menu
声優

わたしのことが嫌いな私へ|山根綺のほんとのところ。#3

私は、自分のことがあまり好きではありません。

オイオイいきなりどうしたという感じなのですが、今回は、少し長めです。

眠れない時、暇すぎて天井のシミ眺めちゃうな〜っていう時に是非読んでくださいね。


この“自分のことが好きじゃない”は、

“自分に自信が無い”とは少し違っています。

私なら出来る、絶対に負けない、といったような

能力に依存した自尊心、自信は持つことができるのですが、

どんな私でも最高!可愛い!愛される価値がある〜!といったような

ありのままの自分を無条件に好きになれる自己肯定感は、ほとんどありません。

理由は、私の幼少期にあると思います。

私は幸か不幸か”なんでもそれなりに出来てしまう”

「THE器用貧乏タイプ」としてこの世に召喚されました。

出来ないこともそんなにないけれど

とりわけ出来ることも特に無い。そんな子供でした。

友達も少なく、学校に居心地の良い場所があまり無かった私は

自然と学業へ意識を向け始めました。

良い子にしていれば、勉強や運動が出来れば、

母や、学校の先生や、大好きな塾の先生が褒めてくれる。

良い成績を取ったら嬉しそうにしてくれる。喜んでくれる。

そんな大人からの評価に、少しずつ依存していくようになりました。

怒られないように、褒めてもらえるように。

中学校に上がるとその思いはどんどん加速していき、

良い結果を出すことができれば、

自分の居場所がある。存在価値がある。

大人からの評価に縋り、敷いてもらっていたレールを無心で走っていた私は

ずっと、誰かのために生きていました。

変化があったのは高校の入学式。

伝統ある進学校に進んだ私は、校門をくぐった瞬間、心に微かな違和感を覚えました。

いつもの日常、毎日とは明らかに違う感覚。

なんとなく自分の居場所はここじゃないような気がする。

景色や人、全部が作り物みたいに感じる。

起きているのに夢の中にいるようで

「今、私は何をしているんだろう…」

まるで誰かの人生を見ているような、
そんな不思議な感覚を持ち始めました。

最初の授業は、まず学力テストから始まりました。

私は前期入試という、内申点と面接のみの学科試験を受けない形で入学したので、自分の本当の学力がどのくらいなのか知らないでいました。

結果は散々。酷いものでした。

どの教科も半分以上解くことが出来ず、

終わった後、周りの子は「なんか簡単だったね〜」と笑顔で話していました。

上には、上がいるんだ。

私は生まれて15年目の春、初めて挫折をしました。

そしてその次の日から、勉強が出来なくなりました。

理由はシンプルです。

誰のために勉強したら良いのか分からなくなって

自分のために努力をしたことがなかった私は

努力しないと越えられない壁にぶち当たりました。

頑張って、必死にやった結果負けるのが、

「出来ない」という事実を知るのが、怖かったのです。

どこかで”努力しなくても出来る”という

ありもしないかっこいい才能を信じたかった気持ちもあったのだと思います。

それからは、あれほど楽しかった勉学へのやる気がゼロになり

授業にもほとんど出ず、家に帰るのも遅く

ギターを片手に音楽に逃げ続ける毎日。

朝が来たら、また私の人生が始まってしまう。

私は、何がしたくて生きているんだっけ。

誰のために、生きているんだっけ。

どんどん膨らんでいく心の違和感と共にただ息をしていたリトル山根は

高3の夏休み、ついにベッドから起き上がれなくなりました。


ずっと、誰かになりたかった。

あの子みたいに勉強が出来て、

あの子みたいに見た目が良くて、

あの子みたいに才能があったら

わたしには価値があるのかな。

生きている意味があるのかな。

わたしって、誰だったっけ。

自問自答を繰り返す日々の中で

私は本当の自分を探すために

やりたかったこと、将来の夢を

紙に書き出してみました。

そうして一番最初に出てきたものが「声優」でした。

勇気を出して外に出て

専門学校で初めてお芝居をやって

自分でいなくてもいい時間が生まれた瞬間に

心が、すごくすごく楽になりました。

「あぁ、これをずっと続けていたら苦しくないかもしれない」

やっと、私の人生が始まりました。


最近周りの方に、努力家だね、ストイックだねと言っていただくことが増えました。

とても有り難く光栄なことなのですが、

私自身は、自分がストイックだとはあまり思えません。

上には上がいて、

足りない才能は努力で補わなければならない。

そうしないと夢は叶わない。

欲しいものは手に入らない。

その現実を自分で思い知っただけなのです。


お芝居は自由です。

自己表現することの可能性は、無限大です。

たとえ自分の才能に限界を感じて苦しくなったとしても

表現することを好きでいられたら、

またきっと、私を救ってくれる気がするのです。


ここまで読んでくださった皆様

自分の好きなこと、幸せなことを

どうか大切になさってください。

何かを、誰かを好きな気持ちは

本当に特別なものだと思います。

そして

自分のために、自分を幸せにしてあげてください。

あなたの全ては、あなたのものですから。

わたしのことが嫌いだった私へ

たとえ何者にもなれなくても

自分のことが好きじゃなくても

生きてさえいれば、ちゃんといいことがあるよ。

私の人生は、私のものだから。

わたしの幸せは、わたしが決めるのだから。

>>山根綺 公式Twitter
>>山根綺のゆるっと綺譚

企画協力:青二プロダクション
編集担当:川野優希

おすすめタグ
あわせて読みたい

山根綺の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング