menu
アニメ

実際はどんな神様!? 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』女神・男神大図鑑! #2|強力な眷族たちを率いる曲者“女神”・ロキ編

シリーズ累計発行部数が1200万部を突破した、大人気小説『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(原作:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト GA文庫/SBクリエイティブ刊/通称ダンまち)。

2022年7月22日より最新TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇』が放送開始!

盛り上がりを見せる『ダンまち』ですが、作品の鍵となる存在はやはり「個性豊かな神々」ではないでしょうか。

アニメイトタイムズでは、本作に登場する神々が、実際にはどんな神様なのか紹介する連載を実施中です。

実際に世界中で語り継がれている神話の神々との関連性や、劇中でのエピソード、ファミリアの情報などを解説!

第2回目は北欧神話などに登場する「神・ロキ」。神々の事を知って、『ダンまち』をより楽しく鑑賞してみませんか!?

 

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇』キャスト連載メールインタビューはこちら

◆『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇』キャスト連載メールインタビューはこちら

 

関連記事
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇
迷宮都市オラリオ――『ダンジョン』と通称される、壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。この街で、一柱の小さな女神と出会った冒険者志望の少年は、仲間をつくり、ダンジョンに挑み、多くの死地をくぐり抜け、さらなる<昇格ランクアップ>を遂げていた。そんな彼のもとにもたらされた一通の書状。書かれていたのは、ダンジョン未到達階層への遠征任務。未知なる冒険へ向けて、仲間たちと共に、少年は新たな一歩を踏み出す。これは、少年が歩み、女神が記す、――【眷族の物語ファミリア・ミィス】――作品名ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ新章迷宮篇放送形態TVアニメシリーズダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか放送スケジュール2022年7月22日(金)~TOKYOMXほか【先行配信】2022年7月21日(木)~ABMEAにてキャストベル・クラネル:松岡禎丞ヘスティア:水瀬いのりリリルカ・アーデ:内田真礼ヴェルフ・クロッゾ:細谷佳正ヤマト・命:赤﨑千夏サンジョウノ・春姫:千菅春香カシマ・桜花:興津和幸ヒタチ・千草:井口裕香ダフネ・ラウロス:小若和郁那カサンドラ・イリオン:真野あゆみアイシャ・ベルカ:渡辺明乃リュー・リオン:早見沙織マリィ:福積沙耶ルヴ...

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

目次

北欧神話とは?

主にゲルマン民族(ドイツ、イギリス、フランス、オランダなど)が語り継いできた神話で、ヨーロッパの人々の思想や精神に大きな影響を与えているとされています。

ギリシア神話と同様、長く語り継がれているため、解釈も多種多様。

主流なのはデンマークやノルウェーなど、北欧で語られた物語。一節によると、イギリスなどの国では「キリスト教」などの伝来が早く「北欧神話」に影響が出ている事もあるようです。

北欧神話は、絶望的な戦いや死などに屈しない神々の勇気や、力強さ、スケールの大きさが魅力の物語であり、国内外問わず様々な作品のモチーフに使われています。

 

北欧神話のキーマン、「ロキ」

火、熱の神とも呼ばれたロキ。北欧神話の中で、最も謎で複雑な神とされています。

神々を困らせるトラブルメーカーでありながら、時にはその頭の良さで神々の役に立つこともあります。

インド・ヨーロッパ語族(※1)の神話によく登場するトリックスター的存在と言われる一方で、キリスト教の影響を受けた神ではないか、という説も。

神話の中でのロキは男神ですが、姿を自由に変えられる特徴を持っており、そのためどの姿が本当のロキなのか確かではないようです。『ダンまち』の中では女神として描かれていますが、この転換もロキならではの表現かもしれません。


 
※1:インドからヨーロッパの大半の地域に分布する言語族。英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、デンマーク語などの北欧の言語、ロシア語、ウクライナ語、ギリシャ語、ペルシャ語や、ウルドゥー語、ヒンディー語なども含まれる。

 

謎の神・ロキの身辺情報

神と巨人の間に生まれたとされるロキは、悪知恵が働く厄介な神とされています。しかし一方で、トールやオーディンのような北欧神話で重要とされる神たちと親交が深く、3人で旅をするといった話も。

シギュンという名の妻の他に、女巨人・アングルボザと3人の子供を設けており、その子どもたちも神々から恐れられていました。

子どもたちは下記の3人。

・フェンリル狼(光、太陽を食らう狼)
・ミズガルズ蛇(別名:ヨルムンガンド、ほかにも呼称あり)
・ヘル(死者を支配する者)

『ダンまち』に登場する「ロキ・ファミリア」にも狼人(ウェアウルフ)のキャラや怒蛇(ヨルムガンド)という二つ名を持った眷族が存在します。彼らは実際の神話に登場する「ロキの子どもたち」がモチーフになっているようです。

 

ロキが起こした悪事

ロキは様々ないたずらや気まぐれな行動を繰り返しては、神々に被害を与えたり彼にとっても悪い事態を招きます。そのたびに自らの知恵を使って問題を解決し、時には神々を救うこともありました。

例えば、神の若さや力の源になっていたとされる「りんご」を自らが助かるために巨人に渡したり、他の神たちとの旅のさなかに農夫の息子を面白がって殺してしまい、その償いとして無理難題な契約をさせられてしまうなど多様な悪事のエピソードがあり、その大半を自分で解決しています。

その中でも最も重く、“大罪”とも言えるのが「バルドル殺害事件」です。ロキは義兄弟であり、親交の深い神・オーディンの息子・バルドルを殺してしまったのです。

他のどの神よりも清く善の神とされたバルドルは、色々とひいきされた存在でした。ロキは何を思ったか、そんな彼にちょっかいを出し、盲目であるバルドルの弟を騙し、殺害させたのです。

一度は神も許しましたが、それだけでは飽き足らず、神々の宴の席で悪態をつき、神を挑発(この宴でバルドル殺害を告白したとの説も)。

この事からロキは神々に捕らえられ拷問までされてしまいます。

このように様々な悪事を働いたロキ。『ダンまち』の世界でも今後、なにか重大な事件を引き起こすかもしれません。しかし本作の設定として「神の力(アルカナム)を封印して下界に降りる」というものがありますし、下界に降りてからの性格の変化も見受けられるので、何とも言えないところです。

 

女好きで関西弁、色んな個性を持つ『ダンまち』における女神・ロキ(CV:久保ユリカ)

 
『ダンまち』に登場する女神・ロキは赤髪に細い目と関西弁、スレンダーな体型が特徴的。

ベルを救ったアイズ・ヴァレンシュタインなど優れた冒険者を眷族として多数従えており、誰もが知っている迷宮都市オラリオでは名の知れた神様です。

ダンジョン探索という点においてはオラリオ内でもトップクラスのファミリアである「ロキ・ファミリア」を率いています。

大の女好きでファミリアの女性陣にはベッタリ。所構わず、飛びついたり体を触るなどセクハラ行為は日常茶飯事で、メンバーたちもその対応に慣れています。特にアイズ・ヴァレンシュタインはお気に入りで、団員としても女の子としても執着している様子。

そんなコミカルなキャラクターですが、非常に高い実力を備えています。

上記の通りファミリアの戦闘力は群を抜いていますし、彼女自身も飄々としていて、楽観的である一方、カンが鋭く戦略的な一面も持っています。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング