menu
アニメ
冬アニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』キャストインタビュー│沖野晃司×豊口めぐみ【連載第3回】

トレーナー役・沖野晃司さん、東条ハナ役・豊口めぐみさんが語る同じトレーナーでも真逆なふたりは“はっきりさせないのがいい”関係性? 冬アニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』キャストインタビュー【連載第3回】

テイオーの大変な様子を見ていると、親心で心がしんどくなります

――物語的にはまだ序盤ではありますが、久しぶりに本編のアフレコをしてみていかがでしたか?

沖野:第1期のときは(アフレコ現場に)女性のキャストさんがいっぱいいて、女子校の先生みたいな感じだったんですけど(笑)、今回はよく絡むキャラクターと少人数でのアフレコでした。

実際にやってみて、メインで描かれるのがスペちゃん(スペシャルウィーク)とスズカ(サイレンススズカ)から、(トウカイ)テイオーと(メジロ)マックイーンの2人になるだけで、こんなに作品の色って変わるんだと感じましたね。2人の人間関係、いやウマ娘関係がうまくマッチした状態で始まっているというか。第1期は人間関係を構築していきながらのドラマでもありましたから。

――第1期はスペシャルウィークが転入してくるところから始まりましたからね。

沖野:そうなんです。テイオーとマックイーンの関係はやっぱり第1期があってのものですし。物語としては第1話、第2話から結構重めで、おいおいと思わせるような内容だったので、台本を読んだときには本当に前途多難だなと思いました。でも、第1期で描かれていなかった、各ウマ娘の内側が見られるのはすごく面白いです。

豊口:私は第1期から久々だったこともあって、「優しすぎます」と言われたのを覚えています(笑)。第1期はみんなでせーの!で作り上げていったというか、私たちもそこから構築していったので、牽制していたところもあったと思うんです。でも、1回みんなのことを知っちゃったから、優しさが出てしまったのかもしれません。

――第1話でのトレーナーとのやり取りからも、ちょっと気にかけているところが垣間見えましたよね。

豊口:そうなんですよ。その微々たるところが難しくて。出過ぎてもダメだし、出なさすぎてもダメだし、という駆け引き部分が難しかったです。

――トレーナーは第2話でトウカイテイオーの復帰のために必死にメニューを考えていましたが、沖野さんはその気持ちがよくわかるのでは?

沖野:そうですね。テイオーとは第1期から付き合っているので、第1話の終わりに脚があれ?ってなり、その後の様子を見ていると、親心というか本当に僕もしんどくなりました。テイオーのような明るい子が大変な状況になるのは自分の中でとても重くて。役者だけやっていると、そんな場面に出くわすことってあまりないじゃないですか。切ないなと思いながら演じていましたね。

ただ、トレーナーが必死にメニューを考えているところにテイオーがきて、「こんなに散らかして」みたいに言うシーンは、もし自分がトレーナーだったらそういうところを見せずに「苦労してお前のメニューなんて考えてないぞ」って言うと思います(笑)。

――役者さんも喉の不調や舞台で怪我することはありますけど、ウマ娘や競走馬に比べれば、といった感じでしょうか。

沖野:僕は第1期のときに松葉杖でアフレコしていましたけどね(笑)。

豊口:そんなことありましたね(笑)。

――では、豊口さんが第1話や第2話で心に残ったシーンはどこですか?

豊口:やっぱり、この2人(トレーナーとおハナさん)のシーンですね。帰ってきたなという気がしました。バーのシーンがあれば、さらにスッと戻ってくるんですけどね。オーディションもそこでしたから、私的には『ウマ娘』といえばバーのシーンなんですよ。

トレーナー、東条ハナ、南坂――三者三様のトレーナーたち

――第1期に登場したチームは<スピカ>と<リギル>のみでしたが、今回は新しくチーム<カノープス>が加わりました。トレーナーである南坂さんも2人とはまた違ったタイプですが、どのような印象を持ちましたか?

沖野:ちょっと気が弱いというか、(チーム<カノープス>の)ウマ娘たちにいじられながらやっていくタイプなんだと思いましたね。チームのカラー的にウマ娘たちの方が強くて、トレーナーさんはその下にいて。メンバーもにぎやか系というか、はしゃいでいる子が多い印象がありますね。

豊口:いやもう、右に同じです(笑)。ここ(<スピカ>と<リギル>)が真逆のチームだったので、どういうチームが来るのかと思ったんですけど、また全然違うタイプが来て面白いなと思いました。

――そんな三者三様のトレーナーですが、ご自身がトレーナーの立場になるとしたら誰のような感じになりそうですか?

豊口:どうですかね。少なくとも、おハナさんタイプではないです(笑)。かといって、南坂さんみたいなタイプでもないかなぁ。あえて言うなら(<スピカ>の)トレーナーが一番近いと思います。私はエリートではないから、おハナさんみたいにエリートを教えられる人間ではないし、なるべく同じ目線に立ってやりたいんですよ。みんなで和気あいあいしながら高めていく方が、自分自身も高められる気がします。

沖野:僕は(ウマ娘よりも)ちょっと下に行くタイプかもしれないです(笑)。

豊口:本当に!?

沖野:相手に強く「お前これやってないじゃないか!」って絶対言えないんですよ、性格的に。「そうなんだ、やってないんだね。じゃあ来週にする?」とか言っちゃう気がします。

豊口:優しいんですね。

沖野:いや、それ以前に、教える立場に極力なりたくない(笑)。

豊口:わかる! もっと自分が吸収したい。

沖野:人に教えると、家に帰って風呂で反省するタイプなんですよ。「あれ良くなかったな〜」って。だから、自ら教えようとかは全く思わないですね。

豊口:1対1だったら、まだその人というかウマ娘のことを知ればいいですけど、いっぱいいると「この子はこう」、「この子の場合はこう」って把握しなきゃいけないし、教えることに対する知識も必要で。トレーナーってすごいなと思います。

沖野:すごいですよね。

豊口:おハナさんはおハナさんなりに、厳しくあたっても耐えられる子だけが残っていると思うし、<スピカ>の方は気持ちに寄り添って高めていくやり方で。アプローチの仕方は全然違いますけど、お互いにちゃんと成績を残していますからね。本当にすごいです。

――このあとに聞くのもなんですが、トレーナーの立場でウマ娘を教えるとしたら、どの子がいいですか?

豊口:私はやっぱりシンボリルドルフですね。うちのエースといいますか、単純に格好いいですから。

沖野:ちょっと格好よすぎますけどね(笑)。

豊口:かっこいいでしょ(笑)?

――でも、あのシンボリルドルフに何を教えたらいいんですかね?

豊口:そうなんですよね(笑)。さらに上を目指すというか、もっともっと高める感じですかね。

沖野:僕はそうだなぁ。第1期と第2期を経て、<スピカ>のメンバーのことは本当に育てている感覚があるし……。

――<スピカ>以外のメンバーで選ぶとしたら?

沖野:名前だけでビチ〜っと来たのは、キタサンブラックですね。競走馬にそんなに詳しくないですけど、「キタサンブラック!」って聞いたら、これは絡んでみたいと思いますね。名前が強い!

豊口:このカタカナの並びが強いですよね(笑)。でも、こういう名前のことを考えると、実況役の明坂(聡美)さんが一番功績を残したんじゃないかと思います。第2期は一緒に収録できていないですけど、第1期ではほかの人のセリフに被らないように1人で録っていて、実況は大変そうだなぁって思ってました。

――第2期もレースシーンはたくさんありますからね。

豊口:そうなんですよ。私はカタカナがすごく苦手だし、もともと競馬に詳しくなかったので、台本を見ても名前がスッと入ってこなくて。似た名前があったりすると、どっちなのかわからなくなっちゃっていました(笑)。

(C)2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ中間発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング