menu
音楽
和氣あず未 1stアルバム『超革命的恋する日常』インタビュー

両親の恋物語をタイトルに!? 和氣あず未さんの待望の1stアルバムには“理想の恋と現実的な恋”がたっぷり収録! 10曲全て新曲の『超革命的恋する日常』発売記念インタビュー

和氣あず未さんの1stアルバム『超革命的恋する日常』が2021年2月17日(水)リリース!

2020年1月のアーティストデビュー後、シングル3枚12曲を歌ってきた和氣さんの待望のアルバムは全10曲、和氣さんが大好きな恋愛ソングかつ新曲で構成!

更にレコードのように前半5曲を<Side A>、後半5曲を<Side B>と名付け、それぞれが違ったサウンド感や恋愛観になっており、各曲を演じ分けるように歌っている声優ならではの1枚になっています。
そんな自身の好きと挑戦が詰まったアルバムについて、和氣さんに語っていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

あっという間の1周年。1stアルバムは大好きな恋愛ソングが詰まった1枚に

――2021年1月にアーティストデビュー1周年を迎えた感想をお聞かせください。

和氣あず未さん(以下、和氣):あっという間でした。1年という短い期間の中で、シングル3枚12曲というたくさんの曲をいただけたこともビックリしています。

一番印象深かったことは2020年1月29日に行った池袋サンシャインシティ噴水広場でのデビュー記念イベントです。皆さんの前で歌わせていただけたことで、自分がアーティストデビューしたんだなと実感できた瞬間で。2ndシングル「Hurry Love/恋と呼ぶには」から、みんなに直接お会いするリリースイベントができていないので、よりその時の記憶が鮮明に残っているし、またみんなの前で歌える日が来ることを願っています。

――この1年はすごいペースだなと思っていたし、次はアルバムだろうなと思っていました。

和氣:結構前に「アルバムを出す予定です」とお聞きしていましたが、まさかの全10曲新曲というのは衝撃的でした。2ndシングルの時に「恋愛系の曲が好きです」と取材などで言っていたので、このアルバムにも恋愛ソングをたくさん詰め込んでいただけて。素敵な1枚になったと思うし、嬉しいです。

 

 

――制作にあたって、ご自身からオーダーされたことはありますか?

和氣:特になくて。今回は2曲ずつ曲をいただいて、レコーディングする形でした。好きだったような恋愛ソングもあれば、せつなくて胸に刺さるような曲もあったし、「今まで歌ったことはないけどこういうジャンルも好きかも」と発見できたり。結果的には私が大好きな曲ばかり集まったなと思います。

――2曲ずつ渡されるということは全体像もわからないままで、ワクワク、ドキドキしながら待つという点ではファンやリスナーと同じ心境だったのでは?

和氣:恋愛系の曲とは聞いていてもどんな内容でどんなジャンルなのかは知らされていなかったので、曲をいただくのが楽しみで。曲が届いたらまず曲名と歌詞を見て、「甘酸っぱい曲なのかな?」と想像して。そしておうちに帰ってから仮歌などの音源を聞くのが楽しみでした。

――ちなみにアルバム名の『超革命的恋する日常』はポップでキャッチーですね。どのように付けられたのですか?

和氣:井上プロデューサーの発案です。タイトルをずっと考えていたら突然、降りてきたらしいんですけど、しばらく寝かせておいたそうです(笑)。そしてレコーディングの終盤頃に「このタイトルでどうですか?」と提案してもらって、素敵なタイトルだなと思って、すぐにOKしました。

1枚の中に対照的なサウンドや世界観に分かれる構成

――CDなのに、前後5曲ずつで<Side A>、<Side B>と分けられているのにも理由が?

和氣:昔のレコードみたいでおもしろいですよね。<Side A>ではバンドサウンド、<Side B>ではエレクトリックサウンドの曲で固められていて、<Side B>に入る6曲目からガラっと雰囲気が変わるのを感じていただけると思います。

――歌詞の内容自体も<Side A>の曲は片想いだけど、明るくポジティブな曲が並んでいるのに対して、<Side B>はリード曲の「デビキュピ」以外は恋の終わりだったり、ちょっと怖さも感じられるような感じで。

和氣:<Side A>では女の子がキュンキュンする理想の恋愛をたくさん歌っているけど、<Side B>では急にシリアスで現実的な恋愛や失恋、恋愛の怖さが描かれていて。そういう意味でも<Side A>と<Side B>は対照的かもしれませんね。

――和氣さんの今までの恋愛ソングは成就する前の楽しい過程を歌われていることが多くて。このアルバムでも、恋が実ったと思えるのは10曲目の「Darling」くらいかなと。

和氣:「Darling」は永遠の愛を歌っていますが、決して「ウキウキ、ハッピー!」という感じではないですね。

――「これからも一緒に」と歌っていますが、9曲目の「恋する日常」の印象に引っ張られて、怖い意味にも聞こえてきて。

和氣:確かに(笑)。聞いてくださる方によって、いろいろな捉え方があると思うし、想像する楽しみもあると思います。

――タイトルのポップさから軽めのアルバムだなという印象を受けるかもしれませんが、実は楽曲のサウンドや歌詞、和氣さんの歌い方など深みのあるアルバムだなと思います

和氣:嬉しいです。せっかく10曲もあるので、今までと違う面をお見せしたり、違う歌い方をしたいと思っていました。この1枚の中にいろいろな表情をのせられて、それを皆さんに楽しんでいただければと思います。

――和氣さんの様々な表情や歌い方だけではなく、女の子のいろいろな面も垣間見た気がします(笑)。

和氣:女の子は怖いですから(笑)。恋愛してキュンキュンして楽しい時もあれば、どんどんネガティブになって、勝手に沈んでいって失恋してしまうこともあるので、キャピキャピしたり、かわいい部分だけではなく、リアルな部分も感じてもらえたらいいですね。

おすすめタグ
あわせて読みたい

和氣あず未の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021冬アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021冬アニメインタビュー
声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング