menu
音楽

現代アニメ創世記、2000年代の神曲アニソンを収録! オールスター アニソン・ベスト 8月24日にリリース

ロボ・メカ系はもちろん女性向けマンガ原作ものから、ちょっとディープなラノベ原作まで、あらゆるジャンルのアニメが花開いた2000年代。そんな現代アニメ創世記を彩ってきた、1999年から2015年までのアニソンをレーベルの枠を超えて、選りすぐって収録したアルバムが8月24日にリリースされる。2枚組全34曲入りで、オリジナル音源をフルサイズで収録しているというのも嬉しい! 

今作がどんなアルバムになっているのかを紹介していくが、人それぞれに思い出の曲があるはずで、それについて語って盛り上がるというのが、ひとつの楽しみ方のように思うので、筆者の思い入れのある楽曲を中心に紹介していきたいと思う。

アニメイトタイムズからのおすすめ

レーベルの枠を超えたアニソンベスト! 盛り上がること間違いなしのラインナップ

90年代、日本では空前のJ−POPブームが起こり、Mr.Childrenやスピッツ、DREAMS COME TRUEなどがブレイクし、100万枚以上売れるミリオンヒットが続々誕生した。そんな中、アニソンでは、『シティハンター』のように、TM NETWORKや岡村靖幸といったアーティストを起用するアニメが登場しはじめ、J−POPアーティストがアニメ主題歌を歌うことが当たり前になってきた。いつからかタイアップ色が強くなり、アニメとはそれほど関係ない歌詞の楽曲がヒットしたりもしたが、それも今やひとつのアニソンの歴史になっている。たとえば『SLAM DUNK』の「世界が終るまでは…」は、バスケ要素は全然ないが、紛れもなく90年代を代表するアニソンだと言える。筆者も、この曲でWANDSにハマったひとりだが、そういう器のデカさ、懐の深さがアニソンにはあった。

2000年代に入ってからのアニソンは、もっと雑多なものになっていく。深夜アニメの枠が拡大し、それに伴いアニソンが増えていくと、アニソンシンガー、J−POPアーティスト、声優アーティスト、キャラクターなどが主題歌を歌うようになる。毎回アニメが始まるたびに、主題歌を誰が歌うのかを楽しみにしていたもので、アニメが新たな音楽との出会いの場にもなっていた。

この『オールスター・アニソン・ベスト』は、そんな2000年代のアニソンを中心に構成されたアルバムとなる。しかもライブやカラオケ、アニクラで流れたら盛り上がること間違いなしのノリノリな楽曲を多数収録されている。NANCY's Side(DISC 1)が、T.M.Revolution「ignited-イグナイテッド-」、ALTIMA「Burst The Gravity」、玉置成実「Believe」から始まる時点で、盛り上がってほしいという意図は感じられる。だが、その後はキャラクターや声優が歌う楽曲、アニソンシンガーが歌う楽曲をバランス良く配置し、アルバムとしての流れも考えて構成されていることがわかる。これは、世界中で盛り上がれるお祭りソングFLOWの「GO!!!」から始まるMARY's Side(DISC 2)も同様だ。レーベルの枠を超えるという意味で、制約は数多くあったと思うが、その中でもアルバムとしての完成度や気持ちよさや爽快感を高めたいというプロデューサーの想いも感じることができた。

あの頃を思い出す珠玉のアニソン! 各々の好きな曲を探してほしい

ここからは、アルバムに収録されている楽曲について、少しだけ紹介をしていきたい。

筆者が特に印象に残っているアニメは『交響詩篇エウレカセブン』(05)なのだが、最初のOPテーマはFLOWの「DAYS」だった。アニメで放送されていた1コーラス分はいわゆる四つ打ちのロックなのだが、フルコーラスで聴くと、2コーラス目からはラップがあることに驚いた。この頃、アニソンでも少しずつラップ曲が増え始めた印象があって、DISC 2収録のHIGH and MIGHTY COLORの「PRIDE」も、まさにその流れの中にあった曲と言えるだろう。

ただ、さらに衝撃だったのは「DAYS」のあとにOPテーマになったHOME MADE 家族の「少年ハート」だ。ヒップホップがロボットアニメのOPを飾るのは新鮮で、リアルなロボットアニメは、どうしたって命のやり取りがあるので、歌も重くなりがちだが、どこかライトでおしゃれな感じが新しかった(ちなみに作品自体は、重いエピソードも多かった)。

『交響詩篇エウレカセブン』という作品自体、ロボット(LFO)がサーフィンをしていたり、レイブシーンがあったり、サブカル要素が強かったということもあって、これ以外の主題歌&挿入歌を見てみても、R&Bや青春パンク、エレクトロロックからテクノまで、かなり幅広いジャンルの音楽を取り扱っていた。なので、音楽的に見ても特異なところにあるロボットアニメだったと言えるだろう。とは言いつつも、最初のEDテーマは、シンガーソングライターの高田梢枝が歌う「秘密基地」で、こちらはロボットアニメに漂う切なさを見事に表した名バラードであり、DISC 2のラストに収録されているので、彼女の優しい低音ボイスに浸ってほしい。

アニソンで言うと、ガールズバンドの活躍の印象も強く、最近ではthe peggiesやカネヨリマサルが、アニメで良いギターロックを響かせていたが、やはり外せないのはステレオポニーだろう。『BLEACH』(08)のEDテーマ「ヒトヒラのハナビラ」でメジャーデビュー&ブレイクし、『機動戦士ガンダム00 2nd Season』(09)では、OPテーマ「泪のムコウ」を歌っている。ギター&ボーカルのAIMIの真っ直ぐでありながらどこか憂いを帯びた歌声が、アニメとの親和性もあってグッとくる曲が多かった。ちなみに筆者は、『DARKER THAN BLACK 流星の双子』も好きなので、「ツキアカリのミチシルベ」もおすすめしておきたい。

このアルバムの中で、異色な存在だったのが『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(03)のOPテーマ「inner universe」だろう。アニソン界に多大な影響を与えた菅野よう子が作曲した曲で、Origaの美しい歌声は、後世に残すべき歌声だと言える。残念ながらもう彼女の新たな歌声をもう聴くことはできないのだが、ここからOrigaや菅野よう子で深堀りしていくと、新しいアニソンの世界が開けていくはずだ。

また、2000年代は声優アーティストの台頭もめざましく、多くの声優がアーティストとしてデビューを果たした。その中でも内田真礼は、聴くものを笑顔にさせる底知れぬ陽のパワーがある声優アーティストだ。中でも「ギミー!レボリューション」は、作曲をヒットメイカーであるUNISON SQUARE GARDENの田淵智也が担当しているという意味で、絶対に聴いてほしい1曲だ。

ただ、衝撃的だったという意味では堀江由衣の「インモラリスト」は外せない。堀江由衣ならば『とらドラ!』だろ!と思うところを、清竜人とタッグを組んだこの曲を選ぶというところに、選曲者のクセがすごいことがわかる。ミュージカルでシンフォニックで、結果プログレッシブロックというわけがわからない曲で、個人的には、この何でもあり感が、今のアニソンをそのまま表しているなと感じている。

キャラクターソングでは、MAHO堂「おジャ魔女カーニバル!」が収録されている。いわゆる、そのアニメに出演しているキャストがキャラクターとしてユニットを組んで歌うのはMAHO堂の存在は大きいし、これ以降は本当に多くのキャラクターユニットが誕生している。朝帯のアニメやきらら作品に、それは引き継がれていると言っていいだろう。

アニソンに特化し、長きにわたってシーンを牽引してくれているの栗林みな実やangela、KOTOKOといったアニソンアーティスト、DOESやserial TV dramaなどのロックバンドなど、まだまだ語りたい曲はたくさんあるし、2010年以降は数々のアイドルアニメが登場し、アニソンはさらに新たな時代へ突入していった感じがするので、そういうベストも作ってほしいと感じたりはするが、まずはこの『オールスター アニソン・ベスト』を聴いて、懐かしさを感じつつ、夢中になって聴いていたあの頃を、ちょっと思い出してみてほしい。

[文・塚越淳一]

オールスター アニソン・ベスト

3,300円(税抜価格:3,000円)

●各曲:歌詞・解説入り

 

ナンシーズ・サイド(DISC 1)

1 ignited-イグナイテッド- | T.M.Revolution
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』OP(2004)

2 Burst The Gravity | ALTIMA
『アクセル・ワールド』OP(2012)

3 Believe | 玉置成実
『機動戦士ガンダムSEED』OP(2003)

4 GATE–それは暁のように– | 岸田教団&THE明星ロケッツ
『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』OP(2015)

5 Allegro Cantabile | SUEMITSU & THE SUEMITH
『のだめカンタービレ』OP(2007)

6 桃源郷エイリアン | serial TV drama
『銀魂'』OP(2011)

7 SPLASH FREE | STYLE FIVE
『Free!』ED(2013)

8 おジャ魔女カーニバル!| MAHO堂
『おジャ魔女どれみ』OP(1999)

9 ギミー!レボリューション | 内田真礼
『俺、ツインテールになります。』OP(2014)

10 消せない罪/北出菜奈
『鋼の錬金術師』ED(2003)

11 ZERO!!/栗林みな実
『はたらく魔王さま!』OP(2013)

12 ヒトヒラのハナビラ/ステレオポニー
『BLEACH』ED(2008)

13 fly me to the sky/angela
『蒼穹のファフナー』イメージソング(2004)

14 departure!/小野正利
『HUNTER×HUNTER』OP(2011)

15 ヒカリへ/ザ・ベイビースターズ
『ONE PIECE』OP(2002)

16 少年ハート/HOME MADE 家族
『交響詩篇エウレカセブン』OP(2005)

17 きみにとどけ/タニザワトモフミ
「君に届け」OP(2009)

メアリーズ・サイド(DISC 2)

1 GO!!! | FLOW
『NARUTO –ナルト–』OP(2004)

2 バクチ・ダンサー | DOES
『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』主題歌(2010)

3 Paradise Lost | 茅原実里
『喰霊 –零–』OP(2008)

4 ジレンマ | ecosystem
『銀魂'』OP(2011)

5 ゴールデンタイムラバー | スキマスイッチ
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』OP(2009)

6 ユニバーページ | 三森すずこ
『アウトブレイク・カンパニー』OP(2013)

7 インモラリスト | 堀江由衣
『ドラゴンクライシス』OP(2011)

8 Endless Story | 田村ゆかり
『C3 -シーキューブ-』OP(2011)

9 PRIDE | HIGH and MIGHTY COLOR
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』OP(2005)

10 memories | 大槻真希
『ONE PIECE』ED(1999)

11 Shooting Star | KOTOKO
『おねがい☆ティーチャー』OP(2002)

12 inner universe | Origa
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』OP(2003)

13 泪のムコウ | ステレオポニー
『機動戦士ガンダム00 2nd Season』OP(2009)

14 tomorrow | 下川みくに
『フルメタル・パニック』OP(2002)

15 勇侠青春謳 | ALI PROJECT
『コードギアス 反逆のルルーシュ』OP(2004)

16 こんなに近くで... | Crystal Kay
『のだめカンタービレ』ED(2007)

17 秘密基地 | 高田梢枝
『交響詩篇エウレカセブン』ED(2005)

関連タグ
おすすめタグ
あわせて読みたい

音楽の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング