menu
アニメ
劇場版『FGOキャメロット後編』島﨑信長インタビュー

劇場版『Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編Paladin; Agateram』島﨑信長さんインタビュー|1部第六章から劇場版[HF]、『月姫』まで、TYPE-MOONの魅力を語り尽くす

2021年5月15日より全国ロードショーとなる映画『Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編Paladin; Agateram』。大人気スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』(以下、FGO)のメインストーリーの中でも人気の高い、第1部第六章「神聖円卓領域キャメロット」を劇場アニメ化し、2020年12月に公開された前編『Wandering; Agateram』の続編にあたる作品です。

その劇場公開も間近に迫る中、今回は『FGO』にて人類最後のマスター藤丸立香役を務める島﨑信長さんを直撃。大のTYPE-MOONファンとして知られる島﨑さんに、本劇場版の魅力はもちろんのこと、『FGO』や昨年完結を迎えた劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』を始めとしたTYPE-MOON作品への思い入れなどを、たっぷりと語っていただいたインタビューの模様をお届けしていきます。

アニメイトタイムズからのおすすめ

一度TYPE-MOONに関わってから、防波堤が壊れた!?

ーー公開日も近づきつつありますが、現在の心境を教えてください。

島﨑信長さん(以下、島﨑):とにかく、出来上がったものを見るのが楽しみというのが一番正直な心境ですね。後編はコロナ禍の影響もあって個別での収録でした。本来だったら、収録も最後まで参加して、皆さんのお芝居を見て、そのシーンがどのように作られていったかをリアルタイムで体験できるのですが、今回は自分が出ていないところがどんなシーンになったかまったく知らないんです。

なので、それを完成した映像と一緒に見られるのは楽しみで仕方なくて、とくにラストシーンがどのように描かれるのかすごく気になっています。

ーー収録の段階では、映像はどのくらい仕上がっていたのでしょうか?

島﨑:基本的には線画で、部分的に色がついているシーンもあるという形だったので、色がついたシーンから、最終的にどのような雰囲気になるのか察することができたので、収録はしやすかったです。前後編なので地続きの作品ではあるのですが、監督は別の方ですから、それぞれのテイストの違いのようなものも感じられましたね。

ーー後編は別々の収録だったというお話でしたが、前編で一緒での収録を経験していたことで、演じやすくなったという面はありましたか?

島﨑:もちろん前編で一度座組みができたのは良かったのですが、『FGO』に関していえば、「はじめまして」ではないというか。僕の場合は実際にゲームをプレイしていますし、出演キャストのみなさんも知っている方ばかりなので、もし前編が別々の収録だったとしても、お互いの繋がりを感じながら演じられる積み重ねが『FGO』にはあるのかなと。

ただ、劇場版ではベディヴィエールの物語が軸になっていたりという原作と異なる点もありますし、他のキャストへのディレクションで、どういったシーン作りを目指しているかを感じとれたりもしたので、前編の収録を一緒に経験できたのは演じる上で助けになりました。

ーー第六章は、『FGO』においても非常に人気の高いエピソードだと思います。劇場版アニメ化を最初に知った時はいかがでしたか?

島﨑:3年前に開催された「Fate/Grand Order Fes. 2018」 でユーザーの皆さんに「今後『FGO』に期待する展開は?」と、「メインクエストで最も好きなものは?」についてのアンケートをとっていて。その時の1位と2位が、好きなエピソードでは第七章と第六章、希望する展開ではTVアニメ化、劇場アニメ化という結果だったんです。いくらアンケートで1位と2位だったからって、その通りにアニメ化しようなんて普通はありえないことですから、本当に幸せなことだなと感じました。

ーー第六章の映像化について、期待していたシーンはありますか?

島﨑:TVアニメになる第七章についてはある程度想像はついたのですが、第六章については劇場版という尺の中でどうあの物語をまとめるのかが気になりました。なので具体的なシーンというよりも、第六章全体のテーマであるとか雰囲気を、どのように表現してくれるのかという部分に期待していましたね。

アーラシュの宝具とか、個人的に好きなオジマンディアスの活躍であるとか、具体的なシーンもいろいろ挙げられるのですが、やっぱり第六章は物語全体の流れや積み重ねが重要なストーリーだと思っているので。

ーー島﨑さんは大のTYPE-MOONファンとしても知られていますが、『FGO』への出演が決まった時というのはどんな心境でしたか?

島﨑:僕が最初に出演させていただいたのは、まだ『FGO』が配信直後に発売された、「TYPE-MOONエース」の付録のドラマCDだったんです。『FGO』の序章の部分をまとめた内容で、まだ藤丸立香という名前も存在していなくて、その時にサインも書かせていただいたのですが、「主人公」という役名だったと記憶しています。その上で、テレビCM用のアルジュナのボイスも一緒に録らせていただいたのですが、収録の時はやっぱりただただ嬉しかったですね! 序章の台本からも、どこか知っているTYPE-MOONワールドならではの空気感を感じ取れましたし。

僕は、「好きなものは好き」だと発信した方が、人生が豊かになると思っているんです。それを好きだと思ってくれる仲間も集まって交流がもてるし、いろいろなことにつながってくることもありますから。ただ、実はTYPE-MOON作品に関しては、それまで好きだという発信をしていなくて、どこかで縁があったら嬉しいなぁと密かに思っていただけでした。それが叶ったのもあって、出演できた時の嬉しさは大きかったです。一度関わらせていただいてからは、防波堤がぶっ壊れたようになりましたが(笑)。

一同:(笑)。

ーーTYPE-MOON作品の主人公らしさというのも意識されたのでしょうか?

島﨑:その点については、あえてあまり心に引っかからないキャラクターを目指すというか、これから『FGO』を始めるプレイヤーが感情移入しやすいよう、お芝居もあまり強い個性をもたせないことを意識していました。

TYPE-MOON作品の主人公って、一見普通そうに見えて意思が強かったり、溢れ出る個性をもっていることが多いので、そういう意味ではTYPE-MOONらしい役作りとは少し違っていたかもしれません。純粋に、最初のドラマCDの時はこれから始まる『FGO』の主人公を皆に見てもらうという意識の方が強かったと思います。

ーーそこから第六章までの間に、演じ方の変化のようなものはあったのでしょうか?

島﨑:まずドラマCDの後に、藤丸立香という名前を与えられてからはまた別で、一人の独立した個性をもつキャラクターとして演じさせていただいています。劇場版ではベディヴィエールに焦点を当てたストーリーとなっていますが、だからといって端役に見えるお芝居を意識したというわけではないので、劇場版だから演じ方を特別変えたということはないかもしれません。大事なのは、それまでの藤丸立香としての積み重ねであり、台本や演出と真摯に向き合っていくことで、求められる立ち位置に自然に収まるのではないかと思っています。

おすすめタグ
あわせて読みたい

Fate/Grand Orderの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ中間発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング