アニメ
『ロミミュ』折笠愛・大薮丘・新里宏太のBD発売記念座談会公開!

Blu-ray「ミュージカル『ロミオの青い空』」の10月28日発売を記念して、折笠愛さん・大薮丘さん・新里宏太さんのスペシャル座談会を公開!

1995年にフジテレビ系列の『世界名作劇場』シリーズの第21作目として放送された、日本アニメーション制作のテレビアニメ『ロミオの青い空』が、放送終了から26年を経て待望のミュージカル化。

2022年3月30日(水)~4月3日(日)に上演された、ミュージカル『ロミオの青い空』のBlu-ray発売を記念した特別座談会が公開されました。テレビアニメのロミオ役・折笠愛さんと、ミュージカルのロミオ役・大薮 丘さん、アルフレド役・新里宏太さんの3人で、ミュージカル『ロミオの青い空』について語っています。

ミュージカル化についての想いに始まり、舞台を見た折笠さんの感想、大薮さん・新里さんの稽古や公演でのエピソードなど、当時のアニメについても振り返りつつ舞台の裏側トークも交えた、貴重なお話が満載!

座談会の模様は、ミュージカル『ロミオの青い空』公式YouTubeチャンネルにて公開中です。後編では、折笠さん、大薮さん、新里さんのトリオによる「英雄のマーチ」の披露も!

ここでは、その対談の模様を記事として公開。写真と合わせてお届けします。

10月28日に発売するBlu-rayを見る前に、改めてミュージカルの見どころをチェックしてみてください!

スペシャル座談会動画

【前編】

【後編】

スペシャル座談会の模様を写真とともにお届け!

折笠愛さん(以下、折笠):『ロミオの青い空』はファンがとても多い作品で、10周年や20周年のお祝いをしてくださっていたんですね。私もそのお祝いには顔を出させていただいたりしましたし、代表作のひとつとして大切にしていました。本当に長い年月が経っているんですけど、あまり空白を感じない作品ですね。お2人はどうですか? リアルタイムでは見ていない?

大薮 丘さん(以下、大薮):リアルタイムでは見てないんですよ。

新里宏太さん(以下、新里):僕たち同い年で、95年生まれなんですよ。

折笠:ガーン! 『ロミオの青い空』の放送された年……!

大薮・新里:あはは(笑)。

折笠:実際にアニメを見てどうでした?

新里:お話をいただいたときはあまり作品のことを知らない状態でした。自分の生まれた年にやっていた“世界の名作劇場”のイメージしかなかったので、以前もどこかのインタビューで言ったんですけど、プレッシャーしかなかったですね。

大薮:プレッシャーっていうのはどういうこと? 「この役を演じるんだ」ってことに対して?

新里:それもあるし、作品を通して名作にふれるっていうところですね。

大薮:あー、なるほどね。

新里:こういう作品をやったことがなかったし、ふれて来なかったので。

折笠:私は『小公子セディ』という作品がほぼデビュー作なんですけど、それに続いて“世界の名作劇場”で主役を演じることになったのが『ロミオの青い空』でした。アルフレド役は早々に決まっていたらしいんですけど、オーディションを受けた子たちのなかにイメージが合う人がいなくて、なかなか主人公のロミオ役が決まらなくて。当時のマネージャーだったたてかべ和也さんが、たまたま私がスタジオにいたので寄っていこうという話になり、プロデューサーも「じゃあ愛ちゃんもやっていきなよ」って。

大薮:それで決まったんですか?

折笠:そうなんです。決まりました。

大薮:えーっ!

新里:すごいな……。

折笠:すごくラッキーだったのと、とてもめぐり合わせが強い作品です。

大薮:僕もミュージカルに参加できたのはありがたい話です、本当に。でも最初は自分ができるか不安でしたね。折笠さんに質問なんですけど、アニメを見たときに結構つらかったんです。心をえぐられるというか。子供がつらい目に遭ってるから、なかなか気持ちがリンクできなかったんですよね。

折笠:子供が売られる話ですもんね。

大薮:そうなんです。そのひどさに稽古でも演じているときに精神的にきちゃって、しんどい時期がありました。死んじゃうから、この方(新里)が!

折笠:そう! 私も同じロミオを演じた大薮さんにそこを聞いてみたかった。

大薮:僕も当時はどうだったのか聞きたくて! 後半にかけて一気にストーリーが進むじゃないですか。冒頭でロミオのお父さんの目が見えなくなったあたりで、もうつらくてボロ泣きしてました。演じていたときはどうでした?

折笠:アフレコって、“テスト”“ラストテスト”“本番”の流れが主流なんですね。テストで入り込んじゃうと、涙も出て来るし鼻声にもなるじゃないですか。だけどその前のシーンに涙は関係ないから、その辺のさじ加減が難しかったです。でも止められないんですよね。

新里:彼はそういうシーンがくると泣いて、「ダメだ、稽古できない!」って言い出したりしてましたね。「稽古はしよう!?」ってなだめましたけど。でも感情があふれちゃって、関係ないシーンのスタートから泣いちゃってたこともありました。

折笠:わかる! あのシチュエーションは本当に泣けますよね。

大薮:泣きますね……。

新里:なんか今すごくアルフレドの気分です。ロミオ2人の話を聞いてたら、「うん、そうだね」って(笑)。

折笠:アルフレドはカッコ良すぎますね。

新里:それは本当にプレッシャーです。

折笠:本当にカッコ良かったです! 私も舞台を拝見したんですけど、正直2.5次元舞台ということで、どうなるのかなって思ってました。私にとって大切な作品ですし、ましてや33話分のストーリーをどのようにやるのだろうと。でも、そんな心配はあっという間に吹き飛びました。大藪さんのロミオをはじめ、舞台上では演者たちがお客様を巻き込んでアニメとは違う臨場感で生き生きと息づいていました。私なんてストーリーも全部わかっていて、自分がやっていた役なのに、嗚咽しそうになりましたね。恥ずかしいのでこらえてましたけど。

大薮:本当ですか!?

折笠:ええ。皆さんのお芝居が素晴らしかったです。

大薮:音楽や舞台装置もすごく良かったですよね。

折笠:私からも質問していいですか? あのステージのなかで2人がしんどかった、一番大変だったシーンは? やっぱり泣くシーンですか?

大薮:アルフレドが亡くなるシーンは精神的には大変でしたけど、肉体的にシンプルに大変だったのは煙突に登るところです。

新里:あっはっはっは!(笑)

大薮:めちゃくちゃ登るんですよ!

新里:ロッシ親方のほう?

大薮:そう。てっぺんまで登って、最初にイタリアの空を見たときの瞬間。

折笠:あそこいいシーンね。すごく素敵!

大薮:素敵なんですけど、正直「めちゃくちゃ登るな!?」と思いながら出てました。しかもさわやかな表情をしなきゃいけないんで、それがしんどかったです。

新里:曲中だから、ここまでには登り切らなきゃいけないのがあったよね。

大薮:セットは回転してるし!

折笠:新里さんは?

新里:僕はどこのシーンとかではなく、黒い兄弟の見せかた。舞台ではなかなか兄弟とのシーンがなくて、いきなり兄弟が合流して物語が進んでるんですよね。だから稽古中に役者同士で話し合いました。でも、どうしても稽古序盤はシーンに厚みが出てこなくて……。

大薮:そうだね。

新里:そこを稽古期間から本番含め、楽屋でも話し合いながら深め合ってました。僕は後半にいくにつれて、黒い兄弟とは別行動になるんですけど……。

大薮:33話分を一気に3時間40分で見せるってことだったので、今宏太が言ったようにどうしてもそのあたりの問題が出てきますよね。厚みを出すためにはどうしたらいいのか、たくさん話し合いました。アルフレドが死ぬシーンも本当に大切にしていきたかったので、ここもものすごく話し合いましたね。

新里:アルフレドが亡くなって以降のシーンは、丘のロミオが引っ張っていくんですよね。ダンテとのやり取りなんかは特に稽古頑張っていた印象があります。

折笠:ムードメーカーはいました?

大薮:あー、それは宏太かな?

折笠:初めてお会いして話してますけど、きっとアルフレドみたいにまとめ役なのかなって思ってました。

大薮:しっかりまとめてくれるところもあるんですけど、ものすごくふざけてるところもある。

新里:わはははは!(笑)

大薮:だいたいふざけてるんですよね。

折笠:それも小一時間でわかりました!

大薮:稽古中、ひとつだけ宏太に辞めて欲しいなってところがあったんですよ。この人ミルクティーをよく飲むんですね。そのミルクティーが8割くらい残った状態で必ずこぼすんです。

新里:ははははは!(爆笑)

折笠:必ず!?

大薮:必ず! それで床がびちょびちょってことが3回ありましたからね。

折笠:さっきも飲んでませんでした?

新里:飲んでました(笑)。フタの上の方を持つクセがありまして……。

折笠:なんで全部飲みきらないんですか?

新里:なかなか人がいるところでの食事がしづらい時期ですけど、糖分が欲しくなるじゃないですか。だから稽古が始まる前に買って、ミルクティーを飲んで、ちょっと残して稽古に行くんですよ。一息つこうと思って戻ってきて、ミルクティーを持ち上げたときに椅子に引っ掛けてバシャーン、と。僕、3回目にやらかしたときはもう「あーあ!」ってふてくされてました(笑)。

折笠:本当のアルフレドはそんなところないのにね。貴公子だから。

大薮:舞台の上ではアルフレドですから!

新里:終わってからSNSを見たら、観に来てくださった方たちがアルフレドと僕のギャップについていくのに大変そうでした。

折笠:元を知ってるから?(笑)

新里:そうです。あと、アルフレドで初めて知ってくださった方も、「これが新里宏太か……」って(苦笑)。

大薮:でも僕からすると、宏太は普段からおちゃらけてる感じですけど、もっと内面的な部分ではものすごくアルフレドなんですよ。色々なことを考えていて、こうやっていっぱい喋るのも気を遣っているところからきている人なので。

折笠:大薮くんはどういうタイプなんですか?

新里:丘は本当そのまんまで、元気いっぱい。結構気を遣う人だけど、基本的にはマイペースです。でもこの作品のときは、やっぱりロミオ役ということもあってか、すごくみんなに意識を向けてた。ひとりになりたい時間もあったと思うんですけど、そこをみんなとのコミュニケーションの時間にしてました。

大薮:嫌われないようにしてました……。

新里:はっはっはっは!(笑)

折笠:座長はやっぱりそういうのが大切ですよね。ロミオとアルフレドだと、物語的にもアルフレドのほうがまとめ役になるじゃないですか。私のアフレコのときは、アルフレド役の藤田(淑子)さんが大先輩で、自分は若輩者。一応私が座長なんですけど、みんなを見渡してまとめていたのは藤田さんでした。

大薮:うわぁ、すごく貴重なお話だ。

折笠:2人のお話を聞いて、ちょっと同じところがあったかもって思い出しました。役に引っ張られますよね。

大薮:ありますね。ロミオを演じてるときはめちゃくちゃ穏やかな気持ちでしたもん。

新里:今度は僕から折笠さんに質問していいですか? アフレコのときとか、この作品をやるにあたって大変だったことってなんでしょうか?

折笠:今まで少年役を演じる時、少年の声を出そうという意識ではなく、上手く説明できないのですが、その役作りから出てくる、音・声で演じています。結果的に実際は喉をしめたりしているのですが、ロミオもいくつか演じてきた少年という意味では、あまり苦労はなかったです。でも最初は元気よく出て来るじゃないですか。そこから売られて、いろんなことが起こり、アルフレドに出会い、ちょっと挫折というか、「僕はどうしてアルフレドのようにできないんだろう」と劣等感を抱いたり。そのあたりから、スタジオに行くと気持ちがなんとなく引きずられていました。

新里:ロミオとリンクしちゃってたんですね。

折笠:だからアルフレドが亡くなるシーンのときは、すごくぐったりしました。大薮さんも似たような気持ちになっていたんじゃないかな?

新里:舞台って、終わったら「やり切ったー!」って楽屋に戻ってワイワイするんですけど、この作品はやっぱりちょっと違いましたね。

大薮:あぁ、そうだったね……。

新里:楽屋に戻っても、僕たちはうなだれてる時間がすごくあった。みんなが準備して帰るなか、僕たちは動けなかったですから。

折笠:殺陣とかあったじゃない? あれは大変じゃなかったですか?

新里:僕はジョバンニとのシーンくらいですけど、丘はもう。

折笠:すごかったですね。

大薮:でも稽古でやってた殺陣があるんですけど、そっちの方がもっと激しくて色々やってて。

折笠:えーっ! 本番で変わったんですか?

大薮:そうですね。時間が長すぎるということで、「ここは減らしましょう」とかありました。だから本番の殺陣は結構余裕があったというか、稽古の方が正直だいぶしんどかったです。戦い終わったあとに「おれたちゃ英雄だ~」って歌うシーンもあって、息が上がってるから「歌えないよ!」って(苦笑)。そこは大変でしたね。

折笠:今歌の話が出たから3人で歌いたいんだけど、いい?

大薮:「英雄のマーチ」ですか?

新里:めちゃめちゃ緊張する……!

折笠:これだけは今日、お2人とやりたいなって思っていたので。

大薮:ぜひぜひ。

(3人で「英雄のマーチ」をワンフレーズ歌う)

折笠:あーっ、良かった! 嬉しい!

大薮:ロミオがいた!

折笠:いた!

新里:ロミオが2人いた!

折笠:アルフレドがいた!

一同:(笑)

折笠:今日の座談会だけの限定ですよ! 今日来た甲斐があった!

大薮:僕もです。

折笠:思い出になりました。どうもありがとうございます。

新里:いえいえ、こちらこそありがとうございます!

大薮:あの、ひとついいですか? 一瞬でロミオになるんですね。今喋ってる折笠さんは女性の声なんですけど、アニメを見てたときにはその片鱗がまったくないというか、男の子の声なんですよね。今一緒に歌った声を聞いたら、「あ、ロミオなんだ」って思いました。それがすごい。

折笠:わぁ、嬉しい~!

大薮:本当にびっくりしました。

折笠:お2人は舞台でロミオとアルフレドを演じてましたけど、もしあの舞台で別の役をやれって言われたら何の役を選びます?

大薮:えー! 個人的にはロッシ親方をちょっとやってみたいですね。

折笠:おお~! 味のあるキャラですもんね。

大薮:ロッシ親方になって、ロミオを見ていたいって感じですかね。

新里:今の見ていたいって意見を聞いてシトロンもいいなと思ったけど、ジョバンニですね。

大薮:あぁ~!

新里:アルフレドはジョバンニから色々な想いを向けられる側だったので。アルフレドからもジョバンニに向けているものはありましたけど、それ以上のものをアルフレドに向けてみたいと思います。

大薮:折笠さんは?

折笠:ジョバンニが良かったんだけど、取られちゃった(笑)。

大薮:ジョバンニなんですか!?

折笠:でも私の雰囲気には合わないから、ニキータかな? 舞台のニキータもとっても良かったですね。

大薮:七木奏音ちゃんが演じていましたけど、本当にニキータそのままというか。折笠さんはどうしてニキータをやってみたいんですか?

折笠:ロミオは意外と受け身じゃないですか。ニキータは能動的だから、正反対の役をやってみたいなって。ステージを見て、ニキータとジョバンニはいい役だと改めて思いましたね。

大薮:それは本当に思います。あの2人がいてくれないとたぶん作戦も成功しなかったと思いますし。ライバルであり、本当の仲間だったんじゃないかと感じます。

折笠:今日はお2人とこんな風にお話できて、とっても幸せです。ありがとうございました。

大薮:こちらこそありがとうございました。

折笠:もし舞台の続編をやることがあったら、場内アナウンスとかに呼んでください(笑)。

新里:いやいやいや! そのときはロミオの席を譲ってくれると思います(笑)。

大薮:おーい!

新里:あははははは!(爆笑)

大薮:この作品は舞台の装置や音楽の強みはもちろん、結構ロミオとアルフレドの視点が強く描かれています。それをこれから発売されるBlu-rayでぜひとも見ていただきたいです。そして、家族や友達の分も買っていただけると、色々な方にこの作品が届くと思います! ……買ってね?(笑)

新里:今回はこの3人での座談会の場を持てて、本当に幸せです。僕たち舞台に出演したキャストは、声優の皆さんが作り上げて来た数々のキャラクター像を、アニメの『ロミオの青い空』を見ています。アニメではシーンごとにつらなっている形ですが、舞台では僕たちがずっとステージに出ているんですね。どうやってそのあいだの時間を紡いでいこうかと、稽古でたくさん考えました。みんなで色々なものを紡いでできたのが、3時間45分の素敵なこの作品だと思うので、ぜひ映像でもう一度見ていただきたいと思います。

折笠:『ロミオの青い空』が長い年月を経て、素敵なミュージカルという形で復活したことに私は小躍りしました。もちろん私もステージを見に行ったんですけど、キャストの皆さんの熱意に包まれてすごく幸せな時間を過ごすことができました。そのステージのBlu-rayですから、ぜひひとりでも多くの方に見ていただきたいなと心から思っています。そして『ロミオの青い空』の世界を、変わらず応援していただけると嬉しいです。

商品情報

【BD】ミュージカル『ロミオの青い空』

発売日:2022年10月28日(金)予定
価格:13,200円(税込)
品番:MOVC-0387
発売・販売:ムービック

1995年にフジテレビ系列の『世界名作劇場』シリーズの第21作目として放送された、日本アニメーション制作のテレビアニメ『ロミオの青い空』が放送終了から26年経って待望のミュージカル化。

演出を西森英行氏、脚本に鄭 光誠氏、音楽は和田俊輔氏がそれぞれ担当し、全28曲を披露する壮大なミュージカルになりました。

STORY
19世紀後半・イタリアの国境に近いスイスの小さな村で少年ロミオは、貧しくも家族で幸福に暮らしていた。
しかし一家の畑を悪人の陰謀で失ってしまい、ロミオは家計を助けるために、自らを人買いに売りミラノへ煙突掃除夫としてやって来る。
きつい煙突掃除の仕事や親方一家の辛い仕打ち、地元の不良少年団「狼団」との争いなど、ロミオにとって厳しい毎日が続くが、親方の娘アンジェレッタの励ましや親友アルフレド、煙突掃除の仲間たちと助け合って暮らしていく。
そして仲間と共に「黒い兄弟」を結成し、強く友情を誓うのだった。

仕様:BD2枚組(DISC1:1幕 DISC2:2幕+特典映像)

原作:リザ・テツナー(『黒い兄弟』より)
監修:日本アニメーション

【店舗特典】
■アニメイトオリジナル特典
・黒い兄弟ポストカード
※使用絵柄はキャストのシルエット柄となります

■ムービック通販オリジナル特典
・【有償特典】舞台楽曲CD 価格:3,300円(税込)
※有償特典の「舞台楽曲CD」は公演音源を収録したものとなります

・【オリジナル特典】ピッコロポストカード
※使用絵柄はシルエット柄となります

■ステラワースオリジナル特典
・狼団ポストカード
※使用絵柄はキャストのシルエット柄となります

【スタッフ】
監修:日本アニメーション/原作:リザ・テツナー(「黒い兄弟」より)
演出:西森英行
脚本:鄭 光誠(ヴァカーエンターテインメント)
音楽:和田俊輔

【出演】
≪黒い兄弟≫
ロミオ:大薮 丘
アルフレド:新里宏太
ダンテ:南部海人
アントニオ:小波津亜廉
ミカエル:輝山 立
アウグスト:おでぃ
ベナリーボ:八巻貴紀
エンリコ:佐藤弥益
バルトロ:米澤賢人
ジュリアーノ:吉元祐典

≪狼団≫
ジョバンニ:塩田康平
リナルド:鈴木凌平
ニキータ:七木奏音
タキオーニ:吉田英成
リオ:山内涼平
ファウスティーノ:辻本将平

アンジェレッタ:北澤早紀(AKB48)
カセラ教授/ロベルト:クラウス
ビアンカ:田上真里奈
ロッシ親方:中本雅俊
エッダ:あべこ
アンゼルモ:大野瑞生
グラゼーラ:永咲友梨
イタリア国王/モレッティ署長:鬼束道歩
ジェシカ:大月さゆ
シトロン:鈴木たけゆき

ルイニ/マウリッツォ:和泉宗兵

イザベラ:久世星佳

≪アンサンブル≫
池田恵理
中村ひより
桃菜
飯沼帆乃佳
市原果歩
聖司朗
成瀬広都
YuSuKe

関連リンク

公式サイト

公式ツイッター

YouTube公式チャンネル

(C) NIPPON ANIMATION CO., LTD. (C) Romisora Musical2022
おすすめタグ
あわせて読みたい

ミュージカル『ロミオの青い空』の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング