menu
アニメ

念願の“インターハイの3日目”がアニメ化! 坂道や真波たちの高ぶった気持ちをそのまま──アニメ『弱虫ペダル』の第5期シリーズに向け、山下大輝さん&代永翼さんにインタビュー

人気の理由は頑張る人の背中を押してくれること&渡辺先生の自転車愛!

――2013年10月にTVシリーズがスタートして以来、ここまで関わってこられた感想と、これほど長く、たくさんの方に愛されている理由をお聞かせください。

山下:誰しも自分が好きなものに対しては、時間や労力を惜しまず、愛情を注ぎ込むと思いますが、この作品では自転車が大好きな人が集まって、レースや戦いを繰り広げています。その好きという原動力のすごさ、想いがぶつかり合うことは胸を熱くさせるというシンプルな物語ですが、その中にはしっかりバックボーンがあるし、見ている人が共感したり、自分と重ねやすいんですよね。

好きなものに打ち込むキャラたちを見て、「私も負けてられない! もっと好きにならなきゃ」とか「頑張らなきゃ」と思わせてくれるし、ポジティブな感情を沸き立たせてくれて。だから老若男女関わらず、たくさんの人を熱くさせているんじゃないかなと思います。

あと『弱虫ペダル』は表情の変化が素敵で、アップになった時の描写や勢いがすごいし、表情1つでいろいろなことが伝わってくるんですよね。そこに僕らがお芝居をさせていただくことで、「更に魂を揺さぶられるお芝居がしたいな」とか「アニメになった時により引き込まれるものにしたいな」と思っていて。それは5期でも変わらないし、そんな部分も感じていただけたら嬉しいです。

代永:超人的な人たちも登場するけど、リアルなところはリアルなので、そんな部分が皆さんに刺さっているのかなと。彼らはロードレースに打ち込んでいるけど、何かに努力したり、頑張っている人にとって背中を押してもらえる作品になっていると思います。

キャラも一人ひとり個性が違っていて、例えば手嶋さんは努力の人で、努力は必ず報われるということを体現してくれて、今必死に自分の夢を追いかけていたり、挫折しそうになった時には力を与えてくれると思うし、才能が開花している人でもキャラたちから得られるインスピレーションを感じられると思うし。

また「こんなセリフは日常では絶対に言わない」という言葉であってもすごく説得力を感じるし、素直に聞けるんですよね。それは渡辺先生のロードへの愛情が感じられるし、ロードの楽しさをたくさんの人に知ってほしいという想いが込められているからで。実際にこの作品を見てから自転車に乗るようになった人が増えたそうですし、僕らも影響されて自転車を買ったり、乗ったりして。

渡辺先生の持っている世界観や紡ぎ出す言葉に、僕らが声をあてることで、より皆さんに言葉や想いが届くという、すべてのギアがうまくハマったことでたくさんの方に長く、愛していただけたのかなと。原作を読んで先のストーリーを知っている方でもどんな声やお芝居が入るのかなと期待して5期を待っていてくださったと思うので、今はその想いに全力でお応えしたいです。

――最後に5期シリーズへの意気込みと楽しみにされている皆さんへメッセージをお願いします。

代永:まずは皆さん、大変お待たせしました! 僕らと同じくらい待ち遠しく思われていたでしょうし、発表された時にはきっと喜んでいただけたと思います。『弱虫ペダル』を愛する皆さんの想いや声を想像しながら今、アフレコに臨んでいます。全員一緒に収録はできていませんが想いは1つなので、その気持ちすべてを皆さんにお届けするつもりで気合を入れて頑張ります。

2年目のインターハイもいよいよ3日目に突入します。熱い勝負の行方を最後まで見届けてください。原作を読まれている方はアニメでどう描かれ、僕らがどう演じるのか楽しみに見ていただければ。オンエアされるまで期待して待っていてくださいね!

山下:決まるまで、皆さんがどれだけ5期を待ち望んでくださっているのか。その期待の大きさをずっと感じていましたし、何年も続きを待ってもらえる『弱虫ペダル』の素晴らしさや魅力を再確認しました。いざ5期が決まったからには皆さんの大きな期待や声援に応えないわけにはいかないし、ためていた足を開放するのは今しかないという気持ちでアフレコしています。バラバラでの収録ではありますが、キャスト全員が全力で戦っているはずです。

もしイベントなどで皆さんに会える時が来たら「また一緒に走ろう!」と伝えたいです。まずは5期が始まる前に1期から4期まで予習していただけるとより5期を楽しんでいただけるのではないかなと。そして5期が始まったら一緒にペダルを回してもらえたら嬉しいです。

[取材・文/永井和幸]

※インタビュー中の場面カットは『弱虫ペダル GLORY LINE』より

『弱虫ペダル LIMIT BREAK』作品情報

放送情報

2022年10月より、NHK総合にて放送開始!
※放送情報は変更になる場合があります。
 

スタッフ

原作:渡辺航(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
 

キャスト

小野田坂道:山下大輝
真波山岳:代永翼
ほか

公式サイト
公式Twitter

(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022春アニメ募集
2022春アニメ最速放送日
2022春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング