメロディなどを取り入れていることによってすごく進化していると思うのですが、この曲はその逆。難しいことをあえてしない、シンプル故に新しい曲だと思いますね。

――鳳 アキラ役の豊永 利行さんにインタビューした際、今回の楽曲について90年代を彷彿とさせる一曲で、今の人たちには逆に新しく感じるのではないかと仰っていました。

近藤:まさにそうです! サウスのキャスト4人は同年代ということもあり、みんな同じような感想を抱くと思います(笑)。耳馴染みよく、思わず口ずさんでしまうような一曲です。カラオケで歌えるようになったら盛り上がると思いますね。

――ファン同士で集まって歌えそうですね!

近藤:特に2番はすぐに歌えますので! それくらい入りやすい音楽ですね。

――ウィルとして歌ううえで意識されたポイントや難しかったことなどあれば教えてください。

近藤:難しいと思ったことはなかったです!(笑) ただ、収録は僕が最後だったので、ほかのメンバーの景気のいい歌い方に引っ張られ過ぎないように、全体のバランスは意識しました。

――ほかのメンバーはそんなに元気だったのですか?

近藤:「元気過ぎるなこいつら(笑)」と思ったり。ウィルも内向的過ぎる性格ではないので、引っ張られても問題はないのですが(笑)。

――完成が楽しみです(笑)。では最後に読者の方へメッセージをお願いします。

近藤:ゲームのEDにぴったりな爽やかで聴き馴染みのいい楽曲となっています。すぐ覚えられるくらいシンプルな一曲ですので、みんなで聴いてもらえると嬉しいです。そしてアプリ本編もぜひ楽しんでいただければと思います!

――ありがとうございました。

商品情報

『HELIOS Rising Heroes』エンディングテーマ Vol.1

発売日:2020年10月7日(水)
価格:2,200円(税込)

 
【キャスト】
鳳 アキラ(CV:豊永 利行)
ウィル・スプラウト(CV:近藤 隆)
ブラッド・ビームス(CV:羽多野 渉)
オスカー・ベイル(CV:佐藤 拓也)
レオナルド・ライト・Jr(CV:村瀬 歩)
フェイス・ビームス(CV:ランズベリー・アーサー)
キース・マックス(CV:津田 健次郎)

 
【収録内容】
01.LIVE THE MOMENT
歌:サウスセクター(鳳 アキラ、ウィル・スプラウト、ブラッド・ビームス、オスカー・ベイル)
作詞・作曲・編曲:Q-MHz

02.Casual new adventure
歌:ウエストセクター(レオナルド・ライト・Jr、フェイス・ビームス、キース・マックス)
作詞・作曲:Q-MHz 編曲:栁舘 周平

03.Original Drama Track 「オスカーさん、風邪を引く」
出演:サウスセクター(鳳 アキラ、ウィル・スプラウト、ブラッド・ビームス、オスカー・ベイル)

04.Original Drama Track 「夜ひとりでトイレに行けなくなる話」
出演:ウエストセクター(レオナルド・ライト・Jr、フェイス・ビームス、キース・マックス)

05.LIVE THE MOMENT(Instrumental)
06.Casual new adventure(Instrumental)

 
『HELIOS Rising Heroes』公式サイト
『HELIOS Rising Heroes』公式Twitter(@helios_ch)

(C)2019 Happy Elements K.K
おすすめタグ
あわせて読みたい

HELIOS Rising Heroesの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング