menu
音楽

「キミがいてくれるから、私は今日もこうして歌っています。私の歌い続ける理由になってくれて、本当にありがとう」“MARiA MUSIC LAND 2022 -Moments-”ライブレポート

音楽ユニットGARNiDELiAのボーカリストとしても活躍しているMARiAが、ニューアルバム『Moments』をリリース後となる7月3日(日)に、東京・EX THEATER ROPPONGIで、キャリア2度目となるソロワンマンライブ『MARiA MUSIC LAND 2022 -Moments-』を開催した。

ライブタイトルは音の遊園地の意味。「やっぱり歌うことが、音楽が、LIVEが大好きなことに気づいた」──今回のライブでも、SNSでもそう話していたMARiA。その思いが今回のライブタイトルにつながったようだ。

ウィル・スミスの「フレンド・ライク・ミー」や、ディズニー映画で有名な「魔法にかけられて」、「想いを伝えて」などが掛かる中、バンドメンバーが登壇。そして、アシンメトリーの衣装、ロングブーツという装いで登場した彼女が、その想いを歌に乗せる。

アニメイトタイムズからのおすすめ

もがき続けた先に必ず光はあるから

彼女のパワフルな歌声が響けば、瞬く間にそこはMUSIC LANDへと変わる。ミラーボールがキラキラと輝く中、ダンサーと共に届けられたのは『Moments』の2曲目に収録されている「Star Rock」。<ここに立つステージで 生まれ変わる>という言葉は、今日の決意表明のよう。とは言え、重々しいものではなく、とても前向きで明るいものであることが「皆さん、こんばんは!MARiAです! 今日は楽しんでいこうね!」という弾んだ声や、笑顔のパフォーマンスから伝わってきた。

ダンサー2人とステージを歩きながら、“君”に魔法を掛け、新しい世界へと誘い出していく「君といたい」。切々とした心情をダンスに重ねた「Heartbreaker」。ディーバ感の溢れる曲からポップ&シリアスなナンバーまでと、三者三様のナンバーで客席をわき立てると、GARNiDELiA・tokuが作曲・編曲を手掛けた「Galactic Wind」へ。「タオルの準備できてますか!?」と、勢いよくタオルを振り回し、<もがき続けた先に必ず光はあるから>と明るいメッセージを送ってみせたのだった。

曲が終わると嬉しそうに客席を見渡し「改めましてこんばんは、MARiAです!」と挨拶。

「1年ぶりですね。二度目のワンマンライブです。今回のライブから、(タイトルを)MUSIC LANDとつけさせてもらいました。音の遊園地のような……みんなにとって、キラキラして、ワクワクして、苦しいことやしんどいことをすっかり忘れて、一緒に楽しんで遊べる場所になったら良いなと思っています。私が20歳になりたてのときに書いた曲に、このライブを見越したかのようなものがあって。MUSIC LANDというタイトルにぴったりだなと思ったので、歌わせてもらいます」

歌唱したのは、2012年に発表した1st ソロアルバム『aMazing MusiQue PaRK』のタイトル曲。<どこだってキミを連れて行くよ>という歌声に、当時とはまた違った彩りを乗せてみせる。虹色の照明が最後は澄んだ空を想像させるような青へ。その直後、ミラーボールが回転。同作品に収録されている【踊っちゃってみた!】でも人気を誇るダンスナンバー「Girls」をプレゼントしてみせる。ライブバージョンとも言えるアレンジでファンとともにダンスし一体感を生み出した。

ミュージカルのような一幕

ライブ中盤戦は、黒いロングドレス&ロングヒールに着替え、情熱的な「ガラスの瞳」から。ダンサーによるコンテンポラリーダンスが燃え上がる恋心を伝えてくるかのよう。一瞬の暗転した間に、ステージ上手にガーデニングテーブル&チェアが用意され、カップを口に運びながら一息。

「楽しんでますか? 喉、乾いてますよね? 美味しい飲み物、飲みたいですよね?……本当に飲みたい?(笑)」と問いかけ、拍手が起こると「そうでしょう、そうでしょう」とにっこりと頷き「どうぞ、召し上がれ」と、「カフェラテのうた」を届ける。可愛らしいタイトルとは相反した、艶っぽさのある歌声とウッドベースの重低音が心地いい。

「心の声、もっとココに届かせてよ!」と叫びはじまったのはドラマティックなロックナンバー「Asterisk」。この中で歌われている<今結ばれあう光その軌跡が重なる場所>というのは、このMUSIC LANDを指しているのかもしれない。彼女の溢れる感情が声に乗る。バンド陣の演奏にもひときわ熱がこもっているように感じた。

evening cinemaとのコラボレーションタイム

ダンサーによるパフォーマンスを挟んで、真っ赤なミニドレスにチェンジしたMARiAが再びステージに。バンドメンバーがこの日のゲストバンド・evening cinemaのメンバーへと代わり、ヴォーカルの原田夏樹が手掛けたシティ・ポップナンバー「Think Over」を披露する。どこか懐かしさを感じるメロディーに軽やかな歌声を乗せてみせると、温かな拍手が沸き起こった。

「ありがとう! と、いうわけでevening cinemaの皆さんです!」とメンバーを紹介。evening cinemaの出会いを振り返った。

「今回のアルバムのサウンドプロデューサーの清水信之さんから“すごい面白いバンドがいるんだよ、聴いてみてよ”って言われて、聴かせていただいたんです。そしたら、めちゃくちゃ素敵なバンドで。ぜひ入っていただきたいです!と」

その後、清水氏が原田に直接DMを送ったそうで、原田たちは「こんなことある?って」と驚いたと笑った。プロジェクトに参加した全員にとってハッピーな出会いだっただろう。

「それで曲を書いていただくことになりました。私がはじめて聴かせていただいた、evening cinemaさんの楽曲がめちゃくちゃ素敵で、みんなにもぜひ聴いてもらいたいなって」とevening cinemaの「Good Luck」を原田と目を合わせながらデュエット。さらに「もう1曲! 夏を感じましょう!」と、Tik Tokなどを中心に多くの人を虜にした「summertime」(cinnamons × evening cinema)を元気いっぱいにパフォーマンスした。

爽やかな風を吹かせたevening cinemaを見送ると「楽しかったねぇ~!」と笑顔を見せる。

「今回のソロアルバムを作ってても思っていたんですけど、本当にいろいろな出会いを生んでくれるプロジェクトだなって思っていて。制作期間はずっと楽しくて。もちろん、新しい出会いもとっ

ても嬉しいんだけど、私が今まで歩んできた道の中で出会ってきた仲間も大切で。私のとっても素敵な出会いを生んでくれた曲のカバーをここでお届けしたいのですが……」

その声に耳を澄ませているファンに対して「もしかして緊張してる? 1年振りだし」とツッコむMARiA(笑)。リラックスして話しかける。MCで見せるナチュラルな雰囲気も、魅力のひとつだ。

「GARNiDELiAの時と様子が違うからビビってるんでしょ!でもね、分かる。衣装もこんなにフリフリのヤツを着ちゃってるし、女の子っぽい歌も歌ってるし(笑)。それに、MARiAのライブはまだ二回目だから。ほぼ新曲だもん。どうやって踊ったら良いか分からないよね。でもね、分からなくて良いんです。みんなが思い思いに、私に思いを届けてくれればそれで良いんです。そんなにお淑やかにならなくて良いのよ、私のライブだからね!」と力強く言い放った。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング