menu
アニメ
春アニメ『シャドーハウス』シャーリー/ラム役 下地紫野|声優インタビュー第6回

春アニメ『シャドーハウス』シャーリー/ラム役 下地紫野|声優インタビュー第6回「アフレコ中は役作りのためにあまりしゃべらず……。少し寡黙なシャーリー/ラム」

顔のない一族“シャドー”と、その“顔”としてシャドーに使える世話係の“生き人形”の物語。断崖に佇む館“シャドーハウス”にはどんな秘密があるのか。そして、“シャドー”一族とは、いったい何モノなのか。奇妙なゴシックミステリー・TVアニメ『シャドーハウス』(原作:ソウマトウ/集英社『週刊ヤングジャンプ』連載)がスタートした。

人と話すのが苦手なラムと、ラムとほとんどコミュニケーションを取っていないシャドーのシャーリー。メインの5組の中でいちばん謎が多いキャラクターだと思うが、普段はおしゃべりという下地紫野さんがどう演じたのか、話を聞いた。

▲シャーリー(左)/ラム(右) CV:下地紫野

▲シャーリー(左)/ラム(右) CV:下地紫野

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

アフレコ中は役作りのためにあまりしゃべらず……。少し寡黙なシャーリー/ラム

――原作を読んだときの感想をお願いします。

下地紫野さん(以下、下地):第1巻はとにかく「かわいい!」と思いながら読んでいたのですが、第2巻からは“シャドーハウス”の謎に引き込まれ、一気に読み終えた覚えがあります。緊迫感のあるシーンも多いですが、エミリコの持ち前の明るさで、気持ちが重くなり過ぎず読むことができたと感じました。骨太な物語とかわいらしいキャラクターたちとのギャップに夢中になりました。

 

――オーディションのエピソードがありましたらお願いします。

下地:ラムのような控えめな印象のキャラクターは、あまり演じたことがなかったので、すごく悩みました。

テープオーディションのみだったので、手探りではありますが、とにかくやろう! という気持ちで臨みました。でも録り終わっても手応えは感じることができなかったので、合格の知らせを聞いた瞬間はとにかく驚きました。

――シャーリー/ラムは、それぞれどんなキャラクターですか?

下地:シャーリーに関して多くを語るのは難しいですが、どちらも控えめで大人しい印象を受けました。

ラムは生き人形の仕事で失敗することが多く、積極的ではないこともあって“無能”とも揶揄されますが、自信がないだけで、本当はきちんといろいろなことを考えている子だと思っています。

――シャーリー/ラムの2役を演じてみていかがでしたか?

下地:私自身が口数が多い人間なので、現場でもちょっと気を抜いたらラムというキャラクターが抜けてしまうかもしれないと思いました。そのためにアフレコの休憩中にはあまり話さないように注意していました。

シャーリーは、実はオーディション原稿にセリフがなかったので、収録はとても緊張しました。お影様を演じているほかのキャストの皆さんのすごさを改めて感じました。

(C)ソウマトウ/集英社・シャドーハウス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021秋アニメ最終
2021秋アニメも声優で観る!
2021秋アニメインタビュー
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング