アニメ
『僕ヤバ』桜井のりお(原作)インタビュー【連載第8回】

『僕の心のヤバイやつ』連載インタビュー第8回(最終回):原作・桜井のりお先生|「アニメになってより生々しくなったなと思ったんです。リアルなものって感情がうごくんですよね。ラブコメに関してもリアルのほうがときめくと思うので、リアリティは大切にしています」

毎週「良いものを見たな」と思ってもらいたい

──桜井先生のご要望に音楽があったとうかがいました。その時おっしゃっていた桜井先生の中での音楽は、劇伴のことでしょうか。

桜井:劇伴もそうですし、特にエンディングが良い感じだと嬉しいなと思っていました。原作でも巻末によってはかなりエモーショナルな終わり方にしてたりするので、やはりエンディングが素敵だと「良いもの見たな」って感覚になってもらえることもあるだろうなと。そこはこだわってほしいなという気持ちを意識していました。

──単行本の最後にくるお話というのも意識されながら作品を構成されているのですね。

桜井:巻ごとに2人の距離感や関係性が変わるようにしたいと思っていました。終わりをちゃんと締めたほうが読後感が良いし「続きが早く読みたい」と思ってもらえるかなと。アニメでも「早く続きが見たい」と思えるようなものになったらと思っていました。

──実際にオープニング「斜陽」(ヨルシカ)、エンディング「数センチメンタル」(こはならむ)を聴いたときはどのような印象がありましたか?

桜井:すごく良かったです。まずオープニングに関してお話すると、私自身ヨルシカさんの音楽をめちゃくちゃ聴いていたので、作品に関わっていただけたことがすごく嬉しかったです。作品や心情に寄り添ってくれている歌詞だなという印象を受けました。

──物語が進むにつれてさらに歌詞が染みました。ヨルシカさんの音楽を普段から聴いているというお話は先生からされていたんでしょうか?

桜井:そこは全然言ってないので偶然なんです。驚きつつもうれしかったです。

──EDのこはならむさんには連載インタビューでお話も聞かせてもらいましたが作品のファンとのことで、楽曲にもたくさんの愛が詰まっています。

桜井:本当に素敵な……なんて言うんだろう。青春のワンシーンを切り取ったような甘酸っぱい歌声で。それが作品とマッチしていて、毎回「良いアニメだったな……」って感じがしますよね。大好きです。

関連記事
春アニメ『僕の心のヤバイやつ』連載インタビュー第2回:EDアーティスト・こはならむさん|KERENMIプロデュースの「数センチメンタル」は「『僕ヤバ』の世界に入れるような曲になりました。ぜひ歌詞を読みながら聴いてもらいたいです」
“尊死”続出で大反響! 今一番応援したくなる、青春初恋ラブコメがついに幕開け──4月1日(土)からテレビ朝日系全国24局ネット“NUMAnimation”枠・BS朝日・CSテレ朝チャンネル1にて放送スタートしたTVアニメ『僕の心のヤバイやつ』(以下、僕ヤバ)。アニメイトタイムズではTVアニメ『僕ヤバ』の連載インタビューを実施中です。第2回目に登場してくれたのは、エンディングテーマを歌うこはならむさん。蔦谷好位置さんの変名プロジェクト・KERENMIがプロデュースした「数センチメンタル」をどのような思いで紡いだのか教えていただきました。念願のアニメED「関係者の皆さんとファンの方のおかげ」――『僕の心のヤバイやつ』(以下『僕ヤバ』)のお話の前に、こはなさん自身のお話も教えて下さい。エイベックスからメジャー・デビューして約1年。この期間を振り返ってみるといかがですか?こはならむさん(以下、こはな):ドラマの主題歌やCMソングなどを担当させていただき、本当に濃い1年で、あっという間でした。そして今回『僕ヤバ』のエンディングテーマを担当させていただくことになり、とてもうれしく思っています。――アニメのエンディングテーマを担当されるのは初めてですよね?こはな:そうで...

──音楽・牛尾憲輔さんが作られた劇伴に関してはいかがですか? 歩くテンポを意識したと牛尾さんがおっしゃっていましたが。

桜井:軽やかさもある一方で、リッチな感じもして「すごいな!!」の一言でした。まるで映画を見ているような音楽になりました。市川の感情に合わせて劇伴のテンポや音量が調整されている印象を受けました。これまでアニメを見ていて劇伴に注目した事はあまりなかったんです。今回で劇伴が「こんなにも重要な役割を果たしていたんだな」と認識しました。

関連記事
『僕の心のヤバイやつ』連載インタビュー第4回:音楽担当・牛尾憲輔さん|「ふたりの歩くテンポを意識して曲を作っています。ふたりの歩くテンポはおおよそ0.5秒。0.5秒って音楽的には扱いやすい数字なんです」
尊死”続出で大反響! 今一番応援したくなる、青春初恋ラブコメがついに幕開け――『僕の心のヤバイやつ』がテレビ朝日系全国24局ネット“NUMAnimation”枠・BS朝日・CSテレ朝チャンネル1にて放送されています。桜井のりお先生が『マンガクロス』(秋田書店)で連載中の『僕の心のヤバイやつ』は、SNSを中心に人気を集め、コミックス累計発行部数300万部を突破中の話題作です。アニメイトタイムズでは連載インタビューを実施中。第4回に登場してくれたのは、音楽担当・牛尾憲輔さん。牛尾さんはTVアニメ『チェンソーマン』や『日本沈没2020』などの劇版やソロ・プロジェクトagraphの活動でも知られる音楽家です。『僕ヤバ』の繊細で淡い彩りをどのような想いで作っていったのかをうかがいました。通学路を録音しながら歩いた――『僕ヤバ』のご依頼をいただいたときのお気持ちや、作品に対するご印象を教えて下さい。牛尾:僕があまりやったことのないテイストではあったので、最初は「できるのかな」という不安がありました。でもご依頼いただいてから原作を読み込み、「市川くんが主人公ならできるな」という手応えを感じました。――それはどのようなところで感じたんです?牛尾:アニメーションでは放送...

市川、山田のデートはふたりの感情の動きを大切に 

──本インタビュー掲載時はアニメがいよいよクライマックスを迎える直前となります。現段階までアニメをご覧になられたご感想をおうかがいできればと。

桜井:原作もそうですが、ふたりの距離感がいきなり縮まるのが終盤の見どころだと思っています。想定内ではあるけど、想像よりもちょっと早い感覚で進む、そういった部分を楽しんでいただけたらと。

──第10話「【karte10】僕らはゆっくり歩いた」で描かれたクリスマスイブの渋谷のデートは、原作(第4巻収録)の段階で、桜井先生の頭の中でふたりが勝手に動きネームの段階から変更があった……というお話を秋田書店の高橋さんからうかがいました。そういったことはたびたび起こるんですか?

桜井:そうですね。渋谷のお話を描く前までは、距離は縮んでいくけれど、そこまで細かくは考えていなかったんです。例えば、ここでハグをする、ここで手をつなぐ、とか。山田自身の感情の変化によってふれあいが自然にできていくようになったのかなと。

関連記事
『僕の心のヤバイやつ』連載インタビュー第5回:遠藤一樹プロデューサー×秋田書店担当編集・髙橋圭太さん&福田裕子さんインタビュー|「市川が自分の力で頑張って山田の心を動かして、成長していく物語なんです」
尊死”続出で大反響! 今一番応援したくなる、青春初恋ラブコメがついに幕開け――『僕の心のヤバイやつ』がテレビ朝日系全国24局ネット“NUMAnimation”枠・BS朝日・CSテレ朝チャンネル1にて放送されています。桜井のりお先生が『マンガクロス』(秋田書店)で連載中の『僕の心のヤバイやつ』は、SNSを中心に人気を集め、コミックス累計発行部数300万部を突破中の話題作です。アニメイトタイムズでは連載インタビューを実施中。第5回はテレビ朝日プロデューサー・遠藤 一樹さんと、秋田書店の髙橋圭太さん、福田裕子さんが登場です。『僕ヤバ』アニメ化に至るまでの道のりから、その舞台裏、最新話に至るお話までをおうかがいしました。『僕ヤバ』がアニメーションに至るまでの道のり――本日は『僕ヤバ』のアニメ化に至るまでの舞台裏をおうかがいできればと思っていますが、まずは皆さんがどのようなポジションで『僕ヤバ』に携わられているかを教えて下さい。秋田書店・髙橋:さん(以下、髙橋:):僕と福田は『僕ヤバ』の担当編集です。もともと『僕ヤバ』立ち上げ時から担当編集をしていた福田が、しばらくお休みに入ったタイミングで、2代目担当編集として僕が入りました。その後、福田が復帰を...

──流れはあえて決められていないんですね。

桜井:もちろんラブコメなので「いずれは」とは思っていたんですけど、ここでやろうっていうのは決めてないですね。今もそうです。

──今、この段階でもってことですか?

桜井:そうなんですよ。ふたりの感情によってタイミングが変わってくるのかなと。

(C)桜井のりお(秋田書店)/僕ヤバ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング