menu
映画
『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』小野大輔の公式インタビュー公開

特別総集編『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』古代進役・小野大輔さんの公式インタビューが公開!

不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作として展開された『宇宙戦艦ヤマト 2199』。そして『宇宙戦艦ヤマト 2199』の続編として、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに制作された『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』。

そんな両シリーズを新たな切り口で再構成した特別総集編『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』が、2021年6月11日(金)より全国36館にて公開となります。

このたび、本作にて古代進の声を担当する声優・小野大輔さんの公式インタビューが公開されました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

古代進役・小野大輔さん公式インタビュー

──まずは『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』をご覧になった感想からお聞かせください。

古代進役・小野大輔さん(以下、小野):印象的だったのは、真田さんがインタビューに応える形で物語が進むことです。ともに過酷な航海をした古代進として、とても心に来るものがありました。真田さんはなかなか自分を語らない人ですから、僕自身、「真田志郎という人は、本当はどんな人なんだろう?」と、思いながら旅をしていた気がします。

その真田さんが、古代進や、その兄の守、自分のことを語ってくれるのがすごく嬉しかったんです。あんなに論理的な人が、論理を超えるのはやはり古代のような情熱だと考えていることに、グッと来てしまいました。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(以下、『2202』)最終話の真田さんの演説を聞いたときも、これまで古代という人間をずっと見てきてくれたこと、そして普段は見せないけれど、あのように人々を動かす情熱が胸にある人なんだなということがわかって、すごく心を打たれたんです。

──『宇宙戦艦ヤマト2199』(以下、『2199』)から『2202』に至るまで、古代の演じ方に変化はありましたか?

小野:僕のなかでは変化はなくて、あくまで地続きでしたね。『2199』の頃から思い悩んでいたし、なにかと下を向く癖があるんですよ。行動の人なんですが、内省的な人間でもあるんです。横を向けば仲間がいるのに、彼は下を向いて、自分だけでなんとかしようと考えるんですね。

本当は、『2199』のときには周りの仲間のことにも気付けていたと思うんです。でも沖田艦長が逝ってしまったあと『2202』の古代は、またちょっと内省的になってますよね。その彼にもう一度上を向かせてくれたのが土方さんだったと思います。古代は土方さんに助けられた。『2202』では、ずっと土方さんの背中を追い続けていたように思います。

――ふたりの艦長が、古代にとって大きな存在だったのですね。

小野:僕が『2202』でいちばん大事にした台詞が、「土方前艦長の命令を決行する!!」なんです。何も考えず、とにかく気持ちだけで演じたんですよ。上映後に、ファンの方から『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(以下、『さらば』)での富山敬さんの演技によく似ていると教えてもらったんです。

実は僕は、演じる前あえて『さらば』はみていなかったんですよ。すべてが終わってから改めて『さらば』をみてみたら、本当にそっくりで。「ああ、想いを受け取るというのは、こういうことなのかな」と感じました。その想いは、石塚運昇さんからいただいたと思っているんです。改めて今回の総集編であのシーンの自分の演技をみて、こういう言い方は不遜かもしれませんけど、「受け止められた」と感じました。石塚さんにお伝えしたいですね、「受け取りました」って。

──「選択」という言葉もタイトルに盛り込まれていますが、『2202』で古代に課せられた「選択」の重圧を、どのように感じられていましたか?

小野:最近、特に感じるんですが、古代進という人間と同一になってきているというか、一体化してきている気がしているんです。小野大輔という人間の生き方に、どこかリンクしたものを感じるんですよ。アテ書きかと思うくらい。だから自分と近すぎて、正直つらかったですね。

古代と同じで、役者として偉大な先輩がいて、優秀な後輩もどんどん出てきて、僕は、その中間にいるんです。そういうときに、先輩から受け取ったものを後輩に伝えていく、それを自分がやらなきゃと勝手に思うんですね。この作品であれば主役ですから座長として、しっかりしなきゃとひとりで背負い込もうとする。本当はひとりで背負う必要なんかないのに、勝手にがんばっちゃう感じは、まさしく古代だなと。だからこそ、彼を理解できました。お互いが寄り添っている感じすらあります。生き方はしんどいですけど(笑)。石塚さんがいらしたら、「もっと肩の力を抜けよ」とおっしゃってくれたかもしれないですね。

――『2199』『2202』を振り返って、ご自身にとっての『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』への想いをお聞かせください。

小野:これまで『2199』『2202』と旅をしてきて、僕らも『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』を作ってきたんだなと実感しました。最初のヤマトブームから時代を経て、あの時代を知らない僕たちの世代でも熱くなれる新しい形の「ヤマト」を創れたんだと再確認できました。やってきてよかった、がんばってきたことが報われた達成感を感じますね。今回の総集編は、ずっと『2199』『2202』をみてくれてきたファンのみなさんにとっても、また新たな側面を発見できる作品になっていると思います。

──最後に次回作『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』(以下、『2205』)への意気込みをお聞かせください。

小野:なによりこの「宇宙戦艦ヤマト」という作品に共感・共鳴してくれて、いっしょに旅をしてくれたファンのみなさんに報いたいですね。『2202』でひとつの大いなる和に到達しましたが、宇宙にはまだまだ困難と危機が待ち受けているようです。ヤマトは希望の船ですので、また未来に向かって旅立ちます。みなさんから受け取った想いをお返ししたいですね。

僕と古代がリンクするということでいえば、この先の未来を作ってくれる新しい世代の人たちに、「ヤマト」という作品を伝えていきたい、受け渡していきたい。新たなる『2205』という作品でも、未来に想いを受け渡していくような、そんな希望が描かれると思うので、ファンのみなさんにも共感していただけたら嬉しいですね。

プロフィール

小野大輔(おのだいすけ)

5月4日、高知県出身。O型。主な出演作品は『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』古代進役、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ 空条承太郎役、『おそ松さん』松野十四松役、洋画吹替版『パシフィック・リム:アップライジング』ネイサン・ランバート役、など多数。

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』上映情報

2021年6月11日(金)より全国36館にて期間限定 劇場上映開始

入場者プレゼント:名場面生コマフィルム

種類は3,000以上!

本作『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』より厳選した名場面をプリントしたフィルムを6月11日(金)~の上映期間中、数量限定にて劇場への来場者にプレゼント。

※画像はイメージです。
※ご入場時に、お一人様につき一点の特典をお渡しいたします。
※チケット購入特典ではございません。配布に関する特別な指定がある場合を除き、ご入場を伴わない配布はお断りさせて頂きます。
※非売品
※特典は無くなり次第終了となります。
※ランダム配布となりますので、絵柄はお選びいただけません。

上映劇場

[東京]
新宿ピカデリー/グランドシネマサンシャイン/TOHOシネマズ池袋/TOHOシネマズ上野/MOVIX亀有/MOVIX昭島

[神奈川]
横浜ブルク13/川崎チネチッタ/MOVIX橋本/TOHOシネマズ海老名
[千葉]
MOVIX柏の葉/京成ローザ⑩

[埼玉]
MOVIXさいたま/MOVIX川口/ユナイテッド・シネマわかば

[茨城]
MOVIXつくば

[栃木]
MOVIX宇都宮

[群馬]
MOVIX伊勢崎

[新潟]
イオンシネマ新潟南

[静岡]
MOVIX清水

[宮城]
MOVIX仙台

[北海道]
札幌シネマフロンティア

[大阪]
なんばパークスシネマ/大阪ステーションシティシネマ/MOVIX八尾

[京都]
MOVIX京都

[兵庫]
神戸国際松竹

[石川]
イオンシネマ金沢フォーラス

[愛知]
ミッドランドスクエアシネマ/MOVIX三好

[岡山]
MOVIX倉敷

[広島]
広島バルト11

[香川]
イオンシネマ綾川

[福岡]
T・ジョイ博多/T・ジョイリバーウォーク北九州

[熊本]
TOHOシネマズ光の森

映画公式サイト
シリーズポータルサイト
シリーズ公式ツイッター

『宇宙戦艦ヤマト2199』&『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』シリーズについて

不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクし、2012年から2014年にわたり劇場上映から全国ネットでのTV放送まで展開、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト2199』。出渕裕総監督を中心に日本屈指のスタッフとキャストが集結し、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズが再始動しました。

その続編として制作された『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』は、公開当時、日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに描かれ、2017年から2019年まで、劇場上映やTV放送されました。シリーズ構成として参加した『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏を中心に物語を再構成し、この時代に語るべき「愛」の姿を問う作品として大きな反響を獲得。『2199』シリーズを上回る劇場動員を記録しました。

(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

宇宙戦艦ヤマトの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ中間発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング