アニメ
『ONE PIECE(ワンピース)』名言・名台詞・名シーン集

『ONE PIECE(ワンピース)』主要キャラ名言集|絶対に外せない! もう一度振り返りたい! 名台詞の数々をチェックしよう!

1997年に週刊少年ジャンプで連載をスタートした『ONE PIECE(ワンピース)』。もはや名前を聞いたことがない人はいない作品といっても過言ではないですよね。2018年11月には作者の尾田栄一郎先生の故郷である熊本に主人公・ルフィの像が設置されるなど、まさに国民的作品といっていいでしょう。

そんな『ONE PIECE』の魅力の一つは読者の心を惹きつけて離さない名言の数々。そこで今回は、『ONE PIECE』に登場する珠玉の名言をいくつかご紹介します。登場する巻も合わせてご紹介しますので、この記事を見た後には、ぜひコミックスをもう一度手に取り、感動を味わってください。

※本記事は『ONE PIECE』本編のネタバレを含みますのでご注意ください。

  

『ONE PIECE』おすすめ記事

◆田中真弓(ルフィ役)、古谷徹(サボ役)、大場真人(スモーカー役)インタビュー
◆声優インタビュー記事まとめ

目次

『ONE PIECE(ワンピース)』名言・名台詞まとめ一覧

海賊王におれはなる!!!!(モンキー・D・ルフィ コミックス1巻)

 
『ONE PIECE』を語る上で欠かせないのが、このセリフでしょう。ルフィが故郷の町を離れた際に発したこのセリフは、作品の中の一つのキーワードとなっています。作品冒頭ということもあり、小船に一人という状態だったルフィ。そんななかでも大きな目標を掲げ、その目標を出会う人々に馬鹿にされても曲げることなく、その目標に着実に近づいていくルフィのまっすぐさに惹かれた方も多いのではないでしょうか。

おれは もう!! 二度と敗けねェから!!!!(ロロノア・ゾロ コミックス6巻)

 
続いては最初にルフィの仲間になった三刀流剣士ゾロの名言です。この名言はゾロが倒すことを目標にしている世界最強の剣士ジュラキュール・ミホークとはじめて闘い、敗れた際に発した言葉です。彼の技は全て封じられ、まさに完全敗北を喫したゾロはこの言葉を強い決意ととも叫びます。

ゾロというキャラクターを一言で表すとしたらストイック。亡くなったかつてのライバルくいなのため、またルフィを海賊王にするため、日々研鑽を積む彼の強い心が現れた台詞です。

子供に 泣いて助けてって言われたら!!! もう背中向けられないじゃないっ!!!!(ナミ コミックス67巻)

 
麦わらの一味で航海士を務めるナミ。そんなナミがパンクハザード編にて、実験に悪用されて子供たちとともに逃げ出すことを決断するシーンでの名言です。幼少期に育ての親ベルメールを魚人海賊団のアーロンに殺され、その後は海賊団に利用される日々を送っていたナミ。ルフィに救われたことでその生活から解放されたナミにとって子供たちは見過ごすことができない対象だったのでしょう。

今からおれが!!! お前らの ”伝説のヒーロー”に なってやる!!!!(ウソップ コミックス74巻)

 
その名のとおり、いつもウソをついてしまうものの、どこか憎めないキャラクターのウソップ。そんな彼の根本にある優しい心が現れたセリフがこちらです。

ドレスローザに住む小人たちに自分の強さを誇張して伝えていたウソップ。小人たちはそんな彼の言葉を間に受け、羨望の眼差しを送っていました。そんな小人たちが窮地に陥った時に、彼は恐怖心に襲われながらも勇気を出し、小人たちを救います。

普段は嘘ばかりついている彼ですが、いざというときは仲間のために立ち上がることができる。そんな彼の人柄に惹かれるという読者は私だけではないはずです。

・・・たとえ死んでもおれは女は蹴らん・・・!!!!(ヴィンスモーク・サンジ コミックス 42巻)

 
麦わらの一味のコックを務めるサンジのモットーを表しているのがこの名言。敵の女性幹部に対して何度もチャンスがありながらもそれを逃し負けてしまい、ナミから責められた際に発した言葉です。女性に対して敬意を払って接するサンジのジェントルマン精神を象徴するシーンです。

人間ならもっと自由だ!!! お前が一番人間扱いしてないんじゃないか!!!!(トニートニー・チョッパー コミックス48巻)

 
ヒトヒトの実を食べることで人になったトナカイそれがチョッパーです。そんな彼は死んだ人物に生きている人間からカゲを奪うことで永遠の命をもった人間を生む実験をした科学者に対して、激昂しながらこの名言を発しました。どんな病気でも治せるようになりたいという志をもち、医師になったチョッパーですから、人を救うこととは程遠いこの研究には、はらわたが煮え繰り返ったのかもしれません。

いつかまた会えたら!!! もう一度 仲間と呼んでくれますか!!!?(ネフェルタリ・ビビ コミックス23巻)

 
麦わらの一味のひとり、ビビがルフィたちとの別れの場面で叫んだ台詞。アラバスタ王国 王女という立場のため、海賊であるルフィたちの旅には同行できない。ルフィたちはそれがわかっているからこそ、上記の台詞になにも言葉を返すことはありませんでした。代わりに、全員が左腕のばつ印を高く掲げます。それは「これから何が起こっても仲間である」ことを表す、一味だけがわかる秘密の言葉。ビビの台詞とあわせて、ONE PIECEで上位に食い込む名場面となっています。

生ぎたいっ!!!!(ニコ・ロビン コミックス41巻)

 
空白の100年の謎を解き明かそうとした研究者を産んだ島「オハラ」の出身だというだけで幼少の頃から高額な懸賞金をかけられ、周りの人は誰も助けてくれない状況で育ったロビン。そんな彼女が初めて生きるということにこだわりを見せたのがこのシーンです。麦わらの一味との旅の中で生きる意味を見出せたロビンの本当の気持ちが露わになった場面と言えるでしょう。

存在することは罪にはならねェ!!!(フランキー コミックス39巻)

 
自分自身の体を改造したサイボーグであるフランキーそんな彼が初めて登場したウォーターセブン編からの名言です。ロビンと共に囚われの身となり、輸送されている際にロビンに発した言葉です。自分が作った兵器がきっかけとなり、大切な人を失ったフランキーだからこそ、幼い頃から存在するだけで罪とされてきたロビンに対して慰めの言葉だと言えるでしょう。

男が一度・・・!!!必ず帰ると言ったのだから!!!(ブルック コミックス47巻)

 
ヨミヨミの実の力で一度死んだ後再び蘇った結果、骨だけとなってしまったブルックの名言といえばこの名言ではないでしょうか。かつて偉大なる航路に入るまで一緒に旅していたクジラとの再会を目標に航海をしていたブルック。その夢は仲間たちが死に自らの肉体が朽ち果てようとも変わるものではありませんでした。その夢が麦わらの一味に加入した後の彼も突き動かしていることは間違い無いでしょう。

失ったものばかり数えるな!!!!(ジンベエ コミックス60巻)

 
ついに麦わらの一味の一員となった元王下七武海ジンベエ。そんな彼は兄であるエースを失ったルフィに厳しいながらも愛を感じる言葉を投げかけます。この言葉により、ルフィは仲間の存在を思い出し、新たなスタートを切ることになりました。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング
目次
目次

目次